親日国タイの反応

スタジオジブリ『風立ちぬ』予告編を見たタイ人の反応

 

スタジオジブリ

タイでスタジオジブリ『風立ちぬ』の予告動画が紹介されました。当然、タイでの公開はまだまだ先ですが、期待するタイ人の反応をまとめました。

  2015年08月02日の人気記事TOP6

風立ちぬ

噂によると『風立ちぬ』は『火垂るの墓』より悲しい話みたい……。

タイ人の反応

  • 借りぐらしのアリエッティ [DVD]
    この話も楽しみ。

    • 綺麗な絵〜
    • この話はもう何回も見たよ。彼の作品は音や動きの要素が本当に素晴らしい。曲も素敵だしね。
    • この話、わたしも好き〜。
  • わたしも大好きで、ほとんど全ての作品を持ってるよ。見たら超ハマるの〜 :onionhead036:
  • ジブリ作品は全部好き〜。『火垂るの墓』は泣ける。
    • この話、何回も見て泣いたよ。節子がかわいそう〜。
  • こういうアニメ、超クラシックだね〜 :onionhead010: :onionhead008:
  • Kaze tachinu (the wind rises) <<< 『火垂るの墓』より悲しいの? T^T
  • 堀越二郎の半生を描いた作品……悲しい音楽の動画を見ただけで、さみしい気持ちになって心を掴まれちゃうね。
    • 非凡な天才の人生は時に残酷よね。その成果をなにかと引き換えにしなきゃいけないこともある T_T
  • もし『火垂るの墓』みたいに悲しいなら、もう見たくないよ。だって、悲しすぎて気分が沈んでしまうんだもの。何回見てもいつも泣いちゃう。
    • わたしも〜。でも、『火垂るの墓』は二回見て、もう耐えられなくなったよ。感動しすぎる。
    • ボクは個人的には『火垂るの墓』をあまり好きじゃないな。だって、主役の男の子(お兄ちゃん)が何もかも悪い方向に持っていっちゃうんだもの。
    • 考えてみてよ。母親がいなくて、おばさんからも逃げて、どこへ行けばいいのかも分からない。まだ幼いのに、妹の面倒も見なくちゃいけない。もし、自分だとしても、どうしていいか分からないよ。悲しすぎる。
    • 彼らは子供だったんだよ。子供は大人ほど正しい決定はできなくて当たり前よ。
      わたしは妹がドロップを欲しくて石を食べちゃうとこで泣いちゃったよ。
  • :onionhead034:
  • ジブリ大好き。全作品を見たよ。超面白い。でも、一番気に入ってるのは絵が自然なところ。
    • ジブリは全部、手書きで描いたものをスキャンして、コンピュータで編集してるの。だから、色が素敵でまるでアートみたいなんだよ。
  • :onionhead025: :onionhead025: :onionhead025:
  • 『風立ちぬ』と『火垂るの墓』の悲しさは、種類が違うんじゃないかな。今回は恋愛に関する感動的な話なんだと思う。
    いずれにせよ、ジブリ作品は期待を裏切らないよ。あまり笑えない作品はあるけど、とても感動する作品ばかり。
  • スタジオジブリ作品は本当に良いよね。内容もあって話も面白い。裏切られたことはないよ :onionhead042:
Kaze tachinu และ kaguya hime อีกสองอนิเมชั่น คุณภาพ จาก Ghibli
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(61コメント)

  1. 人によって評価が真っ二つな映画だね
    個人的には微塵も面白くなかった
    やっぱりパヤオはファンタジー物がいいよ
    でも好きな人は好きな作品だろうね

  2. アイコン見に来た

  3. 風立ちぬ素晴らしい映画でした。
    でもいわゆるジブリ作品を期待して観るとガッカリするでしょうね。
    あと、描かれている時代背景や事象の予備知識が無いとよく分からないかも。
    余計な説明が全く無いですから。

