親日国タイの反応

皿屋敷のお菊を見たタイ人の反応

 

皿屋敷のお菊

日本の怪談の中でも日本人なら知らない人がいないほど有名な『皿屋敷』がタイで紹介されていました。お皿を数える幽霊のお菊を見たタイ人の反応をまとめました。

  2014年04月30日の人気記事TOP6

お皿を数える女の幽霊のお話

牛込御門内五番町にかつて「吉田屋敷」と呼ばれる屋敷があり、これが赤坂に移転して空き地になった跡に千姫の御殿が造られたという。それも空き地になった後、その一角に火付盗賊改・青山播磨守主膳の屋敷があった。ここに菊という下女が奉公していた。承応二年(1653年)正月二日、菊は主膳が大事にしていた皿十枚のうち1枚を割ってしまった。怒った奥方は菊を責めるが、主膳はそれでは手ぬるいと皿一枚の代わりにと菊の中指を切り落とし、手打ちにするといって一室に監禁してしまう。菊は縄付きのまま部屋を抜け出して裏の古井戸に身を投げた。まもなく夜ごとに井戸の底から「一つ……二つ……」と皿を数える女の声が屋敷中に響き渡り、身の毛もよだつ恐ろしさであった。やがて奥方の産んだ子供には右の中指が無かった。やがてこの事件は公儀の耳にも入り、主膳は所領を没収された。

その後もなお屋敷内で皿数えの声が続くというので、公儀は小石川伝通院の了誉上人に鎮魂の読経を依頼した。ある夜、上人が読経しているところに皿を数える声が「八つ……九つ……」、そこですかさず上人は「十」と付け加えると、菊の亡霊は「あらうれしや」と言って消え失せたという。

ja.wikipedia.org

タイ人の反応

  • :onionhead035: :onionhead035:
    • 同じくこのシーンが思い浮かんだよ。
    • まさにこれだよね。
  • :onionhead011:
  • 幽霊の名前だけでも怖~い :onionhead020:
  • 銀魂にも出てきてなかった? :onionhead011:
  • あたしの皿はどこ~!! :onionhead039:
  • あらゆる事柄に伝説があるものさ。タイの幽霊の話だって、昔から語り継がれてきたものなんだよ。
  • :onionhead031: それなら、料理屋さんで働かせてあげるわよ~、9皿以上数えられるに違いないわ~。
    でも、出てきても、ただお皿を数えるだけの幽霊ならまだいいわよね。タイの幽霊みたいに人を騙すよりは~ :onionhead028:
เรื่องเล่าของผีสาวนับจาน
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(38コメント)

  1. 姫路城の井戸の話とは別なの?

  2. お菊伝説は全国に存在する。
    姫路の話は記録上一番古いが、事件が起きたのは室町時代とされている。
    イメージが変わるね。

  3. 姫路城のお菊さんは、風邪だから18枚数えるんだよね。
    で・・・二日分読んどいて、明日の晩、休みまんねん。

    • おいw
      28337がビッグコミックオリジナルの落語漫画の読者なのか
      改変のネタ自体が元々あるのか、どっちだ

      • 何だ? ビッグコミックオリジナルというのは?
        知っておこう。古典落語の基本ネタです。
        例えば
        http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug373.htm

        • >何だ? ビッグコミックオリジナルというのは?

          小学館発行の青年向け漫画誌だよ。青年というかおっさん向け?
          「ALWAYS三丁目の夕日」の原作漫画とか
          MONSTER(浦沢直樹)とか
          あぶさん(水島新司)とか
          Dr.コトー診療所(山田貴敏)とか
          最強伝説 黒沢(福本伸行)の掲載誌。

          その雑誌で、素人が弟子入りして落語をやってる漫画があるんだ。
          まったく同じネタを二つ目の女性が高座でやる回があったから、
          コメント読んで元々ある話なのか?と気になってな。
          リンク先読んだら、漫画は若干アレンジされてたけど基本の流れは同じだった。
          古典どころか、落語ネタはなにも知らなかったんだが結構おもしろいな。
          リンクありがとう。

  4. 俺は祖母が兵庫なんで、姫路の方を先に知ったな。
    マイナーなパクり扱いだと思ってたから、※の1から登場したのにちょっと驚いた。

  5. 東京の麹町に皿屋敷跡という石碑があるよ

  6. 映画に使うからって、出演者共々訪れるのは東京のほうじゃなかったっけ。

    • オメェ、四谷怪談と勘違いしてネ?

