親日国タイの反応

タイ人「かわいそうすぎる・・・」南極のタロとジロを見たタイ人の反応

 

南極タロとジロ

日本でも南極物語などで有名な犬のタロとジロのことがタイで紹介されていました。かわいそうな犬たちの話を見たタイ人の反応をまとめました。

  2014年06月01日の人気記事TOP6

置き去りにされたタロとジロ 南極のイヌぞり犬の悲しい話

1955年(昭和30年)10月、稚内市にて風連のクマと、クロの子として生まれ、タロ・ジロ・サブロの3兄弟だった。この名前は白瀬矗の南極探検の際、犬ぞりの先導犬として活躍した樺太犬、タロとジロ(タロウとジロウとも)にちなむ。

1956年(昭和31年)、南極観測隊に樺太犬による犬ぞりの使用が決定される。当時の北海道には約1,000頭の樺太犬が居たが、このうち犬ぞりに適した犬は40から50頭程度に過ぎなかった。この中から3頭の兄弟と父親を含む23頭が集められ、稚内で樺太出身の後藤直太郎によって訓練が行われた。このうちサブロは訓練中に病死している。

1956年(昭和31年)11月、総勢53名の第1次南極観測隊隊員がタロ、ジロを含む22頭の樺太犬と共に東京湾より南極観測船「宗谷」で南極へ出発。宗谷には暑さに弱い樺太犬たちのために、赤道越えのための冷房室が特別に用意された。隊員のうち11名が第1次越冬隊として選抜され、この中で菊池徹と最年少の北村泰一が犬係(北村自身の記述によれば、「犬かかり」)を任じられる。昭和基地に到着すると、病気などでそのまま帰国する3頭を除いた19頭の犬たちは、1957年の第1次越冬隊において犬ぞり引きなどに使役された。越冬中に2頭が病死、1頭が行方不明となった。また雌のシロ子はジロなどとの間に8頭の子を産んだ。

1958年(昭和33年)2月、宗谷が南極付近に到着した。昭和基地にいる第1次隊員と入れ替わって越冬するため、宗谷は第2次越冬隊を乗せていた。しかし、天候の悪化から宗谷は昭和基地には到着できなかった。昭和基地から帰還する第1次隊員の人間たちでさえ小型雪上機でかろうじて宗谷に帰還する有様であり、15頭の犬は犬ぞりに首輪で昭和基地付近につながれたままにされた。その後もぎりぎりまで天候の回復を待ったものの、宗谷自体が遭難する危険性も出てくるに至り、第2次越冬隊の派遣は断念された。それとともに15頭の犬の救出も見送られ、残された犬達の生存は絶望視された。この犬を置き去りにしたことにより、観測隊は激しい非難を浴びることとなった。なお、南極生まれの子犬とその母犬のシロ子は、母と子の分だけ燃料を抜いて重量を減らすという雪上機乗員の機転によって救出され、日本へ帰還することができた。7月には大阪府堺市に15頭を供養する銅像(樺太犬慰霊像)が建立された。

ところが、1959年(昭和34年)1月14日、第3次越冬隊のヘリコプターにより、上空から昭和基地に2頭の犬が生存していることが確認される。着陸すると駆けてきて操縦士に寄ってきたが、大きく成長していて、個体の判別がつかなかった。急遽、第1次越冬隊で犬係だった北村が次の機で基地に向かうことになった。犬達は北村に対しても警戒していたが、頭をなでながら次々と犬の名を呼び掛けると、1頭は「タロ」との発声に反応して尻尾を振った。もう1頭も「ジロ」との発声に反応したことから、この兄弟が生存していたことが確認されたのである。

基地には7頭の犬が首輪につながれたまま息絶えており、他の6頭の消息は知れなかった。基地に置いてきた犬の食料や死んだ犬を食べた形跡はなく、アザラシの糞やペンギンを食べて生きていたのだろうと北村は推測している。北村らは3次隊越冬の際、タロとジロが2頭でペンギンを捕獲するところを目撃している。この兄弟は特に首輪抜けが得意な個体だったと言われる。

タロとジロの生還は日本中に衝撃と感動とをもたらし、2頭をたたえる歌「タロー・ジローのカラフト犬」(しばざきそうすけ作詞、豊田稔作曲)までもが作られたほどである。さらに日本動物愛護協会によって、当時開業したばかりの東京タワーに15頭の樺太犬記念像(製作者・安藤士〈忠犬ハチ公像の彫刻家〉)が設置された。