    • >余計な説明が全く無いですから。

      千と千尋以降は全部そうだな
      悪い意味で

    • 説明が無いというのはつまり国民映画になりつつあるって事じゃないかな
      日本人に共通の歴史の教養を求めてる
      その知識を持っていて当たり前という前提で話が始まる
      時代劇なら水戸黄門や忠臣蔵やみんなどういう話かわかりきってて説明なんて要らない、という状況という認識

      ちなみにそういう前提になる歴史観を観客に求めてるのは、映画監督なら巨匠になるとみんなやることなんだよね
      そして見る側も知性が求められるのを楽しめるようになってくるのが常
      面白いと思う

    • そのほうがいいよ、あの年代の人WGIPのプロパガンダ未だに信じてるから
      そんなもの垂れ流されたらたまったものじゃない。

  4. いいなぁ外人は
    クソ棒読み聞かせられないで羨ましい

    • エヴァの評価がワイの中ではナイアガラ・・・(´・ω・`)

  5. パヤオはファンタジー同意だわ
    感動させるよりも、ワクワクさせることのほうが上手い

    • 高畑との住み分けってどうなっちゃったんだろうね

  6. そもそも「堀越二郎の半生」ですらなく、堀辰雄の同名小説から話だけ奪って、まったくそんな人生は送りもしなかった堀越二郎と趣味の飛行機の話に換骨奪胎したひどい原作レイプであることはほとんど知られていない

    • ジブリが原作に忠実だったことはない
      なんか渾身の限りを尽くして幸せにしてあげたいって映画だったよ

    • ももえちゃんがサナトリウムに入っている純愛小説ですよね。
      場面展開もイマイチ、時間経過もイマイチ、SEもイマイチ、声優はゆうに及ばず。
      味気ない映画で、脚本が超失敗した作品でしたな

    • 「え、堀越氏への敬意が捏造になっちゃうの?」って思った。

  7. 最近のジブリは老人の暇つぶしになっているような気がしてならんのですが・・・

    • 劇中で「本当に創造的なものを作れるのは10年」と言わせてるのは
      ちょっと皮肉なのかなと思いました

  8. ナウシカの続編は無理か

  9. まだ見てないけど、町山智浩の映画評訊いて観たくなってきた。
    解説無いと全く理解出来ない箇所たくさんあるみたいねコレ。

  10. 予告信じちゃダメ!

  11. ナイスキャッチって当時でも言ってたんだなぁ

  12. トトロみたいなのまた作ってほしいな
    見たあとに心がじんわりあったかくなって泣けてくるようなやつw

    • 本人はトトロ2を作りたいといったけど、スタジオでみんなに却下されたとか

  13. 宮崎の最高傑作は「火垂るの墓」だよね

    • haha nice joke.

    • 赤い豚「・・・」

      • 高畑「・・・」

  14. 個人的には好きだったけど、評価が分かれるのも分かる映画だったなぁ

  15. 火垂るの墓って原作は、危機的状況なのに疎開先のねーちゃんを好きになって悶々となる話だぞ。
    こんなときに俺は何やってんだ、俺のバカ!がテーマ。

  16. なんだかんだ言っても駿は偉大だよ
    彼が引退したら後継者のいないジブリは潰れるよ

  17. 「タイ人の反応」って心温かいコメントばかりなんですけど、タイの方ってみな性格がいいんですか?日本嫌い、否定的なコメントとかやっぱり削除済み?

    • 日本人もチョンの発言は無視するでしょ?

    • カンボジアや韓国についての発言は辛らつなのが多いみたいだから、日本に対して愛がある人が多いからコメントが温かいんじゃないかな
      そしてそのほうが人間らしいと思う

    • ちょっと前のこのブログが翻訳してるのに対する反応を見るに、もともと日本に好意的な人が集まってるサイトから翻訳してるんじゃない?

