親日国タイの反応

日本の神風特攻隊を見たタイ人の反応

 

神風特攻隊

タイで日本の神風特別攻撃隊のことが紹介されました。驚嘆するタイ人や、タイにあるレコードレーベルのことに触れるタイ人の反応をまとめました。

  2014年10月10日の人気記事TOP6

Kamikazeを知っていますか?

「神風特別攻撃隊」は、太平洋戦争の末期に資源・人材に困窮して追い詰められた大日本帝国海軍が編成した航空機の特別攻撃隊である。1944年10月20日に大西瀧治郎中将によって開始され、郷里の道場「神風(しんぷう)流」から猪口力平中佐が命名したものである。「神風特攻隊」「神風」と略されるほか、アメリカなどでは「カミカゼ」と称されることもある。神風特別攻撃隊は、隊員の生還手段を取らない組織的な特攻で戦果を挙げたが、それはアメリカ軍の対策により一時的なものに終わった。攻撃方法は、生還の可能性がある通常の攻撃方法とは異なり、航空機の体当たりにより攻撃隊員が確実に死亡するという必死を前提とした異常なものであるため「統帥の外道」とも言われる。
神風特攻隊の目標は、最初の隊は敵空母の使用不能を目標として1944年10月27日に目標を達成したが、レイテ島付近で戦闘が続いたために目標に敵主要艦船も加えられ、1945年1月下旬には全ての敵艦船が目標になった。

ja.wikipedia.org

神風パイロット

タイ人の反応

  • 自分の命と同じぐらい国を愛してるんだね  :onionhead044:
  • Kamikaze のお話? どうして音楽レーベルの話なんてするの? あっ、それとは違うんだ。(タイにはKamikazeという名前の音楽レーベルがあります。)
  • 日本には『回天』という人間魚雷もあるんだよ。まるで、小さな潜水艦のような。
    それに、飛行機から落とす人間爆弾もあって、たしか翻訳すると桜っていう名前だった。

    • ドキュメンタリーにもなってるよね。
  • 誰かのために戦って、誰かのために死んでいった人たち。でも、戦争が終わったいま、日本の兵士とアメリカの兵士はビールを一緒に飲んで、お風呂に一緒に入って、経済のことについて話し合っている。……これだけは言わせて。彼らの死はいったいなんだったの? アメリカは「クソヤロウ」と罵られて然るべきだわ。
  • 水中ミサイルを考えた人を尊敬するよ。プロペラをつけて水に入って、船の横腹に穴をあけるなんて :onionhead042:
  • とても名誉ある名前をレコードレーベルの名前にするなんて、日本人に申し訳ないね。(関係あるのかしら? :onionhead036:
  • 結局、何にもならなかった。だって、結局戦争には負けてしまったんだから。
    • 敗戦で日本は国を発展させようと考えた。その結果、タイよりも繁栄している。
  • :onionhead045: :onionhead045:

  • この写真大好き〜 :onionhead020:
  • とても深く国を愛する心があるんだね。(原文では「国を愛する血が濃い」)だからこそ、彼らは規律正しくて、これだけ発展しているんだろう。昔、タイは体の小さな日本人のことを馬鹿にしていたけど、いまではとても尊敬している。 :onionhead044:
  • 素晴らしい愛国心だね。タイ人もこれぐらい国を愛して欲しいよ。 :onionhead045:
  • 国のために命を投げ打つ :onionhead045:
  • 日本人にとって彼らは英雄だよ。
  • 国のために、守るために死ぬなんて、とても偉大なことだよ。彼らは自分の命を次の世代の人間のために捧げたんだ。これだよ、これが日本の兵士なんだ。 :onionhead045:
  • 彼らは天皇のために命を捧げてたんだよ。命を賭して忠義を尽くした。口だけの忠義じゃなくね。
  • 日本兵を尊敬するよ。自分を犠牲にして国に仕え、それでいて、とても規律正しい。トランクのように小さな飛行機で歴史に残るぐらいたくさんのアメリカの船を沈めた。
  • 幾十幾百の他の人の命を救うために一人を犠牲にする。個人的にはとても賞賛できないよ。カミカゼのみんながとても可哀想だよ。生まれてきたのに両親に報いることができず、愛する人と共に過ごすこともできず、一度だけの人生でごくごく平凡な幸せを享受することもできなかった……本当に可哀想だ :onionhead022:
มาทำความรู้จักนักรบ KamiKaze
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(666コメント)

  1. カミカゼやあの戦争の意味を親日のタイでさえ分かってないのかw

    あの戦争が終わってどれだけの国が独立したと思ってるのか

    • それでもあんな兵士の使い捨て戦法は愚策だし、立案を許可した大本営の参謀は無能だと思う。
      何度も出撃を繰り返し、敵に物心ともにダメージを与える事のできる手強いパイロットが沢山いると印象付けた方が有効だろうに。

      爆弾や機銃を撃ち尽くしてなお、敵の包囲を抜けて帰還できない状況なら話は別だが

      • たとえ絶望的な状況でも自殺攻撃なんてするべきじゃない。
        なんとしても生き残って祖国復興に力を尽くすべきだった。

        • 綺麗事だな
          今の感覚ではそうなる
          当時の状況を察して下さい

          • 物事を議論せずにその場の空気という謎の理論で「kamokazieやむなし」という結論になるんだから
            日本人というのは昔から流されやすいんだな

          • 言えてますね、愚作と行ってる人は当時の絶望的状況化に 
            どのような作戦を判断し決断できたと言えるのか、ネット 
            特有の言うだけ無料、ネット弁慶だと思う、神風はアジア人 
            最後の砦でありその魂を見せつけることで、白色人種は動物 
            程度に見ていたアジア人のスピリットや命を奪われても屈さ 
            ない気高さを見せたと思う。

          • 20020や20047は、まさにその「神風否定はキレイ事(キリッ」っていうのが盲目な綺麗事だということがわからないんだろうなぁ

          • 「やむなし」というよりも他に選択肢がなかったというか。
            色々作戦があってこれが一番良さそうと思って選んだわけじゃなく、これしかなかった。
            戦って死ぬか戦わずに死ぬか。
            もちろん結果論で今考えれば他にも選択肢はあったんじゃないか?と思えるけど当時はその2択しかなかった。

          • 当時の状況でも反対意見は結構多かったんだが…。だからこそ特攻兵器の開発を推進した人間の中には「誰がこんなものに乗るというのか!?」という反対意見に対して「私が乗ります!」と答えて押し切った人もいたわけで。ちなみに、その人は最後まで搭乗を断り続けて終戦後に台湾に逃げてるんだから救いがない。「祖国を守るために戦う」が「祖国が滅んでも戦う」に変化してしまった点は英霊を敬う部分と分けてしっかりと考えていきたいもんだ。

          • 戦わざれば亡国と政府は判断されたが、戦うもまた亡国につながるやもしれぬ。しかし、戦わずして国亡びた場合は魂まで失った真の亡国である。しかして、最後の一兵まで戦うことによってのみ、死中に活路を見出うるであろう。戦ってよしんば勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残れば、我等の子孫は再三再起するであろう。

            この神風という壮絶な史実と対峙し、各々が自らの命を絶ってでも守らんとしたこの国に我らが生きていることを自覚さえすれば、その事を綺麗事といって片付けることが如何に畏れ多いことであるか分かるだろう。
            それを理解した上で批判するのであれば結構であるが、理解もせずに反射的に悪と言い切るのは、祖先の守り抜いた土の上に今の発展がある事を理解できないということであり、浅はかといわざるを得ない。

          • 神風を支持する奴の気持ちがしれない。そもそも孫子でも戦うのは最終手段だと言われてる。もし戦うなら短期決戦だと言われてる。それが出来なくなって結局長期戦になり、面子の問題となってしまった。そのためにそれをなんだかんだ突き通す為に神風なんて愚策をやってしまった。どう考えても深みに入る前に止めるべきだった。それも出来なくなって結局陛下に頭を下げさせたのではないのか?アジア諸国の独立がどうのなんて問題じゃない。そもそも自分達のケツを拭く事も出来なくなった上での愚行だろう。違うか?

          • 結局軍部の暴走というのがあの戦争の実態だろ。やるにはやったが引けなくなって神風なんて暴挙をやった。最後には陛下に戦争をやめるべきだと口まで出させたくせに、それが気に入らない軍部は陛下に対してクーデターまで起こそうとしたんだぞ。
            http://ja.m.wikipedia.org/wiki/宮城事件
            神風を美化するな。生きていればなんとでもなったものを。原爆も落とされる前に戦争は終わった。そこからが本当の戦いだったのた。死んだら終わりなんだよ。だからこそ神風なんて愚策には腹が立つ。

          • 同意。

            このサイトに書き込まれた沢山の書き込みを全部読んだら、特攻隊の意義が理解できる。

            なんでもかんでも旧軍が完全に悪い=日本は間違っていたと刷り込まれてきた反動が、今は凄いよ。

          • 面子の問題に、原爆を落とされる前に戦争が終わった?
            馬鹿を言うな、原爆は何が何でも落としたよ、約束していたからね
            何のために通商路を襲い油を断ってまで日本に戦争させたと思ってるんだ
            それに原爆を落としたのは、暗号筒抜けの日本がソ連に降伏条件のを打診した後だ
            過去から今までの歴史を見ろ、アメリカが争いを終わらせるために戦ったことなんて無い
            それを日本軍部の暴走だけで片付けるな

          • 全く持って全て同意だわ
            近代の価値観で物事を語るやつらは頭が悪過ぎだわ

          • 孫子の兵法で言えば確かに戦わずして勝つのが最上、戦って勝つのはそれ自体下策だ。まして負けるとなれば…
            しかし、それが通用するのは自分が交渉の主導権を握っている場合に限られる。
            相手が戦いを望んでいて、しかも交渉の主導権を相手が握っている場合は、たとえ孫子と言えど戦う道を選ぶだろう。
            その結果、勝つか負けるかは互いの戦略、戦術の優劣で決まる。
            そして対米戦を鑑みる時に忘れてはならないのはソ連コミンテルンの謀略の存在である。
            日本は昭和に入って謀略戦にとことん弱かったのは間違いない。
            為に国策を誤り、最後まで本当の敵がソ連だった事に気付けなかった訳だが、では戦後、その反省を生かしているか?
            未だに陰謀論を馬鹿にする連中が多い事多い事。実に、陰謀を企てる者にとって都合がいい国に成り下がっているではないか。
            こんな状態で、先の戦を勝ち負けのみという狭い視点で考えるようでは、また同じ事を繰り返すだけだ。

            神風特別攻撃隊は、一機一隻という途方もない戦果を挙げ、為に旧海軍の基本戦術となってしまった。
            これを幸と見るか不幸と見るかは歴史家の思想次第だろうが、当時の軍部にとって損失に対する戦果の比率が最も大きい戦術として映った以上、神風特別攻撃隊の存在は必然であったと思う。

            しかし、彼ら特別攻撃隊の隊員方は歴史の被害者として散ったのでは無く、護国の鬼となるべく散ったのだ。
            彼らに対して憐れみの気持ちを抱く者は、彼らを最大限侮辱していると知れ。

          • そのとうりだと思う。追い詰められた、今の考えとは別物

        • 今となっては日本は復興したが、当時の状況を考えたら、
          戦争に負ける=占領されて日本壊滅だからな
          アメリカに負けて賠償金払って「はい、終わり さあ復興しよう」なわけないんだから
          朝鮮戦争や東西冷戦があったから壊滅は免れたわけでね

          • ここまでで、一番の正論と思う。

            戦争指導部から特攻隊員に至るまで、米国の日本滅亡の企図を疑う者はいなかったと思う。
            そして実際に、終戦から速やかに、帝国憲法の国体は無残に解体され、戦争指導者は処刑され、価値観は崩壊し、日本精神の壊死が実行された。

            開戦から終戦に至る米国の無慈悲な態度は、太平洋制圧のために日本滅亡戦争を意図したものであり、
            それゆえ、無条件降伏という主権国家としておよそ受け入れ難い終戦を強硬に主張し、国体護持をも容認しなかった。
            後期になり、日本民族の隷属や国土の植民地化が本意ではない旨通告しているが、これを日本政府がいかほど信用しえたであろうか。

          • その通り。 今の若い奴の、「愚策」「特攻隊賛美がキレイ事」って言ってる奴は、まずコレが理解できてない。 ゆとり教育は、あいつらが幼児の頃からずっと言われてきたが、「弱肉強食」っていう精神が、理解が全く無い。 だから、簡単に方法論も挙げず「止めれば良かった」なんて言える。

            負けたら、日本人は全員殺される。 神社も先祖代々の墓も、守ってきた命より大事な土地も、全部焼かれて奪われる。 当時の情報や世界情勢じゃ、どう学んでも皆そう思ってたんだから。 実際、舐めた考えで「自分可愛さ」に降伏した国がどんな末路を辿ったか・・・文化も土地も奪われ、家畜のような扱いを受けた人達が沢山いたんだよ。 

            西洋の歴史はもっと悲惨だ。 何百万人も虐殺されたなんて、いくらでもあったんだから。 これだから、ちゃんと「戦争を語り継がなければならない」って事だよな。 「苦しかった体験談」だけじゃ、ゆとりみたいな連中は「TVゲーム感覚」でしか理解できない。 その「理由」や「意味」まで説明しないと、「ちょっと考えりゃ解るだろ」では、底辺は勉強しないからな。

          • 若者と言えども馬鹿にするのも大概にしておけ。一応同じ日本人なんだ。
            ゆとり教育というものは我らの過ち、被教育者に責任は無い。ああだこうだと若者を理不尽に愚痴るだけではむなしい。
            不満を向ける矛先を違えている場合ではない。共に罪の償いをしようじゃないか。
            自身の持ちうる知識を侮蔑のためではなく、人材のためにひけらかすのだ。

          • まったくその通りだと考えます。

      • そういうパイロットはちゃんと別の任務についている
        ほとんどはルーキーだった
        ベテランが教官やって育てようとしたが手遅れだったとか
        生き残った中堅を使い潰した事こそ問題だと俺は思うが

      • 愚策だと思われる方もいるでしょうが、彼らは日本人を守った事も事実です。
        (一部抜粋)
        当時沖縄での砲撃は、米艦隊の砲弾のなかに数多くの鉄片をしのばせた爆弾でした。
        その爆弾は、地上に激突すると同時に、内部に仕込んだ鉄片を四散させましたそんな酷い艦砲射撃が、毎日毎日、絶え間なく続けられていました。
        けれど、その砲撃が、一斉に止むときがあります。
        米粒のような日本の特攻機が、遠くの空から表れる。
        すると米艦隊は、特攻機めがけた対空射撃一本になり、その間、沖縄本島等の地上への艦砲射撃が止むのです。

        特攻機に乗っているのは、まだ10代の若者です。
        そんな若者が、命を捨てて、沖縄県民を守ってくれる。
        機体に日の丸を描いた、その友軍機が現れる都度、沖縄の人たちは、心の中で手を合わせたといいます。
        そしてそのわずかな時間に、みんなで逃げた
        重症のけが人を背負い、仲間を助け、ご近所のお年寄りを背負って、より奥地の防空壕へと逃れたのです。
        http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1536.html
        今だからこそ言える言葉があります。
        けれど当時は誰もが必死だった・・。

        • なのに今の沖縄は馬鹿ばかりという

          • 沖縄の馬鹿は極一部だろ。多くは県外や国外からやってきてる、声が大きいから多数に見えるだけのマイノリティ馬鹿

          • 沖縄で騒いでいるのは、通名をもっている在日や
            中国の工作員が主。日本人は金を握らされている人間や
            踊らされている一部のお花畑。
            沖縄の人は当惑しているんじゃないか

          • なら、そうわかるよう強く自浄効果を示してほしい
            今は北朝鮮や中国と同じく信用できん

          • ※20226
            >声が大きいから多数に見えるだけのマイノリティ馬鹿
            ※20360
            >沖縄で騒いでいるのは、通名をもっている在日や
            >中国の工作員が主

            声をあげずに黙っているだけなら容認してる馬鹿と同じだろーが。それともこのまま黙って中共工作員のやりたい放題にさせろってこと?
            沖縄人は恥ずかしくないのかね、南国の陽気で脳みそ溶けたんか?情けない・・・

          • 日本では発言に自由があるから何を言っても不正がなければ止める事は出来ないんじゃない?
            まともな人は基地の柵にくくり付けられた釘付きテープとか取り除いたり清掃活動してるし
            でも市長選とかに共産とかに入れてる人も居るからわからんねw

        • ここのコメントを見ても、神風で散った方々を否定している人なんていませんよ。
          作戦を批判しているんです。
          元々は、被弾した機がせめてもと突っ込んだのが始まり、
          その思いを「効果がある」と「作戦」にした上層部の頭がおかしいんです。
          特攻だけでなく、戦地で散った方々を始め、当時戦った全ての方々に感謝するし、
          未来を託されたという事を忘れてはいけないけれど、
          当時は戦争も特攻もやむを得なかった→批判してはいけない ではない筈。
          英霊への感謝と戦争の功罪は、分けて考えなくては。

          • 特攻の意義はあったんだよ。

            彼等のおかげで、国体はたもたれた。
            日本人の精神をアメリカ人が理解は出来なくとも知ることはできた。

            あそこまでやってやっと、陛下の処刑=日本完全終了は免れて、そのうちマッカーサーが日本が戦った真の理由に気がついて、アメリカは朝鮮戦争に

        • 初めて聞いた。感動した。わかる人にはわかる。
          そういう心をもっているかいないか。

      • 大本営は感情的に特攻を許可したわけではないし、当初は普通に戦うより一定の効果があると判断したからこそ許可したんだよ

        何せ何度も出撃を繰り返しても生き残れるようなパイロットは前線に数える程しか残っていなかったし、誘導装置のない爆弾や魚雷を放って艦船に当てるというのは熟練の技が必要なくらい難易度の高い事だった
        艦攻・艦爆の護衛どころか戦闘機ですら自分の身を守るので精一杯な状況で、何の成果も得られぬまま犠牲ばかりが増えていく・・・そんな中で爆弾の威力と命中率を飛躍的に向上させる事が可能な唯一の方法、それが特攻だった

        • あれが効果的な方法だと?アメリカだってバカじゃないからさっさと対処法を身につけられて最後には殆ど効果なかっただろうが。最後には殆ど犬死だったはず。少なくとも言えるのはあんな愚策をやらなければいけなくなった時には既に負けた事を認めなかったんだよ。どれだけ有能で若い人材を失ったと思ってるんだよ。もし彼らが生きていたらまた違った展開もあったはずだ。

          • アメリカの最初のころの発表では、効果はほとんどなかったとなっているが、その後の情報規制解除などから、効果は大きかったことが発表されてるんだなこれが。
            特攻に効果を上げたのは有名なVT信管じゃなく、実はレーダーピケットラインの方で、この作戦が行われた当初は特攻の戦果0ってこともあった。
            言うと通りアメリカだってバカじゃないから、対処法を身に着けたわけだ。
            ところが、最初から決死隊である日本だってバカじゃない、バカなら無駄死にに終わってしまうからな。
            攻撃部隊をピケットと本体攻撃に分離して、ピケットを攻撃することで、『対策したアメリカ』に命中率6割以上を叩きだしたりもしてる。
            至近弾も含めれば7割を超える驚異の命中率は、魚雷や大砲の命中率が3%に満たない中で、普通に攻撃した場合よりも損耗率と能率を比べて能率が勝る戦術だったわけだ。
            それでも対応するにはピケットを出すしかなく、アメリカも決死隊を出す思いで、死刑宣告に等しい紹介任務に出している。
            彼らは突っ込んでくる日本人の精神が怖かったんじゃない、驚異的な命中率と圧倒的な危険性でノイローゼになったんだよ。
            もちろん、日本の代償だってバカバカしいほど大きかった。
            けど、事実として成果はあったし、戦後のアメリカに日本人を追いつめ過ぎてはいけない、と刷り込むレベルの効果もあった。
            あれは決死だったが無駄死にじゃない、戦後の現在を作るうえで、おそらくは欠くことのできない一要素だ。

          • あなたのレスを読んで、「幼児性万能感」 という言葉を思い出した

      • 特攻隊の生みの親は元パイロットで航空司令を歴任
        かつ最初期の航空戦力研究から携わっている
        大西中将ですが?

      • 仕方ない、負ければ植民地だとの恐怖もあったしね
        父は、予科練でしたけども
        後悔してなかったし、強い人でしたよ。

        タイの皆さん、最後のコメントで少し泣けました
        有り難う御座います

        神風特攻隊は、志願兵です
        正しいも正しくないも、それよりも最後に命をかける場所を神風に求めた人達だと思います
        日本の将来を夢みたのも、この方達ではないかな?

        日本人として、恥ずかしくない日本にしなきゃね。

        •  私の父も回天の搭乗員としての訓練をしているうちに、8月15日を迎えました。先に出撃して亡くなっていかれた方のことを、とても大切なものとして心の内にしまっているようでした。東京に仕事で上京した折は、再開の約束の地に祈りを捧げに行ってたようです。戦争当時のことを語る事はあまり無い人でしたが、当時17,8歳の志願の予科練生でした。タイの方々が、当時の日本の若者に心をよせて下さることがありがたいです。

        • まったく同意
          志願兵だから特攻をしてもいい、とは私は思わないし、当時の特攻が最善の策だったとは私は思えないが、アメリカに兵糧攻めされ物資も人員も少ない日本がアメリカに講和か勝利するためには飛行技術が未熟でも敵艦船に体当たりしてでも玉砕する『覚悟』がひつようだった、そのくらいどうしようもない状況だったんですよ。
          それを証拠に大和の出艦もあったでしょう、沖縄の総玉砕もそうです。
          砂を舐めさせられるならば死を覚悟した若者が多かったんでしょう。
          それを『無駄な死にかた』で終わらせるには余りにも・・・な話です。
          彼らは無駄死になんか絶対にしてません、敵国を恐怖に貶めると同時に米兵に尊敬もされています、その証拠の碑石がアメリカにあるはずです。
          彼らは間違いなく愛国者であり、いまの日本があるのは彼らのおかげだと私は思います。

          • おれも そう思う
            幕末あたりから続く西洋VSアジアのしめくくり
            アフリカ、インカ、インディアン
            インド、中国などのアジアの大国もどんだけ、ひどい目にあったか
            単純に日本が空母を破壊するとかと意味が違うと思う

          • 仰るとおり。先人の行いを生かすも殺すもあとに続く我々次第

      • 繰り返し出撃するだけの物資が無いんだってば。

      • つか、当時の日本軍機では、もう高出力化していた米軍機に数でも質でも太刀打ちできなかったのを理解してる?相手が最新鋭の高性能機を数百機も連ねて飛んでくるのに、日本側はせいぜい数十機で迎撃、まともに空中戦を試みても敵戦力を削るどころか、簡単に落とされて無駄死にでしかない。

        仮に運よく、一機や数機を撃墜しても、アメリカは数万機単位で増産してるんだぜ?何の意味も無い。

        燃料だって、ほとんどなく本土決戦用に温存していた航空機も大半は飛べずにそのまま朽ち果てる運命だった。

        どう考えても、敵の防空網を決死の覚悟で突破して、敵艦に特攻でダメージを与える作戦のほうが、まだわずかでも効果がある。

      • あの状況ではやむを得なかったのです
        アメリカから最後通牒を突き突き付けられ政府の判断は戦うもまた亡国,戦わざる亡国は魂まで失った亡国で最後の一兵まで戦うことによってのみによって死中に活を見いだしうるであろうとし戦ってよし,勝たずとも,護国に徹し日本精神さえ残れば子孫は再起三起するであろうと, 国力20倍,経済力10倍,艦船数等しくも航空機数3倍のアメリカに,やむにやまれぬ大和魂で立ち向かって行ったのです
        戦わずアメリカの最後通牒を受け入れていたら東南アジア同様アメリカの様植民地です 

      • 作戦としての効果は知らんが、それが全てじゃないだろ。
        「あの時逝ったあの人の分まで頑張ろう」
        その気持ちは間違いなく一定数の人々の心に芽生え、後の復興を加速させた。人として当然の心理だからな。
        また、敗戦から半世紀以上も著しい自虐思想を植え付けられた訳だが、現状国民は愛国心を取り戻しつつある。
        それは最悪の色眼鏡を持って尚肯定する価値のある、「カッコいい国」だったからではないのか。

        日本人だけじゃない。未だに外国で語り草になる位、あれは衝撃的な作戦だった。
        アメリカには国体を壊すと言う道も有ったんだ。
        ほんの少し日本に対する恐れが少なければ、そうなっていたかもしれない。

        何しろ人命に纏わる話なので、これについて「あれで良かった」とも「あれじゃダメだった」とも言えない。
        軍の上層部が、上記の事まで見越して命令したとも思わない。
        だが特攻隊員の尋常ならざる生き様と死に様が、子孫の心の糧となり、あるいは敵を怯ませた。
        それだけで充分以上に政略的意味があった。
        無意味だなどとしたり顔で言うのは、世論の重要性も分からないような歴史論者として二流以下の輩だけだ。

    • >カミカゼやあの戦争の意味

      日本人がどれほどわかっていると?
      他国に多く求める前に足元を見たほうがいいのでは。

      諸外国でKAMIKAZEを「狂気」と感じる向きもある中、
      国王を崇敬する国民性のあるタイだからこそ「忠義」「愛国心」と受け取ってもらえているように思う。

      そういう志があってやったにせよ、「独立させてやった」がチラついて鼻につきますよ。

      • 事実を事実として発言するのが歴史だ
        鼻につくなんかで歴史を否定して欲しくないな

        • 発言の本質が理解できないようですね。
          私が何か歴史の否定をしていますか?

          あなたの発言のもとにある姿勢について話しているんです。

          こちらがどういう意図でやったことかに関わらず、
          事の結果がどう評価されるのかは、相手国がどう捉えるか次第です。
          なぜ「してやった」風の発言ができるのか。
          相手にとって押しつけがましく、あなたの態度はむしろ過去の日本人を貶めます。

          (その理解の深度にかかわらず)相手側からの共感・理解が得られているというだけで有難いことです。
          その関係性こそが重要で、それを引き継ぐことが
          戦争を戦ってこられた方々へ我々ができることのひとつではないですか?

          • ん?引き継げてないから問題だよね?

            朝鮮進駐軍や総連の前身団体→総連と民団

            これが有る時点で、もうダメでしょ。

            少なくとも遊就館に行った事が有るなら、「鼻につく」なんて糞みたいなコメントはできませんがね?

          • 喧嘩しないでね。
            意見の喧嘩かな?

            あなた達の先人は頑張ったよね
            一生懸命に生きて、日本を護ろうとしました。
            きっと、お二人も誇りに思っての意見でしょう
            わ私は、韓国や中国が騒ぐのが辛いですね
            もう、静かに休ませてあげたい。そう思います

          • してやったもなにも、歴史から抹消された「大東亜会議」 てのがあってだね。
            1943(昭和18)年の末、満洲国、中華民国、 タイ、フィリピン、ビルマ、そして自由イン ド仮政府のそれぞれの代表者が東京に駆けつ け、史上初めて一堂に会する機会を持った。
            ここで日本が中心になって、皆で独立を勝ち取ろうぜ!って、志をおなじくしたんですよ。同志です。
            で、この「独立しようぜ!」で重光葵は東京裁判でA級戦犯になってしまったくらいですから。
            後に東南アジア諸国は次々と独立をしますが、その責任は重光等の犠牲の上にあったのは事実なんです。

          • 表面的な事実じゃなくて、精神性の話なんですよね・・・
            それが事実な話でも「してやった」的な言い方されると、
            タイの人たちも微妙な気持ちになっちゃうよね^^;

    • 何で戦争にこれっぽっちも関わってない人間がこんなに偉そうなのか理解出来ん
      神風産みの親と言われてる大西瀧治郎という人については勉強してみるといい

      • 関わらないと何も発言できないなんておかしな話だ。
        偉そう?それは妥協だ、妥協は歴史や彼らを否定することだ。

        • いやー、単に尊大な言葉使いに対しての反感だろうよ

    • 大半のアジア諸国はそんなもんさ・・・
      歴史に興味なきゃ今の日本人でさえどうでもいい話になる

      • なるほど・・・。
        違う見方をすると、日本の神さまが
        日本国民達にそれに目を向けさせるために中韓の靖国へのバカ騒ぎを起させているように思えてきました。
        だからといって静かに眠る人の前で許されることではありませんが
        「全てのことに意味はある」と思えるようになってきました。

        他国が何と言おうと、自分達の先人達を大事にしていきましょう・・・

    • ものの見方には色々ある。

      百年、二百年の範囲では神風は有効だ。

      なにせ、日本人を追い詰め激怒させると、かなり厄介なことをはじめる、と、世界が知ったのだから。

    • 神風があってこの多くの国が助かったが、なぜ子育て終わった年代にさせなかったのか?といつも思う

      自国の新生のためなら老いた年代が特攻やるのが一番良かった

      体力勝負の陸上ではなく敵に突っ込んでいくなら年齢は十代の若者である必要が無いし、若者はこれが終わって国を復興するのに必要だとわかるはず

      死んでも自分の父親達が自分達や国のために死んでくれたと思えば成人した子供達は永遠に上の人達を尊敬しながら一生を終える

      しかし現実では結婚もしなかった子供を神風として使ったことは年寄りの卑怯さだと思う

      なので死んでいった彼らはよけいに可哀想

      • 年配は文化や風習の繋ぎてとなるのですね。おいた年代が当時すべて玉砕していたら今の日本もないという事になります。次世代を担うという事は継承があって成り立つのです。そして彼らに可哀想という言葉は侮蔑になるのではと思います。それは彼らの思いや行動の全否定に繋がります。

        • いや、全ての老人ではなく特攻隊の人数程度の老人が死ぬだけの話です

          • 特攻機に乗れる老人?その歳まで生きてる飛行機乗りって、当時どれだけ居たの?

          • それができる老人はもういないから若い人間にお鉢がまわってきたわけなんだが、まだ勉強が足りなくない?