第3次隊にはペットとして樺太犬3頭が同行していたが、第4次越冬隊ではさらに11頭の樺太犬が参加することとなった。

タロは第4次越冬隊と共に、1961年5月4日に4年半振りに日本に帰国。1961年から1970年まで札幌市の北海道大学植物園で飼育され、1970年(昭和45年)8月11日に老衰のため14歳7か月で没。人間でいえば約80 – 90歳という天寿を全うしての大往生であった。死後は同園で剥製として展示されている。またタロの血を引く子孫の犬が日本各地に散らばっている。

ジロは第4次越冬中の1960年(昭和35年)7月9日昭和基地で病死。5歳。ジロの剥製は東京・上野の国立科学博物館に置かれていたが、極地で病死した状態から剥製にされたこともあって損傷が激しく、簡単に動かすことができなかった。

ja.wikipedia.org

タイ人の反応

  • 凄く悲しい話だね~。わたしも犬を飼ってるけど、犬は本当に飼い主に忠実で遊ぶのが大好き。でも、ただ遊んでばかりじゃなくて、ちゃんと状況をわきまえてるんだよね。
    • 当時、調査隊も置いていかなきゃいけないことをとても悲しんだんだよ。きっと、犬も全頭、迎えに来てくれることを期待して待っていたはずだよ。
    • ほんとにね。死んじゃた犬たちがかわいそう~。
  • 自信を持って言えるのは、この2頭の犬は生き残る希望を捨てなかったんだよ。
    直面している危機の中でも、決して諦めなかった。
    空腹を癒やすために雪でも食べるぐらいの気持ちで体を環境に適応させたんだよ。
    この話はわたしにいろいろ気づかせてくれたよ。
    どんな状況でも挫けず、目の前にたくさんの問題があっても怯えない。頑張って立ち向かえば、いつか成功につながるってね。 :onionhead036:

    • 犬はいつでも希望を捨てない動物だよ。犬はいつでも飼い主に愛されてて、必ず帰ってきてくれるって信じてるんだよ。TT_TT
  • どうして、タイ政府はこういう調査隊を派遣しないのかな?
    • きっと南極大陸に関して特に計画がないか、単純にお金がないんだろうね。
  • 僕らみたいに暑い国の人間は、一日もたたないうちに凍死しちゃうよ。
  • この話は映画にもなったんだよ。ただ、映画だと生き延びた犬は二頭より多かった。つながれたまま、逃げ出せなかった犬が本当に可哀想だよ~ :onionhead034:
  • ハリウッド映画で似たような話を見たことがあるよ。名前は思い出せないけど。きっと、この話をもとに作ったんだね。 :onionhead042:
    • 『EIGHT BELOW(南極物語)』じゃない?
    • そうそう!
  • ひとつ分からないのが、連れて帰れないからって、どうして繋いだまま自然の中に置き去りにしちゃったの? 繋いだまま死なせてしまうより、犬に自分で生きさせたほうが良かったんじゃない? :onionhead038:
    • 個人的意見だけど、きっと犬が心配だったんじゃないかな。二週間もすれば第二調査隊が来る予定だったし。ただ、結果的にその選択は間違えていたことになるんだけど。
    • 彼らは運が良ければ第二調査隊が来ると思っていたんだよ。ただ、運悪く来ることができなかった。
  • 読んだら気が滅入っちゃった。わたしは寒さの中で苦しんで死なせるより、楽に死なせてあげたほうが、まだ良かったんじゃないかとすら思うよ~。こんな寒くて酷い環境で死んじゃった犬たちはどんなに苦しかったのか想像もできない。悲しすぎて気分が落ち込んじゃうよ~ :onionhead022:
  • 昔見た映画を思い出したよ。タイトルは思い出せないけど、同じような内容だった。
    かわいそうで、涙が止まらなかったよ。犬の忠誠心や忠義心に凄く感動した。
ทาโรและจิโรผู้ถูกทอดทิ้ง เรื่องเศร้าของสุนัขลากเลื่อนขั้วโลกใต้
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(49コメント)