  18. 飛行機オタ歴史オタでエンジニアな話が好きな自分には結構ストライク。
    夢の中が中々狂っててジブリらしさもあった。
    監督自身の父母への感情が投影されているとかいろいろ考察されてて
    そういう楽しみ方に向くと思う。

    ≫11197
    さらにヒロインは堀辰雄の「菜穂子」とmix。堀文学どんだけ好きなんだか

  19. ハヤオは~ジブリは~ファンタジーが~・・・と思いつつも
    映画単体でみたら、なんだかんだ楽しめちゃう

    評価だとか偉そうなことは置いておいて、面白かったよ

  20. 飛行機も軍事も歴史も詳しくないし普段は恋愛ものなんて見ないけど、これは面白かったよ。
    事前にテレビの特番で堀越二郎の人物像について予備知識があったからかな。
    途中までまあまあいい映画だなと思って見てたけど、ラストシーンで涙が止まらなくて自分でもびっくりしたわ。

  21. 紅の豚とかの方向だよね。
    ジブリファンでも紅の豚はあまりオススメしないし、これを見る人はそのつもりで見た方がいいと思う

  22. 酷い創作映画だったわ

  23. 主人公が人でなし
    自分の夢のためには何もかもを犠牲にするエゴイスト
    恋愛ものというが、奥さんのことだってまったく愛してない
    そういう映画
    でもクリエーターってのはそういうものなんですよ、人でなしなんですよ、
    もちろん僕も含めてねということをハヤオは言いたいんだろう

    • ひとでなしって自分で言うことに酔ってるのはかっこ悪いとは思うけど

  24. 見るまでもないわ
    ほしひとつ

  25. 原作が好きな人にはダメなのか?
    原作知らないので楽しめた。

    ゲドは原作知ってたので見れたもんじゃなかったけど
    原作知らない人は楽しめたと言ってる人もいたね。

    今までのジブリ作品とは作風は違うのかもしれないけど
    ジブリ=ファンタジーとかの固定観念は持ってないから、
    ひとつの作品として悪くないと思ったよ。

  26. 作品に対する意味あいが興味深い
    ポニョはこれから日本を託す子供たちへの絵本
    その後2本若手育成作品作って、
    この作品は未曾有の災害を経験した日本人全員へのメッセージ
    その作品に庵野氏を起用したのは偶然ではないはず
    何かしら今後ジブリ作品に関与してくるかもしれない期待が残るね

    • 何も声優で参加させなくてもって言わずにいられないよー
      使う方も断らない方もおかしい
      本職で吹き替え版出して欲しいよ

  27. 大した話ではないのに見れるアニメに造るの巧いな

    • 無知がドヤ顔で「大した話ではない」とか滑稽なだけだわ

  28. 売れる映画を作るってより、自分が作りたい映画を作ってるって感じだな。

    • 売れるものを作るより、売りたいと思う出来の作品を作るほうがよっぽど売れてるのは
      いつの時代も証明されてると思うんだが…
      だからこそ裏がありそうな配役で名作を潰す実写化には我慢ならんww
      そもそもこれは売れる!と思って勝手に作ったり原作者に許可もらうような監督って曲解して演出がひどくなるイメージ

  29. 紅の豚の方向なら見たいかも。

  30. 私はもっと千と千尋みたいな世界感を期待してた まぁ見てないんだけど見る気しなかった

  31. >描かれている時代背景や事象の予備知識が無いとよく分からないかも。

    これ映画館のレビューでも言ってる人が多かったんだけど
    自分の周りは知識がない人ほど号泣で大絶賛、特に女の子。
    逆にそれなりの知識や興味を持ってる人ほど、賛否がはっきり分かれそうだね^^
    とか微妙な事言ってたよ。
    自分は関東大震災のシーンが印象的だったなー
    ちなみにこの作品もファンタジーだと思った。

  32. ラブストーリーではない。行き方自体を問うている。愛する人とのかかわりもそのうちのひとつだが、それが至上だとはいってない。自分にとって大切なものとはなにか、自分でなにをなそうとするか、 自分のやりたいこととそれが他の人とどうかかわるか、そのあり方が今は失われつつあるのではないか、そうであるならばそれはすべて無くなるまえに語られなければならない。これは喪失の物語である。だが、まだ間に合うからこそ語られるのである。喪失ではなく再生であってほしいと願う、宮崎の祈りである。