      • >>子育て終わった年代にさせなかったのか?といつも思う
        あんたそりゃ、女房や子供という家族がいるから、「独り身の私が」という覚悟で若者が志願したんだろうよ。
        こんな話がある「私は戦争で家庭家族があるからと優遇されて、激戦地は外されて、独り身の男がそこへ優先されて派兵されていた、彼らは「いえ、~さんには家族がありますから」といい、私に気を使ってくれた。そして彼らは死んでいった。戦後のいま私は思うんです、家族や家庭のある者は死んでも墓に遺族が訪れ、供養してくださる。ですが、死んでいった独り身の者達の供養は一体誰がしてやれるのですか?ですから私は毎年靖国に行くんです、それが約束なんです」 これ有名な話だぞ
        あと、若者が多かったってのは、もう戦争終盤で日本が相当に兵士も疲弊、熟練パイロットも相当死んでしまって居なかったということと、飛行機の操縦さえできれば艦隊に体当たりすることは比較的簡単であったからだろうな。

        • 良いこと言うなぁ・・・涙
          でもね、どんなに「有名な話」でも、世代が違えば知らないもんだよ。 ちゃんと常に伝えるって事をやって行かないとね。

          それと、「年寄りがやればいい」とか言ってる「思い付き無知発言」ができる「戦争を舐めてる」ヤツの意見に、丁寧な話・・・ご苦労様です^^ あなたのような人が一人でも多ければ、平和になるでしょう。 

          当時のモノの無さ、飛行機を飛ばす大変さ、技術、訓練時間や燃料の無さ・・・あらゆる当時の情報や話が残ってる現代でも、学ぼうと思えばいつでも学べる時代が来ても、底辺の人間はいつも「軽口」が叩ける。 「当時の飛行機をとばす」という事がどれほどの事だったのか・・・国力を挙げて僅か数千機ほどしか作れなかった戦闘機を何だと思ってるのか・・・TVゲームや今のセスナを飛ばすのとは訳が違うし、今の時代の乗り易いセスナですら、「ちょっと練習したら誰でも飛ばせる」訳が無いのに・・・

    • 毎度毎度ご苦労さん↑

      • へい

      • 矢印付けんな
        通り魔かよ

    • 華麗に玉砕する精神よりも、生き延びて機を伺う辛抱強さが当時の日本には必要だった。

      • 特攻も玉砕もしないし大和を自沈させて盾にもしないとなれば
        奴隷所かスポーツハンティングの的にされて今頃日本人なんて居なくなってるな
        混血児すら居ないよ

    • お前もわかってない。
      カミカゼは米軍が呼んだ呼称
      しんぷうだ

    • 当時先頭を切って亡くなられた方々・我々の先輩方は
      現在「間違った方法だった」と言われることが多い。

      けれど諸先輩方の勇気のおかげで今の俺たちの世界があるのは間違いない。

      悔しいのは「あの頃無謀な作戦で亡くなられたのは優秀な人が多かった」こと。
      もし戦争で亡くなられてなかったら・今、世界の発展に寄与する日本人が
      どれだけいたのか・・・

  2. 確かに植民地解放のきっかけにはなったし日本国の誇りも守られたが
    脱亜入欧から転換して欧米と対立した外交の失敗は評価できないなあ
    今は支那のプロパガンダや嫌がらせに上手く対応出来てる
    南朝鮮には甘すぎるんだけど

    • 個人的には狂人ウィルソンとソ連の出現があった以上、
      日本はどうあっても欧米と戦わざるを得なかったと思う。

      • 車椅子ジジイも大概だけどなw

      • ルーズベルトの爺さんは中国へのアヘン貿易でぼろ儲けしてたんだっけ?
        シマを荒らされて激怒したマフィアって感じだなw

        • ルーズベルトは筋金入りのレイシストだった。
          だから、東洋人など黄色いサルだと見下していた。
          しかし、日本だけは違った。

          何しろ日本は有色人種の国の中で唯一、明治時代に当時米国より格上の英国と同盟を結んだ国だった。
          しかも開国からあっという間に近代化し、白人を脅かす近代兵器も自力で生産し始めた。

          このまま日本を生かして置けば、いずれ白人達と対等以上に成長し、白人の牙城を脅かす存在になると心底脅威を感じ、憎んでいた。
          だから叩き潰すしかないと。

    • いや元から対立させざるを得なかったんだよ。
      当時はそういう時代だった。欧州ですらお互い対立してたからね。

  3. >タイは体の小さな日本人のことを馬鹿にしていたけど
    マジで!?
    体格同じじゃね??
    欧米からのイメージ先行だったのかな・・・

    • 戦争してた頃は日本の方が体小さかったんじゃないかな?
      タイは食料に困るような国じゃないし

      • あんまり変わらないと思われ。
        ただ、タイ族は小柄だが姿美人が多い気がする。
        大和民族は不恰好(´・ω・`)

        • 半島の南側からいらっしゃった方ですか?
          祖国で兵役に就いて、お国の為に頑張ってくださいね

          • 朝鮮人そっくりだよ君w

          • 事実、不恰好なのよ(・ω・)。
            脚曲がってるし短いし。
            太ももについてる脛が外側についてるのが曲がって見える。

            対してタイ人はまっすぐ。

            正座が原因だとされてたが民族的にそういった特徴あんのよ。

            事実を認めよう(嘲笑

            朝鮮人じゃあるまいしw

        • そうでもないよ。

          色んな国を回ったけど、やっぱり日本人の容姿がアジアではダントツだわ。
          垢抜けてるし、目鼻立ちも精悍だし。アジアのトップ1%で、ようやく日本のちょっとかわいいコンビニ店員レベル。

          タイでちょっとマシな容姿なのは、白人や日本人とゴーゴーガールの間に生まれたハーフばかりだよ。ほとんどは鼻ぺちゃでぶさいく。

          半島で半万年奴隷だった試し腹民族トンスル猿や、つい昨日まで泥土の家で鼠食ってた支那猿と、400年以上も先進的な文明国で磨きぬかれた日本人とでは比較にならんよ。

          • 大和民族の胴長短足をどう飾ろうと無駄だって(・ω・)。

        • まあ、アジア一醜いのはトンスル民族だけどな。

          日本人より食生活が貧弱で米を食いすぎるから、胴長短足、顔も長年の試し腹のせいで気色悪い。整形しても異様な気色悪さが漂ってくる。

          • 彼等の一番異様な箇所は異常な骨格にあると思うのだが
            なぜあんなにも不恰好に発達してしまったのだろう

  4. うちのジーちゃんも8月15日に沖縄に特攻する予定だったらしいんだよなー
    でも終戦で中止になって生き延びた・・・そのことを聞いたら本当に悔しいといってたのが印象深かった

    • 当時の人の気持ちとかって相当な物だったんだろうね。
      仲間は次々と飛び立って行ったのに自分だけ・・・って思ってる人とか多いみたいだね。
      でも、おじいさんが生きていてくれてよかったね。

      • 勘違いする人がいるかも知れないので付け足すけれど
        散って逝った特攻隊員達やその志を貶す気はないよ

        • 特攻を立案、指揮した上官が敗戦後に自刃したって話聞いたことある?

          • 知ってるよ上のコメントにでてる人だね
            介錯なんていないので切腹後に数時間苦しみ絶命した人
            必ず後を追うという部下への約束を果たしたんだよね

    • うちのおじいちゃんは背丈が足りず徴兵されなかったことを死ぬまで悔やんでいたらしいです。

    • うちの親戚も午後から飛行の予定で戦闘機準備中に
      終戦の知らせが届いて生き延びた
      死んでいった仲間たちに申し訳ないって泣いてた

      • うちのじーちゃんもそのあと悔しさを当たるところがないから実家に帰った後、神棚を全部燃やしたといってたなー自分も8月15日に死ぬはずだったしお兄さんはニューギニアで戦死、父親は病死、ほんと苦難の人生を送ってたと思うよ

    •  なんかのドキュメンタリーで「生き残った特攻隊員たち」みたいな特集をしていたけど、
      その中では生き残ったことへの罪や恥の意識でずっと家族以外の人間に元特攻隊員であることを隠してましたって人が2~3人いたよ。
       なんだかすごく悲しい気分になって、この人たちの罪や恥が少しでも消えて穏やかな気持ちになれたらって思ったな。君のおじいさんが穏やかな気持ちでいられていることを願うよ。命が助かることが全てじゃないからね。

       特攻していった人たちの気持ちを現代の人間が推し量るのは無理だろうから、今の私たちにできるのはその魂がせめて安らかなことを願うだけだと思ってる。

  5. タイの連中は日本の物がなんでも小さいとでも思ってんのか?
    腹立つわw

    • タイに行けばわかるがタイ人にとって日本は憧れの国だよ。

    • 昔の日本人は身体が小さかったからね。
      国鉄のブルートレインのB寝台も、昔はベッドの幅が52cmだった。
      昭和47年以降製造の新車から、日本人の体格向上に合わせてベッドの幅が70cmに拡大された。

    • やがて身体の小さな黄色いのが白人を蹴散らすみたいな予言がインドネシアにあったってきいて、むしろ誇らしくなった。
      まるで、そのもの異国の青き衣をまといてみたいな。

  6. ありがとう日本軍
    日本の誇りです

  7. 神風が無駄死にだったって言ってる人が結構いるんだけど
    俺はそうは思わないなぁ。
    コストパフォーマンスが悪いとか数字だけ見るんじゃなくて
    実際リスペクトする人も多い事実とこれだけ語り草になった事実。
    当時のアメリカ人に与えた衝撃が戦後の日本に無関係だったとは思わない。

    • 特攻によるレイテ防衛について、

        『これは、九分九厘成功の見込みはない、これが成功すると思うほど大西は馬鹿ではない。では何故見込みのないのにこのような強行をするのか、ここに信じてよいことが二つある。
       一つは万世一系仁慈をもって国を統治され給う天皇陛下は、このことを聞かれたならば、必ず戦争を止めろ、と仰せられるであろうこと。
       二つはその結果が仮に、いかなる形の講和になろうとも、日本民族が将に亡びんとする時に当たって、身をもってこれを防いだ若者たちがいた、という事実と、これをお聞きになって陛下御自らの御仁心によって戦さを止めさせられたという歴史の残る限り、五百年後、千年後の世に、必ずや日本民族は再興するであろう、ということである。

    • つい最近発表された米軍資料では、無駄死にとは言いかねるくらいの効果があったはずだよ。

    • 少なくとも戦って死んだんだし無駄死にじゃあないよな
      手榴弾を面白半分にいじくって爆発して死んだ奴のほうがよっぽど無駄死に

  8. 体当たり攻撃なんて誇るようなモンじゃないし真似してほしくない。

    • 当時はそれしか方法がなかったんだよ
      機銃じゃB29の装甲が抜けないから機体でぶつかるしかない、逃したら民間人が何百人も死ぬ
      魚雷も爆弾も1発撃ったら後は戻るしかないが、その間に着艦した敵がまた出撃するかもしれない
      機体が被弾して帰れないからぶつかるしかない
      熟練パイロットがいなくなって機体を飛ばすだけで精一杯の奴に急降下爆撃なんてできるはずもない
      船に向かってまっすぐ飛ぶだけ
      当時では1を犠牲に全を守る完璧に合理的な戦法だよ
      勿論最後まで批判的だった人もいたが、誇りに思いながらぶつかって大勢を守った人も居るんだから
      誇るななんてのもおかしい

      • B29への体当たりは上手くやれば戦闘機側は飛行可能で
        B29だけ落とせる超上級マニューバで特攻じゃねーよ
        大体高高度戦闘が劇弱の日本軍機でB29に体当たり出来るのは
        熟練パイロットくらいだ
        陸軍機のB29に着艦とか言ってるし・・・
        海上特攻と国土防空ごっちゃにしてんじゃねーよ
        あと当時のパイロットが
        急降下爆撃と特攻の難しさにどれほどの差があろうかって嘆いていたよ
        低威力の特攻で大ダメージを狙うには艦橋か喫水線狙うしかないから

      • B29は有効射程まで近づけば落とせるよ。現にゼロ戦のエースパイロットで生き残っていた人がいたはず。
        ただ、B29にも対空砲座がいくつもあって、その有効射程まで近づくのが命がで、
        その距離感を掴めない人や、被弾した機体が特攻をしかけたって証言もあったり。

        生き残ったパイロットの証言は貴重だから調べてみるといいよ。
        その証言こそが真実だから。

    • 自分は、自分に最大の出来ることはこれしかないと思ったらやると思う。
      頭のいい人、後はたのんます。
      俺より体力あるやつ、任せたな。
      役にたてるなら結構前向きかも。
      最後に叫ぶ天皇陛下万歳の天皇陛下は、国体で祖国そのもので母や嫁や娘がいる故郷。鮮やかな着物の色や、用水路のタニシ、神社の短い階段。

      けっしてハイルヒトラーと同じ意味ではない。

  9. なんで日本より小さい連中が日本のこと小さいとかいってんだ?

    • (白人と比べて、自分たちタイ人のように)というニュアンスだった、という予想じゃ駄目?

  10. 日本とアメリカの今を見て、彼らの死は一体なんだったの?って何故疑問に思うの?
    死力を尽くして戦ったからこその「今」でしょう。

    例えば、敵とは言え特攻までして国に尽くす民族と
    味方を後ろから撃ったり敵前逃亡する民族…どっちを評価し信頼する?
    戦前、戦中、戦後と互いの評価が今の関係を作ってる。
    彼等の死は無駄ではなく、未来を繋ぐものだった。

    • 本当にそう思うよ 
      アメリカとは真っ向勝負した分、互いに尊敬できる部分もあるわけだしね

  11. 国のため?天皇のため?
    いやいや家族のためです

    • 家族のためなら家族で逃げて逃げて資産を土に埋めて隠し、しばらくホームレスの格好で路上で生活して世の中から隠れていたほうがまだ助かる見込みあるわ

      そりゃ国のため及びそこまでして生きていきたくないという人としての誇りのためでしょ

      • 自分が戦わなければ、米軍の攻撃で愛する家族が殺されると真剣に思っていたと思う。
        事実日本の各都市は米軍の無差別攻撃で、非戦闘員の女や子供が大量に殺された。
        もしも米軍が上陸してきたら、老人や子供は撃ち殺され、女はレイプされて殺されると、当時の日本軍の兵士が思い込んでいたとしても異常なことではない。

        事実日本敗退後の満州や朝鮮半島では、日本の民間人はそう言ったむごい仕打ちを、
        侵攻して来たロシア兵や日本敗戦で寝返った朝鮮人たちから受けた。

        • 日本人にとっては「日本の」愛する家族と友達達ってカギ括弧つきなんだよ

          国を守るということは家族や友人達を守ることと同じ意味

          なので彼らが国を守ったということにアレルギーもつことないよ

          今でも他国にいく自衛隊は家族と友人達のためだけなら行かないほうが安全だけど家族や友人のため国のため国の人々のためにいくんだよ

          国のために行くことー家族や友人達のため
          家族や友人達のために戦うこと国のため

          どっちも同じ意味

          • 同意。
            日本兵は、負けたら祖国の女子供がどうなるか痛いほど知っていた。
            日本は追軍慰安婦制度でそういうお仕事の方達をやとって皇軍の誉を守ろうとしたけど、海外ではそりゃ酷いもんだったからね。
            だからこそ、敗戦後に攻めてきたソ連軍が攻めてきたときに、真っ先に女子供を逃して、逃げ切るまでのせめて時間稼ぎにと男達は戦った。
            母親、姉妹、恋人、故郷、そして日本と日本を祈りで守る天皇陛下の為に戦った。

    • 皆さんちょっと間違ってると思う所はここで、国、天皇、というのは国津神から繋がっている家族と同じです。我々の祖先はたどれば全て繋がっており天皇は長男の家系をたどっている遠い親戚となるんですよね。神道は神話から繋がる私達の道徳観、国体となってあります。よって国=天皇=家族=私達なんですよ。

      • いつも思うんだけどさ、日本の神って、“神”と訳すのは間違いじゃないかと。
        他国の概念とは違いすぎる。

        • それを言うなら他宗教の神を「神」としたのがそもそもの間違い。
          元々日本の神様は「神」キリスト教の神は「デウス」と区別して呼んでいたのを明治政府が全部一緒くたに「神」としてしまった。

          • あ、そうか。なるほど!

      • まあ、神話教育はあっても、学鷲らは、それにどれほどのリアリティを感じていたか。戦前国体の解釈の通説は、美濃部の天皇機関説でしょう。君国一体説は、破たんしていたと思います。
        ただし、機関説によっても、天皇の元首としての地位、民族の歴史を体現する地位に、変わりはありません。その場合、日本国とは、日本国家より、天皇が統治を委託され、同時にこれを国父とし赤子とする国体である、という解釈となります。

  12. 日本を愛する気持ちで特攻をしたわけじゃなくて
    日本にいる愛する家族や友人達を守るために特攻したんだって
    ばっちゃが言ってた
    お国のためにと言わないと罰せられる、そういう時代だったと
    ただ、無駄死にではない
    今の日本があるのはそういう人達がいたからなんだとも言ってた

    • 「家族や友人達」ってのがまさに国のためにやったことなんだよ
      国って政府のことでは無いよ
      米大統領の演説では必ずそういう文言が入るのを見てもわかる
      つまり国とは個人の中で友人達の総称へとやがてつながっていく
      「友人のため家族のため」ってのがそのまま国のための戦争

  13. 命をどう使うか、どれだけ効果的に消費するかということだったのかなと思う。当時と今では常識も倫理も道徳も違いがあるのだろうけど。役割をこなしたのだろうね、突き詰めると。親は子供を守る、男は女を守る、武士は主君を、兵士は故郷の安寧を。日本は日本とアジアと有色人種の未来を。
    彼らは護国の鬼として今も日本を守ってる。

  14. 良いとか悪いとか、そんな風に考えたことがないから何も言えないけど、親は悲しかっただろうなって親として思う。時代や背景は全く違ってもそこはあんまり変わらないんじゃないかなって。というか全く想像だに出来ない状況なのに、のうのうと生きる現代人が反省だの謝罪だのって必死に語ってることがおかしい。せめて非難や批判する程度で留めて置くべき。それすら私は違和感を感じるけどね…だって当時も何千何万の人がいて何千何万通りの思想や言動があったはず。非難や批判、賞賛するなら個人や小さな組織にすべき。どのみち真実を知らない私達には謝る資格も反省する資格もないし、謝罪や反省を求めるなんて野卑そのもの。私達はただこの国のことと後世のことを考えよう。このかた達もきっとそうだったんだろうと勝手に思ってる。

    • seiron

  15. カミカゼは個人の思いと軍の思惑があるから、美談にもなるし狂気にもなる。

  16. これによって沖縄上陸を遅らせたし、敵に脅威を与えたのも間違いない
    当時、資源があればこの作戦は実行されなかったかも知れない
    現在はその教訓を活かさずに資源開発、調査はおざなりに、食料自給は他国に委ねるという内需崩壊、弱体化させようとしてるけどな

  17. カミカゼで「次は俺がいくんや」って覚悟きめてたのに、
    行く前に終戦してしまって、お国のために死ねなかったっておじいさんから
    お話を聞いたことがある。

    • でも、生き残って下さったらお陰で、特攻隊の名誉は保たれたんだよね。

      日本をどうしても悪者にしたい他国が、特攻隊は後ろから銃剣を突きつけられて無理矢理やらせた外道だと言い出したけど、生き残った方たちの証言やら遺書やらがチラホラ出てきておさまった。

  18. 日本は偉大な先祖に感謝する事をそろそろしないといけないよ
    戦争賛美ではなく、国を思い戦った人たちに感謝を

    タイさん、管理人さん、ありがとう

    • まったくもって同感です

  19. 俺のじいちゃんも特攻隊員で、出発する直前に終戦になったって言ってたなあ。
    あんま当時のことは語りたがらないが、やっぱ自分だけ生き残ったのは恥だと思ってるみたいだ。
    でも今年88才、子供孫曾孫にかこまれて心身健康、幸せそうに楽隠居してる。ほんと、死んでくれなくてよかった。

    • 今のうちでもいいから話を聞いといてくれ
      もう戦争を知る人はいなくなる
      だからビデオでもいいから証拠になるものを残しておいてくれ

      • 同感です、もっと記録があればいいのに。
        最近は、戦争があった事も知らない人がいるからね。

  20. 最低な作戦だったのは間違いない
    新米兵士を爆弾の命中精度を上げるための機械がわりにしただけ
    生還を許さない攻撃命令なんて異常と言われても仕方がない

    • 志願兵にそんな言い方をするなんて…。

      • 20035は、指導部に言ってるんだよ。ただ、分かっていても聞き苦しく感じるのは、やはり志願兵の主体性が欠けているから。このように加筆させていただきたい。
        「新米兵士(の命を捨てても国を守る崇高な意思)を爆弾の命中精度を上げるための機械がわりにした」

  21. 純粋に国を愛し、家族を愛し、死んで行った英雄。其れに反して現在のイスラム教の自爆は死後の自分が天国へ行き沢山の美女に囲まれ幸せな生活が送れるのが目的。「神風特攻隊」と比較して其の目的に不純性を感じる。

  22. 進撃の巨艦

  23. 実際、終戦のドサクサに大陸や半島で虐殺されたり連れ去れてシベリア送りにされた日本人をみれば
    命がけでなんとかしたいとおもうのは仕方ない

    • 敗戦国や亡国の民の有り様を目の当たりにしていた時代の人たちだから、その危機感はとても強く現実に迫っていただろう

      • コバも書いていたが、インディオ殲滅やフィリピン侵略に見る米国の戦争から、当時の日本人にとっては、対米敗戦→植民地・男農奴・女レ○プで日本滅亡ってのは、「今そこにある現実」だったんだよな。

  24. 以前、神風特攻隊はテロと同じというスレがありました。
    全く違います。
    戦時中に軍服を着た操縦士が軍旗(国旗)を纏った飛行機に乗り戦った戦闘行為です。
    特攻の是非には多様なご意見があると思いますが、戦争で亡くなられた方々の命の尊さに変わりはなく、ご冥福を祈るばかりです。
    何故、戦争は許容されテロは批難されるのかを考えればその違いが見えてきます。
    戦争は終戦されれば戦闘行為を継続することは禁止され犯罪となります。
    しかしテロ行為を許容すれば、どちらが勝ってもテロが存在してしまい、戦後の混乱が継続されるため、スパイ同様に犯罪行為と見なされます。
    捕まればそれぞれの国の司法により裁かれることに異議を持てません。
    南朝鮮の英雄がテロと呼ばれる所以です。

    • テロの標的は無辜の一般人を巻き込む無差別攻撃だ。
      しかし神風特攻隊は敵国の艦船や軍人のみを標的とした、
      軍人対軍人の命がけの攻撃だ。
      そこが自爆テロとは違う。

  25. >誰かのために戦って、誰かのために死んでいった人たち。でも、戦争が終わったいま、日本の兵士と
    アメリカの兵士はビールを一緒に飲んで、お風呂に一緒に入って、経済のことについて話し合っている。……これだけは言わせて。彼らの死はいったいなんだったの?

    タイ人さん、むしろ逆だよ。
    彼らの戦いがあったからこそ、今はアメリカとお互いに手を取り合うことができるんだ。
    今はもうあの戦争から半世紀以上。憎しみなんてとっくに消えてるし、あれがもう起こらないよう協力しあっているんだ。

    • でもいざ米向けの原爆スイッチを目の前にしたら押すかもナ

      • さすがにそれはないわ

      • なにかあるともう一度原爆を落としてやるとか言う残念なアメリカ人もいるけど
        世界で最も敵に廻してはいけないのは日本だと一番知っているのはアメリカだと思う
        もちろん日本も同様だよ
        アメリカが軽々しく扱えない程度に強くかつ味方として心強い存在でいるのが一番いい
        憎しみ合うとかもってのほか

        • アメリカが軽々しく扱えない程度に強くかつ味方として心強い存在でいるのが一番いい
          憎しみ合うとかもってのほか

          心底、同意致します。

      • あ り え な い 。

      • 隣国向けだったらあるいは

    • 数十万人の同胞女子供が逃げ惑いながら焼き殺された。
      確かに我々は、先祖たちの苦痛、努力、忍耐を爪ほどもしらないから、その意思を代理するほど不遜になれないのだけど、そうかといって、虐殺の加害者の子孫たちと、腹の底から親友になれるとは到底思えない。

    • 彼らの死がないまま占領されてたらもっと酷いことになってたと思うけどね

      アメリカは日本を軽視して日本はアメリカを恨んで、て具合に

  26. 神風が賞賛できるなら、中国の人海戦術なんか、最高の愛国心のあらわれだな・・・

    • 彼らには督戦隊というのがいて後ろから銃口が向いてるので強制なんですよ。
      これは共産国家のソ連もそうでしたけどね。 志願と強制は雲泥の差ですね。

    • 認識不足だね。

  27. 特攻隊という発想自体が、日本ならではだからな。
    逆に言えば、兵士の命を貴重な資源として大事にし、合理的な戦略戦術を前もって組み立てようとする欧米(適当)の考え方の方が、兵士としては有難いだろ。

    そもそも、特攻なんて発想自体、実際に特攻した兵士達が自ら提案したわけでも何でもない。御上にやれって言われたから、やむを得ず特攻したわけでしょ?

    もちろん、それでもどうにもならないならと、国のため家族のために命を捧げて特攻した方々は、本当に潔く素晴らしいという事には全く異論はないけど、特攻隊を美化する人は、どれだけ酔ってるんだって思うわw

    兵士をモノとして割り切らないと、決して口に出せない発想だし、戦術的に思いついても、決して命令すべきじゃないと思うよ。

    完全な志願制だったなら、大いに誇れたのだろうけどね。実際は強制だから。

    • 完全無欠に志願制だぞ。

      たた空気読めといわれるがな。

    • 効果ない、無謀、馬鹿げてた…腐るほどきいてきたけど、今現在をみてみるとそんなことは無いのがよくわかる。

      他サイトの外国人も、もちろんアメリカ人も、彼等の有終の美を称えると共に戦争の悲惨さを痛感していた。

      なにより、こうしてまだ語られ続け、祖国愛と彼等の覚悟を心に刻み直すきっかけになる。

    • 志願者の崇高な意思への冒涜だ。
      完全な志願制だったんだよ。

      ただし、雰囲気で仕方なく、という人もいたでしょうが。

      基本は、志願制。
      強制では断じてない。
      犬HK歴史観に汚染されてます。

  28. だからアメリカは今も日本を恐れている
    日本人の団結力と精神力に恐怖を感じてる

    • 自慰。

      現在だと本気で敵対してきたら核兵器で更地にするだけ。

      • 核兵器で更地は無い。そうすると暗に脅すのが関の山。
        実際に使ってしまえば、他の核兵器保有国から核攻撃をされるからな。
        日本への核攻撃は核の恐ろしさが知られていないから出来たこと。
        最初の引き金を引くのはリスクが高過ぎ。
        それ以上に日本とは事を構えるより仲良くした方が得。
        何処かの国は目先の利益の為にそれを見誤ったけどね。

        • >実際に使ってしまえば、他の核兵器保有国から核攻撃をされるからな。

          これが「妄想」。

          根拠は無い。
          地球の裏側のとある国が更地になったとして、誰が気にする?

          脅しが本当でないとどうやって説明する?

          平和ボケすぎる。
          馬鹿者。

          • 核兵器で更地なんかにしたら、
            世界中が核の冬に陥るから気にしない国なんかないぞ…
            たったあれだけの福島ですら世界中から騒がれてるのに
            どんだけ核兵器の事知らない平和ボケなんだよ。
            更地にするのだって何メガトン級が何発必要かわかってないでしょ?

  29. 大東亜会議にタイも参加してる写真あるよね?きっと多くのアジアの国は真実を教えてないんだよ
    アメリカに気を使って。
    チャンドラボースぐらいじゃない?頑張ったのは。
    でもこそっと象の花子さんをプレゼントしてくれたけど。花子さんは井の頭公園で生きてるよ。

  30. 写真見るとみんな本当に幼いな

    • 普通の隊員達だけの写真だと、眼光鋭く精悍な顔つきと言うか覚悟を決めた顔つきで、
      今の平和ボケした日本人とは違う、何だか近寄り難い人達に見えるが、
      上の写真は、子犬と一緒に写っていることで気持ちが和んで、普通の若者の表情になっている。

      この写真を見て、特攻隊員達も普通の若者だったのだなと安心した反面、だからこそ余計に悲しくなった。

      • >今の平和ボケした日本人とは違う、何だか近寄り難い人達に見えるが、

        確実に妄想。
        今の日本人とかわらん。

        • 当時の人達が、お前みたいな口だけのへタレとは確実に違うことだけは確かだ。

          • たしかに同調圧力(空気読め)と体育会系センチメンタリズムで仕方がなく泣きながら自殺攻撃した人間より、私は確実に高等だな(嘲笑)
            間違いない。

          • >20467
            貴方のご先祖様とご祖父母様と自衛隊の皆様に面と向かって言えよ。
            まさかネットで大口たたいてリアルじゃできないような無責任な人間じゃないよな?ご立派なようだから。

  31. 今も昔もタイ人のほうが体ちっちゃいが…

  32. 「親日国タイの反応」とか言って
    タイは日本にいつも憧れて尊敬してて日本の全てを絶賛してて
    神風特攻ですら愛国心がどうのとか言いながら全面的に褒め称えてるよな
    すごく胡散臭いサイトなんだけど
    どこの反応をまとめてんだここ
    管理人の脳内じゃねーの?

    • 愛国心とはなにか。
      不可分の国土とはなにか。
      国体とはなにか。

      タイ族と大和民族はちがえど、この三つは同じ意見だ。

      その考えがわからないなら、お前は朝鮮並み。
      よく言ってイタリア並み。

      • 人間が多く集まってればいろんな見方があって当然で
        全員が意見一致するわけがない

        それがわからないならお前は猿並だな

      • まあとりあえず

        愛国心とはなにか
        国体とはなにか

        について、そこまで居丈高になれるなら答えてみてよ
        俺はいろんな考え方があってはっきり答え出せないわ

        • 色んな考え方があるのは同意だけど
          自分がそれを主張するなら他人の主張も受け入れるべきと思うが。
          あんたの考えに反感を抱いた意見を居丈高だと言うあんたも
          最初のコメントはかなり居丈高だったんじゃね?

          管理人の抽出してるコメントが偏ってるだろうってのも同意だけど
          胡散臭いっていうのは無いわ。
          管理人がタイに対して好意的に見てて、
          日本人にもタイを好意的に知って欲しいってだけだろ。
          もっと中立的なコメントが欲しいならリクエストするか
          ほかのブログ探すか、自分で作ればいい。

          • >管理人がタイに対して好意的に見てて、
            日本人にもタイを好意的に知って欲しいってだけだろ。

            それ、お前らが大騒ぎしてた寒流ゴリ押し偏向報道と一緒だな

        • 愛国心とは完全無欠に無条件に国を愛すること。
          無条件に愛してるという自覚をもちつつね。
          国体とは日本の場合、天皇を君主とした政府と国土を合わせた言葉。

          実に簡単極まりない(笑)

          悩むことか?w

    • とりあえず・・・・
      お前、朝鮮人みたいだよな!!