  1. 俺もこの映画は好きだったな。
    結構古い映画だった気がするけど。

  2. かーちゃんと二人で観に行った思い出の映画だ。
    悲しい作品だったな。

  3. 四足で這いずる外来生物に捕食されたペンギンさんの貴い犠牲を忘れてはいけないよね

    • 這いずって無い、這いずって無いw
      それは先史時代の地球外生命w

      • プレデターが南極の地下に宮殿つくってたっけ。

  4. やっぱタイとか他の国ではオリジナルの南極物語よりディズニーがリメイクした方が有名なんかな

  5. 1次から2次への引継ぎブランク、数時間のはずだったのが11か月になっちゃったんだよね

  6. ちなみに生還後のジロは今まで通り餌を平らげたが
    タロのほうは必ず一部残して隠しておくようになったという
    経験から派生する行動ってやつか

  7. 日本版の南極物語はタイじゃVCDになっとらんのか。
    ヴァンゲリスのBGMもあって、ハリウッド版より美しいと思うんだが。
    公開当時は感動してポスター買って部屋に貼ってたなぁ。

  8. ええと、この話をよく知らないんだけれども
    なぜ犬は繋がれたままで置いていかれたの?
    誰か知っている人、教えてください

    • >>23799が言ってる理由の他に、そもそも犬が可哀想だからと言って、犬を開放したら南極の生態系に悪影響を与えかねないというのがある。
      現在では、条約によって、南極に犬を持ち込む事自体が禁止されているし。

  9. >>23797
    すぐ戻って来るつもりだったので当座の食料だけ置いて鎖で繋いでいた。
    結果、戻ることが出来なくなってこんなことになった。

  10. 事実から目をそらすためにでっち上げた物語、木っ端役人どもめ、犬は連れて帰るつもりだったが、鉱物標本のため重量大バーで置いてけぼりにした。鉱物標本は金だと何人かのジャーナリストが発表している。たけしの番組出でていた背の高い女性は放送で泣きながら訴えていたな。国民は
    シラン降り。ああ そんぐらにのもんだやまとはたいしたことない。侍は滅んだ。自省を込めて。

    • 何のために国民の血税を出して派遣したのか考えろよ
      莫大な予算をそのために組まなきゃいけないし
      成果が出せなければ次の派遣が見送られたり予算が削られるかもしれない

      当時、南極派遣はアメリカやロシアも参戦する大規模な資源戦争の一環だった
      いまの宇宙開発事業と同じだよ
      現場は常に予算と工夫と切り捨てる部分を涙を飲んで切り捨てることの繰り返しだ
      ひとつの結果を見て全てを否定するなんて愚か者のすることだよ

    • バカかお前。そら、鉱物標本の方が大事だろう。何のための南極調査か考えろ。

      血税で国益かけて科学調査に行ってんだぞ。観光じゃあるまいし、ましては愚民のお涙頂戴の冒険物語のためじゃない。そして彼らは犬のブリーダーじゃない。国家に選抜されたエリートの科学者だ。
      犬は可哀想だが、あくまで調査用の機材に過ぎない。
      越冬隊は情を捨てて任務を達成した。そこまでして国家と科学に報いる心、誰が責められようか?

    • まずは日本語を勉強しようね(笑)

    • 国際地球観測年の世界の国々が地球を総合的な観点で観測しようという試みに、日本が参加することは、敗戦国で、しかも、まだ独立を回復していない時期だったので、国家の威信をかけたプロジェクトだった。相当の無理を押しての参加だったから、国の力量不足で多大な犠牲を払ってしまいました。だから、日本人は、この物語を伝え続けなければならないのですよ。

      余談ですが、ペンシルロケットで有名な糸川先生(今では、はやぶさで有名ですが)も、これに参加していた。日本のトップの頭脳を結集したプロジェクトだったのです。

    • “自省を込めて。”

      いやいや、日本語おかしいし考え方もちょっとおかしいし、なりすましだね?

    • >そんぐらにのもんだやまとはたいしたことない。
      全体的に間違いだらけだけど、ここの部分は本当に意味がわからないんだが
      「そんぐらいのもんだ。大和(日本)は大した事ない。」?