  33. パヤオが引退したら、日本のアニメってどうなるんだろう・・・

    考えただけで恐ろしい

    • アニメは危ういかも
      少女漫画の漫画家の中にすごい人がいるのは知ってるけど、アニメは知らない

    • 吾郎が居るから大丈夫だ

      • 酷い皮肉屋wwwwww
        全然大丈夫じゃないじゃん

  34. 二郎は、現状肯定、現状否定、どちらにも組みしないで、周りの状況の中で徹底して自分一人で考え生き抜くっていうリアリストではあったね。
    そういう意味では、二郎はナウシカやアシタカと本質的に似てる主人公なのかもしれない。
    風っていうのは、世界の生成変化の象徴だと思うし、その中で「生きねば」っていう主張は、受動的な「生かされる」でも能動的な「生きてやる」でも、他者の命令的な「生きろ」でもない。
    それは、義務・責任を自らの意志で引き受ける、自律的(能動的)かつ他律的(受動的)な主張だ。
    宮崎駿はこのエゴイズム(自分のため)とヒューマニズム(皆のため)のバランス感覚の理想をナウシカ以来ずっと訴えかけてると思うんだけど、そのバランスが崩れざるを得ない風の強さが、この作品の特徴だった。
    現実は焼け野原に過ぎず、バランスなんてまともに取れない矛盾の中で、それでも「生きねば」と主張する二郎の強さや美しさに胸を打つけど、その強さを理解できない人間は多いだろうし、それを見て涙でカタルシスに陥って「はい、終わり」ってなっちゃう人間も多いだろうね。
    実際批評家の中には二郎の人物設計に現実味がないというやつもいるけど、それは宮崎駿が描きたい理想を現実じゃないと言っているのと同じこと。
    宮崎駿の人間としての理想は強いし、美しい、しかもそれを嘘に見せない物語のリアリティも構築している。はっきり言って、天才だし偉い人だけど、この理想の重さをまともに受けきれるような人は宮崎駿と同じような偉い人にしか無理なんだと思う。俺なんかはとても無理。なんだか、この作品で達しちゃってる気がするほど(もう遺言なみ)、見るのも怖い作品だと思うね。
    一見地味だけど、えげつない作品だわほんとこれ。

  35. ほんとに素晴らしい映画だった。宮崎駿監督の作品はどれも素晴らしいけど、この映画は特に素晴らしいと思った。途中から涙が止まらなかった。婚約者と一緒に観に行ったけど、ほんとに一緒に観れて良かった。

    ただラピュタあたりを最後に宮崎監督は従来の枠組みでの物語作りから少しずつ外れて行ってて、この作品は特にその傾向が強いから分からない人もいるかもしれない。テオ・アンゲロプロスとかタルコフスキーの作品を観ている人はこの作品の到達点の高さが分かると思う。
    アニメに要求される大衆性を維持しながら芸術的な格調の高さも備えた稀有な作品だと思う。

  36. 映画は観てないけど、予告のユーミンの歌で泣きそうになるんだが。
    ゼロ戦ときたら、次は坂井三郎を主人公に映画を作ってほしい。反戦映画になってもいいから。

  37. 大日本帝国に憧れてギブミーチョコレートでケツ掘られ戦後のうす甘い左翼の中で育ったコンプレックスだらけのアホだ。だがアニメの才能はある。
    ただ『火垂るの墓』でアメリカにトラウマを植えつけた事だけは素晴らしい。

  38. >ナイスキャッチって当時でも言ってたんだなぁ

    文明開化で一気に西洋の文化が流れ込んできた時代だからね

    あとさぁ戦時中の憲兵が拷問とかで恐怖の対象になってるけど
    あれはスパイなどの左翼連中に対してだからな
    それを庇った民間人も犠牲になってるけど自業自得なんだよ

    ああいう左翼連中を野放しにしていたら今頃日本も北と南にわかれて戦争状態だっただろう
    つまり当時の左翼の正体ってのは日本の敗戦を見越して新たな権力を握ろうとしていた連中なんだよ
    その亡霊が失敗したが北海道のアイヌのウタリ会を利用したり
    今は沖縄を利用し独立で自分たちの権力欲を満たそうとする

コメントする

アニメ・コミック 反応 日本