      ・・・そう言われて ハッ っと気づくか気づかないか
      人柄が分かるよね。
      きっとリアルでは学校でいじめられ、会社で窓際、家庭で空気、なんだろうなあ・・・。

      • そーゆー人(モドキ)は「シャ別ガー!」って云うから、気付き?そんなモノ有りませんよ?

        馬鹿だものwwwww

      • >とりあえず・・・・
        お前、朝鮮人みたいだよな!!

        ・・・そう言われて ハッ っと気づくか気づかないか
        人柄が分かるよね。
        きっとリアルでは学校でいじめられ、会社で窓際、家庭で空気、なんだろうなあ・・・。

        お願いだから鏡見てw
        ネットde真実こじらせて、気に入らない事は朝鮮人認定してるような連中って、
        自分が忌み嫌ってる韓国人そっくりだからw

        そーゆー人(モドキ)は「工作員ガー在日ガー!」って云うから、気付き?そんなモノ有りませんよ?

        馬鹿だものwwwww

        • お前らwww

          どっちに転んでも朝鮮人が良く思われていないことはよく分かったw

  33. 特攻策が愚策だったのは認めるがではあの時代にどの作戦が良作だったのか?
    戦争自体が不毛であったことを考えずただ一つの作戦上げ連ねて批判するのは浅慮だとは思わないのか?批判すべきは今も昔も兵器を使った戦争は人が山のように死んでいくということ、どの時代、どの民族も抱えてる闇である。
    だが、その過程がなければ今の時代が存在していないのもまた事実。
    私たちが大戦で散っていた英霊たちを尊み、感謝の気持ちを忘れてはそれこそあの神風特攻隊の意味など皆無になる。
    戦争の批判はいい、だが時代の狭間の中でどうしようもない選択しか与えられなかった者たちに私は批判を向けられない。
    靖国で会おう、その言葉を胸に散っていった若者を愚策によって無駄死にしたなど日本人ならば言ってはならない。そのような言葉がでる者こそ恥を知るべきである。

    • 素直に降伏だろ
      最終的に無条件降伏になったんだし
      それよりはマシだったんじゃねーの

      出来ればロシア煽ってから

      • 特攻だけが戦争の悲劇なのか?という問いに君は答えていない。
        人が戦争で死ぬことを「悪」とするならば神風特攻隊だけが悲劇の対象ではないということをいっている。
        戦争そのものに問題があるのに神風特攻隊だけが愚策だったのか?では沖縄本土決戦時に起こった白百合の悲劇はどうなのか?日本兵96%の殲滅した硫黄島の戦いも悲劇であろう。物事は単純にはできていない。さっさとやめてしまえる戦争ならば最初から戦争など起らない。日本がなぜ大東亜戦争に傾倒していったのかよく考えてほしい。

        • >日本がなぜ大東亜戦争に傾倒していったのかよく考えてほしい。

          高貴な理念で考えすぎたから。
          日韓併合前や現代の朝鮮と同じ。

          • 国民党と戦う日本軍をみた毛沢東?だっけ?が、日本は清く正しくやりすぎみたいなニュアンスの事を言ってたな。

      • 降伏してたら、日本は無くなってたね。
        原爆二発も落とされた結果の降伏とでは世間の印象が違いすぎる。
        サンフランシスコ条約に集まった40ヶ国以上の日本が相手にした国々も、違った目で見てたろう。

        ボキリと折れるまで戦ったからこその国体維持だと思っている。

        • 私の理想に近い回答です

  34. 当時の外交で日本とタイ、どちらの国が狡猾で利口だったかを言うなら、タイだろう。

    でも、ガチで戦い、敗れたがその後復興した日本人に対して
    今現在の西洋人は憎悪と同時に尊敬の念を抱く。

    一方で、西洋人は今のタイ人をどういう目で見ているんだろうね?
    タイ人の心の中にある奴隷の鎖は外れたのかね?
    戦わなきゃ一生外れないさ

    • 鎖(理念)そのものを気にしない。
      それが、タイ王国。

      • 精神や理念に生きるために大勢の国民を死に追いやり、
        国を滅亡寸前まで持って行ってしまうことと、
        国難をのらりくらりと交わして、国民に大した犠牲も出さず、
        国を何とか存続させるのでは、どちらが良いか比較すればよく判る。

        ドッジボールで1度も球に触れずに逃げ回り、最後まで生き残る奴もいる。

        • 白人から馬鹿にされながらケツの穴を舐め続けてるの国民の方が良いって?
          馬鹿言うなw
          ほんと、タイ人に生まれなくてつくづく良かったと思うわ

          • 理念に殉じて今日玉砕したら?

            タイ人は明日の夜も友達と恋人一緒に酒と料理を楽しむから。

          • >タイ人は明日の夜も友達と恋人一緒に酒と料理を楽しむから。

            そりゃ楽しそうで結構だね。

            基本的に人間以外の生き物はエサ食って交尾してりゃ、
            それで満足する生き物だからな。
            なかには虫けらみたいな人生観の人間もいるが、
            生物の本能という観点で見れば、別に間違いというわけじゃない。
            たとえ、その観念を他人から馬鹿にされても、
            虫ゆえにそれに気付けないから幸せな人生かもしれんな。

          • 死んだら虫以下(嘲笑)

            お前みたいな奴が多いと国が滅ぶんだよ。

            身の丈にあわない高貴な理念と自殺したかったら一人でやれ。

            タイの痛いほどの現実主義の外交は日本人には無理だね。

            なぜなら日本人は花畑がすぎるからな。

          • おい
            虫と言われたんだからお前は喜べよw
            そこで頭に血が上ってぐちゃぐちゃこぼしたら、前言と矛盾してるだろw
            こっちは、たとえ虫以下と言われようと人間として死にたいことに異論はないんだから。

            ようするに、お前は虫にすらなれないということさ。
            理念も、さらにいうならムシ並の一貫性すらない小男ということだ。
            これこそ(嘲笑)w

          • 屍は黙ってろよな(嘲笑)

            人間としてしにたい?
            自慰と妄想だな。
            人間としてしんだと妄想してしねばいい。
            殺した側は間違いなく虫だと思ってるだろうがね。

            繰り返す。
            お前の高貴な理念は糞以下の害悪だ。
            間違いなくな。

            タイや現実主義の人間は生きて明日を戦います。

            お前は人間になったと自慰するが、虫にもなれてないんだよ。

            なぜならば生きて私がお前を虫以下と定義してやるのだからな。

          • 小男過ぎて話にならん

            「死んだら生きてる虫以下になるのは承知、でも理念に殉じたい」という主張と
            「理念がない虫で結構、死んだらその理念すら残らないから」という主張が提示されて

            やっと、お互い土俵に立って戦えるんだよ

            お前は、その土俵にすら上がる勇気すらない小男

            虫並の勇気も一貫性もないクズが、安全地帯からただ大声を出してるだけだ

          • そののらりくらりが通じて事なきを得たのも、日本が対抗し続けていたからだろう?

        • 結局、gdgdという奴は
          最後まで「俺は虫でもいい。それでも生きたい。」とは言えなかったな。

          その程度の気概、度量、ユーモアも持ち合わせてない小さな器の人間が、
          当時の特攻隊の理念を嘲笑するなんて、ただのお笑いにしか見えないね。

          • >やっと、お互い土俵に立って戦えるんだよ
            >お前は、その土俵にすら上がる勇気すらない小男

            お前の美学は知ったことではない。
            理念「程度のもの」に殉じては未来は作れない。

            特攻隊的に理念に殉じるのが好きなのは「朝鮮民族」なんだよ。

            理解できたか?w

            >その程度の気概、度量、ユーモアも持ち合わせてない小さな器の人間が、

            自慰行為のために死ぬ馬鹿と、生きて未来と戦うための行動を同列に扱うな(嘲笑)

            つまるところ、特攻隊を美化するは、朝鮮民族的自慰が大好きな馬鹿者でしかない。

            お前たちが国が勘違いして国を滅ぼす。

          • ほんと小男だなお前(gdgd)はw
            全てがお前の行動に表れてるわ

  35. なんか神風特攻隊の解釈が的外れすぎて笑える(・ω・)。

    戦後40年ぐらい経過したが、戦争とはなにか、という思考そのものが停滞硬直化しているな(・ω・)。

    なぜ戦争で兵士が死ぬか?
    それは無私の献身と善意の結果である、とかね。

    神風特攻隊が何故特攻したか。
    一言で言うと、同期が特攻したからだ。
    国のためでも、家族のためでもない。
    親しい生死を共にした、家族、兄弟、夫婦以上の間柄の友人が、オレは志願する、といったら、日本人のメンタリティならオレも、という。

    そんだけ。

    • 的外れ、と、指摘しているのは、
      日本人の書き込みに対してね。

    • なぜ理由がどれか一つしかないと思うのか?
      国のためでもあり、家族のためでもあり、仲間だけ行かせるわけにいかないという日本人的連帯精神もあったろうに
      発想が薄っぺらい

      • 常に、「オマエら、バカだから分かってねーな。オレ様が教えてやるよ」っていうメンタリティーだからだと思う

        • 大した自己分析だな
          お前の自己紹介はいらんよ
          だいたい戦後40年ってどこの国の人間だ

          • 自己分析?
            大東亜戦争やベトナム戦争、朝鮮戦争に出た兵士を研究した研究結果が自己分析とは笑える。

            戦争学ぐらい勉強してから反論してくれ。

          • 戦後40年・・・あっ(察し)

          • 笑ったw
            確かに戦後40年は無いわな
            つーか、戦後40年と言っちゃうほどの無知無教養で、且つ
            その明確な間違いすら認めない卑屈な人間が特攻隊を非難してるんだから
            どうしようもないわ

      • 理由は一つだね(・ω・)。
        兵士は仲間のために死ぬ。

        国や家族のために死ぬ馬鹿はいない。
        国や家族のために生きるならともかく(・ω・)

        戦争学がない日本らしい的外れの数々、実に笑える(嘲笑)

        • 特攻出撃について意思決定をするのは、志願の意思表示や下命、出撃の時、あるいは死の直前など、の一瞬ではなく、数日とか数週の期間なのだが。
          その期間、自らの意思の動機について、同僚のこと以外関心がないのかね?

          すがすがしいほどの未熟な見解だな。

          「戦争学」の存否については知らんが、仮に防衛大にそれがないとしても、特攻隊員の内心を、平成の日本人各自が同胞の子孫として、想像することはできる。
          だが、他民族、特にキリスト教徒が特攻隊の死生観を理解することは困難だろう。
          まして学問として論ずるなど事実認定も不明確で、多くの誤謬を生ずるだろう。
          したがって、戦争学なる他民族の知見を用いて特攻隊員の内心を推察など時間の無駄だ。

          • >自らの意思の動機について、同僚のこと以外関心がないのかね?
            無いね。
            一緒にいるのは同僚だけだからな。
            つか、戦争学、つまり、自分の命を危険にさらして、下手すると喜んで死ぬ兵士がいる理由を勉強しろ。
            高等で自慰的な精神で死ぬ兵士は日本にも外国にもいない。

            >戦争学なる他民族の知見を用いて特攻隊員の内心を推察など時間の無駄だ。

            妄想と選民意識の羅列。
            大和民族が下等だと証明するな。

            >戦争学なる他民族の知見を用いて??ww
            戦争学を知らないのに、戦争学なる他民族の知見と理解してるのかww
            馬鹿すぎる。

            特攻隊の精神?
            同調圧力に耐えかねて「ブラック企業に勤めて自殺」というのと同じレベルなのに、他民族の知見を用いて特攻隊員の内心を推察など時間の無駄だろうねぇ

            馬鹿すぎるし(大爆笑)

            >すがすがしいほどの未熟な見解だな。
            お前がな(嘲笑)

      • 人間が死を覚悟するときの最後の一押しが「複数」であることはありません。
        そんな複雑なこと考えられません。
        妄想(架空)の産物である国家や、遠い地域で、本来は”一緒にいて”守るべきである家族が理由で死んだりしません。

        →仲間だけ行かせるわけにいかないという日本人的連帯精神
        これは日本人だけではありません。
        遍く世界すべての軍隊という組織に共通する精神的なものです。
        要するに、体育会的センチメンタリズムで兵士は死ぬのです。

        うすっぺらくても、戦争学ではそれが事実→兵士からの聞き取りによる結果

        • 最後の一押しなんて死んだ人にしかわからないでしょ。
          後付けなんていくらでもできるよ。死のうと思った人と実際に死んだ人の間にどれ程の思いの違いがあるかも想像でしかないしね。

          特攻隊について言えば、遺言の手紙が残ってるから、それを見た方がよりわかるんじゃない?

          それに陸の個人で連携取れる部隊兵と、無線もろくに使えない隔離された空間での兵士では、気持ちの持ちように違いがあってもおかしくないしね。

          • >最後の一押しなんて死んだ人にしかわからないでしょ。
            いいえ。
            生き残った死に直面した兵士の証言から明白です。
            「死に損なった」と言っている爺さんの証言、どう思います?w
            「戦友と一緒に死にたかった」という意味でしょう。

            >特攻隊について言えば、遺言の手紙が残ってるから、それを見た方がよりわかるんじゃない?

            検閲済みの手紙がどうかしたのか?w
            「父は敵国と戦って雄雄しく逝きます。XXは母を守ってください」とかいう程度のことしか「検閲を潜れない」のだがw
            それを見た方がよりわかる?
            なんの冗談。

            >気持ちの持ちように違いがあってもおかしくないしね。

            無線もろくに使えない隔離された空間での兵士は、離陸前の水杯によって「行動の方向性」が固定されます。→今どうよ、と聞けない。
            つまり、陸の個人で連携取れる部隊兵より、体育会的センチメンタリズムによって死に向かいやすいと結論づけられます。

            考えろ。

          • →20747

            「死に損なった」から、「戦友と一緒に死にたかった」は貴方の推測でしかないよね。
            一つの兵士の証言から、全てを結論づけられないと考えれば、兵士の証言を統計的にまとめた結果が100%「戦友のため」なのですか?
            だとしたらそれこそ検閲がはいってるかもしれませんね。ソースがあれば嬉しいです。

            特攻隊の遺書は確かに検閲がはいってますが、検閲対象が軍事作戦に関するものや、政府への批判だと普通に考えれば分かると思うのですが。わざわざ戦友のの為に死にますという文を、親や家族、恋人に書き換える意味はないかと。

            行動の方向性が固定されると、個人の気持ちまで同一化するのですか?確かに親和性はあるかもしれませんが、みんなが100%おなじ気持ちになるとは考えにくいかと。まぁ心理学など習ってないのでわからないんですけど、そうなんですか?

          • >一つの兵士の証言から、全てを結論づけられないと考えれば、兵士の証言を統計的にまとめた結果が100%「戦友のため」なのですか?

            あのね、現役の自衛隊の将官が「戦場に行くのは戦友が一緒だから」といっているの。
            戦友というのは、家族や恋人や親子以上の関係なのよ(ギリシャの落下傘部隊や米軍海兵隊の証言)
            軍隊という集団が未知になってる日本人らしい意見よね。

            >特攻隊の遺書は確かに検閲がはいってますが、検閲対象が軍事作戦に関するものや、政府への批判だと普通に考えれば分かると思うのですが。わざわざ戦友のの為に死にますという文を、親や家族、恋人に書き換える意味はないかと。

            親や家族や恋人なんてどうでもいいっす、一緒にいて苦楽と生死を共にした奴と一緒にいます、と手紙に書けるのか?w
            考えろ。

            >行動の方向性が固定されると、個人の気持ちまで同一化するのですか?確かに親和性はあるかもしれませんが、みんなが100%おなじ気持ちになるとは考えにくいかと。まぁ心理学など習ってないのでわからないんですけど、そうなんですか?

            軍隊の魔力。
            個人の気持ちまで同一化してこそ、発揮できる強さ。
            個人の気持ちまで同一化しないのはイタリア軍や朝鮮。

    • え?
      共に真面目に日本の将来を考え、実際に命を預けて戦ってきた戦友の判断を参考にするののどこが悪いんだよ?

      その戦友だって、もし日本がまけたら20万人虐殺されたフィリピンや、ノルマンディー上陸後で次々と強姦されたような事になると考えたら、ちっとは国に残してきた母や妹の事も考えたんじゃないのか?
      天皇陛下になにかあったら?日本民族おわるぞ?天皇は宗教じゃないのは日本人なら誰でもわかってるはず。

      色々考えるとこはあるけど、そういうのまとめてお国のために、っていってるんじゃないか。
      誰かのためにというと、その誰かが負い目をかんじるからさ。

    • 中二病患者か
      戦後40年て…
      学校で日教組に訳の分からんこと吹き込まれてそうだ

    • 戦後四十年???

  36. 勝つ事が目的ではなく欧米を追い出し大東亜共栄圏を守る事が悲願だった訳で、植民地支配の上で復興に励むなんて現代人の論理は歯牙にもかけない。故に終わりがない訳で、愚かだが大義はある。天皇を守れたのは特攻隊のお蔭と言っても過言ではない。

  37. ん?タイの皆さん
    答えはココにありますよ
    「アンパンマンマーチ」

  38. 神風の話を見ると「過去の英霊達は自己犠牲で未来を守った。その未来の俺は今何してんだろ」と毎回ブルーになる。
    神風が賞賛され国の誇りとこんなに言われ、皆の記憶に深く刻まれてると、この先同じようなことがあったら続く人も多いだろうな。俺も続きたいと思うし。
    いやコスパ悪いからそんな話は無いんだろうけどさ。

    • 日本は現在、人類史に燦然と輝く大繁栄を生きています(・ω・)。

    • 絶滅は免れたし、今も新しい命が生まれてる。
      苦労した人ほど、子や孫に同じような過酷な選択をさせたいとは考えないと思うから、今の繁栄と平和を享受してる幸せな姿を見たら、少なくとも無駄死にだったとは思わないんじゃないかな。
      感謝は忘れたくないけど、卑屈になる必要もないよ。悪いところを見たら、キリがないしね。

    • 漢字から平仮名や片仮名を作ったあげく和製漢字を逆輸入した古来の日本人と同じように、ただの記号をせっせといじって顔文字やAAを逆輸入中です。

      戦争してないときの日本人は、今も昔もオタクです。

  39. どう考えても時間稼ぎ程度にしかならない戦法で
    核開発も諦めた状態で
    上層部が何がしたかったのかさっぱり分からない

    • 時間稼ぎだろ。

  40. 戦争で亡くなられた英霊の方たちに感謝しかないです。

  41. 日本は西欧列強の植民地がどういう末路を辿っているか良く分かっていた。アフリカ、オセアニア、オーストラリアのアボリジニ、更にはタスマニア島の住民の絶滅。これは東亜戦争以前に本にもなっている。日本は見識があっただけにロシアの南下、清の分割、東南アジアの植民地も現実だった。当時に国として保ってたのはタイと日本だけだったのも本当だ。 神風はそんな敵から日本を守る頼みの綱だったという事は明白でしょう。誰もが死にたくはないが、自分にはまだやれる事があり家族を守ること我できた事も確か。それが1分また1秒でも家族が助かるのならという思いは無駄なのか?。 敗戦国がどうなったかはWW1のドイツでどこの世界の国も分かっているかと思う。しかしあれはあくまで白人同士だ。これがアジアの黄色人種だったとしたらどうなってただろうか。 日本はやるしか無かったんだと思います。

    • ご先祖様の負け戦はだいたいこんなもの

      殿の首差し出せだぁ?
      腹立つわーやっぱり最後までヤったるわ
      なんぼか道ずれにしてやるwww
      エイエイオーwwwwwwww
      DNAがそうさせるのか

  42. 当時、タイは植民地ではなかったはずです。
    タイはイギリスとの外交関係が深く、日本はイギリスとの戦争を避けるためタイに深く関与したと覚えています。
    そしてタイは大戦中、日本と同盟関係にあり、共に枢軸国と捉えられており、実際に軍隊を出し戦ってもいたはずです。
    しかし、イギリスとの二重外交も継続し、戦後の戦争裁判を逃れています。

    私見ですが、大東亜共栄圏を名分とした日本は、敗戦においてタイ・台湾・朝鮮を共に裁かれることは望んでいなかったと考えています。

    • >当時、タイは植民地ではなかったはずです。
      タイの高校の歴史教科書(和訳)とか読むと「日本に進駐された」と書いてある、かつ、地図のタイは「日本の占領地域」色に塗られてる。
      アメリカのCIAや日本の「大東亜共栄圏」の地図だと、タイは空白w。

      まあ、国にはそれぞれいろいろと事情があるものです。

    • タイは植民地にしていた西洋諸国の壁扱いされていたんだよ、なんだっけ?壁なんとか国。
      結局独立国ではなかったんだ。

      • ああ思い出した、“緩衝国”だた。
        国境を接して争うことを避けたイギリスとフランスが、タイを不可侵とした。
        イギリスとフランスは日本と韓国みたい感情的な感じでも仲が悪いので有名。

        結局タイは、植民地として摂取されるのではなく、タイ政府自らフランスとイギリスの意向に従うことであの時代を生き抜いた。

  43. 真実から出た誠の行動は決して滅びはしない
    彼らの意志は高度成長を担った人間に受け継がれ、日本は繁栄した。
    我々も受け継ぎ努力しなくてはならない。

  44. 損得やコスパは無駄だからというリアルは今の中国人がそういう状態です。金になる事しかしない。助けたら賠償金払わされたのでもう二度としない。自分に得にしかならない事を突き詰めると新自由主義という結論に行き着きます。そういう考え方は古来からの日本的な考えでは無いと思いますよ。神風は日本の風土風習で産まれた思いの結晶ですよ。それぞれ個人が出来る事を行った、これが共存であり共栄の原点なのだと思います。そしてその思いが米英を恐怖させ日本を日本で残せた最大の功績だったのだと思います。

    • >神風は日本の風土風習で産まれた思いの結晶ですよ。

      戦後の合理化。

      神風は単なる「逆ギレ」でしかない。

      • 馬鹿なガキだなw>gdgd
        未熟なお前が死生観を語るには10年早いよ。
        もっとも、反日民族が特攻隊の意思を想像することは、そもそも無理だろうな。
        特攻隊員には、朝鮮民族の日本人もいたとしてもな。

  45. 命を投げ出してまで国を守ろうとする愛国精神に敬意を。
    今の日本があるのも彼らのような勇敢な戦士がいたからだろう。

  46. 神風作戦は本当に愚かな作戦。
    日本軍は人の命をなんだと思ってるんだろうな。

    指揮してた奴はのうのうと生き残って未来ある若い兵士達を無駄死にさせた。
    忠義だの愛国者だのと美しいことのように語られることが多いが、特攻した人達は誰一人死にたくなんかなかったんだよ。

    外国の戦闘機はパイロットの命を守ることを最優先に装甲がしっかりしてるけど、日本のゼロ戦は機体の軽さを追求するために装甲ペラペラだったらしいし、戦前の日本軍て根本的に人命を軽視しすぎ。

    • 強力なエンジンがなかった為、軽緑化は戦闘機乗りからの要望だったのも確かですよ。

  47. 「お国の為でも陛下の為でもなく、ただ家族を守りたい」
    大叔父が、海軍兵士だったそうです。
    出征の前晩に、家族宛にそういう手紙を書いてそっと残していったそうです。

  48. 支那チョソが湧いてるなw

    >中国の人海戦術なんか、最高の愛国心のあらわれだな・・・

    一緒にするなよカス。朝日の記者かよ。

    • おかげで愛国心あふれる書き込みが増える増える。

  49. 敬意と賞賛を履き違えてる間抜けがいるな
    誰も素晴らしいなんて言ってない
    今の日本はそういう歴史の延長で成り立っていてかつ現代で我々は日本人として暮らしてるんだから、彼らには敬意を示すべきと言ってるんだよ

    誇ってんのは極右だけで非道な作戦なのは周知だろ
    兵士に敬意を称してるだけなのに、でも愚策だったとか頭おかしいだろ
    そもそも争点が違う

    • 私も似た意見です。
      神風特攻隊の操縦士達もまた軍人であり、戦争において軍人は戦うものと考えています。
      軍人には志願する者と、召集により入隊する者と違いはありますが、誰しも生きて母国に帰りたいと言う願いはあったと思います。
      しかし軍人であるが故に、敵前逃亡は敵への加担となり重罪と扱われ不名誉なことでもあり逃げることは許されません。
      地上や海上で散って逝った兵士も、また特攻により散って逝った兵士にも個々の命に違いはなく
      それは敵であるアメリカ兵においても同じだと考えています。
      但し、戦争を利用し利益を儲ける者や、人の犠牲の上に己の保身だけを考える者にはその評価にありません。

  50. こういう状態に陥る前に降伏するのが一番だったんだろうな
    当時のアジアの状況見たら安易に負けを認めることはできない
    だろうから今だから言えることだけど

    • 降伏じゃなくて講和に持っていく話はずっとしていたんですよ。

      • そう、戦争している間も外交は続く。

  51. よし!皆で靖国参拝しよう

  52. 熟練パイロットどころか技術者も人手不足で戦場に送り込んでいたのに。
    想像力の無い馬鹿は何で愚策をやった経緯を想像も勉強も出来ないくせに
    偉そうなんだよ。訓練時間や実戦経験が豊富なパイロットがいれば特攻なんて
    しないって何で分からないの?

    • そうだね。そのとおりだと思う。技術や人、資材がないからギリギリで戦っていたから「死んででも国をまもれ」と送り出したんだろうね。送り出された覚悟と恐怖は今の日本人には計り知れない。

      • だがやらなければ日本は消える。国に残してきた家族は他国がされたように蹂躙される。と、恐怖を押さえ込んで遺書を書き、前の晩を仲間と過ごし、機に乗り込み、特効した。

  53. 別に太平洋戦争だけじゃないじゃん
    特攻って昔からあったろ

    • 第一次世界大戦の塹壕突破とかも特攻だよね。
      日本の神風特攻に比べたらコスパが悪いが。

    • 昔から鉄砲相手に刀いっちょで斬り込んでたな
      そら捨て石なって死にますわ

      • 大砲を撃ってくる外国人上司に、日本語英語を叫びながら斬り込んでいく侍のカップラーメンのCM思い出した。

        他人から見たら喜劇。
        でもなぜか凄くカッコヨカッタ。

        ああ、侍、てそうゆうことか…。
        いま、いきなり特攻隊を理解したわ。

  54. まともな戦法じゃないことは指揮官もわかっていた。
    だから、終戦きまった直後に自分で特攻して死んでいる。
    死んできてくれと命令した部下に対する最低限の矜持を示した。

  55. 夏に戦争特集でやっていた日系人の話なんだけど。
    不思議な事に、442連隊に参加した日系二世の人達が言っていたことが、特攻隊の人が言っていたことと同じと気づいた。生まれた国は違えど、やはりDNAなのかね?
    日系人達は、生まれも育ちもアメリカだから、考え方が完全にアメリカ人なんだけど。
    思考は、基本が日本人なんだよね。親の影響なのかな?

    戦争参加を決心するにおいて、やはり特攻隊と同じ決意だったみたい。
    戦争で死ぬことが誉れって感じ。だから、難攻不落の任務も熟せたんだろうね。
    アメリカ人はよく神風とバカにするが、442連隊は英雄とするでしょ?
    だから、この人達のやっている事と相違するなら、特攻隊は凄いってことだよ。
    戦争を知る人は、よく意味を知っていると思う。
    「戦争=死ぬ・殺される」こと。だから、特攻がダメってことは無いと思う。

  56. とっとと降伏すりゃあよかったというお花畑がたくさんいるが、降伏したとたんに民間人を殺すという中国の通化事件の例もある。
    ソ連はシベリアで奴隷強制労働させるし、朝鮮にいたっては同じ国だったのにとたんに日本人民間人を襲いだす。
    戦争に負けるというのはそういうもの。
    アメリカは日系人の財産没収して強制収容所に入れるし、非戦闘員100万人を絨毯爆撃で大量虐殺も行っていた。そんな国に降伏をしたらどうなるかとみんな思っていただろう。
    家族を奴隷にされるなら俺が敵艦に突っ込むと男なら普通に思ってたんじゃね?

    • 「とっとと降伏すりゃあよかったというお花畑がたくさんいるが、」
      現実的に考えると「停戦交渉しましょう」→「降伏」が「もっとも現実的」。
      徹底抗戦こそ「花畑(高尚な理念)」。

      どうして当時も今も「降伏が花畑だ」と馬鹿考えするかというと、「近代的戦争」で降伏した経験無い日本帝国だから、

      >そんな国に降伏をしたらどうなるかとみんな思っていただろう。

      とか、国ぐるみで妄想し、

      >家族を奴隷にされるなら俺が敵艦に突っ込むと男なら普通に思ってたんじゃね?