  11. ハリウッド版はたしか1匹くらいしか死なないんだよね、たしか制作がディズニーだったからそんな感じかと。
    でもハッピーエンドバージョンも悪くはなかった

  12. キムタクのドラマのことも思い出してあげてください

  13. 南極物語かー。子供の頃に公民館での上映会で見たなあ。タロジロ再発見のシーンは、まだ覚えているよ。

  14. 動物もの映画って出演した動物もかわいそうなんだよなぁ・・
    監督の趣旨を知っての行動なら別に構わないけど犬は理解でいないでしょ。
    犬ツイッター「なんで寒いとこで知らない猿達と一緒にいなくちゃいけないんだよ・・・」

    • この世に中には、犬肉が大好きな猿もいるんですよ
      苦しんだ犬の肉は美味しいんだそうで、さんざん叩いたり、長い時間吊るしてから殺して食べるんですって

    • じゃあ食用家畜もギャンブル用の競走馬も檻の中の見世物動物もかわいそうってことになるだろ
      アホらし

  15. 是非とも続編を作ってもらいたいな
    タイトルは南極2号物語で

  16. それに繋いでなければどこまでも着いてきちゃいそう

  17. 「南極のタロをジロジロとみたタイ人」にみえた

    • なんか知らんがツボったwww
      確かに見えるわw

  18. 動物と子供の映画は絶対泣くよね。
    やっぱり純粋さが涙を誘うんだろうな。

  19. 南極物語はすごく辛くて1度見たきり見直すことが出来ない
    映画としては好きなんだけど

    • 一緒だ。
      小学生の頃テレビでやってるのを見て未だにトラウマになってる
      忘れちゃいけない出来事だけど、その映画をもう一度見る事は..できないな
      最近海外でリメイクされたやつは比較的優しい内容みたいだけど。

  20. 高倉健と渡瀬恒彦が叫ぶ顔とテーマ曲と共にタロとジロが走ってくる
    映像が脳内に浮かんだそこのあなた
    そうきっとあなたは40代w

    • おしい。でももうすぐ40代w
      幼心にも印象あるシーンだったね、あれは。

      • タン…タン・タン・タン(パシッ…パシッ…)のパシッのところで
        自分の顔を軽くビンタするギャグが小学校で流行った
        ギリギリ30代です

  21. ペンギンはホント逃げないからな…
    食糧問題に関しては案外ボーナスステージなのかもしれない

  22. 動物物映画がはやるきっかけを作ったのが「南極物語」

  23. 旅行で邪魔だから殺処分、ケガしたから殺処分、流行じゃなくなったから殺処分、邪魔だから殺処分、、、そんな国だけど動物愛護法改正で犬に対する意識が変わるんだろうか?

    • 最近はネットの普及に伴って大分考え方も良い方に変わってきているけど
      現状はまだまだだよな。世代が変われば、もっと良い方に傾くと期待

  24. 野良犬がたくさんいて、しかし暑すぎて犬もぐったりしていて、元気に騒ぐ犬は棒で殴られている
    タイと犬の関係はそんなイメージ

  25. 繋がれたまま死んだ7頭と回収されたタロー・ジロー以外の6頭はどんな運命をたどったのか?
    確かに動物映画のテーマとしてはうってつけだよな。
    『南極物語』もそういう映画じゃなかったっけ?
    ディズニーがリメイクしていたとは知らなんだ。

  26. ハリウッド版のエイトベローだっけ?
    南極物語やタロジロへのリスペクトゼロのks映画だったな
    くっさい恋愛もからめて鳥肌たったわ

  27. 俺はばーちゃんと見に行ったな・・
    二人して泣いた思い出

  28. タロジロは他の犬食って生き延びたとかいう雑学読んだ気がするが
    嘘だったのか

  29. 本当にかわいそうなのは俺の愛犬だ。
    生まれつき肝臓に障害が。

    一生肝臓サポートのドッグフード、犬が肉を食べれない。

    かわいそうだけどどうしようもない。

  30. ↑ 偶に油抜きで肉食べさているが。
    何でも食べるから、肉より柿が好きらしい。

  31. 二頭以外に生きてたのってハリウッド版かね。高倉健のは死んでたと思うけど。

  32. まあペンギンなどが生きていけるなら、それほど絶望的な環境ではないのかな

  33. 映画版じゃなくて原作読んだら良いよ
    ためになる。

コメントする

反応 日本