      • 四谷於岩稲荷田宮神社だね。
        ここで合祀されているのはお岩さん。

  7. そら飴買い幽霊も日本中におりますし

    • 赤ちゃんに食べさせるやつ?

  8. 十枚揃うと願いが叶うという皿を探して全国を廻るお菊の話だったはず

    • 力士のふんどしでもお願いするのか?w

  9. >>28340

    それは四谷怪談なのでは?

  10. 探そうぜ!龍皿!!

    • 7枚揃うとお菊が出てくんの?

      • 鑑定団に出れます

  11. シンドリーちゃんの元ネタだね

  12. 坂東皿屋敷かと思ってたら、元は播州皿屋敷だったのか。

    • 番長って聞いてからずっとそういうタイトルだと思ってた

  13. そうワンピースのそれはこれをモチーフとしてるからね。
    やはり井戸の中の暗闇は人工とは言え人間に畏敬の念を抱かせる暗闇の世界。そこに放り込まれる恐怖は尋常ではない。今も昔も変わることはない恐怖心だね。

  14. >ただお皿を数えるだけの幽霊ならまだいいわよね。
    呪いのくだりまではよんでないのかね?
    生まれる子には中指が…
    そして噂は広まり
    行き過ぎた行為の報いを受けたと

  15. タイの人をだます幽霊が気になるじゃないか。

    • 初めてタイ語のマンガ? 見たわ〜
      バーン!とか書かれてんのかな? ちょっと違和感

  16. 鑑定団  あと一枚揃っていれば、3000万の値がつきました

  17. 2枚目の絵が怖すぎる

    • でも、よく見るとタレ目なんだよねw

      北斎らしいといえば北斎らしいw

  18. タイの語り継がれている怪談特集もそのうちお願いしますねー

  19. 今何時だい?

  20. この怪談は実話が元で本当は「お菊」ではなく「お藤」さんなんだけどね。播州の江戸屋敷で起こったんだけど。

  21. 皿数えるだけ って言われれば
    確かにそうか、、、うーむ

  22. 皿屋敷も四谷怪談も赤穂浪士も、全部赤穂がらみ。
    どんだけ世の中を騒がしとるねん、兵庫の田舎もんがw

  23. 一番古いのは姫路の播州皿屋敷。
    でも東京の麹町にも番町皿屋敷と言われる伝承が残っている。
    これ以外にも日本各地に皿屋敷とお菊さんの伝承がある。

    この伝承の一番古い形は日本書紀に残る黄泉の国から帰るイザナギが菊理媛神と出会うエピソードだと言われている。
    皿屋敷とは本来窪地に建てられた屋敷のことで、深い井戸があり、そこが黄泉の国につながっていると考えられいた。
    黄泉の国・井戸・皿屋敷・菊と言った要素が組み合わされて皿屋敷の物語になったと思われる。

    • ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
      勉強になりますたm(__)m

  24. 江戸四大怪談も辻話を装飾したモノだしね。
    噂話には尾ひれが着くモノだ。貴方の意見は貴重だった。もう少し勉強してからコメする事にする。
    ご教授有り難い。

  25. 広辞苑によると、

     播州皿屋敷は、兵庫県 姫路が劇の舞台の浄瑠璃。
     為永太郎兵衛ほか合作の時代物。1741年(寛保1)初演。皿屋敷の巷説に細川家のお家騒動をからませた物。

     番町皿屋敷は、江戸が劇の舞台。
     岡本綺堂作の戯曲。1916年(大正5)初演。家宝の皿を割って真情をためした恋仲の腰元お菊を、青山播磨が殺す。新歌舞伎の代表作。

コメントする

反応 日本