      という結論に至るというw

      まあ、必然よね。

      • ちゃんと勉強してから書いたほうがいいよ
        開戦時から最後まで日本が飲めない条件しか提示しないだよ、アメリカが
        当時のアメリカは本気で日本を叩き潰すことしか考えてなかったんだから
        降伏とかさせてもらえなかったというのが正しい見方。

        • >降伏とかさせてもらえなかったというのが正しい見方。

          開戦時から最後まで日本が飲めない条件飲んで降伏します、と言えばよいのよ。
          勉強以前の話。

          現代日本人も負ける戦争を玉砕する気満々かよ。

          • さらに難癖つけてくるぐらい連中の対応みて分からんか?
            先延ばしは出来ても幾らでも言ってくるぞ。

          • 飲めない条件なんだから飲めないだろw
            頭大丈夫かw

      • 当時のルーズベルトを知る人が、ルーズベルトの最大の功績は日本を戦争に巻き込んだ事だと証言している。
        他にも、当時の資料をみて愕然としたとかいうのもあったな。

        とにかく、最初から日本を潰す気満々であの手この手でくるアメリカから逃れることは出来なかったよ。

        だいたい、日本がアメリカからの降服条件を検討中に、原爆投下をとっくにイギリスと約束してたくらいだ。
        この事実は今年になってから知らされたんだけどな。

        まあ、試合に負けて勝負に勝ったし、日本には恨の文化なんてないから、恨んだりはしてないてけどね。

  57. >>彼らは自分の命を次の世代の人間のために捧げたんだ

    ちょっと違う
    その次の世代を担ってたのが若い世代の彼らだ
    上の世代が若い者に託して死んでいくならわかるが
    上が生き残って若い世代が命を散らしていく
    それが戦争であり特攻隊の真実

    • >>それが戦争であり特攻隊の真実

      ちょっと違う
      その次の世代を担ってたのは、婦女子であり幼子だよ。

      年配は政治を維持する指導者であり無くなればカオスが待ってる。
      そして戦争の指揮官が年配なのは当り前であり仕方ないことです。

      現実的に男から行くしか無い、戦争末期には兵隊さんの戦死も多く
      兵隊の年齢が下がっていったって話だ。きちんと段階になっている。

      次の世代に託そうとした事は紛れも無い事実ですよ。

  58. ヒロポン漬にされて自爆させられただけ
    そもそもあの戦争の日本とアメリカはグルだったんだし

    • 敵は本能寺にあり、だったんだよな。

    • 薬漬けの人間に、あんな遺書がかけるものか。

      • 書ける。
        薬漬けゆえに。

  59. あの特攻隊員達の写真。
    これから死にに行くと決まってる人達が、生まれたばかりの小さな命を手にとって、
    慈しみの表情を浮かべてるところが何とも悲しくてやり切れない。

    特攻隊員達は、そういった愛する命を守るために己の命を投げ打って戦いに飛び立ったわけだけれど・・・。

  60. KYですみませんが、リクエストいいですか? ちょっと前に放送された高校生クイズの今回の舞台がタイとフランスだったんですが、それに対する反応とかありますか?
    さすがにタイ人は知らないかな…?

  61. アメリカがノルマンディー作戦で上陸した同盟国のフランスでも、敗戦後のドイツでも、敗戦後に米軍の占領下だった日本でも大量にレイプしていた事実が今は明らかになってる

    日本が特攻を出してでもなんとしてアメリカに屈してはいけないと直感した気持ちは正しいよ

    日本人が感じた鬼畜米兵という感覚は米兵によるレイプの多さを見れば間違ってない
    少なくとも歴史を正確に見れば

  62. >>とても名誉ある名前をレコードレーベルの名前にするなんて、日本人に申し訳ないね。

    スマン、日本にはカミカゼガールズというAVブランドがあったんだ・・・

  63. 軍の一部では上官から「お前らの命は毛よりも軽い」と言われ使い捨てにされたんだよな・・・
    俺は右寄りだけど、こんなこと言われたら特攻なんかできないわ
    あと天皇陛下のためではなく日本国と家族のために命を捧げたと思う
    それを言葉で表すと「天皇陛下万歳!大日本帝国万歳!」になったと思う

    あと暴走族が特攻隊と言ってるのは愚弄にもほどがある
    こいつらは粛清されるべき

    • 「お前らの命は毛よりも軽い」と額面通りの一部だけではないと思いますよ。その後に続くものや意図するものが必ずあっただろうとおもいます。 日本の今までの歴史や神道の死生観を思えば自ずとその言葉の意味することが分かるであろうしその意を汲み取った兵隊さん達がいたんだとおもいます。

    • それ上官が部下を鼓舞するときによく言うやつじゃないか。
      アメリカ軍ならサーイエッサーッ!てこたえてるところだぜ?

    • 天皇バンザイはアメリカの宣伝。

      特攻隊が突っ込む前に何やら無線が入るのを聞いた通信兵が
      どうせ、天皇陛下バンザイ系の狂信者の叫びだろうとか思ってたら
      翻訳すると、母や恋人、妻の名前を叫んでるってわかって
      ショックを受けた通信兵がおかしくなっちゃって
      特攻時に無線の傍受はするなって命令出てたよ

  64. 特攻隊員に最大限の敬意と哀悼の意を。
    そして彼らを教訓とし、二度とこんな作戦を立案してはならない。
    それが彼らの死に報いることだと思う。

  65. 何だかんだで、今の俺の日々はカミカゼですらないのは確かだ。
    今日は頑張ろう。

  66. お偉い糞ジジイが若者を捨て駒にした
    友達が死んでるのに俺だけ逃げるわけにはいかん
    俺が死ねば家族を守れるかもと自分に言い聞かせた
    完全に負けてる状況でこの作戦は糞ですよ

    • いつも思うのだが、どうして貴方のような人達は、日本人一般兵と兵と日本軍上層部の人間を別の人種のように語るのか。

      一般兵は立派な理念と常識が有るようにいい、上層部は奇人にする。

      今の、日本政府は悪いが日本人はいい人、というのと同じ臭いがする。

      どちらも、日本人だ。
      同じ、日本人だ。

  67. 閉鎖しろ

  68. 作戦自体はとても看過することの出来ない非道徳的ものだと思うが、乗ってる人をテロリストとだ狂人だと非難する気は毛頭ないな。
    彼らが守ろうとした対象の中に、自分(未来の日本の国民)もいるのだろうと思えば。

  69. 20146>KY過ぎて逆に和んだわwww

  70. もし某共産国と開戦なんて事になって負けでもしたら
    先の敗戦より酷い事になるのは目に見える

    同じ状況になれば今の俺でも行くわ

    • だよな。

      捨て駒とか言ってるやつは、攻撃ではなく何かを守ろうとした時の日本人の決意の頑なさとか、想像出来ないんだと思う。

  71. 神風は最高の戦法だよ!
    圧倒的武力差がある中で敵に驚異を与えられる手はこれ以外ない。
    そして実行できるのも愛国心に満ちた日本人だけ。
    今でも語り継がれているだけで実行した意味は大いにあった。
    これを非道な作戦と子孫である日本人が言い切ってしまうなんて浮かばれない。
    どの国が批判しようと日本だけは擁護するべきだ!

  72. カミカゼの事もだけど切腹とか日本古来のものは
    外人には茶化してほしくはないし、したり顔で語ってほしくない
    今の日本人でさえ理解しにくい部分もあるけど
    理解も何もとても神聖な思いだから

    日本は米国に負けたけど最初から敵わないと思ってた
    軍部が調子に乗ってたとこもあるし、利己主義なとこもあった
    でも命懸けで白人主義に一石投じた
    だから米国も日本という国を尊重してくれ、戦後援助もしてくれ
    今現在同盟国、いい友人のひとつと言える関係になった
    日本人は戦争で戦って死んでいった人達の思いを
    ちゃんと受け止めてきているよ
    あの人達を無駄死にと言わせないために

    • >命懸けで白人主義に一石投じた
      >だから米国も日本という国を尊重してくれ、戦後援助もしてくれ今現在同盟国、いい友人のひとつと言える関係になった

      完璧に無関係。
      自慰すんなよ。

      ナルシズムかつセンチメンタリズムの自爆攻撃を受けた相手が「元敵国を尊重」するなら苦労はしない。

      単純にアメリカが日本を尊重せざるおえない状況になったのは、単に冷戦構造が原因。
      共産主義が勃興!!、赤狩りしつつアメリカがはっと気がづく。
      日本帝国って民主主義で戦前戦中もずっと資本主義だった!!

      それだけだ。

      • まあ、500年の属国から下関条約で解放されたのに、やっぱり日本に併合を願い出て、自主独立を放棄した民族は、どの国からも軽蔑されるだろうがな。

        • 都合の悪いことは朝鮮ですかそうですか(嘲笑)

          従軍慰安婦美化と特攻隊美化は同じものよね(激嘲笑)

    • 陛下を処罰したら、日本人はどうなるか分からない…ガクブル。と、
      特攻隊やバンザイ身投げや白百合のとうのドキュメンタリーで、アメリカ人が言ってたよ。

      国体維持の要因のひとつになったのは確実。

      もちろん、朝鮮戦争やらもね。

  73. 植民地主義の帝国が敵の植民地を「解放」と言いながら、
    現地政府を傀儡化して皇民化政策を行うというのはどういうことなんだ?解放になってんのかそれ?
    欧化より日本化の方がマシという論理?今現在の中共が何か似たことやってねえか?ここでも結構見る主張だけど、矛盾してないかこれ?誰か説明よろしく。

    • 日本は他国に対して誇ってるんじゃなくて、世界の戦国時代の真ん中で列強の奴隷の道を選ばなかったことを自分達で誇ってるんだよ

      自国が火災の火の粉をかぶって焼けそうなときに他国のことなんて正直どうでもよかったと思うよ

      列強に対抗するために周辺の国も使おうと思ってただけで

      アジアの国はほぼ全ての国が自国を列強に明け渡し自国民を他国の奴隷化したのと比べると、日本は欧米からの支配に抵抗し自国のために戦い抜いただけで十分に日本国民にとっては偉いと思ってる

      他の国も最初から日本みたいに玉砕でも神風でもなんでもいいから一か100かでぶつかるべきだった

      他のアジア国が独立できたのは結果でしかない

      結果として日本が無ければ今もずっと列強の植民地の奴隷だったと思うよ

      植民地化されてた国は別に日本に感謝しなくてもいいけど、自国のふがいなさなさけなさは嘆いた方がいいと思う

      • 仰る通り!

      • つまり当時の(今も一部の)日本人が言う「解放」の言葉も
        植民地政策の建前とみなしちゃうわけね?
        その時代には時代のルールがあるから別に今になって良い悪いを問う話ではなく、
        その言葉の意味合いの何割かは日本の国益のための方便であったということだよね。
        ただ、それも何割かであり「甘えの構造」ではないけど、
        日本人は奴隷を欲するよりも他者を親族化したがるところもあって、それは本音の内だったとは理解できる。

        • 大東亜会議

        • 「人種的差別撤廃提案」
          1920年パリ講和会議にて、日本政府代表が出した議案で、字義通り各国は、自国内における植民地人差別や人種宗教による差別を撤廃すべきという趣旨。世界会議で初めて提議された平等原理であり、被差別人種等に与えたインパクトは大きかったという。白人諸国の否認により、否決された。
          後に、昭和天皇によれば、大東亜戦争開戦の一因とされている。

    • 返信機能あったの忘れてたわ(汗

      細かく言うと長くなるので割愛してざっくり言えば、
      白人の植民地をいきなりただ開放しただけでは無法地帯になってより荒れるだけ。
      段階的に独立させるつもりだったけどその前に負けてしまった。
      だから当時の帝国はアジア諸国にとって賛否両論なんだよ。
      そしてポイントはアジアの開放と独立は大義名分ではあるが日本自身の利益にもなるからやったのであって単なる正義感だけでやったのではないということ。
      しかし植民地だった国にとっては動機どうあれ結果的に長い奴隷時代を脱却できたので一定の評価があるのは間違いない。

      「欧化より日本化の方がマシという論理」も突っ込みどころは多いがあながち本質は間違ってない。
      なぜならば結果と事実として「マシ」どころかかなり良くなったわけだからだ。
      背景や動機よりも結果がが重視されるのは当然だと思う。
      仮にもし日本がアジアを助けたい一心のみで戦っていたとしても今現在の暮らしがめちゃくちゃなら余計なことしたと非難轟々だったであろう。
      中共は「マシ」どころかかなり悪くなってるから不満がでる。
      あと当時なら普通なことも現在やったら侵略者になるケースも多いから比較はそもそも無理だね。

      • コピペにしたい位です、、、。
        よくまとまってますね。

      • 本当!そう思います。

    • 朝鮮のこと言ってんの?
      中共は民族浄化してるけど、日本は倍に増やしただろ?
      それとも清かロシアの奴隷の方がまだよかったの?
      それに後の朝鮮戦争の共食いで400万人殺しあうんだからまだ日本の方がよかったろw
      ま、個人的にはかかわらなかった方がよかったと思っている。
      その点はお前と気があうな。

      • いや、当時の朝鮮は既に日本だったし寸前ではあったけど、欧米ロの植民地ではなかったから話の前提には含まれない。主に台湾以南の国々のことだ。

        • 具体的に国名言って見てチョンマゲ。

          • それくらいも知らねえんならそれくらいはググれよ・・
            台湾、インドネシア、シンガポール、フィリピン、ビルマ、満州、樺太(アイヌ他)・・
            大東亜共栄圏と呼ばれた地域じゃほぼ同化政策は実施されてるわ。

          • >MmEzOGEy
            インドネシア、シンガポール、フィリピン、ビルマの皇民化をぐぐったら基地外のプロパガンダしかなかったぞ。
            お前もお里が知れるな。
            満州は五族共栄をめざしたろが。
            俺のオヤジが満鉄にいたけど、満州はあまりに楽園過ぎて中国人がわんさと押しかけたそうだが、何か悪いのか。

    • 欧米:植民地の住民は奴隷みたいなもん
      中共:民族浄化
      日本:日本人化(準日本人化)

      と書けば違いがわかり易いですかな?

      • ちょいと補足すると欧米は植民地統治に現地の人を登用したりしたし、19世紀以降は住民=奴隷みたいな考えはほぼ無いといっていいよ
        だってみんな奴隷のような人ばかりなら商売が出来ないしね

        • といいつつ、着替え中出くわしたりトイレ中にうっかりドアを開けても、騒ぎもしなかったんだと。
          なぜなら人間扱いではなかったから。

          裁判ももちろん100%白人様が勝つ図式ですし。

          アメリカでの黒人さん達を想像するといいよ。
          奇妙な果実って歌が流れていた時代。

      • >欧米:植民地の住民は奴隷みたいなもん

        市場。
        奴隷を使うって実はめんどくさいの。

      • 奴隷化ではなく、愚民化政策により知識と民族意識を衰退させたが正解かと思います。
        オランダなどは、中間層にその国の人間を配置して差別化も取り入れていたと覚えています。
        確かに、奴隷みたいなもん かも知れませんね。

    • どっかの日本人の個人ブログでシンガポールだったかに旅行に行ったときのこと書いてて、現地の人と日本人がなにやら口論してたらしい。で、よくよく盗み耳してたら第二次世界大戦のことについて口論しているようで、その日本人が日本が植民地を開放してやったとか日本がいなかったらアジアは解放されていなかったとかいうスタンスだったらしく現地人のひんしゅく買ってたらしい。
      アンケートでシンガポール人の日本に対する印象について調査したらしいんだけど、シンガポール人は比較的に日本に対して好印象抱いてるけども、戦時の時の日本についてはネガティブな印象が多かった。要するに、侵略してた頃の日本と今の日本を分けて見てくれてるんだよね。そんなことも知らずに、海外で相手の心を踏みにじるような行動やめてほしいわ。ほとんどの人がそんなことやらないと思うけど、コメント欄見てると頭に血がのぼって実際にやりそうな人もいるのがやりきれんわ。

      • まあいいんじゃないの?議論は大切だよ
        適当に謝ってどうすると思うね
        途中からじゃどっちが吹っかけて怒らしたかわからないでしょ
        シンガポールは親日だけど、歴史では日本を責める人もいるよ

      • つか、そんな口論を吹っかけてくるのはシンガポール人のほうからでしょ。

        アジア全域なんて戦後の日本経済に全面的に依存して生きてきた無能ニートみたいなもんだから、そりゃ感謝されて好かれて当たり前だわ。魅力的で創造的な現代文化もアジアでは99%は日本からだしな。金持ちで文化的にも民族的にも優れた先進国が好かれるのは当たり前。
        もし日本がなければアジアなんてアフリカレベル、イスラム諸国レベルにもなれないよ。

        しかし、中韓のプロパガンダに洗脳されて、戦前の日本に感謝しないアジア人はカスだと思ってる。日本軍の活躍がなければ、今でもアジア人なんて白人様の家畜奴隷、日本人様のおかげで服を着て文明人の真似をさせてやってるのに恩知らずにもほどがある。

        • こんな奴はアジアのどこ行っても現地人と喧嘩になるw

          • ようするに朝鮮猿は世界最下位のクズ民族で、嫌われて当然ってことですねw

        • お前は日本に来ているアメリカ人に「日本はアメリカのおかげで発展した。技術も与えたしお前らが作る車、電化製品も買ってやった。沖縄に基地も作ってやって守ってやったから戦後70年間平和だったし、軍事費の分も経済発展に費やせた。原爆落とす前と落としたあとで大分国が豊かになったよな。原爆落とさなかったら戦争も長引いて、もっと日本人減って発展もなかったかもしれない。原爆おとしてよかっただろ?感謝しろよ。」って言われたら感謝すんの?
          お前が現地行ってそういうことする人かどうかはわからんし、どういう考えを持っていようが構わんが、現地で主張して現地人の心踏みにじることはやめとけって言いたいんだよ。侵略したことは事実なんだから相手を配慮した行動をしろってことだよ。

          • 頭、大丈夫?
            そんなのアメリカ人がどう考えようとアメリカ人の勝手だろ?君はトンスル猿みたいに他人の思考にまで難癖つけようとする「内政干渉馬鹿」か?

            もし、日本に来たアメリカ人にわざわざ絡むような奴がいれば、そりゃそう言い返されても同情しないわ。

            逆に平身低頭して、「そうです、アメリカは悪魔の国です。私たちの行いは最低です。我々アメリカ人は先祖の墓に唾を吐くべきです」なんて言うアメリカ人がいたら、むしろそいつこそ軽蔑するよ。それが世界の常識。自国を貶して現地人に媚びようとする民族など、世界中どこに行っても気色悪がられるし、信用もされない。

          • 読解力ないの?

            「どういう考えを持っていようが構わんが、現地で主張して現地人の心踏みにじることはやめとけって言いたいんだよ。」って書いてあるだろ。思考に難癖つけてるってどこ読んでだよ。どこに平謝りしろって書いてんだよ。ちゃんと読めよ。どう考えてようが勝手だがセンシティブな問題なんだから現地に行ったら配慮にかける”行動”は慎めって言ってるんだろ。日本人だったらホンネとタテマエで乗りきれってことだろ。実際シンガポールで虐殺やら拷問があったんだから、どんな主張しても日本様解放してくれてありがとうって考えに覆らないだろ。もし上に書いたようなアメリカ人いたら殴れよ。なに許そうとしてんだよ。
            お前みたいになんでもかんでも韓国に結びつけるような頭いかれちゃったやつが大量生産されるなら、お前の言う脳内内政干渉も必要かもな。

          • 感謝はしないし、立ち位置が違うのだから考え方も違って当然。
            そもそも戦争なんて負けたほうが賠償払って講和を結べば、お終い。

            後から、グダグダ言うのは国際的なマナー違反だし、認識については歴史家に任せれば良い。歴史観はそれぞれの国民が別々に持てば良いこと。

            ID:NDc1NWM2みたいなトンスル脳の馬鹿は日本のサイトに書き込まないでほしい。
            こいつは、歴史認識が違えば来日したオバマやエリザベス女王も殴るつもりのマジキチ半島猿だしw

          • 読解力ないの?ホントにバカなの?

            考え方とか認識の違いについて言及してないだろ。それに伴う行動について言及してんだろうが。
            日本のおかげでシンガポールは解放されたとかいう考えを持つのは自由だが、実際虐殺とか拷問があった場所行ってその主張ひけらかすのはまずいだろって言ってんだよ。実際現地の家族やら親戚が被害にあってるかもしれないのに、そんな行動してたら配慮にかけるって言ってんだよ。てめえの身勝手な行動で関係ない日本人が被害受けるかもしれねえだろ。
            オバマとかエリザベス女王がどう考えていようが思慮分別あるからそんな行動おこさねえだろ。もしオバマやエリザベス女王が原爆ドームの前でこれが正義の鉄槌だ。お前らの祖父母を10万人以上これで殺したが、戦争を終わらせるため、正義のために必要だった。お前らを発展させるために原爆落としたとか演説し始めたら、そん時はお前みたいに頭いかれてる状態だから殴って止めていいだろ。原爆慰霊碑につばかけるやつとか靖国を燃やそうとする奴いたら殴って止めろよ。
            宗教も思想も信じることは自由だが、その思想のもとに行動起こして宗教戦争とか起こしてたら愚の骨頂だと思わんのか。
            あと論破されそうになったら小学生みたいな悪口言ってはぐらかそうとしてるけど、自分の低能さひけらかしてるだけだぞ。

          • ようするに朝鮮猿ID:NDc1NWM2は世界最下位のクズ民族で、嫌われて当然のトンスル猿ってことですねw

          • 論点ずれまくってたのバカ相手にしてたからか。どうりで話噛み合わないと思ったわ。
            それとも日本語読めないってわけじゃないよな。相手になんないからもっと国語(外人だったら日本語)勉強してから出直してきな。

          • NDc1NWM2さんに賛成します。

            自虐史観からの反動&中韓への嫌悪感からか、相手の立場から物を見ることを極端に否定する人たちがネットでは増えていますね。
            しかも、そこを説明しても「在日認定」して乙。
            自分の感情に引っかかると、もう理性的に考える事をしない。

            「解放してやったぞ、感謝しろ」なんて自分から言わなかったから、過去、日本をかばってくれた国もあり、現在、日本の支援に感謝をし、親日となっていくれているたくさんの国々があるのです。
            そうはならなかったのが、希少な国が特ア。
            この三国との付き合い方は間違っていたと思わざるをえませんが、他の国までこの三国へと同じように目を吊り上げて怒鳴りつけては、逆に「反省して無い日本」という中韓の主張が浸透しかねない。
            親日国とは言え、決して「戦時中の日本に感謝」しているわけではないのです。

            戦争には功罪があって、その事は殆どの国々の人が本当は理解しています。
            とはいえ戦後70年足らず、日本人が自ら反発的に「功」を叫ぶのは時期尚早。
            すでに学問的にも「功」の部分が語られているのですし、ここは歴史の評価に任せる部分だと思います。
            当事国には当事国の痛みがあります。日本にも「罪」はあります。
            罪の部分を見ずに功ばかり語るなら、美化と言われても仕方が無い。
            東南アジアは被害国。
            それに、別に彼らは日本より欧米の植民地が良かったなんて言っていない。
            なのに日本人が「マシ」とか「むしろ感謝しろ」と強要すれば当然反発される。
            あまりにも当たり前の事です。

            「歴史認識ガー」と言われすぎて、アレルギー的に脊髄反射してしまうのもわかるけど、相手構わず噛み付くのは違うし、自虐史観に反発するあまり美化しすぎるのも、気をつけなければならない事です。

          • 読解力ない人、本当に多すぎますね・・・
            韓国嫌いになって、なぜか大嫌いな朝鮮人の気質に染まってしまった日本人が増えすぎたように思います。

            シンガポールまで行って、自らディスカウントジャパンしてる人、いったい何してんの・・・何年も前の話を上から目線で自分の手柄かのように・・・まるで韓国人がやってるようなことじゃん!

        • これは酷い

      • 敗戦後はすべてが一気に反日プロパガンダにぬりかえられたんだよ。
        教科書なんて顕著だよ。

        それでも洗脳されずに日本を助けてくれたり、今でも日本兵の墓を守りつづけてくれる有難い国もある。

      • シンガポールは華僑が作った博物館があって、日本の占領政策(華僑弾圧)と十分な支援をしてくれなかった英国に対する恨みつらみを今に残してるんだよ。自分らの利権を一時手放すきっかけになった出来事だったからね。そういうのも踏まえて付き合わんといけないね。逆に英国じゃアヘン戦争なんて教えてない。

  74. 対空砲火で待ち構えてる敵に対し、軽い戦闘機に重い爆弾積んでノロノロ運転で近づいていく意味がわからない。アメリカ軍の射撃があまりにもヘタなので練習として的になってやった、とでも言うのか。

    • ここわからないなら、ここのコメント全部読む努力くらいしましょう。

  75. B29の護衛の戦闘機が帰りがけに、病院やら学校やら、旅客列車、漁船、バス、なんでも無差別機銃掃射してたからな。youtubeで見てみなよ。
    アメリカ人は鬼畜だ、と教えられていたのは本当のことだったとみんな思ったことだろう。
    昭和天皇がマッカーサーに「どうか国民にひどいことをしないでくれ」と懇願したが当時は本当にアメリカ兵が上陸してきて悪逆非道の限りをつくすと思われていたらしいぜ。
    「あ、これで戦争が終わったんだー、もう戦争をしないでいいんだー」というのはドラマの主人公だけの話だよ。

    • だよな。
      だからこそ、沖縄の人達は必死に抵抗したり自害したりした。
      いやもうほんと、当時の西洋の戦争って敗戦すれば悲惨だったんだよな。

      ちょっと前にアメリカはフィリピンを植民地化したわけだけど、その時にも20万人くらい殺されていたしね。

      だから、日本敗戦後もちょっとそうなりかけて慰安婦を雇ったり大変だったけど、そのうちにマッカーサーが日本の真実に気がついて、かわり共産主義に立ち向かうはめになった。

      結果、日本は最後まで蹂躙されずにすんだ。

  76. 実際、特攻が効果を挙げたのは最初だけ。すぐにアメリカ軍が対策をして空母や駆逐艦はまず沈まなくなった。輸送船を狙おうにもたいてい駆逐艦の護衛がついているのでこれも簡単ではなくなった。効果が薄くなったらやめれば良いものを、逆の投入量を増やして全期特攻とか馬鹿をやった。小役人がやりそうな発想で、犠牲の割に効果が薄いとなると作戦の発案とか裁可をした誰かが責任取る話になるから、だったらずるすると量を増やせ、どうせ死ぬのは自分じゃないってこと。バーシー海峡の輸送も同じだ。そもそも計画に無理があったと認めると責任問題になるから、無駄に沈めらだけとわかってるところに護衛もつけずに輸送船を送り続けた。

    • 特攻が効果を上げられなくなったのは敵防空網が強力だったからですよ?9割以上が敵CAPと迎撃機に捕捉、撃墜されてますし。敵防空網突破の望みも薄い中で投入量を増やすのは合理的な判断と思われますが。
      あと、末期でも敵艦に被害を与えた例はいくらでもありますよ。資料によって差があるけど敵艦隊に突入した後の命中率は末期でも3割ほどという話もありますし。
      まあ、このころの軍人を好きになれないのは分かるけどねー。

      • 9割も落とされるなら攻撃を辞めるべきじゃないんですかね…
        被害を与えた例があるのは知ってるけど、明らかに費用対効果が悪い、悪過ぎる。
        英霊の皆さんを貶めるつもりは毛頭ないが、硬直した指導を続けた首脳部の責任は重いでしょ。

        • 9割以上落とされても残りの何分かが暴れてくれれば大成功だったんですよ。特攻以外、敵艦隊に被害を与えうる攻撃法なんてこの頃にはもう無かったのです。
          当時の人も出来ることなら、攻撃を辞めて戦争を終わらせたかったはずですよ。
          命を部品にして戦争を続けるなんて狂ってるんです。しかし、残念ながら戦争遂行という至上目的の前では人の命なんて費用の内には入っていなかったのです。
          残酷なことですね。2度と繰り返さじの精神ですよ。

          • 芙蓉部隊はご存知?

            まあ、最後の部分には賛成だが。

          • 芙蓉部隊も最後は特攻が前提だったぞ。

    • 沖縄のための、命をはった時間稼ぎ。

  77. ※ID:YjFmMjBl
    細かく言うと長くなるので割愛してざっくり言えば、
    白人の植民地をいきなりただ開放しただけでは無法地帯になってより荒れるだけ。
    段階的に独立させるつもりだったけどその前に負けてしまった。
    だから当時の帝国はアジア諸国にとって賛否両論なんだよ。
    そしてポイントはアジアの開放と独立は大義名分ではあるが日本自身の利益にもなるからやったのであって単なる正義感だけでやったのではないということ。
    しかし植民地だった国にとっては動機どうあれ結果的に長い奴隷時代を脱却できたので一定の評価があるのは間違いない。

    「欧化より日本化の方がマシという論理」も突っ込みどころは多いがあながち本質は間違ってない。
    なぜならば結果と事実として「マシ」どころかかなり良くなったわけだからだ。
    背景や動機よりも結果がが重視されるのは当然だと思う。
    仮にもし日本がアジアを助けたい一心のみで戦っていたとしても今現在の暮らしがめちゃくちゃなら余計なことしたと非難轟々だったであろう。
    中共は「マシ」どころかかなり悪くなってるから不満がでる。
    あと当時なら普通なことも現在やったら侵略者になるケースも多いから比較はそもそも無理だね。

  78. 神風とは言わないけど、これから中韓あるいはロシアとの全面戦争に向けて
    徴兵制導入で素人兵が急増する怖れがある。せめて現代版の「桜花」を導入すれば
    兵役に就きたての新参兵でも靖国の英霊に名を連ねることができると思う。
    この国には新たな「カミカゼ」が必要なんだよ。

    • お前好戦的なやつだなw
      頭ん中、軍靴の音響き渡ってんの?
      経済戦争じゃいかんのか?

      • >軍靴の音響

        このフレーズwww
        ド左翼しか言わんwwww

        • お前国語の点悪いだろ。
          単語ひとつに反応すんなよく読め。
          それとバカはレスすんな。

    • 電子機器つう人間よりはるかに安くてその気になれば大量生産だってできる便利なものが現代にはあるんだよ。何が悲しくて、作るのに十何年もかかる貴重品を使い捨ての誘導装置にするか。

    • お前みたいなやつが戦争で指揮とったんだろうな。

    • 君たち徴兵されて人間兵器にされますよーとリードしたいんだろうが
      もう釣り針でかすぎw
      でも考えてみると人間兵器って本当に人間的だよな。
      自分も殺すという覚悟が必要とされる。
      現代の無人機プレデターや、トマホークなんて遠隔操作で人を殺す本当に卑怯な兵器だよな。

    • まぁまずはお前が第1陣で飛んでいけばいい。
      次からは誘導ミサイルを使うだろう。

    • こういう自衛の為の備えや決意さえ侵略に変換され延々プロパガンダされてきたけと、今は世界中が日本の立場を理解してくれている。

      ちょうと上の方にも、日本の軍拡を歓迎ってアメリカのニュース。

  79. もし戦争が優勢に運び、講和に行き着いていたら神風特攻隊はなかった。
    そういうことだと理解してほしい。

  80. 作戦を立案した者たちは非難の誹りを免れないが、
    当時、正義と信じ線戦場に散っていった方々には心より哀悼の誠を捧げたい。
    そして、大勢の若者が”靖国で会おう”を合言葉に散っていった事を考えるとき、
    この社に不逞を働く者たちを決して許さない。

  81. ドイツやイギリスも特攻部隊のようなものを設立する計画・作戦が
    あったが、向こうは決行前ぎりぎりで中止になった。
    各国が疲弊するまで様子見してたアメリカと違い、総力戦組が必死
    だったからこそ考えられた戦法だと思ってる。

    すばらしいとは思わないが、カトリック(自殺=大罪)の多い米兵に
    とって特攻は物理的にも精神的にも恐ろしい攻撃だったそうだ。
    レーダーや装甲の開発、戦闘機や暗号の解析によって途中から殆ど
    撃墜されてしまったわけだけど……

    • >カトリック(自殺=大罪)の多い米兵

      へー。
      米兵ってカトリックが多かったんだー。
      初耳~。
      ジョンFケネディもびっくり。

      ちなみにキリスト教(カソリック、プロテスタント問わず)「自己犠牲」は、自殺ではありません。
      聖書に「友の為に命を捨てる以上に大きな愛はない」とあるとおりです。

  82. >誰かのために戦って、誰かのために死んでいった人たち。でも、戦争が終わったいま、日本の兵士とアメリカの兵士はビールを一緒に飲んで、お風呂に一緒に入って、経済のことについて話し合っている。……これだけは言わせて。彼らの死はいったいなんだったの? アメリカは「クソヤロウ」と罵られて然るべきだわ。

    亡くなった方に同情してくれるタイの人には、ありがとうと言いたいな。
    日本人も、彼らの死はいったいなんだったの?と悲しく思ってる。でも、復讐して、結果日本が滅びれば、その時こそ彼らの死が犬死にになってしまう。

    負けてしまったにも関わらず予想に反して豊かさと平和を享受してきた事には、やっぱり後ろめたく申し訳ない気持ちがある。だから、あなた方の犠牲を忘れていません、志に感謝しています、と靖国に行って魂を慰める必要があるんだと思ってる。

    • え?なに言ってるんだ?

      アメリカと仲良しになってる!特攻隊は無駄死にじゃないか!なんて日本人なら誰も思わないだろ。

      特攻隊のおかげで、アメリカは日本と話をするためのテーブルについてくれたんだから。
      ここ重要。
      以前なら、白人牛耳る国際社会に、日本人が話し合いのテーブルにつかせてもらう、だった。

      特攻隊の役目はアメリカの沖縄上陸を遅らせるためだった、とアメリカさんの方が記事にしてたよ。
      それだけアメリカにも効いていた作戦だった。

  83. 特攻を無駄だったとは思いたくない。
    むしろ、特攻という生き様が世界に
    または後世に衝撃を与えたのは間違いない。
    残虐な宇宙人が地球を侵略しに来たなら
    核を背負って特攻できる自信がある。

  84. 今の平和ボケした日本人には、戦争当時の日本人の気持ちなんて、わかるはずがない。 
    グロいものに目を背けたり、家の中で引きこもってる人間に戦争は理解できるわけない。 
    一緒に戦ってる戦友が、ぐちゃぐちゃになって横で死んでいても、容赦なく艦砲射撃が、 
    飛んで来る中を、掻い潜りながら日本の為に戦い続ける日々。神風は、ほんの一遍に 
    すぎない。

  85. あれしか手がなかったというのも分かるが、ひたすらに悲しい
    どうにかして日本人としての誇りを保ったまま我らが先祖が生きて帰る道はなかったのだろうか
    それこそ戦争に勝つしか無いということか

    • 勝たなければ、ぜーんぶ消えていたしね。

      まあ、負けたけどアメリカは特攻隊にビビって天皇には手出し出来なかったし、そうこうするうちに真の敵が姿を表して日本の代わりに戦わなくちゃいけなくなったし、で、日本は消えないですんだ。

  86. いちおう、当時の軍上層部も、特攻攻撃はマズいと考えていて、無人化を試みていた。
    試作機まで飛ばして実験をしていたんだが、
    当時の技術力ではなかなかうまくいかなかった。
    ドイツのV1号の精密誘導兵器版を考えていたのだが、
    成功してれば世界初の巡航ミサイルだったんだけど・・

  87. 国のため、家族を守るため戦場に散っていった先人たちに比べて
    今のお前らは何だ!!!

    部屋に閉じこもってコカコーラ飲んで、ポテトチップ食い散らかして、
    猫にもふもふして、AKBとかのポスターとかカレンダー張って、
    にやけながら、得意げにパソコンカチカチしてやがって!!!

    そんなんで愛する家族を守れるのか!!!

    • 隊長!戦場でオ ナニーはできますか?
      あとオナホはおやつにふくまれるのでしょうか?

      • >部屋に閉じこもってコカコーラ飲んで、ポテトチップ食い散らかして、
        >猫にもふもふして、AKBとかのポスターとかカレンダー張って、
        >にやけながら、得意げにパソコンカチカチしてやがって!!!

        本来、軍隊に行くとこれ以上の「快適な待遇」をしなければならないのだが、とくに戦場とは無縁の馬鹿日本人は「キチガイマゾ」なので、わざわざ劣悪な環境を兵隊に想定し、かつ押し付けます。

        ちなみにイラクやアフガンに展開している”世界最強”米軍さんですが、食事も無料、コーラもポテチも無料、自分の部屋には好きなアイドルのポスター、ネット環境も完備で、無料のジムも付属しております。ツイッターで「戦場なう」も普通。

        ベトナム戦争でもアイスクリームを大量供給したのですよ。

        つまり20267のような「より厳しい環境ではないと強くない」という馬鹿妄想は害悪です。

        • >食事も無料、コーラもポテチも無料

          軍隊って当然じゃん、と思うでしょうけど、ピザハットやマクドナルドが出店しております。
          詳しくはこれ
          ttp://www.businesspundit.com/10-junk-food-brands-that-made-a-buck-in-iraq/

          日本もいずれは海外基地も持つことになると思いますが、基地内に吉牛、カッパ寿司、餃子の王将、白木屋を出店し、無料で供給することで士気が保てるでしょう。

          まあ20267のような人間には激怒ものでしょうけどw

          • おもしろい話ですね。

            戦前ならともかく、現代なら豊富なノウハウを持つ外食チェーンに一部を任せたほうが上手くいくでしょう。

            日本の場合は、前回の東京五輪選手村で料理の大量提供の必要に迫られて、食材管理、冷凍技術、運送、レシピの共有、業務のシステム化と一気に発展させて、それが現代の外食産業の巨大化に繋がっているので、レベルも高いです。

      • >隊長!戦場でオ ナニーはできますか?
        >あとオナホはおやつにふくまれるのでしょうか?

        昔(大東亜戦争)だったら朝鮮アガシとか日本の商売女が「基地近く/内部風俗店」を出店していましたが、今だとTENGAが売店で買える程度だろうなぁw

    • 釣られてやるが、戦前の日本人も大して変わらんよ。
      1930年代の日本は、遠い外地でドンパチやってただけで、
      国内は空前の戦時バブル、所得水準なんか1940年に頂点に達してる。

      若者は、浅草をぶらついて毎日のように映画や芝居を見たり、
      カフェで女給(今で言うキャバ嬢)を口説いたり、
      部屋では大衆雑誌や読み物を楽しんで、映画雑誌のポスター貼って、
      映画俳優のブロマイドを集めてたんだぜ?

      戦前=何もなかったガチガチの軍国主義っていう戦後左翼の嘘をいまだに信じてるのは低学歴の馬鹿とトンスル猿だけだよ。そう、君みたいな。

      • だよな、内地も外地も戦前は今の日本と
        対して変わらない感じだったよ、戦時中ですら内地と戦地では天国と地獄!!
        ただ今の日本と違うのは、都市部は同じでも、東北辺りの田舎では、食いぶち減らしに兵隊に志願したり、娘を身売りしてたのも事実だよな。せっかくだからその辺も書き込んで欲しかった。
        あ、勿論おれは、ポテチ派だけどね♪

  88. 神風に代表される特攻は愚作も良いところだと思うけど
    それに殉じた兵たちの価値が下がるものではないと思う。

    > 彼らの死はいったいなんだったの?

    彼らの死があったからこそ、今がある。
    彼らの最期まで行った戦いがあったからこそ、日本の自治は早くに回復し、今の状態まで持ってこれた礎になった。
    決して無駄では無かった。

    • 彼らの死があったからこそ、今がある。
      彼らの最期まで行った戦いがあったからこそ、日本の自治は早くに回復し、今の状態まで持ってこれた礎になった。
      決して無駄では無かった。
      ——————

      戦果としてはどうでもいい程度だけど。
      まぁ、米軍に対して”ジャップはめんどくさい”という認識を与えたのは間違いないけど。

  89. 修学旅行で知覧の特攻隊資料館か何かを観に行った時、
    出撃当日には隊員の枕はみんな涙でぐしょぐしょだったと聞いたなぁ。
    遺書にも思った以上に家族への言葉が残されてて。
    単純に狂信的愛国でみんな飛んで行ったわけではないと感じている。

    機体トラブルで基地に帰還せざる負えなかった隊員が、
    臆病者として収容される映画もあった(実話を基にした創作らしいけど)。

    英雄というには悲しすぎて、畏敬の念を抱かざる負えない。

  90. 3.11の際の消防のみなさん自衛隊のみなさん本当に、ありがとうございました。

  91. 彼らに報いるだけの日本にならなければ・・・と

  92. 体格のことでキレてるガキが大杉。
    実際タイ人の方がデカイから。
    「日本にだってデカイ人はいる」?タイにも居ます。

    • タイ人の平均身長は165cm、じっさいにタイに行っても日本人よりかなり小さいよ。

      150cm代がごろごろいて、大人でも日本人の小学生みたいな体格。

  93. やった本人たちもみとめている『統帥の外道』だ。
    だけど、それを実行した若者たちはその心がうちがたとえどうであっても、
    やはり神とたたえられて然るべきだし、諸外国や敵国の人々ですら
    感動させる何かをもっていると思う。

    彼らの勇気と犠牲は終戦やその後の米国外交に『日本恐るべし』として、
    影響を与えたし、その元に今の平和と繁栄は存在している。
    ただ米国に戦争をふっかけて負けただけでは、ここまでの評価は得られ
    なかった。『戦いには負けたが勝負には勝った』。

    神風は吹かない。人が吹かせるものだ。
    そして、人が吹かしうるものだと彼らは教えてくれた。

    • 統帥の外道と自分達を貶めて言うのは日本の美学なんだけど、 外国人はそのままに受け止めてしまうんだよねー。

      でもやらなければいけなかった、とあとに続く部分や他で語られている部分、日本人らしい察してくれ文化で語られない部分を故意に隠してしまう反日プロパガンダとか、なんとかしたいですな。

  94. 軍部の無能のツケを精神論で若い兵士に押し付けただけだろ
    特攻隊員の国を想う心には感謝をするが、上層部がクソ過ぎて日露以降の旧軍は全く評価できん
    神風も成果が出たのは初期だけで、ベテランパイロットまで浪費して戦術的に話にならん
    発案者の中西は、自分も後で行くと言いながら、終戦間際までグダグダ生き残る始末
    回天開発陣と比べたら余りにみっともないわ

  95. カミカゼ褒めてる人は自爆テロとか大好きなんだろうな

    • 隣国人は内心の特攻隊への憧れが隠せずに、警察特攻隊とか海洋特攻隊とか
      付けてて、哀れというか惨めというかなんだけど
      そのお笑いミンジョクの方ですか?w

      • なんか、ここらへんは連続で沸いてるね。

        てか、こういう論議になったとき、ただ単純に旧軍=悪として叩く工作がされるのも毎度のこと。

  96. あるのは奇妙な合理化と無知から来る尊崇の念だけかよ。

    逆切れバンザイ突撃の航空機版というだけの話なのに。

  97. 現代人が批評できる話じゃない。

    • 偉大でもなければ馬鹿なことでもない。
      確実に消耗する軍事行動ってだけの話。

      自己犠牲は時代を経ることによりディティールが失われた結果、周囲に思い込みによる強烈な陶酔を撒き散らすという現象も観測されとるなw
      キリストの自殺の影響はキリストが死んだ直後より何年も後のほうが影響でかいしね。

    • でも歴史からは学ばなければ。
      むしろ自国の現代人だから批評も出来るのですから。
      当時は批評など出来なかったでしょうし、外国に批評されるのもあんまりいい気持ちがしないし(^^;

      もちろん、いろんな見方や意見、思いがあるでしょうし、結論は出せないかもしれませんが。
      議論は大事だと思いますよ。

      まだご存命の方やご遺族の感情もあるので、時期的には早いのかもしれないですが、
      戦後何度も取り上げられてきた事でもありますし・・・。

  98. >>日本の兵士とアメリカの兵士はビールを一緒に飲んで、お風呂に一緒に入って、経済のことについて話し合っている。……これだけは言わせて。彼らの死はいったいなんだったの?

    綺麗ごとですまされない事は分かってる しかし先人はこの為に
    戦ってくれたと信じたい

    • タイは武ではなく文の国だから、そのへんの合理化が下手なのね。

      • 武の国とか文の国とか畸形顔のトンスル猿みたいな気色悪い分類するなよ。

        あんなもん、半島の劣等民族が精強で優秀な日本人に(脳内妄想だけでも)優位に立ちたいとでっち上げたインチキ、まともな「文」も「知」も日本以外のアジアには無いに等しい。

        中国だって、そこそこ「文」があったのは三国時代まで、あとは異民族が残り滓と劣化コピーを繰り返してただけ。

        • 武の国とか
          文の国とか
          そういう表現を朝鮮からしか得られてないのね(・ω・)。
          戦前からある表現なのだが。

          認識下等よの(嘲笑)

          武の国でいやなら、軍事政権だ。

  99. これは、洗脳。
    賞賛するのは、危険。
    ネトウヨも、自分がひき肉やミンチになっちゃうような自爆テロなんてできないだろ?
    すさまじく痛いぞ~
    想像してみろ

    • >すさまじく痛いぞ~
      そんなこと感じる暇無い。

      >想像してみろ
      お前が想像できてないし、していないのはわかった。

    • 敵が来たらマッハで土下座してたトンスル猿とは違うんでね。

      やっぱり半万年奴隷民族に生まれて悔しい?

    • お前ら朝鮮男は日本軍が慰安婦狩りにきてもどうぞどうぞと差し出したんだろ?
      日本男児は日本の婦女子を米兵からのレ○プから守る為に軍艦に突入していったんだぜ。
      恥ずかしくないのか?

      • 結局、米兵にレ○プされとるがな日本の婦女子(・ω・)

        • 女を金で売っておいて日本軍が強制連行したと、後世まで延々と捏造して金をせびる男と、
          女を守るために剥き身で戦艦に乗り込んで力尽きた男達と、

          どっちの女も結局やられてるわけだけど、お前が女ならどっちのシチュエーションの方がまし?

          いや、どっちの国に生まれたい?

          • >お前が女ならどっちのシチュエーションの方がまし?
            朝鮮的精神勝利ですね。

            結果的には変わらん(嘲笑)

            見たくない現実を見ろ。

  100. >ネトウヨも、自分がひき肉やミンチになっちゃうような自爆テロなんてできないだろ?

    在日チョンってこんなサイトにも来てコメントしてるんだね

  101. タイ人のコメントって思考が浅いというか、日本人がそこまでして白人に抵抗したから戦後も軽々しく扱われない事が理解できないようだね。そのへんが、やっぱり「戦争」「士気」「名誉」「民族自決」という近代的な概念を共有できる欧米先進国のコメントと違う。

    もし、日本軍が戦わなかったら、タイなんかとっくに白人国に植民地化されてバラバラに分割統治されてたのにねえw

    タイ人的には奴隷でも虫ケラ扱いでも、自分の娘や姉を売ってバナナ食って寝て暮せば良いと思ってるのかな~?どうもこのまま行くと、日本の投資先としても旨味が消えればミャンマー、カンボジアに移るし、フィリピンみたいに有望だった国から貧困国に転落して、政変と停滞モードに入るだろうね。

    • >もし、日本軍が戦わなかったら、タイなんかとっくに白人国に植民地化されてバラバラに分割統治されてたのにねえw
      まあステキな妄想(・ω・)
      日本が引きこもりしていた時代も活発に国際貿易の中継国として繁栄してきたタイの歴史と実力を無視しすぎ(・ω・)

      >「戦争」「士気」「名誉」「民族自決」という近代的な概念を共有できる欧米先進国のコメントと違う。

      これが近代か。
      初耳(嘲笑)
      ローマ帝国に謝れよ。

      馬鹿な日本マンセーは国滅ぼすからほどほどにな(・ω・)

      • 朝鮮人視点でマンセーという言葉をつかうのはわかるが、
        日本人視点でマンセーという言葉はつかわん。
        お前お里がしれるぜ。

        • 反論できませんアイゴー。

          という発言乙。

          • 日本人がアイゴーなんていうかよ。

            お前はレスすんな。
            朝鮮のトンスルでも飲んでろ。

      • その実力とやらで、欧米の最新兵器に対抗できるものなんて、到底作れなかったのが日本以外のすべての有色人種。

        戦前の日本を貶したいだけの試し腹朝鮮猿って、意図的に軍事力の問題を無視するよねw

      • こんなところで分断工作しても、タイ人はみてないから無駄じゃないですかね?

  102. 俺は愛国主義者でも天皇崇拝者でもないけど、
    客観的に見て先の戦争は日本は負けたけど
    偉大な事を成し遂げたと思うよ。
    黄色人種の独立に多大な貢献をしている。
    もし日本がどんな理由であれ戦争を起こしてなければ
    アジアは今も搾取されてただろうね。

    • 同意!

      • 1973生まれだが、戦後の教育がまちがっている!
        高校生の頃は日本は悪いことをした国だと思っていた。

  103. タイ人はのんきだなw

    アジアの連中が日本人の千分の一でも勇猛で精悍だったら、そもそも数に劣る欧米人の奴隷にされてないし、日本軍がああまで必死に戦う必要もなかった。

    いちおう、タイは既にフランス、イギリスの半植民地であったことを書いておく。
    突っ込む馬鹿が涌くと鬱陶しいから。

    • タイは植民地ではありません。
      馬鹿はこれだから(嘲笑)

      当時のタイが半植民地なら、現代日本も同様だが。

      単純日本マンセーの馬鹿は黙っててくれ。
      そんなに偉大だったら負けてない。
      負けたが勝ったつーのも、朝鮮の理念勝利とたいして変わらん。

      • もう、そういうくだらない工作やめたら?

        20世紀初頭のタイがイギリスとフランスの半植民地だったのは、世界の常識だよ。まともな世界史も習わないトンスル猿だろうけど、妄想に基づいて脊髄反射するまえに、最低限の知識くらいは得ておこうねw

        • >20世紀初頭のタイがイギリスとフランスの半植民地だったのは、世界の常識だよ。

          どこの世界だよ(嘲笑)
          お前の中のタイ王国の話はどうでもいから(嘲笑)
          戦前の日本帝国が「タイ王国は独立国」として扱っているのだがww

          妄想に基づいて脊髄反射するまえに、最低限の知識くらいは得ておこうね(激嘲笑)

          • 半植民地状態である友邦タイを助ける、というのも盛んに喧伝されてたのを知らないの?

            自分が低学歴の朝鮮猿だからって、トンスル脳の水準で適当なことを書いてはダメだよ。

          • 韓国人は歴史を学びましょう。
            知らないのは、あなたではなく、政府のせいです。
            国際社会でバカにされますよ。

        • 半植民地というのとはちょっと違うような…。
          当時タイは緩衝国と呼ばれていた位置にあった。


          イギリス・フランス両国はタイを緩衝国と することで1896年1月15日に同意、1904 年4月8日には両国の勢力境界線をチャオプ ラヤー川で分ける形で、両国のタイへの進 出は終わった。

          当時からメチャクチャ仲が悪かった英仏が、タイで国境を争い続けるのを避けるため、タイを緩衝国にしたんだ。
          緩衝国っていうのは、歴史を遡ればしばしば出てくるから、気になったら調べてみるといいよ。

          微笑みの国タイはその立場を上手に利用したんだね。

  104.  多くの意見と意を異にする気は無いが、「統帥の外道」も事実として忘れてはいけないと思う。洗脳した子供を使ってのイスラム過激派の自爆テロ、こっちとしてはどんなに不本意でも奴らが此処から着想しているのは否めないだけに。

    • 戦争ではない民間人ターゲットの方法は確かに外道ではある。日本はアメリカ軍に対して特攻したはずなのだが、ていよく混同されてしまってる所がある。

  105. 私達子孫の為に捧げていただいた命を無駄にするか無駄にしないかは私達次第なんだよ。最初から無駄とか言ってる奴は損得現実主義の中共に行って生きればいい。思い通り全てを損得勘定でやっていけるはずだからさ、いますぐ楽園へ行っていいよ。

  106. 特攻を賞賛するのは誠に結構だが、有事の際は他人にやらせるより先に特攻志願していただけるんでしょうね
    神風に志願した人たちは立派だと思うし、戦争で勇猛果敢に戦うのは国民として良い姿勢だと思うが、
    特攻作戦を一度ならともかく奇襲効果がなくなっても続けた司令官は明らかに低脳だと思う
    そして上の連中ほど責任を取らない
    坂井三郎だってそう思っていた
    優秀なパイロットや若い兵士までほぼ無意味に消耗させるのは愚の骨頂
    生還した兵士を蔑むのも愚の骨頂
    やるならまず日本にあふれている老人から使うべきだった

    • 君はどうなの?
      もし人民解放軍が日本に来てチベットみたいに親兄弟友人を殺戮しだしたら、震えながら命乞いをするだけなのか?
      それとも中国人はそんなことしないと思っているか?

      • そんな時点まで戦争おこせてないなら、負け確定。
        つまり、抵抗できないし、抵抗しても無駄。

        平和ボケの症状の一つよね。

        • 抵抗しても無駄か、さすが2000年奴隷民族は物分かりがいいな。
          虐殺始まったら日本人は徹底的に抵抗するぞ。
          お前ら民族は中国が攻めてきたらまたコウモリのように中国にすりよって虐殺に加勢するんだろ?
          もう人間としてというか人類として終わっているわ。

          • >虐殺始まったら日本人は徹底的に抵抗するぞ。

            ただ殺されるだけだ。
            整然とした殺人機械の軍隊と民間人の違いを考えろ。
            自慰するな。

  107. >日本人にとって彼らは英雄だよ。

    外国では「英雄」とされることが多いですが、日本では英雄扱いされることはめったにありませんね
    戦争の悲惨な面を強調するための材料にされていることが多いです
    特に公共放送のNHKは零戦や戦艦大和と共にそういう扱いしかしません

  108. 昔のことは想像でしか語れんけども
    子孫のために命をかけて戦ってくれた人たちの名誉を守っていくのは
    日本人としては当然の義務だわな

  109. 国民が死なない事のみを戦争の目標とするなら
    当時最善の策は無条件降伏しかなかったよ
    神風は愚策だと言う人は決まって代替案が言えない
    燃料は無いし有能なパイロットも消耗しきった当時の航空部隊は出撃してもことごとく撃墜された
    だから考案されたのが神風ってわけで、人的被害を抑えるための策は降伏以外無かった
    しかし敗戦国の待遇を知る日本はそれだけは出来なかったってことだ

  110. 神風に対していろいろな意見があるのはいい事だけど、「無駄死に」だけは許せないなぁ。攻撃力だって少なからずともあったし、今こうやって私達が戦争の事について考えられる一因も担っている。決して無駄なんかじゃないと思うよ。

  111. 特攻攻撃をテロと同一視するのは間違いと考えます。
    戦時中における戦闘行為であり、捕まった場合には捕虜としての権利があります。
    敵に対して銃を撃つのと扱いは変わり無く、生き残った場合においても裁かれることはありません。
    しかしテロ行為は捕虜としての扱いは受けませんし、犯罪であり敵国の法によって即刻裁かれても文句さえ言えません。
    たとえ対象が民間であれ軍事施設であれ同様です。
    テロの定義を考えましょう
    参考は、軍服・国旗または軍旗・宣戦布告です。

    当時のタイに限らず東南アジア諸国を戒めるのも間違いと考えます。
    東南アジア諸国は、戦後に独自の力において独立を成し遂げております
    その起因となったのが日本によるものとしても、直接的に日本が国として支援した訳ではありません
    彼らの願いと力によって勝ち取ったものです。

    私は決して戦争を賛美する者ではありませんが、どの国においても存続の権利があり、国の存亡が侵された場合には、戦争を回避する義務と同等に戦う権利も持ち合わせているものと考えております。

    戦争によって苛酷な時代に生き、敵味方に限りなく、亡くなられた方々のご冥福を祈ります。

    • 日本と親日国を分断させる工作だまされないで。
      彼らはしょっちゅう日本人になりすまして親日国を叩いたりしてる。
      だいたい言葉遣いが下品だから、すぐわかるよ。

      でもね、日本本国が独立にてをかさなかったなんて言わないでくれ。
      現地の方達に戦闘訓練をして再び植民地にせんと舞い戻ってきたオランダ軍を追い返すのに成功したり、武器を大量にばら蒔いたり、現地に残って一緒に戦った日本兵たちだけでなく、独立を叫んだからこそA級戦犯にされてしまった本国の日本人もいるんだよ。

      詳しくは、記録から抹消された大東亜会議を調べてみてね。

      ★インドネシア独立戦争には旧日本兵3000名 が志願した。その内、1000名は戦死し、 1000名は日本へ帰還し、1000名はインドネ シアに帰化したそうだ。(戦死者1000名の 中には独立戦争勝利後の内戦で死んだ者もい たという)

      ★↓日本の願い・日本政府もアウェイで頑張ってたんだよ↓
      1919年、日本はパリ講和会議で国際連盟規約宣言の中に人種平等の原則(人種差別撤廃条項)を挿入することを提案し、17票中11票の賛成を得ましたが、 委員長のウィルソン米大統領は、 「この決議には全員一致を要する」との理由で拒絶しました。

      ↓人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本↓
      ttp://www.youtube.com/watch?v=L7 KN5h8YHrE

    • ↓ごめん、これくらいしか貼れないけど、まじ日本本国も頑張ってたんだよ↓
      ■歴史から抹消された「大東亜会議」 ■
      1943(昭和18)年の末、満洲国、中華民国、 タイ、フィリピン、ビルマ、そして自由イン ド仮政府のそれぞれの代表者が東京に駆けつ け、史上初めて一堂に会する機会を持った。 それは1943年11 月5,6の両日、東京で 開かれた大東亜会議(The Assenbly of Greater East-A siatic Nations)である。 『事実、これ(大東亜会議)は歴史 を創造 した。』とは、 この大東亜会議にビルマ代 表として出 席したウー・バー・モウ首相の 自伝「 ビルマの夜明け」の一節である。

      「自主独立」と「万邦共栄」 大東亜会議は東条首相の代表演説から始まっ た。
      東条は米英のアジア侵略の歴史をもと に、「洵(まこと)に米英両国の抱く世界制 覇の野望こそは、人類の災厄、世界の禍根」 とし、日本に対しても経済断交をもって屈従 を迫ったので 、自存自衛のため開戦のやむ なきにいたった経緯を述べた。 そして「大東亜各国は正に其の自主独立をば 尊重しつつ、全体として親和の関係を確立す べきもの」と「万邦共栄 」の理想を謳いあ げた。「自主独立」 の言葉は、この後、各 代表の演説で繰り返されるモチーフとなる。

      上のように『独立』を日本は主張していた が、戦後の歴史教育は『大東亜会議』の存 在自体を抹消している。 これは、『日本を 完全な悪』とするための情報捜査である。 この『亜細亜の独立』を主張したからこそ、 重光葵は東京裁判で戦犯とされたのである。

    • ご意見ありがとうございます。
      お二方の言うことが間違っているとは私も思っていません
      特に、戦後の各地に残られて独立運動に参加した日本人には尊敬の念を覚えます。
      彼らの行いがあったのとなかったのでは、大東亜共栄圏の大義もまた違ったものとなっていたことと思います。
      しかしながら、日本は戦争を勝ち抜くことはできず、日本国としての大東亜共栄圏は失敗に終わったと考えています。
      よって東南アジアの独立は、その運動を勝ち取った当事国の戦果と考えていますし、結果的にはそれで良かったのだと考えるのです。

      あと、工作とかは私にはちょっとわかりづらくて^^ゞ
      他国の人のコメだとしても、ひとつの意見として見ています。
      が、もちろん読むに値しないものは飛ばしています。

      • 同感です。
        アジアのそれぞれの独立は、当事国がその後自力で勝ち取ったもの。
        そして、それで良かった。
        結果的にそれで良かったのだと思います。
        結果論ですが。

        日本のした戦争が寄与した面もあったでしょうが、それは平成の私達が現在のその国に対して誇る事ではない。
        誇りは自分の胸の中にだけあればいい。

      • 確かに大東亜会議の大義も敗戦により途中までなってしまって、あとは個々の日本兵が現地に残って自力て頑張るとかしかなく、グダグタになってしまったしね。
        そこで戦死したからだからなに?って話だよね。
        力不足にはかわりない。

        白人社会にタイを差別すんなとか訴えようが、植民地から独立させようと訴えて死のうが、即戦力の方が重要なんだからって話ですよ。
        そもそも政治ではアジア=植民地の概念を覆すのが不可能だったから戦争になったわけですから。

        第一、タイは仲の悪い英と仏に挟まれていたお陰で緩衝国となり、英と仏の言うことさえ聞いていれば存続できていた国なんですからね。
        まあ、最後の日本も大人しく植民地となってアジア全域が西洋に飲み込まれたとしても、タイだけは自力で戦って独立を果たしたかもしれませんし。

        そういえば、目的地に向かうときに、日本軍が脅してタイを通りすぎたって経緯もあります。タイが抵抗していたら戦闘になっていたかも知れませんね。
        タイにとっては日本は余計な事しいな国だったのかもしれません。

  112. やたらと自爆テロについて言及する奴がおるから一言。

    民間人への自爆テロ攻撃正当化は、米軍による日本への核攻撃が論拠になってる。
    アメリカは民間人を無差別に焼き殺したのだからアメリカ民間人を無差別に攻撃しても問題にならない、ましてや当然の報いだ、というw
    日本人から見て、なんでイスラム教徒が日本の復讐をする必要があるのか疑問だが、アメリカ人の核攻撃正当化の大きな理由が、中国を侵略したから、という(大笑)

    本気で理念を信じて戦争する馬鹿は往けばばいいのに。
    神風特攻を理念で正当化する馬鹿含む。

    • ごめん素で話の流れが分からない。

      特攻隊は民間人への自爆テロだったの?
      だけと、アメリカが日本に原爆をおとしちゃったから、後付けで無罪になってるだけといいたいの?

      あと、それらどうして最後の文章に帰結していくのか、よく分からないよー。

      • >特攻隊は民間人への自爆テロだったの?

        そんな「日本の立場に立っての」区別など外国人はしない。

  113. 進撃の○人という作品にこんな言葉があります。

    「俺達にできる事は、あの良く解らない『人間兵器』とやらの為に健気に尽くす事だ。
    悲惨だろ?俺たち人間に出来る事なんてたかが知れてる……だが
    これが俺達に残された、俺達に許される唯一の足掻きだ」

    最後の一文が、戦争末期の兵隊さん達の声を代弁してる気がします。

    • マンガかよ。
      しかも抵抗戦争を戦う力が「超能力」というマンガww
      実に貧弱で非知性的、幼児的。
      「選ばれたものの苦悩」に嫉妬しつつナルシスティックな自己犠牲を語ってる。

      そんなものを論拠に現実の戦争語られると困るのよ(嘲笑)

      • 酔ってんなぁ

  114. しょせん情弱の東南アジアはこんなもんだろ。生きていくのが精一杯でそれどころじゃないからな。戦後白人や独裁者左翼華僑にやられてしまったのが東南アジアだからな。これからだろう。
    問題は日本が洗脳を解けていないと言う事だ。まだ70年代のうす甘い左翼思想から変わっていない。

    • >生きていくのが精一杯でそれどころじゃないからな。
      東南アジア、飢饉なんて東アジアと比べて無いに等しいのだがw
      昔から。

      >戦後白人や独裁者左翼華僑にやられてしまったのが東南アジアだからな。
      理念で抵抗心を燃やしてシャドーボクシングするの、アジアでは朝鮮だけで沢山なの。

  115. ブラック企業に使い捨てにされる人々とダブるわ

    • 写真を見ろ。
      彼等の目は死んでいるか?

      遺書を読め。
      彼等の決意はつくりものか?

      • >写真を見ろ。
        >彼等の目は死んでいるか?
        ブラック企業の社員と同じように「妙に輝いてる」

        >遺書を読め。
        >彼等の決意はつくりものか?
        ブラック企業の社員と同じように「本気で信じてる」

  116. 神風特攻隊の遺書朗読

    前半の遺書は鹿屋基地=アニメ音速雷撃隊の舞台になった実在する基地。
    後半の植村大尉の遺書はぐっと来るものがある。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1955172?group_id=9820713

    植村 眞久、まぁ学校の教えない本当の日本人の姿。
    http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/sinpu-uemura.htm

  117. 遺書の朗読、言霊その弐
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1954935?group_id=9820713

  118. 日本側の※1に心底げんなりした。

  119. 言いたいことが二つあって、ひとつは国を愛するのに他者を侮辱する必要はないということ。
    それは愛国を口実にして悪言を吐くという醜い行為を正当化しているだけに過ぎない。
    クソなものをクソと断ずるのは間違いではないけど、愛国心を言い訳に使わず自分の責任で発言して欲しい。

    もうひとつは神風特攻隊の戦略的な価値とパイロットの高潔さは別々に語られるべきだということ。
    美化しがちだけど神風特攻が考案された経緯はあまり綺麗ではなくて旧軍の悪い面も現れている。
    戦争には負けたからあまり効果がなかったと言われると亡くなった方も侮られてるみたいでついつい感情的になりがちだけど、実際役に立っていたかいないかに関わらず神風特攻隊の男たちは敬意と名誉を受けるべき人々だ。

    ただ、何の意味もない無駄死にって言ってる人には訂正してもらいたいね。
    毀誉褒貶は激しいけれど、少なくとも現代に生きる俺たちにとっては大きな意味がある。
    尊敬できる祖先がいることも、その精神と姿を後世に残してくれたことも。神風も回天も桜花も長い目で見れば決して無駄ではない。

  120. 日本の特攻隊聖域化。
    朝鮮の慰安婦聖域化。
    アメリカのベトナム戦争は結果としてアメリカの勝利。
    似た現象よね。
    合理化、ルサンチマン、願望、自慰。
    世界は善意の馬鹿が支配するらしい。

  121. 敵の攻撃を少しでも遅らせようとしたと思う
    それと 人は死んでも魂は生き続ける
    他者への奉仕は魂を向上させる

    • 魂?

      完全無欠の妄想。

      • 夢があるから、妄想があるから生きていけるんですよ。

        • >夢があるから、妄想があるから生きていけるんですよ。

          形而上の存在を信じてそれに対してナルシズムとセンチメンタリズムをもって捨身するのが「生きること」というなら、それはそれでいいんじゃない?

          私は爆笑しながら遠慮するけど。

          • 明日の希望は生きる糧ですよ。まあ、諦め仕切り直しの最終結論とも言えるけれど。 私は爆笑しながら無駄だ無駄だと後ろ見て生きるのはちょっと苦痛ですね。 ま、爆笑してるからひょっとすれば楽しいのかもしれませんね。

  122. 当時の日本人は小さいみたいよね(身長)
    神風は追い詰められた苦肉の策なんでしょう?w作戦としてはオワコン級よね

  123. ソイツらの死は無駄死に。
    何の意味も価値も無い。
    ただ突っ込んで自殺しただけ(笑)
    お国のために頑張るます!!(笑)
    天皇陛下万歳~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
    ソイツらはいずれ絶対に忘れ去られる運命だし、戦争を知ってる世代とやらが居なくなればまた同じ事を繰り返すに決まってる。
    ただその場限りの延命措置をしただけ。
    その象徴が俺を含めた今の日本人(笑)

    • 大体同意するけど「ただ突っ込んで自殺しただけ(笑)」理由が、天皇でも家族でもなく、一緒に苦楽を友にした戦友が「一緒に死のう」という「空気」だったと覚えておくように。

      空気読んで死んだのが特攻隊。

  124. 当時のアメちゃんを震え上がらせたのは事実だね。

    神風(誘導兵器)+ドイツのV2のコンセプトを元にしてアメリカはミサイルを開発した。
    そして冷戦時代に発達した対鑑ミサイルに対処するために今度はイージス艦を開発した。
    そのイージスシステムが今は日本に導入されて防衛の最前線に立ってる。

  125. 死して不朽の見込みあればいつでも死ぬべし。
    生きて大業の見込みあればいつでも生くべし。

    吉田松陰

  126. 特攻隊の生き残りの方は、特攻について聞かれると
    、殆んどの方が口を閉ざすそうな。
    出撃の際は搭乗員より見送りの高級将校が圧倒的に
    多く、ある搭乗員は別れの盃を交わして、コクピットに向かうさなか、一生瓶を半分程ラッパ飲みした
    後に愛機の翼に一升瓶を叩きつけて搭乗したそうだ。
    特攻隊員は出撃前に最高の料理を提供されるが、出撃前に面会した母親がこさえたダンゴを有る搭乗員が仲間達に差し出すと皆、泣きながら、旨い旨いと言って食べたそうな。
    軍人として死ぬのは本望でも、明日必ず死ぬ、とは
    絶望しかないそうな。
    最後は皆、笑って行ったそうだ。
    年寄りが見送り10代20代のお前らみたいのが先に行っちまうんだからな、残された親はたまらんわな。

    • その話、貴方の捉え方と自分のでは印象がかなり違います。

      彼等が志願兵であることや、本スレの仔犬を抱いた写真、遺書、すべてを鑑みると、貴方の言う無理矢理出兵させられるかのようなのとは丸きり違う彼等が見えてきます。

      • 勿論、全ての特攻隊員が無理やりとは違うが、喜んで志願した人達ばかりではないのも事実では?(´・ω・`)?
        部隊で志願者を募集と言っても結局は、全員が半強制、そこで一人だけ拒否など出来ないわな。
        特攻隊員と子犬の写真だが…貴方はあの写真一枚であの人達の何がおわかりか?
        ある元特攻隊員の方と、十数年前に知覧でご一緒になった時に、元特攻隊員のご老人は、こう言ってましたよ「結局は笑って逝くしかなかった。勿論、お国の為、天皇陛下の為ですが、最後は親、兄弟、家族を守る為に自分は逝くのだ」と
        。知覧に行くとわかりますょ、特攻隊員の写真が皆、悟りをひらいた仏様みたいな顔になのが。(行った事有るなら失礼)あの特攻隊員の方々は、いきなり写真の顔のようには成らないはずです…自分の親父も旧陸軍の速射砲連隊に所属して台湾で終戦を向かえましたが、自分は
        生で直接、前大戦で戦った方々の話を聞くようにしてます、写真や本では絶対に
        わからない事実がそこには有るからです。貴方にも是非おすすめします。

        • 自分も生でお話を聴いているからこそ、印象があまりにも違うといっているのです。

          半強制で行きたくて行ったわけではないのは、当たり前のことです。
          でも、行かねばならなかった。
          彼等が”「お国のため」「天皇陛下のため」というのも、お話の感じからして直接「親兄弟のため」と言ってしまうと、自分達を守ろうとして死んでしまったと責任を感じてしまわぬようにとの、日本人らしい配慮が感じられました。
          死にゆく人がする残される人への配慮に泣けました。

          死にたくて死ぬのではない。
          だが、生かすために死ぬ。

          このどちらも混在するなか、死にたくて死ぬのではない、の方のみ取り上げて語っては、戦後反日プロパガンダの印象操作と同じです。

          • 自分が反日プロパガンダ…極論過ぎて参りましたねハハ。
            貴方おっしゃる通り遺書は自分も、そう認識しております。
            それと自分は、別に(死にたくて死ぬのではない)ばかり言ってるつもりはありませんが?
            では、逆に貴方にお尋ね致しますが(彼達が志願兵で有ることや、写真、遺書から)と言われてましたが自分とは対極のその
            お考えを、参考までに、是非この自分にお聞かせ下さい!!

        • なにがいいたいのですか?

          貴殿の文章からは、特攻隊の兵士は皆行きたくないのに行かされたのだとしか読み取れません。

          • (何が言いたいのですか?)あのぉぉ自分の文章を御理解いただいているのでしょうか?(´・ω・`)?(ご参考迄に)
            と書いたつもりなんですが。貴方が答える答えないは、別にして別に深い意味わありませんが?
            それと(貴方の文章からは、特攻隊の兵士は皆行きたくないのに行かされたのだとしか読み取れません)と書いてますが…二度も書き込まなくても、自分も貴方がどのようなお考えなのかは理解しておりますので、御安心下さいね(´・ω・`)♪

  127. 今現在もどこかで
    欲のため殺し、利益を守る為殺す
    「争いが無くなりますように」と祈る
    神でさえ自分達の争いは止められない
    殺し殺され
    戦争は永遠にどこかで続く
    存在する=死は等価なんだね

  128. 太平洋戦争で勝つための戦略は2つあり、それぞれの派閥が争った
    ひとつは中国を手中に収め、アメリカの物量に対抗できる生産力を得てから開戦しようと考えた勢力
    もうひとつは短期決戦で決着を付けようと考えた勢力
    どちらも、まともに戦えば勝てるわけないと知ってて、少しでも勝率を上げることを考えた
    で、どちらの派閥が勝ったのか?
    どちらも負けたのである
    両者の隙を見て、イケイケどんどんの脳筋ヒャッハー野郎どもが開戦決めてしまった
    そして、結果はご存知のとおり

    • そのヒャッハーて、誰ですか?
      まさか陸軍とかじゃないてますよね?

  129. 国が残っても自分が死んだら意味が無い
    自分が生きてても国(家族)が亡んだら意味が無い
    今どっちの価値観が支持されんだろね

    現在の日本人が一部とはいえ戦勝国からも尊敬の念を勝ち取れるのは
    彼等の影響が間違いなく大きい。アメリカ行くとわかるよ。

    個人主義は尊敬も得られないし相手に恐怖も与えない。
    中国が怖くないのは個人主義だからだよ。

  130. タイは親日国ではなくて、事大主義国だよ。
    国力がない故に、強国にすり寄る国ってイメージ。
    その証拠に太平洋戦争ではタイは枢軸国側に付いたのに、日本が負けた途端寝返ったからね。
    そして、現在、日本が経済大国になったら再び日本にすり寄ってきている。

    タイが悪いのではなくて、弱小国が生き残るには事大主義となるしかないから、
    国際社会では弱小国の事大主義はごく普通なのかもしれない。

    • 日本人でそんな風に思っている人は、いませんよ?

      だいいち、タイを勝手に緩衝国にしたのは英と仏。タイからすりよったわけではありません。

      その状況を上手く利用して微笑み外交で切り抜けたタイは、なかなかの策士で魅力的な国だと思います。
      ようは、賢かった。

      不屈のベトナム兵といい外交上手といい戦後の反日プロパガンダに屈しない義理堅さといい、アジアの国もなかなか魅力的な国揃いですな。

    • それは韓国ね。

      • 朝鮮、事大失敗してる。

    • ドライな現実主義の国を嘲笑う気にはなれません。

      自慰して自殺(特攻隊)してナルシズムに浸る余力も無い国ですからね。

  131. 一兵士が国のため戦友のために命を投げ打つことは確かに美談だし、何処の国でも普通に英雄扱いだし、そこはそれでいいけど、
    軍上層部が戦術としてやるもんじゃないよなあ
    その点を無視して美化してる人が多すぎると思う

    • 戦術を美化している書き込みって、例えばどれですか?

      • 戦術…美化×
        特攻隊…美化〇
        って事じゃね?

        • それそれ。
          戦術を美化してる書き込みなんて皆無なのにと思って。

          どっかに、特攻考えたやつスゲー!
          カコイイ!
          あれは素晴らし作戦だった!
          なんて書いてあるならともかく、殆んどはやむを得なかった、だが後世を考えると一石は投じた、アメリカ軍の資料によると沖縄戦を遅らせた意義は十分にあった。誉められたもんじゃないけど、マジ仕方なかった。てはなしだし。

  132. いわゆるA級戦犯的な指導部の人間を乗っけて特攻すべきだったなw
    それならば、彼らも英霊として靖国に祭られる資格はあるかと思う

    • A級戦犯て、完全後付けの「平和を乱した罪」てやつだぞ?

      アジアの皆さん、独立しましょう!と言った人間が罪て、西洋諸国の植民地を無くした憎き日本を完全に西洋諸国目線で裁くために、後から作られた罪だ。

      わかってんの?

      もしかして、A級B級C級の意味を知らないまま書き込んでる?
      A級の方がB級より思いとか思っちゃってる人?

      • 必ずしも西洋諸国目線というわけでもない。

        事実、東京裁判で処刑された7人の名目上の罪は、
        中国関係・・・板垣、土居原、広田、松井の4人。
        アメリカ関係・・・東條の1人。
        イギリス関係・・・木村の1人。
        フィリピン関係・・・武藤の1人。

        まず、鬼の如く被告を追及しまくってた首席検事キーナンは、判決後に「広田と松井の死刑など、なんと馬鹿げた判決か!」と言ってる。

        また、マッカーサーも事後法を用いた東京裁判には否定的で、東條1人をB級戦犯(通例の戦争犯罪)で裁いて決着をつければ良いと考えていたし、チャーチルは責任者層数名の即時処刑を訴えていた。

        さらに、被告を庇ったインドのパール判事は有名だが、フランス代表判事のベルナールや、オランダ代表判事のレーリンクも、判決後に出された少数意見において、東京裁判に否定的、あるいは被告に同情的な意見を述べている。

        逆に、同じ少数意見でも、唯一実際に下された判決以上に強硬な意見を述べたのが、フィリピンの代表判事。

        最後に、判決内容を見れば分かる通り、明らかに中華民国のロビー活動が活きてる。
        事実、中華民国代表判事の梅汝コウは、「板垣、土居原、広田の3人の死刑だけは譲れない」と、他の判事に全力で根回ししたらしい。

        単に西洋目線とレッテルを貼るには、色々と矛盾も多い。

  133. 今でも中東とか神風特攻してるじゃん。

    • 中東は洗脳された人達を使った自爆テロ。
      特攻隊とは全く違う…勉強し直してこい!!

  134. 戦争中は負ければ日本が消えてなくなると考えられていたのだろう。
    日本人は奴隷化され、辛く苦しい生活を未来永劫続けなくてはならなくなると考えれば、
    命をかけて戦うべきだと判断したのだろう。 誰もがそう考えるだろう。
    生きて虜囚の辱めを受けず。 この言葉に先人たちの高潔な精神性がうかがえる。

  135. 本文でもチラッと名前が挙がるタイの音楽グループ「kamikaze」については不快感しか湧かん。
    以前ユーチューブで「タイの皆さんがカミカゼを受け継ぎ守ってくれていたのです・・・」なんてワケの分からん触れ込みでこのグループの動画をアップしてた奴がいたけど、俺としては単に神風特攻がタイの奴等にネタにされてるとしか思えん。

  136. ちなみに今、カミカゼを最も支持してるのはハリウッド映画だったりするんだけどな。
    分かりやすいところでは「インディペンデンスデイ」とかな。

    • そうそう。

      当時も今も、アメリカ人には物凄いインパクトがあったらしい。

      アメリカ軍が撮影した特攻のフィルムを見たけど、騒ぎかたが尋常じゃなかった。
      墜落して艦に残ったご遺体は、みんなきちんと葬儀されてた。

      アメリカが日本を考え直すきっかけにはなったと思う。

      後にGHQが天皇陛下の処遇をどうするか迷ったときに、もし陛下になにかあったら日本人はマジヤバイと考えていたと言われてるしな。

  137. 特攻隊は当時の敵国であるアメリカ人とロシア人にさえ絶賛されまくってるのが皮肉だな・・・
    もちろんyoutubeのコメでも絶賛の嵐

  138. やっぱ当時の日本人の根性すげーな

  139. 大西中将だっけ。特攻作戦に関して「統帥の外道」と評し、最後まで反対したのだが、
    特攻作戦が認められたときに、その指揮を任されたという。
    そして、大戦終結後、自刃した。
    特攻志願者は、むしろ大西中将ほど悩んでいなくて、「お国のために」という意識だったとか。
    神風特攻が行われた状況は、単純に説明できない複雑な情勢の結果なので、
    「なんであんな事したんだ!」という無邪気な問いかけに簡単に答えられる事柄ではないんだよね。

  140. 特攻に志願した純然たる愛国少年のことを悪く言うつもりはないが、それにしても国家全体で見た場合に「もう少し早く終戦できなかったのか?」と当時のお上を批判的に検証することは、永遠に怠るべきじゃないぞ。
    何故って?
    いつかまた同じ様な状況になるかもしれないから、そのときのための準備だよ。

    当時の日本を無批判に賞賛することの方が、平和ボケなんじゃないかと思うわ。

    • 評価の仕方が賞賛か批判かの2極しかないと思ってんのかコイツは

      • 今のネットって大日本帝国時代を大なり小なり批判的に話そうものなら、偏った思想の奴らからあっという間にレッテル張り・罵詈雑言を浴びる傾向にあるじゃん。
        現にここのコメ欄でもそういう状態がちらほら見られる。

  141. 他国の人間に語って欲しくない。

  142. 特攻作戦を愚策と論じる似非日本人はその特攻隊が戦後の絶望的な国家防衛のアキレス腱を補って余りある有名無形の威力を発揮している事を理解しているのか?2013年の現在に於いても世界の特に支那の軍人に対して核ミサイルよりも脅威と感じさせている事の事実を知っているのか?いざとなったらプルトニューム自体を戦闘機に積んで突っ込む事など平気でやれる民族なんだとこいつ等は怖いと。ww

  143. このスレは何故だろうか私に何度も反応させてしまいます。
    昔から、映画やテレビドラマで見る神風特攻隊にはどうしても違和感を覚えずにはいられませんでした。
    全ては私見であり、個人的な偏った意見ではありますが述べさせていただきます。

    今も昔も、ここと変わり無く多種多様な思いであったと想像するのです
    違うのは、思いを公然と言えるのかどうかであり、現代に生きる私たちは自分の意見を率直に言える事にどれほどの価値があるのかを知るべきです。
    神風特攻隊に限らず、誰しも死にたいとは思ってはいなかったはずで
    国のため、天皇のために死ぬよりも、家族のために死ぬよりも
    家族と共に生きたいと言う願いを言葉にする事さえ許されなかった時代が、いかに辛いものかは私の想像を超えるものと思います。
    彼らは、死への恐怖を断ち切り、何かにすがり何かを信じなければ、激しい戦地へは到底赴くことも出来なかったのではないでしょうか
    第二次世界大戦の意義や、その勝ち負けを私の足りない知恵ではとても結論など出せるものではありません
    しかし、一個人として戦争と言うものに向き合い、少ない知識と想像を頼りにしても
    私個人と、私の大事な家族が戦争に翻弄される人生がどれほど苦しいものかは理解できます。

    ひとつだけはっきりと言えることがあります
    このスレを立てたタイの方に、ここのコメントを送りつければ
    必ずや後悔することでしょう(笑)

  144. 当時の思いや状況でも賛美はできない。
    感謝はできるが、間違っている。
    軍部の暴走、外交力の無さで戦争に負けた、アジアの国々の巻き込んで殺した。
    もっと賢く行動できたはず。
    今があるのは当時があるからだな。

  145. ま、アメリカは日本人の精神からくる力にビビってたって話もあるしな
    一時期俺は特攻は愚かな行為で自爆テロ同様に考えた時期もあったが
    彼等は一般人や同胞を標的にしていないし、辞世や書簡、出撃前夜などを思うと今でも魂が揺さぶられ涙が流れてしまう
    彼等だって本心は死にたく無かったろうし、でも国を守らねばってジレンマも相当だったろう
    でも、その美しい精神は今も我々に伝わってるし、我々も後世に伝えていかねばならない
    彼等の魂を心に刻みつけ、日本国を守っていきたい

  146. 効果としてどうかというのも大事だが、当時の軍人にはまだ、アメ公に一泡食わせてやろうという、武人の勇敢さが残ってたんじゃないのかね。
    ちょっと前まで江戸時代だからね。
    その辺が、現代では一番語りにくいところだろうけど。

  147. 高校の時、「きけ、わだつみのこえ」という映画で中村トオルが演じた役のモデルになった上原良治氏の遺書と出撃前夜に書いた所感に感銘を受けて、それから興味もったな。
    この人の所感は一度読んでほしい。

  148. 誰か書き込んでたが、自分も何回もコメント書き込んで、何回もコメント見直してんだけどね。
    ここの奴らは、いいな♪いい(*´ー`*)
    議論して腹立つ奴が居たけど…そいつも含めて、ここの奴らはいいな♪
    日本もまだまだ捨てたもんじゃない、人それぞれ考え方が違うのは当たり前だし…俺は光栄にも反日プロパガンダの称号もらっちゃったけどな!!
    今の日本人も悪くない…少なくともココの奴らはホッとする(´・ω・`)
    日本人はこれからも変わらない。

    • 貴方のお気持ち分かります。
      本日初めてこのサイトを見ましたが、中々興味深いです。
      貴方の書込みも拝読しました。他の方のコメントの中には「そこでそういうコメントをつけたら、日本人として書き込んでるつもりでも、思考が根本から朝鮮前提なのが分かってしまいますよ…」と言いたくなるようなものもあって、これも中々面白い。そういう人でも、一部の「大日本帝国無条件肯定」の感傷的コメントよりは参考になったりしますから。

      話がそれてしまいました。私も、以前別のサイトで、日本人のためにと思い、国防と日本精神振興の為に役に立ちそうな情報を書き込んだ事がありました。
      一発で、光栄にも「朝鮮人」扱いされましたが…。
      このときは、なんで自分が朝鮮人扱いされるのか全く理解できず、大変困りました。
      大日本帝国の栄光と高尚さに対して、目に余るセンチメンタリズムを抱いている人が時々います。そういう人に多少の忠告をすると、その人だけではなく周囲の人から叩かれる場合があります。絶対に批判は許さない、批判するものは反日勢力の手先だと受け止める人もいらっしゃるようですが(こんな事を書けば、これだけで日本批判と受け取る人もいるようですね)…しかし、あのときばかりは本当に、何故自分が朝鮮人扱いされたのか…
      ま、意味が分からないだけで、どうでもいい事なんですが。

      それでも、こういう場所には頭のいい人もたくさんいるし、論理の得意な人も精神論が得意な人もいて、実に面白い。論理も情報も精神論も苦手だけど、昔の人の気持ちや、今の人の気持ち、外国の人の気持ちも理解しようとしてる人がたくさんいますね。バカな味方も、驚くほど頭の良い敵もいて、カオスです。しかし今も昔も、庶民とはこういうものなのかも知れません。庶民のレベルで政治まで理解しようとしてしまうところも…。
      そういうカオスの中から、今後の日本のためになる人物も必ず出て来るんでしょう。そういう期待のできる「イイ」場所だと思います。
      日本人は変わらないどころか、性質はそのまま、日本人として更に良くなって行くかも知れません。

      • 秋の夜長、秋刀魚をツマミに第三のビールを飲みながら書き込んでます、日本人
        で幸せです(*´∇`*)
        あ、失礼!! 貴方の長文楽しく、興味深く読ませてもらいました…正直、自分の下手くそな文章を貴方が、どれ程、御理解頂けたかは、分かりませんが。
        しかしながら、貴方の書き込みを見ていると無性に嬉しくなりました♪御礼を申し上げます。
        ところで、神風特別攻撃隊とは関係ないのですが、今、日本は特亜と領土問題、歴史問題で緊迫した状態に有ると
        思うんですが、今のネットなどを見てる
        とよく、戦争推進派と言うか過激な意見が多々見受けられますが。
        結論から言うと、自分はちょっとそれは不味いかなと、思っております!!
        自分の意見は、法の改正、防衛費を今の
        二倍にしてもらいたい、そして真の独立国家になってもらいたいのですが、軍(自衛隊)はあくまでも政治の後ろ楯でいてもらえたらそれでイイし、強い軍(自衛隊)があれば特亜もチョッカイ出しずらいですしね!!
        ただ国民が現段階で戦争を推進するような発言が多々有るのは、どうかと。
        あ、又何処からか光栄な称号が飛んできそうなので、この辺で♪
        ありがとうございました(`・ω・´)

        • 御返信を頂けるとは思っておりませんでした。…もうここは御覧になってないかな?
          ありがたく思いましたので、失礼ながら御読みにならない事を前提に御礼だけ書き込ませて頂きます。

          ネットの書込みを見ておりますと、確かに自分の興奮に任せて戦争賛成を叫ぶ人も多いようですね。そう言う書込みが本気なのか冗談なのかは分かりません。しかし、怒りや憎しみなどの心理的興奮を感じると他人を攻撃するタイプの人は実際にけっこういらっしゃるので、戦争賛成の書込みの何%かは本気なんでしょう。
          書込み自体が冗談であっても、興奮しやすいタイプの人は冗談の書込みを読んで興奮し戦争気分になるものです。こういうタイプの人は戦争を起こしても自分自身は後悔しない上、他人が後悔するのを見ても反省しないので困るのですが…(こういうタイプの人も等しく選挙権をもっていると思うと、多少恐ろしい気もします…)
          あの孫子でさえ「戦争はしないに越した事はない」という意味の事を言っているんですが、一般市民の何割かは興奮に任せて戦争をしたがるタイプである以上、いずれどこかで戦争は起きるのかも知れません。

          私も、日本の防衛費は現在の二倍程度はかけるべきだ思います。
          しかし…国家・国民にとって必要な戦争というのはありますが、国民の興奮から戦争が起きる時とは、「敵国」との心理戦に敗北した時であると、私は思っています。こんな言い方はしたくないんですが。
          領土の問題も、戦争責任の問題もですが、明らかに日本は悪くない・日本の方が正しい事であっても、政治家は「その問題において、何故日本の方が正しいのか」を決して詳しく説明しません。詳しく説明すれば、政治の汚い部分が見えてしまうため、イメージダウンを怖れているんでしょう。情けない事です。

          ご返信頂けて、大変楽しかったです。ありがとうございました。
          遅くなりましたが、形だけでもご返信させて頂こうと思い書き込みました。では、失礼致します。

          • 再度の御返信、感激しております、良い御正月をお迎えになりましたか?今年も貴殿にとって良い一年で有りますよに、お祈りいたします。
            自分も貴方に御礼を申したく、書き込みさせてもらいますね。と、言うか貴方は大変立
            派なお考えを、お持ちの方ですね、理路整然で
            自分にも解りやすく、御返答下さるし、考えさせられる事…宿題を与えてくれるし♪
            失礼ですが名の有る人格者では?(´・ω・`)?
            話しは、変わって又々、神風特別攻撃隊とは違うのですが……私事で申し訳なく思うのですが、実は昨年から畑違いの仕事、除染作業に携わって居て、地元で小隊規模の指揮をとって居るのですが、現場の人間から見た除染作業は「なんで国はこんな無駄な事に国民の税金を」と、いった感じなんです、もっと
            良い作業プラン、戦略的、戦術的にもこれでイイ訳が無いと、個人的には思ってます…それで給料もらってるんですがね((´;ω;`)
            何が言いたいかと、言うと一度、国が決めた
            事は間違った方向に進んでても、そう易々とは止まらないし、止められないと。
            くだらない話しになりましたね、すみません。
            最後に貴方のこれからの武運長久をお祈りいたします
            敬礼

  149. 神風特攻で散っていった人たちの国や家族を思う心は忘れるべきではないが
    この先どんな状況であろうと「もう一回神風を行うしかない」という風にしてはいけない
    2度目の神風は許されない

    • また喜んでやりそう。

      ナルシズム大好きで、同化圧力に対して抵抗ない民族だし。

  150. 従軍慰安婦聖域化を笑えない。

    特攻隊聖域化しとる。

  151. 愚策は愚策だろう。
    もし自分が司令官であるならこんな非人道的な作戦を立案して実行させられるかい?
    作戦を立てた自分は安全な場所でのうのうと愛する兵士が特攻していく様を見ていられるかい?
    そして決まってこう言うのだろう「兵士たちには生きて詫びねばならない」とかね
    まずはテメーが真っ先に率先して実行してからやれっての

  152. 作戦自体は褒められたもんじゃないが、無駄死になんて言うのは失礼だと思う

  153. そもそも良策か愚策かの二元論で片付けようとすること自体、思考停止してる。物事には両面ある。

    良策と固執する人には、提案したり推し進めて当の本人達がなんら責任を取ってないこと。
    現場の覚悟した若い人たちだけが犠牲になったことが本当に「良策」なのか、説明して欲しい。
    愚策で片付けてる人には、感傷的に作戦の一部だけを見るんじゃなくて対米の政治的なメッセージとしても捉えてみて欲しい。ただ全面降伏すれば、アメリカインディアンと同じ末路を歩む絵しか見えなかった状況を考えて欲しい。戦後復興したじゃんてのはこの場合結果論でしかない。
    あと、愚策と嘲笑することが家族を守れるならこの命をと断腸の思いで覚悟をきめたおじいちゃん達を愚弄してることについて考えて欲しい。

    今でも福島の除染作業員みたいに若い人らをただただ犠牲にして無駄に近い事をやらせて対策した風に思わせて、なんら抜本的な対策をたてない、戦前から何も変わらない何も成長してない官僚のクソ体質が日本の根深い病理の一つだと思う。
    んで、それでいいんじゃね?仕方ないんじゃね?と流れで安易に同調してしまう国民性のどうしようもなさもあるよね。
    なんで東電解体に追い込まなかったのという話だよ。時の政権は吹っ飛ばしたからいいけど。

  154. このころの人たちは本当に尊敬する
    死ぬの怖かっただろうにそれでもやったんだから
    やったっていうやらされたって感じだろうけど 

  155. 神風の作戦上の成否なんて今ならいくらでも言えるけど。
    その当時特攻に志願した若者に対して「お前ら犬死だったんだよ」なんて絶対に言えない。
    彼らの尊い犠牲があったからこそ今の平和を重んじる豊かで幸福な日本があるのを忘れてはいけないと思う。
    そして今に生きる私たちは二度と戦争という愚かな行為を繰り返さないように努力すべきじゃないかな?

    ただ、最近の中国韓国の無責任で好戦的な反日政策を見ていると日本だけが平和を訴えるのも難しくなっていますが…

  156.  神風として実行して逝った人達を尊敬して欲しいとまでは言わない
    でも無駄死に等とは決して言ってはいけない言葉だと思う
    だけど、それを実行させた人達は、ユダヤ人虐殺を実行したゲシュタポ並みに非難されるべきだ

  157. 神風の戦果を見ろよ
    ここまでやる奴等を戦後適当に扱えないだろ
    戦争より戦後に貢献したと思うわ

  158. 昨日行われた「旧海軍航空隊串良基地出撃戦没者追悼式」に遺族代表として母が出席しました。
    米駆逐艦・エモンズに最初に突入した<ヒメ315号機>の搭乗員の遺族です。
    搭乗員は3名でした。
    突入直前では通信士がモールス信号を押し続け(ツーという信号を発進)、信号音が消えたら突入か撃墜されたかのどちらです。
    <ヒメ315号機>は低空飛行で撃墜されず突入したことが米海軍の記録資料に残っています。

    出撃直前に書かれた手紙は今も大切に保管され、送られてきた髪と爪は故郷のお墓の中で眠っています。
    遺書を読むと涙が溢れ、戦争の悲惨を想い知らされます。

    戦争だけは決して起こしてはなりません。

    • 驚きました。
      ご遺族様からのリアルな内容の投稿を読んで、思わず目頭が熱くならざるを得ません。
      エモンズは今も海の中に沈んでいます。
      大変参考となる貴重な書き込みに感謝いたします。

  159. 私の祖父母の世代だ
    若くして家族や国のことを思いながら敵に向かっていった
    国を守ってくれて有難うございます
    私たちの日本が存在しているのも、最後の必死の抵抗のお陰だと知りました
    それでもとても悲しい
    靖国神社の遊就館に行くと、この方たちの遺物にいつも涙が出てしまう

  160. アジア各国が独立したのは、日本が欧米の人種差別と最後まで戦ったからです。
    いくら左翼が反論しようとこれは史実。
    その事実を、いつかタイの方々にも知ってほしい。

  161. 政治的には日本はとても不器用だった。あまりに正直すぎた。
    だから「政治的な判断」からいえば、あの戦争は失敗だった。
    ソ連とルーズベルトに、まんまとはめられた。
    内地の政治はガタガタになった。
    しかし、心の問題としてとらえると、日本は一番誇り高い選択をした。

    たとえば・・・絶対に助からないと知りながらも、万一の可能性にかけて、
    溺れた子供を救うために危険水域に飛び込んだ親を
    馬鹿だ、無駄死にだと周囲が責められるだろうか?
    自分はそれは人としてしてはならないと思う。

  162. 無駄死にだとは思わないし言ってないよ
    立案して強要した奴らが糞だって言ってるだけ
    それともし自分が米軍の立場だとどう見えるかって事もある
    天皇陛下バンザイとか抜かして宗教まがいの特攻カマしてくる狂信者にしか見えんと思う
    北朝鮮人が首領様マンセーとか叫んで特攻してくるのとさして変わらん

  163. ブサヨ意見みたいなものは日本特有なのかな?
    単純にまとめたコメがそうなのかもしれないだけだが。
    なんで日本の左翼って=反戦売国みたいな奇形に育ったんだろうな。
    やっぱGHQやら共産党やら外部から圧力加えられて思考が変形したから
    日本独自の反戦売国左翼になってしまったのか。

  164. 戦後のうのうと生きている上層部の連中は置いといて特攻で死んでいった人達には
    とても感謝している。彼らのおかげで今の日本があるからだ。

  165. 忘れがちではあるが、当時の天皇陛下は「現人神」であらせられる。
    つまり「天皇陛下万歳」は「God bless you」と似たようなニュアンスなのだ。

    そして適当な宗教者に対し「神に祈ったところで無意味だろう?」と言ってみれば、
    カミカゼが無意味だと言うことの愚かさが理解できるだろう。

  166. 無駄死にでは決して無いし特攻機に乗った人の勇気と国と家族を守る心は日本人は称賛するべき。

    でも愚策だよね…
    アメリカ人のバカボムって言葉は正直その通りだと思う。
    爆弾かかえて体当たりしろとか、どんなに怖かったんだろうか…

  167. 貴様と俺とは同期の櫻
    同じ航空隊の庭に咲く
    あれほど誓ったその日も待たず
    何故に散ったか 死んだのか

  168. 戦争が終わって68年
    経験した人が語るのなら、まあ、わかる
    でも、経験のない人が戦争を語るのはおこがましい
    戦争がどうのではなく、戦争をせず、それでも強国でいられるアイデアでも練った方が建設的
    戦死された方がだって、語り草になるために死んだんじゃないんだよ

  169. タイの軍隊の堕落ぶり、傲慢さはすごいよ。
    国民のためになんて少しも考えていない。
    やっぱり日本軍はすごいわ。
    そのうえ国王様大好きなくせして国王様のためには命を捨てるところまではいかないよね。
    タイの軍人と日本人はそりが合わないし、
    タイの一般国民と日本国民の間でも尊王という点でしか共通点がないことを理解しておくべき。

    • タイの軍隊と日本の軍隊の比較をする必要はない。
      当時のそれぞれの国の情勢があるので一概によい悪いは言えない。
      タイの兵士も家族や国のために自分を捨てて戦っている。

  170. 特攻拒否した美濃部少佐とか、あの時期でもまだ通常攻撃が米軍に通用したことを証明してるからな
    どんだけ上層部は無能集団だったって話

    • 特攻成功する様なエリートは通常攻撃も成功させられるような人ばっかりだからね
      根性論が悪い方向で働いちゃった結果だとも言える
      極超低空侵入からの反跳爆撃なんて、フォークランドまで有効だったわけだし

  171. 戦争って無意味だよね、「勝てば官軍負ければ賊軍」相手がどんなに悪い国でも負ければ賊軍。
    力が勝てば官軍。日本の周りで領土を狙う国があるけど戦争を起こしたらもうおしまいだね。
    正義って一体何なのだろうか。戦争は絶対にダメです。靖国に祭られている戦争で犠牲になった
    英霊たちはきっと戦争はダメだっていっていると思う。どこかの国は靖国参拝に文句をつけているけど
    “不戦の誓い”ということを分かっているのか。もう少しお互いの国の理解が必要だと思う。

    • そういうのを「無知な女子供の理屈」って言うんだよ。 ボク。

      「ならどうすべきか」
      まで見えず、意見できず、ただ「ダメ」なんて、子供でも解るんだよ。
      でも、それは起こった。 各々の理由でね。 まず、「それはなぜか」からキミは学ぶべきだね。

      そして、力で脅されて、屈服したらどうなるのか?
      先祖代々何千年遡ろうと、皆知ってるんだよ。 だから、命を掛けて国を守ってきた。 その意味がキミは解ってない。 虐殺の歴史や、奴隷、未だに奴隷化してる国家・・・そういうものを学びなさい。 それでもなお、「何があっても戦争はダメ」「従えばいい」なんて言うんだったら、「敗戦国でボロボロにされた国」で暮らしてみなさい。 その苦労を知った上で同じ言葉が吐けるなら、キミは本物のバ力だ。 命を掛けて生き残ってきたキミの先祖も泣くだろうよ。

    • 戦争が無意味なんじゃなくて、負けることが無意味なんだよ。
      チベットがどういう経緯でああなったか、その結果がどうなっているのか
      調べてみ?

  172. 命を掛けて国を守った英霊達に感謝こそすれ、かわいそうだの愚策だのと上から目線で憐れむのは筋違いも甚だしい
    そんな奴はただ良い事言ってる俺カッケーというセンズリ売国野郎にすぎない

  173. 多分植民地になってあの時戦えば違ったと書くやからがいただろうと思う。たら、ればなん無意味て其の時時間を共有した人間以外の話は虚しすぎる、せめて無駄だったなどの話だけはしてもらいたくない。

  174. 戦争ダメ!と言ってる人は、是非とも現在の紛争地域に行って
    戦争止めてきておくれ
    大丈夫、君の理想は尊いものだからきっとわかってもらえるよ

  175. 大和民族は、家族守るために地雷もって戦車にアタックする男気ある民族だからな。

  176. 彼らの尊い献身があって今日の日本があることを忘れないように。
    その死を無意味であったとする考えの元に
    その戦果が過小評価があると思うが、
    実はアメリカ軍は神風攻撃を非常に怖れており、
    あの後も更に攻撃継続ができていれば、
    勝敗の帰趨が変わっていたかもしれないのだ。

    集計に諸説あるが、私の知る特攻隊の戦果は次の通りだ。

     
    ・特攻機数 3,496機 (海軍:2,367 陸軍:1,129)
    ・特攻隊搭乗員総数 3,910名(副座機があるため)

     
    ・撃沈破 278隻
    ・戦死 12,300名(特攻隊搭乗員の約3倍)
    ・重傷 36,000名

     沖縄戦1,912機の戦果
    ・撃沈 50隻
    ・損害艦 300隻以上
    ・航空機 700機
    ・戦死 5,000名

    こんなに大きな損害を与えていたことを知っていましたか。
    実はアメリカ軍は実際の損害以上に、戦意を喪失させかねない
    兵士の精神的被害に非常な危機感を持っていたと言われています。

    • そうです。
      アメリカ海軍太平洋艦隊司令長官のニミッツ元師はカミカゼに恐れをなして
      沖縄上陸作戦を中止して帰りたい、と頼んだそうです。却下されましたが。

      あと、日本は無条件降伏したのではありません。天皇と国体維持などが条件でした。

      また、敗戦ではなく天皇が「終戦」を決意し戦闘を止めたの8月15日で、本当の終戦は
      9月2日です。あまり知られていませんが、8月15日以後ソビエトが千島列島に上陸、
      武装解除の命令にもかかわらず日本軍はソビエトの侵攻を防ぐべく戦いました。
      その方々のおかげで北海道が赤化せずに済んだのです。

      昭和天皇の終戦の詔書は日本人なら全文を理解すべきです。とても深いですよ。

      あと、日本も原爆の開発をしていましたが、天皇がそのような世界を滅ぼす兵器は使うべきでないと中止させたそうです。(勝利のために内緒で継続して、責任者は戦後に自決している)
      アメリカなどより日本の天皇は崇高な精神を持っていたことに畏敬の念を覚えます。
      なのにアメリカは落とした。日本は落とさなかったでしょう(開発出来たのかは諸説有)
      歴史を知ると言う事は「己を知る」ということに繋がります。
      知れば知るほど日本人が誇らしくなるでしょう。

      先人たちの魂を受け継ぎ、次の世代にきちんとつなげることができる「誇りある日本」をつくっていきましょう。

      わたしたち大人は未来に誇れる現在を作る責任があるのです。(「アンドロイド」より)
      先人たちのように…。

  177. 不戦の誓いなんて笑い話にもならんわ
    敵が攻めてきたら戦わず興産でもするのか?
    占領されて違う国になったらそんな考えも許されないのに
    対抗できる軍事力を保有するこれが相手に一番有効なんだよ
    その為には法を整備してちゃんとした国にならなければいけない
    それこそが特攻や戦争で死んだ先人の思いではなかろうか
    決して不戦の国になれなんて思いもしてないだろう

  178. 意見するのは良いけど相手を罵るのはやめてくれ・・・とオヂサンは思うよ。
    ちなみに、オレは夕方の4時半に酔っ払いに車で突っ込まれて死ぬかと思った事があるが、デカイ物体が突っ込んでくるのは理屈抜きで怖い!
    ちょっとだけだがその時の米兵の気持がわかった。
    ましてや自ら突っ込むなんてどれだけ恐ろしかった事か・・・オレは戦争を美化するつもりもないし、日本が一方的に悪いとも思わないが、亡くなった方を無駄死にとは言わないで欲しいんよ。
    オレの爺さんは大陸で生死不明で骨の一本も戻らなかったが、婆さんはどうか帰ってと亡くなるまで待っていたよ。

  179. 特攻を組織的にさせた上層部にはいろいろ意見もあるだろうけど、対策とられていた沖縄戦でも特攻の成功率は13%と結構高い数値を上げている
    それに特攻機を撃破したとしてもその破片は艦隊に降ってくるし次から次へと特攻機が向かって来るんだから現場のアメリカ兵からしたら依然として恐怖だったと思うよ
    日本と戦うと言うことがどんなことかをアメリカに知らしめたと言う意味では負けたからといって無駄ではなかったと思う
    だからこそ戦後滅茶苦茶にされはしたけど一方でアメリカも日本の一目おいて友好的関係を築くことが出来ているんだ

    • そうだね。 当時のアメリカの兵士に話を聞いても、特攻隊が現れて以降、アメリカで出兵を言い渡された兵士は皆、「死にに行く」っていう感覚だったそうだ。 それまでは、「正義の為、国の為に悪を叩き潰す」って出て行ってたのに、物量作戦・大国の戦力で楽勝なんて、全く感じなかったと・・・

       真珠湾の主力艦隊でさえ簡単に沈められる爆弾で壊滅させられたんだから、出航した時からいつ襲われるか解んなくて寝れないし、生きた心地がしなかった・・・確実にアメリカ兵は「日本と戦う」ことに疑問を持ち、指揮は下がってたと。

      「日本人の魂」が、「忠犬ハチ公」よりも絶対的な信義で成り立ってるという事を、命を持って知らしめたからこそ、その後の「日本統治戦略の変遷」に繋がって、今の繁栄がある。 普通の「アジアの成り上がりの小国」としてアッサリ負けて降伏してたら、その後の分割植民地統治戦略は決まってたんだから。 そうなれば、フィリピンなんかと変わらない国になったであろう事は他のアジアの国の人間も語ってる事だ。

  180. >>当時は2択しかなかった

    その通り。 今の若い奴の、「愚策」「特攻隊賛美がキレイ事」って言ってる奴は、まずコレが理解できてない。 ゆとり教育は、あいつらが幼児の頃からずっと言われてきたが、「弱肉強食」っていう精神が、理解が全く無い。 だから、簡単に方法論も挙げず「止めれば良かった」なんて言える。 「お花畑思想」で、「どうにかなるだろ」みたいな考えだから、仕事が辛かったらすぐ辞めるし。

    負けたら、日本人は全員殺される。 神社も先祖代々の墓も、守ってきた命より大事な土地も、全部焼かれて奪われる。 当時の情報や世界情勢じゃ、どう学んでも皆そう思ってたんだから。 実際、舐めた考えで「自分可愛さ」に降伏した国がどんな末路を辿ったか・・・文化も土地も奪われ、家畜のような扱いを受けた人達が沢山いたんだよ。 

    西洋の歴史はもっと悲惨だ。 何百万人も虐殺されたなんて、いくらでもあったんだから。 これだから、ちゃんと「歴史を学べ」「戦争を語り継がなければならない」って事だよな。 「苦しかった体験談」だけじゃ、ゆとりみたいな連中は「TVゲーム感覚」でしか理解できない。 その「理由」や「意味」まで説明しないと、「ちょっと考えりゃ解るだろ」では、底辺は勉強しないからな。

  181. あれ

  182. >結局、何にもならなかった。だって、結局戦争には負けてしまったんだから。

    今、日本やタイが独立国として存在できるのはどうしてでしょうか?

    日本が戦わずに負けたとき、日本の次に戦う黄色人種の国があったならば、
    カミカゼもやらなかったかもしれないが・・・
    日本が黄色人種の最後の砦だったことは歴史が証明している事実でしょ。

    朝鮮人とかは、本当の植民地というものがどういうものか
    インドネシア人(オランダに300年以上奴隷にされた)に聞いてみるといい。
    日本の同化政策が本当に植民地政策だったかどうか

  183. いろんな考え、解釈があっておもろいなあ
    自分は神風特攻隊に対して尊敬の気持ちしか生まれんわ

    あと、他人の考えに対して批判や突っ込みは議論が活性化して結構だけど、行き過ぎて口汚く罵ったりするやつらは割りと邪魔なんで即効消え去ってください

  184. 間違ってたかもしれないけどそんなことより手を合わせたい。
    今の価値観の物差しで英霊をはかろうとしたってきっと不可能だ
    グダグダ批判するのも結構だし新しい時代のために
    死なない戦争を考えるのが今の世代の役目だろうけど
    この国土の上で生を受けて戦争で命を落とされた先達に感謝や尊敬の念を抱くのは
    いたってとうぜんではなかろうか

  185. タイは当時一応独立国として存在してたから
    そのあたりの見方は他の東南アジアの国とは違うかもね

  186. >これだけは言わせて。彼らの死はいったいなんだったの? 
    >アメリカは「クソヤロウ」と罵られて然るべきだわ。

    難しい問題だね、確かに恨みの念が無いと言えば嘘になる
    だけどそれを乗り越えないと未来を作る事は出来ない
    先人たちもアメリカを恨め憎めで散って逝った訳じゃない
    日本人は過去と未来を天秤にかけた時は必ず未来を選ぶ
    この辺がどこぞの隣国と大きく異なる所だ。

  187. 軍板の常連で特攻隊に賛同する人を見たことがない。

    こういう海外反応サイトで自己陶酔している国士さんたちは大絶賛だが。

  188. タイの最後のコメント(たった一度しかない人生で~)の人に
    「七生報国」って言葉があるんだよって教えたら
    泣き出しそうだ・・・

    >アメリカは「クソヤロウ」と罵られて然るべき
    過去に日本と戦った連中や「原爆2発では足りなかったようだ」とかぬかす政治家は
    そう思うけど、ポーカーの罰ゲームで1人で「火垂るの墓」みせられてショックうけて
    「なぜ俺はアメリカ人に生まれたんだ、日本人に生まれ変わる!」と
    ピストル自殺しようとして仲間にとりおさえられた若い親日の米兵とかは
    とても嫌いになれないですよ

  189. 資源無し、敵多数、講和不利、非白人国家、非キリスト教国家。
    ・・・この状態で有色人種差別の強い大戦時、どうしたら良かったのかね。
    当初アメリカは日本を殲滅する気だったろ。
    やるしかなかったから、当時の人は頑張っただけ。
    今だって滅ぶか戦うか選択させられるなら、戦うだろうに。

  190. ※30475
    そら愚策中の愚策だし。
    今も昔も航空機なんて高価なものだし、パイロットはエリートだ。
    それを使い捨てるとか。
    でもそれしか無かったし、やらねば座して死を待つだけの状況だったしな。

  191. 特攻隊の「目的」をどこに定めるかで大分話は変わってくると思います。

    「敵を撃破する」であれば、戦果を挙げた時期は奇策として対策されてもなお の時期は愚策としての評価は妥当だと思う。あくまでも戦略としての観点で

    「国を家族を守る」であれば、死ぬと分かっていながらなお人々を守る為戦った姿は称賛に当たると思います、というか感謝してもしきれない。もちろん特攻隊に限らず、戦地で戦った兵隊さんや、それを支えた人々が国ために身を捧げてくださったからこそ、今の日本という結果があると思っています。

    「戦争」を知らない私の世代が評価するなんておこがましいとは思いますが、様々な見方があることや
    実際の背景を事細かく知ることは本当に必要だと思います。
    もちろん断固死にたくない日本兵もいたでしょうし、侵略したくないアメリカ兵もいたと思います。
    「個」の意見が反映されなくなる最たるものが「戦争」という異常事態だと思います。

    ずらずらと長文を書いてしまいました。ほんとはもっと書いてたんですが、とりあえずここまで。

    要は、批判する人も称賛する人も、色んな角度から物事を見たらいいんじゃないか という事です。
    一つのケースを見て全体を知った気になったり、体験してない聞いただけの話を自信満々に語るのは危険だと思います。

    必要であれば戦い、可能であれば戦争を回避できるような判断力を持つために、今の人々は戦争について考えておくべきだと思います。

  192. 国家・国体・国心、というバトンを託されているんですよ
    前走者は命を賭して渡してくれました
    それが何千年も続いています

    受け取ったバトンを売って金に換えたいですか?
    バトンを捨てて楽になりたいですか?

    貴方は貴方の子供に、どのような大人になって欲しいと
    望みますか?

    もし再び国家・民族の存亡の危機が来るとしたら
    「自分の世代には来ないで欲しい」「次の世代に来てほしい」
    そう思いますか?
    私は「私が生きているうちに来てほしい」と思います。

    もちろんそうならない為の最善を尽くすべきですが
    明確な野心を持った相手に、平和的な解決のみを提示しているだけでは
    相手が増長する場合もあります。

    絶対に手を出さない奴、ダーメージの少ないうちに解決したがる奴、
    そういう相手にはいくらでも威嚇や挑発をしても大丈夫
    だから領土主張を拡大しよう、賠償請求をしよう
    そういう思考回路の国が現存しています。

    • 私も「戦争を起こさない」ことは不可能だと思います。
      戦争は引き起こされるもの ものだと考えています。
      利益を求める者によって、他者が巻き込まれてゆくことで戦争へ発展していくと思ってます。
      (場合によっては戦争が手段ではなく目的にも成り得ますが)
      もちろん当時の日本が完全に巻き込まれただけの被害者とはいいませんが、そういう側面もあったことも忘れてはいけないかなと

      国防とは、そういった輩の付け入る隙を無くすことだと思います。
      単純な武力ではなく、国民レベルの高さで相手に手を出させないことです。
      手を出すことで手痛いしっぺ返しをくらう と相手を留まらせる国民でなければなりません。

      そういった意味で、特攻隊の方々はとても重要な役割を担われたと思います。
      手段は悲しいものですが、圧倒的に力量が上であるアメリカを恐怖させたのですから・・・

      正直、今の日本では付け入る隙が余りに大きいものと思われます。
      この様に特攻隊を皆が記憶しているうちはまだ、影響力があるかと思われますが
      彼らの子孫とは思えないほどの腑抜け集団になった時、特攻隊の記憶が無くなった時、
      再び日本は狙われると思います。破壊を伴う様な、表面上の戦争でなくても。
      (というか目下がんがん攻め込まれてますが。どうしたものか・・・)

      私もバトンを受けついだ一人である以上、これを子孫たちへつなげたいですし、
      いまにも崩れそうなもろいバトンではなく、芯の強い頑丈なバトンを渡したいものです。
      そのためには一人一人の意識が大事ですし、それを妨げるスパイ共を追い出さなければ

  193. 西村眞悟代議士のサイトに掲示されている陸軍特攻 誠 の出撃前の写真
    ttp://www.n-shingo.com/images/photo20120907_l.jpg

    今の日本人で、この笑顔が出来る人が、いったい何人いるかしら?

  194. 自分は九州住みだから特攻関係の資料館に何度も
    足を運んでいろいろ見させて頂いてきた。

    負け戦が分かってる時にこんな人命軽視な作戦を
    おっ立てた奴らは馬鹿だよ。
    戦後に必要な若い命を沢山散らせてしまった。

    でも特攻隊員の自己犠牲的愛国心、究極的に言えば
    家族愛をただただ尊敬するよ。

  195. 以前に何度か書き込みをした者です
    ながく続いているのですね、内容の是非は別として、沢山の人の関心があるのだなって感じます。

    私達はこうして沢山の意見を聞き、また主張をして個々の結論を導かなければいけません。
    個人としての意見を培えば、個々の集団による意見との相違を冷静に見れることもあります

    このスレは神風特攻隊に絞ったものですが、その本質となる部分はひとつではありません
    気を付けなければいけないのは、特攻隊に限らず戦場では沢山の兵隊が亡くなられています
    それは敵と味方、軍人と民間人も同じであり、またその人達も今の私達となんら変わり無いことを忘れてはいけません。
    時代背景こそ違えど、人間の本質は過去も現在も変わりは無く
    私達は近い未来においても戦争を避ける保障は何もされていないと言うことです。

    短絡的な言葉や人との相違を罵る言葉は、結果として自分に返ってくるもので
    時にそれは武器にもなり、自分や愛する者に向けられることになるのです。

  196. 連合国側のプロパガンダによる偶像ナチス・ドイツなど比較の対象にも成らない世界最悪の大統領ルーズベルトが急死するまでの時間稼ぎに貢献したそれが日本の英霊たちの本当の功績なのです。

  197. 国のためじゃねーんだぜ
    身近な人が自分の命で一秒でも長く生きて欲しいと願いながら死んだんだ

    • 両方の事思ってだからどっちも一緒だな

  198. 日本は特攻をするぐらい死力を尽くす国だと示してくれたからこそ、
    連合国に侵略されず、植民地にもならなかったんだよ

    その姿をアジアの各国がみて、日本に習えとたちあがっていった。

    日本は戦後生きのこった戦士が死ぬ気で復興していった

    尊敬しなきゃならない

  199. 私の叔父は、特攻隊員(20才)でしたが戦地で飛行機が無くなり船で引きあげて来る時に魚雷攻撃にて戦士しております。

    多分生きていれば、皆さんの祖父と変わらない年齢だと思います。
    我が家には最後の手紙が残っていますが、家族の事・日本の未来の事を願う内容です。

    現在も誇りに思っています、シナや朝鮮人の様な中傷だけは止めていただきたい。

  200. ここのコメ欄読むと勉強になる。
    戦争に興味関心はあるけど、当時の天皇陛下・兵士・国民の気持ちなんて想像もつかなかった。
    じっくり考えようともしなかった。興味関心を持ったのが遅すぎたと思う。

    こんな風に、自分の生まれた国を守ろうとして戦った人達がいること、その人達が何を考えていたのかなどを考察する機会を、もっと子供に与えたほうが良いと思う。
    歴史については形式的に用語を覚えたり流れを把握するだけの授業だったから、
    昔の人が何をしたとか、戦争で死んだとか、そんなの現代を生きる自分には関係のないことだと思ってた。教科書上のことはあまりにも現実味がなく感じた。

    今は今、昔は昔。自分たちはこれから未来を生きるのに、過去を学んで何になるんだ?とすら思ってた。テストとか、進学とか、自分の事に精一杯で、一番学ばなきゃいけない部分を見落とした。

    正直、今の子なんてみんなそうじゃないか?いや、自分が超絶DQNなだけかもしれないけど
    それでもやっぱり自分が子供の時に道徳や歴史の授業でそういうディープな部分を扱ってもらえてたら、もっと違う意識で毎日を生きられたかもしれないと感じる。

    昔の若者は国や家族を守るために自らの命を捧げた。相当な覚悟がいったと思う。
    それを考えると「これが食べられない」「あの人が嫌い」「それはできない」…
    自分を含め、今の人間はあまりにもワガママでくだらなくて情けないと思うから。

    的はずれなことを長々と言ってすまん

  201. 日清戦争で戦争の旨味知って日露戦争仕掛けて賠償金取れずにっちもさっちも行かなくなって戦争したかっただけだろ。
    日本人特有の頭の良さで大義を無理に作ったとしか思えないわ。
    大東亜なんちゃらとかはそもそも東アジアで戦争仕掛けた日本が何言っちゃってんの?としか思えないけどな。
    自国が自身の蒔いた種で貧困化し、何とか打開しようと焦って考えたのが大東亜なんちゃらという大義名分。
    日本はとにかくどうにかしたかったから一番肝心な東アジアの国々を無視して勝手におっ始めたってだけじゃん。
    そりゃ大義名分抱えてるから結果的にその後の独立の手助けになったみたいな扱いにできるけどさ、
    肝心な東アジアには独立起こせるほどの学も技術もなかったわけじゃん。
    今まで鎖国してちょいと見聞広めた程度で何勘違いしちゃってんの?としか思えないんだよな。
    何で日本と一緒に戦おうとしなかったのかよく分かるわ。
    美味しそうな餌で釣っておいおまいら手ぇ貸せやってマジで有り得ない。
    何故、植民地にされた東アジアの国とされなかった日本があるのか。
    日本がそれ相応の文明を持っていたからだろ。
    第一次世界大戦の戦犯ドイツと同盟を結ぶのが大東亜なんちゃらとどう関係があるんだよ。
    お前らの話はお偉いさんが捏造した嘘、嘘、嘘。
    当時は仕方なかったなんて嘘。根本から日本はおかしい。
    日本の経済を圧迫する要因を作ったのは紛れもない日本だろ。
    神風特攻隊なんかアホ過ぎ。負けたら植民地とか被害妄想も甚だしい。
    何で経済制裁されたの?お前のせいやんw
    大東亜なんちゃらと大規模妄想で当時は仕方なかったと言っちゃうお前らマジで気持ち悪い。
    現在に至る日本企業の反省ができない根底がここにあると思ってる。

    • いつでも日本人やめていいんだぜ

    • あなたはかわいそうな人です。
      なにか人生において不幸せなことがありましたの?
      あなたは日本の何を知っているのですか?
      少なくともわたしは知ろうとしています。
      何も教えてはもらえなかったので、今努力して知ろうとしています。

      あなたは気の毒です。ご自身が情けないから日本人は情けないと
      信じたいのではありませんか?
      まずはPCにへばりついてばかりいないで、好きになれる自分自身をつくる
      努力をしてください。
      まずは身近な人々を幸せにしてあげてください。
      感謝の気持ちを伝えるだけでいいですよ。そうすれば
      あなたも少し幸せになりますよ。少しずつでいいですからね。

  202. なんちゃらで済ますのでなく具体的に言ってWWWWWWWW最もらしい事言って、実は
    本質から遠く離れてる、おバカさんが、いますね♪

  203. 家族がいるからできるんだよな
    国の為にはなかなかできない行為

  204. 正直なところ、他国の方には語って欲しくない。

  205. 神風特別攻撃隊は、死を前提にした特攻だった。彼らは、大切な人のために命を懸けてアメ公と激戦を繰り広げてたんだ。彼らが僕らに残してくれたものを無視してはいけない。彼らは、日本人の信念と希望、そして勇姿を見せてくれたんだ。

  206. 負けたら全部失う状況での破れかぶれの自己犠牲アタックだったから策としては終わってると思うし結局負けちゃったんだから無駄っぽいっちゃ無駄っぽいけど
    それでも日本に住んでるし日本のために戦ってくれたんだから感謝してるよ
    彼らのためにも靖国には参拝するべき

  207. 国を愛し、故郷を愛し、母を愛した
    まだ二十にも満たない若き命を散りにいかれた。
    元をたどれば、この泥沼化した戦争を終わらせるために始まった作戦だ。
    カミカゼは外道、だが、祖国を守るためには仕方ないと決断したんだ。
    この人たちのおかげで、今があるんだ!
    日本の未来を、希望を抱いて死んでいったんだ!そんな彼らを……なぜ無駄と言えるだろうか。
    狂った愛国心なんかではない!
    俺はそんな彼らと同じ国に生まれた事を誇りに思う。
    そして彼らと同じように日本を愛している

  208. 詰まれてるのに、時間延ばしに走っただけ
    結果としても払う対価に値するほどの戦果は挙げていない

    この作戦を立案し、強行した連中への非難を受け入れない奴こそ、愛国心が欠如している
    感傷的に浸るだけしかのうがないアホ。日本人をやめてしまえ
    愚策さえも認める事は、国を愛する事の対極にある

    • お前は、勝利すれは神風を賞賛し、負ければ神風を批判するような人間だ

  209. 見たことのある動画ではあると思いますが、まだ見てない方が
    いらしたら是非見て下さい。

    大東亜戦争の真実  西欧のアジア植民地支配の歴史
    http://www.youtube.com/watch?v=tqlhc4O_6R4

    【恥ずべき最後通牒ハル・ノート】への批判ハミルトン・フィッシュ
    http://www.youtube.com/watch?v=XaDSy0J_YTQ

    【修正】マッカーサーの告白
    http://www.youtube.com/watch?v=jg3qqeDqLvI

    大東亜戦争とは何だったのか。
    http://www.youtube.com/watch?v=YsO0j5WN8vw

    この国の偉大な先人達に、今の自分が如何に恥ずかしいか。

  210. 国の存亡の危機になれば神風はまた復活するよ
    日本とはそういう国だ

  211. ※45160
    無意味な精神論に頼る、進歩しない国ってことだな
    そもそも特攻が当たる距離なら、爆弾落としてもまず当たるっていう
    頭のおかしい精神論の犠牲者達の死は悲しいものだね

    • 進歩しない国、日本!!なる程、確かに進歩の無い国はいつか衰退し滅亡しますね。
      そう言えば、この国は昔、頭のおかしい上司のせいで切腹したり、女、子供迄、戦の為に殺されたり。300年も続いた幕府があったり、ロシアや清
      国に勝っちゃったり、世界あいて最後迄一国で、獅子奮迅したりwwww世界で唯一無二の天皇陛下がいらっしゃって。でGHQ辺りにくそみそ潰されて、どうだもう逆らうなょジャァァァァァァァァプって言ってたら、あれょあれょと言う間に、メイドイン日の本が世界に突撃して、バブル崩壊して…日本終わったwwwwって思ってたら、いつのまにか復活してて、ハヤブサがイトカワに(チッと行ってンゴ)って行って帰ってきたり、変態ロケット打ち上げたり…ま、気長に滅びるの待つかwwww

  212. 今の日本とアメリカの関係は、例えて言うなら青春ドラマで大げんかした後に
    土手の芝生に寝転がり夕日を眺めながら
    「なかなかやるな」「おまえもな」と友情を構築したようなものだろう

    冗談だけど

  213. でも二度と繰り返したくない事件ではある

  214. ※45681
    家族や友人や国家を自分を犠牲にしてでも護ろうとする精神から来てるわけだよ神風は
    この精神が無ければ日本という国はとっくの昔に滅んでますよ

    その精神を理解できない奴は朝鮮人のようにすぐ白旗を上げて万年奴隷にでもなってるのがお似合い
    また事実そうなる

  215. 日本人と性質の違うシナチョンには分からないだろうが、自分が当時の状況下で生きていたとするとどう思うか考えてみればいい。日本と日本人を守るために、なんとかしたい、なんとか一矢報いてやりたい。で、自分を見てみる。何も武器を持たず何の力もない無力感バリバリ。

    が、幸運なことに、敵に大ダメージを与えられる可能性がある飛行機と爆弾と訓練を与えてくれるという!なんとありがたい!最高の死に場所を用意してくれてありがとう!俺ならそう思う。

    チョンの知人がいるが、奴等は自分のとって都合が良いか悪いか、利用できるかできないかしか考えない寄生虫の害虫だ。原発事故があったら「日本から脱出したい」。もっと暮らしやすい国で暮らしたい。なにかというとそんな事を言っている。自分の住んでいるところを良くしようなんてさらさら思っていない。自分さえよければいい。

  216. 自分は、一日本人として、神風特別攻撃隊で出撃
    して行った全ての方々に感謝してます。
    勿論そこには、半島出身の方々も含めてです。
    本当に、御苦労様でした。

    • 素直に同意する。

  217.  日英が今のバンコクで戦闘したわけでもないのに 
    半分植民地は無いだろwあほ
    日本が居なければ当然武器の違いで英に落とされた可能性あっただけ
    最後までタイを日帝への協力をしたとして戦犯扱いしたのはイギリス 

  218. 戦後の日本は生きる事を強制されているのにそれに気づかず
    戦後的価値観でどうこう言っても何にもならない。

    それにアメリカだってゼロ戦に撃ち落されるのを分かった上で囮になって突撃したケースがあるのに。
    まだまだ東京裁判史観は根強いな

  219. 特攻をすすめた中心人物は終戦時に自殺に見せかけて別人として戦後も生存
    結婚して子供もいて、天寿を全うするまで行き続けたらしい
    特攻という行為の悲惨さと兵士の愛国心を尊敬するばかりで過ちの反省と追求を本当に行わなかったのは日本人の悪い習性

    彼らの死は無意味ではなかったが無駄死にだったのは認めないと
    変に美化しすぎると同じ過ちを繰り返す

  220. ここは銀河の果てか
    過ちは人種差別撤廃決議の要求したことだ
    そしてそれが叶わぬとなれば、なぜに、同じく差別される側の中国へ進軍するのだ

    くっそ バッカやろーーーーー腐れ支配層の腐れ墓石蹴っ飛ばせーーー

  221. このサイトは身のある議論が盛んだな…
    旧軍の玉砕戦法に関して「我慢が足りない」的な意見があるようだけど
    我慢に関しては日本軍は世界一のレベルだった

    自分は連合国が日本兵の捕虜をほぼとらなかったからこそ、玉砕戦法に繋がったと見てるよ
    降伏しても捕虜にはなれずに虐殺されるのなら取れる手段は一つしかないだろう?

    世界史的に見てもあの戦争の日本兵の捕虜の少なさは異常なんだよ
    理由がこちらだけにあるというのはどう考えてもおかしいのさ

  222. 神風特攻隊が無駄死にだって?
    お前は全然見えてないし分かってない。盲目かい?
    神風特攻隊だけに言及できないけど、あの戦争があり、各地で特攻があり、敗戦という結果があり、
    その経緯があってこその現代、アジア、日本がある事実を理解できていない。
    現代と当時を分けて考えることは出来ない。セットなんだよ。
    現代の日本を他の国々と比較して、様々な意味でどれだけ平和なことか。
    今と過去を分けて考えることはとても愚かでナンセンスだ。
    今のアジア、日本、日常生活の豊かさがあることに感謝することはあれ、
    反省することってどんなことよ?
    あの戦況からこの現代を作り上げた素晴らしさしか目に入らないわ。

    特攻が無駄死にって言うなら、仮に特攻がない戦争だったとしてアジアの各国は独立できたか?
    特攻の素晴らしさは、身を持ってそして行動で勇敢さを示したことだ。
    頭でっかちの言って聞かせるより、100倍は理解しやすい。
    それに喚起されアジアの各地で白人殖民地からの完全脱出の為の義勇軍などがその国の民の意思で
    創られ独立を果たしたというのに。

    人生は一度しかない、命は尊いと思うよ。
    だからって生きぬくか死ぬかだけの視野って狭過ぎるし考えが浅いと思うわ。
    尊いからこそ、一度しかないからこそっていう力、計り知れない影響力こういった事にも目を向けてみな。

    • この戦争でアジア各国が植民地支配から逃れようと奮起出来たことを知らない人が多いんだろうよ。
      黄色人種は白人には敵わないと思われていたからな。
      教科書には書かれていない歴史の方が興味深いよな。

      戦後は「無駄死に」「特攻かぶれ」「死にぞこない」と蔑まれていたけど、今も変わらずそう言う人がいるってのは悲しいなぁ

  223. 万策尽きて神風を使うしかない状況だったし、志願して国の為に命を捧げた先人達が、
    何を思い何を望んで特攻していったかを、日本人が理解してやらなくてどうするよ。

  224. 二度と戦争を起こさないためにも、日本は独自で守れる国家にならないといけない。
    そしてちょっかいを出してくる国を黙らせなければならない。

  225. 良い悪いではなく、神風の人達が存在した時代の延長線上に、私たちは存在している。善悪以前に、それは現実として受け止めるべきだ。

  226. 愛国心の定義を知らない日本人がいて笑える

    自分が犠牲になっても国(≒政府)を助けるのが愛国心
    国が犠牲になっても自分を助けるのが売国心

    これ以外の定義はない

  227. 愚策は愚策だよ
    大した戦果は期待できない上に、特攻には熟練した技術が必要
    熟練した兵士の生存率を上げることで、より効率的に敵を殺せるのに
    何もわかっていない上層部が真逆の作戦を立案した

    だが神風賛美には賛成だけどね
    何の意味も無かったとは思わないし
    兵士の国を思う気高さは、時を越えて受け継がれてゆく

  228. ベトナムは、日本人の戦いに学び、
    そして、今、日本人は、ベトナムに学ぶ必要があるのかもしれない。

    が、しかし、そうか?

    あの時、きっぱり負けたからこそ、
    ソ連の南進は、北方領土までで止められた。

    ぐだぐだと本土で穴ぼこほって戦って、どれほどの領土を残して、
    どれほどの国民を残して勝利できただろうか?

    逆に、神風もなく、へたれ負けしていたら・・・
    今もなお、東南アジアの独立など無かったのかも。

    戦争自体には負けても、結果的に、戦争目的を達することとなった、
    そこまでの道筋をつけてくださった、ご先祖の方々には、
    ただただ、感謝である。

    これから起こるであろう戦争のほとんども、
    所詮は、金持ちのさらなる資源・権益争奪でしかないであろう。

    ただ、今のネット時代、各国マスコミによる、庶民洗脳が十分に行われず、
    戦争に行ってくれる兵がいなくなる可能性はある。
    ただし、背に腹は代えられないから、デフレで庶民を叩きのめす政策は、
    次の大戦争を起こすには、金持ちにとって本当に理にかなったやりかた。

    それでも兵を集められない時、金の有る側は、マシーンを駆使して戦うことになるだろうが、
    そういう時代が、先なのか、
    庶民が資本家を規制する力を持つのが先なのか・・・

    そもそも、そういったマシーンを手に入れ、維持できる者が登場したら、
    戦争などとわざわざ国対国の争いのずっと手前で、手短に恐怖政治が始まるのか?

    優しく賢い日本の若者は、これから起きるであろう大きな戦争をどう見て、
    どのような行動をしめすであろうか。
    そして、否応もなく日本がそれに巻き込まれた時、どういう選択をするであろうか?

    大東亜戦争の本当の勝利は、その選択が如何なるものかにかかっていると私は思います。
    戦後70年で、日本人として変わってはダメな部分まで変えられてしまったのかどうか・・・
    私自身も、変えられてしまった範疇かも。

  229. 神風作戦は立案者からして外道の策と言わしめたもの、美化なんてするものではない
    けれども、実際に特攻かけた人達のことを考えると、畏敬のような念を持たずにはいられない
    決して美化していいもんではなけれども、二度とここまでやるまで追いつめられないようにって思うくらいだけれども、それでもだからといって畏敬の念を捨て去ることはできんね。やっちゃいけないように思うくらいだよ

  230. ”永遠のぜロ”読んでほしいなぁ。

  231. 日本のバイク集団は 神風の名前を使い 迷惑行為を繰り返している。

    これは日本国民に対しての挑戦状である。

     チャンプロードなどの雑誌は 強制排除するようにしたほうがいい

  232. 「御国のために命を捧げろ」「死んだら靖国で会える」などといった洗脳と同調圧力で死に追いやられる当時の若者

    「特攻から生還してもなぜ生きて帰って来たと、毎日足腰が立たなくなるまで殴る蹴るの暴行を受けた。」
    当時の若者だった特攻隊員の回想
    永遠のゼロなんて、この方達はどんな思いで見るのだろうと思う。
    『特攻から生還したものがいた 振武寮 福岡市薬院』

  233. 治療を考えない特攻作戦は世界中でやられてるだろ
    世界中の紛争地域で弾が当っても倒れない、死なない兵隊伝説はある
    ただ、戦闘機でやったり回天のような専用兵器を作る辺りが日本の奇異性を助長している気ガス

  234. 史跡展示してる所に行って、本物の10代の特攻隊員の母への手紙やら見てきてくれ。
    こんなところで、あーだこーだ言ってるのが恥ずかしくなるよ。

  235. 本人たちがやる気であっても日本軍は止めなきゃならない立場だったと思うんだが
    あまつさえ公式に部隊化しちゃうとか頭おかしいよ

  236. 体の問題で戦争に行けなかった爺ちゃん。
    良い日本人は戦争で死んだ日本人だと
    実際誇るべき人から順に死んでいった時代だった
    しかし生き残った人達も立派だった
    あの大戦前の敗戦国を欧米列強がどう扱ってたか
    それを考えたら死にたくないが死んでも守らねばならないと思って不思議じゃない

    ただし立派な人々が死んだのを良い事に留守宅を荒らしてる赤はそろそろ罪の精算をすべきとき

  237. 神風特別攻撃隊は勝つための特攻ではない
    敗戦後の立場を10対0より少しでも日本の
    立場を守ろうとしていたんだよ 
    結果分断を避けられ天皇温存したでしょ

  238. 間違って伝わってるなぁ。
    一般的な日本人の共通認識としては、作戦としての神風攻撃隊は最低最悪の作戦だって結論はとっくに出ている。
    人道的な話は別として、戦略的意義においても、戦争という経済活動のコストパフォースマンスとしても。
    確かにお国のために、家族のために神風で散っていった若者達の心情を想像すると胸が詰まる。
    しかし、神風という子供じみた狂気にかけるしかなかった過去を日本人は心の底から悔やんでるって
    タイ人達に知ってほしいわ。

  239. タイ人におしえたる

    日本人って誰かに尽くすのがベースになってるから
    悪用されるとそのままいってしまう性格がおおいのやぁ~

     嘘と恥が日本人が一番嫌うことや

    だから すかしているのや~ 分かるかなタイ人よ

    • 死ぬ時は あなたも わたしも 一緒

      窮地に追い込まれた日本人の思考や

      これが分かればタイ人は日本人を理解できると思う

  240. 「私の魂は靖国にはありません」と残して特攻へ向かった人もいる
    全ての特攻隊委員が天皇陛下万歳でお国の為と死んでいった訳ではない
    むしろ、ほとんどの隊員はその部分には「家族の為」と言う本意があったのだろう
    有名な本に特攻隊員が特攻前に家族に会いに行き、結局何も言えずに基地に帰る時
    見送る家族が見えなくなる前に振り返って大きく何度も手を振ったそうだ
    家族はそれを見て、もう帰ってこないのだと悟ったと言う
    その時の特攻隊員やその家族の気持ちを考えると、胸が締め付けられる。

  241. 今でも国家存亡の危機がおき、自分が特攻しなければならないなら
    愛する妻や子のために、行うと思う。
    ただ未来ある若者に特攻命令を出した人間は、くそクズ。

  242. 「この険しい、だが希望にあふれる道を歩むわれわれを、日本が日本こそが、その歴史の最も奥深い場所からやって来て、励まし、力づけてくれるのである。」自死の日本史 モーリス・パンゲ

  243. 「今の世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にもわれはなりなむ」ーーー大伴旅人

  244. これだけは言いたい。

    自爆テロと一緒にするな。

  245. 神風特攻隊は日本の誇り、アジアの誇り。彼らの行動があったからこそ、アメリカ人は日本人を認めた。アジア諸国の人々を奮い立たせた。アジアの英雄と言わなければならない。悪く言うのは、良くない。

  246. 戦争に負けるという事がどういう事か
    当時の日本人が一番理解していたからこそ
    パイロット達はカミカゼ特攻を受け入れたんだろうな。

    賛否両論あるが、当時のパイロット達の覚悟を
    愚かな特攻だったで片付けるのはあまりにも悲しすぎる

  247. 欧米人でも例えば、児童文学者として名高かったローズマリ・サトクリフの日本語訳も出ている『王のしるし』では主人公はケルト部族の王として責任を果たし部族の未来のために自ら飛び降りる。
    また同女史の代表作『ともしびをかかげて』の登場人物の一人は死が近づいてくるのを悟って、奴隷の境遇の主人公に手伝わせて戦士の装いをつけ、外へ連れ出させ、鳥が飛び去る空を見上げて死を迎える。彼女には誇りや尊厳、威厳といった価値が理解されていた。世界中どこでも、ふざけていないまじめな、つまりまともな者は、そういう古来からあらゆる民族に共通していた価値を共有している。

    それを分からないほど愚かなのはチンピラだ。チンピラはアカや銭ゲバといった見苦しい醜悪な怪物に堕して世を穢そうとしてきた。
    個人の誇りや、帰属する集団への責任や、かけがえのない愛する者達の未来をかけて、等々の尊い理由で自ら死を選んだ者たちをせせら嗤い、嘲笑う、この上なく賤しい者ども。それが彼ら下衆だ。

  248. カミカゼ特攻は戦術的に無意味。一機一艦というけど一機で一艦を屠った例は余りにも少ない。
    突入成功率だって1割に満たない。実に航空機と人命の無駄遣いでしかない。散発的な特攻投入よりは最大限の戦爆連合を組織してスキップボミングを行ったほうがまだしも効果的で無かったか?
    撃墜されなかったパイロットや機体は再度使える。一度やったら機体もパイロットも使い捨てでは撃墜されたのと同じ。ただ、心情的には特攻隊員の英霊たちには深く尊敬の念を抱いています。お国のために家族のために戦い、必ず死ぬとわかっていながら出撃していった我々の祖父・曾祖父たちは我が民族の誇りです。劣っていた科学技術と無能な軍上層部の犠牲者でもあります。

  249. タイは王国だから、日本の天皇のために散った(本当は違うけど)、っていう精神に共感できるのかもね。まあ皆はそんな大層なものじゃなくて、家族などの大切な人を守るために戦ったんだろうけど。

    あと、コメにあった太平洋戦争で独立させてやった感が鼻につく的なコメントあったけど、正直日本が文句を言わないのをいいことに、当時の日本を悪者にして自分たちを善とする外国人の思想がなければそういう事を言わなかったんだと思うんだ。
    あんまり叩くから、ムッとして言い返したくもなるでしょ。戦争に必ずしも善も悪もないのに、ましてや欧米の連中は日本人異常に残虐なことも沢山してきたわけじゃない?ぶっちゃけ言われる筋合いないよね。

  250. タイさんの一番最後のコメントに共感。
    戦って亡くなった人たちは本当に可哀想。

    でもあの時代はそうするしかなかったのかも知れない。

  251. 噛みつくつもりで書くのではありませんが、特攻問題は神聖不可侵な領域で、異を唱えるは死者への冒涜であり禁忌みたいな風潮がありますよね。でも現実命令した側に富永恭次のような奴がいたのが実情。特攻隊員に君たちは神だ何だと言い聞かせ、自分も後で追うからと宣言までし、無事全員を特攻で散らせるや己は敵前逃亡。こんな奴が規則通り銃殺刑になる訳でもなく人生を全う。牟田口といい、この事自体個人の問題以上の帝国の根本的問題であると思うし、私は霊魂を信じませんが、魂があったとして亡くなった隊員はどう思うでしょうね。それこそ冒涜以前に浮かばれるのか?と思ってしまう。

    大西瀧治郎中将にしても、割腹といえば責任を果たしたように思えるけど、死ぬのはいつでもきでるのだからこの後に控える裁判で、今度は自分が最前線で戦うべきではなかったのか?と思ってしまう。どんなに理屈で飾っても、人間を爆弾の部品同然にした事が本当にやむなしであるのであれば、来る非難を受け、散った隊員たちの名誉を守るために説明責任を果たすべきだったと思う。命令で散ったほうはバラバラに砕けて遺族には骨の一片すら届かない。恐らく真珠湾攻撃の立案者でもある自分は必ず処刑されるのは分かっていたとは思うが、必ず死ぬと分かって戦った部下を思えば、中世ではあるまいし自分だけ早々に綺麗に死んでどうすると思ってしまう。遺書で日本の復興発展を願うなら、散らせた若者こそ必要ではなかったか。というのが私の思うところ。

  252. 先住民族を虐殺してきて奪ったアメリカ大陸オーストラリア大陸。
    こいつらが動物愛護とか、人権侵害とか片腹痛いんですが。
    どっちも奴隷連れてたもんな。

  253. 開戦前の日本の恐怖感を感じない奴は歴史を語るセンスがない。

    開戦は地獄。
    戦わず座して死を待つのも地獄。
    降伏はさらに地獄。
    そんな時代だった。

    特攻は最終手段だった。
    愛する家族を守るために逝った。
    愛する家族がたとえ1日でも長く生きられるように逝った。
    この恐怖感を感じない奴は歴史を語るセンスがない。

    そんな状況で自分も覚悟できるのか?
    まったく自信はない。

  254. 恥じるべきは今の若者。
    彼らの死は無駄じゃないさ。

  255. 歴史にたらればは無しだ。
    家族か国か、はたまた両方か・・・守るために自分の命を捧げて逝った方達・・・
    その人たちが紡いできたのが今の日本だ。
    ありがとう!

  256. 反人倫的な行為を誇りに思う人が多いな。

    731部隊丸田、南京大虐殺、関東大震災虐殺、3.1運動報復虐殺、自殺特攻隊

    民族主義が極限に違えば起こりうる大惨事。美しい歴史ではなく、未開て野蛮的な歴史。羞恥にしなければならない歴史だ。

  257. 戦後の反戦も理想の為に死ぬという考え方は同じ

  258. 去年、知覧に行ったけど周りからすすり泣きが聞こえた。お年寄りが多かったけど若い人も多かったし、外人もいた。特攻は結局は未来の子供たちに「命をかけて国を守ろうとした」ということを伝える手段だったと思う。戦争に勝つとかそんなレベルじゃなくて。左の人が言うような国に殺された人ではなくて、命をかけて国を守った人。日本人なら少なくとも一度は知覧に足を運ぶべき。

  259. 神風の議論は結局二極化するな、自分的にはこんな議論に意味はないと思うんだが。
    一つだけ言えるのは神風の善悪と関係なしに先人の犠牲の上に今の繁栄した日本があるってことだろう。
    となれば俺らがやるべきなのは戦争賛美でもないし神風賛美や批評をすることじゃなくて
    今をしっかり生きることだけ。

  260. 二十歳そこそこの若い娘達が小銃片手に突撃し、数十万人死んだ独ソ戦の悲惨に比べたらなぁ。

  261. 国を愛するからって言うより、もっと根源的なところなんだよ
    家族を愛するから、自分の住んでる地域を愛するから、国を守らなければ為らなかったんだよ。
    この人たちを愚かだなんて言う輩は、そいつらの方が愚かだ。

  262. まあ今でもGHQの当初の予定通りテヨンコの奴隷になって虐待されてタヒぬか
    飢えてタヒぬのを待つか
    どっちか選べっていわれたら神風でも回天でも乗ってやるがね
    今シナーがウィグルにやってるように民族浄化とか
    この中継地点の島を軸に本土に空襲かけやすくなって
    祖国にいる家族がダウンフォール作戦やら分断統治やらやられるかもと思ったら
    国を愛するってか家族や友達の為に
    ただタヒぬよりもここで1機でも落としてタヒんでやるわ

  263. 当時は勝ち目も無い、資源も無い、誰も助けてくれないという追い詰められた状況だからな
    常軌を逸した戦法で戦ったからこそ未だに語り継がれるのだし、決してムダでは無いよ

  264. 一年後のわいが一言
    >gdgd
    はちょんせんじん
    異論は認めない
    あたまのわるいじぶんの意見を検証も出来ず、ただ喚き散らすだけなのは
    人類いがいの変ないきものだけw
    早く日本からでてけ

  265. 中東にある自爆テロとなんら変わらない

    • 中東のテロリストとは違う

      テロリストはイデオロギーが違えば軍人・民間人問わずに標的に入れる
      そしてテロは事実、当初から民間人を標的にした破壊活動だ

      だが特攻は軍人が実行する軍事作戦の1つであり、、標的は敵機動艦隊、空母だ
      1隻の空母から発艦する数十の艦載機は何をした?
      民間施設、学校、民間人、を無差別に銃爆撃していたんだ。明らかに軍事目標でない物を狙ってな
      そこに攻撃を仕掛け、侵攻を食い止める目的の軍事作戦。それが特攻だ

      イデオロギーの異なる人間すべてを無差別に殺傷目的で行うテロとは違う

      よく、洗脳によって突撃した、なんて言い出す無学な奴が現れるが
      特攻隊員は非常に冷静な人間だった。
      彼らが突入前に誰の名を叫んだと思う?自分の親や恋人、妻の名だ。
      彼らだって死にたくは無かったはずだ。しかし、当時の情勢を鑑みた場合、
      敵国に上陸された日本はどうなったかは容易に想像できただろう。
      だから行ったんだ。

      勘違いしてもらいたくないが俺は特攻攻撃については作戦として賞賛すべきでないと思っているし、
      戦術的、戦略的にも最後まで避けるべき作戦で、それ以外の可能性を模索すべきだと考えている
      軍の作戦として考えた場合、数人の兵士の命で戦争が決着する、という状況ならば特攻作戦も考慮されるものとも考えている

      だが、特攻作戦が無意味だったかと言えば結果としてはそうでは無かった
      米艦隊には戦略的な脅威を与え続け、未熟な搭乗員でも被害を一定数以上出している
      心理的にも敵兵にも恐怖を煽らせた。無意味ではないだろう。
      同時に彼らには敬意を払うべきだ

    • 神風を中東の自爆テロと同一視しているとはw
      神風は敵の艦船に体当たりしたのであって、民間人を
      巻き添えにしたものではない、軽軽な考えに憤りを覚える。
      散華した隊員にまことに持って失礼な言動である。

  266. 特攻を悪く言うのやめよう。
    彼らは日本国のため、国民のために命をささげたのだから。
    ついでだが体当たりのことについて一言
    体当たりは何も神風だけではない。終戦間近日本に飛来した米国のB29に対して
    日本の戦闘機が体当たり攻撃したことも忘れてはならないことの一つだ。
    彼らのことも忘れるな、日本人なら。

  267. 日本は日本で有り続けたい
    日本人は日本人で有り続けたい

  268. 自爆テロだってやってる奴から見れば正義なんじゃないか?
    だいたい神風肯定してる奴は自分なら進んでやるのか?
    オレは絶対嫌だな!
    あの戦争は自衛の戦争じゃなくて、日本帝国主義のための戦争だ。
    正義なんか無いんだよ。

  269. 「七回までは輪廻転生して、この世に戻ってきて朝敵を撃つぞ」と誓って、
    太平洋の散っていった英霊たちも、そろそろ現世に生まれ変わってくる頃では・・・・・。

    戦争に負けて、一度や二度死んだぐらいで気にもしない。
    チャンスは、最大七回はあるのだ・・・・。

    大和魂とは、そういうものだ。

  270. 実際はお国の為に出なく、愛する家族を守る為だろう
    特攻隊で自分の魂は靖国には参りませんと遺して逝った方もいる
    家族を命がけで守った。 命を部品のように扱った糞みたいな軍事国家を守ったんじゃない。

  271. 負けを悟って命乞いしたところで、敵は自分の妻や子の尊厳を守ってくれるとは、とても思えなかった。日本軍と違って敵は捕虜を取らない(白旗揚げたら殺される)ことが隊員たちの間で知れ渡っていたからである。
    日本国に備蓄された燃料の尽きる直前、特攻隊員たちは守り切れなかった無念を、自らの命をもって妻や子に詫びたのだ。彼らはサムライの子孫であり、特攻を馬鹿げた作戦だと思うなら、それを命じた上官の目の前で腹を切ってみせたはずである。
    しかしそうしなかったのは、彼らが日本国の採った行動は間違っていないと信じていたからに他ならない。そして、それは2発の原子爆弾と進駐軍の行為によって見事に証明された訳である。
    だが日本人が最も悲しんだのは敵に負けたことではなく、それまで味方だった彼らが朝鮮進駐軍として日本国中を蹂躙して回ったことであった。

  272. やんなきゃやられるんやでーやるしかないんやでー激おこだったやでー

  273. ここで大口叩いてる人間に限って
    扇動するだけしか能のない口だけ人間なんだよなぁ

  274. 今の 基準で語ってもしょうがない
    当時の日本を取り巻く環境 
    やらなければ やられる
    囲碁のように
    打ち込まなければ そこを 起点に 本土すら狙われる
    当然 負けることは 分かりきった上で
    そういう状況で 降伏するのか 戦うのか
    結果的にも 日本は アメリカの州にならずに済んだ
    戦った先祖の 精神を 尊敬し 感謝すべきだ

コメントする

反応 日本