親日国タイの反応

初めて全身麻酔手術をした日本人華岡青洲を見たタイ人の反応

 

ミヤマトリカブト

記録上、世界で初めて全身麻酔手術を成功させたという日本人の華岡青洲のことがタイの掲示板やFacebookで紹介されていました。タイ人の反応をまとめています。

  2016年04月10日の人気記事TOP6

初めて全身麻酔手術を成功させた日本人『華岡青洲』

華岡 青洲(はなおか せいしゅう、宝暦10年10月23日(1760年11月30日) – 天保6年10月2日(1835年11月21日))は、江戸時代の外科医。記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。

手術での患者の苦しみを和らげ、人の命を救いたいと考え、麻酔薬の開発を始める。研究を重ねた結果、曼陀羅華(まんだらげ)の実(チョウセンアサガオ)、草烏頭(そううず、トリカブト)を主成分とした6種類の薬草に麻酔効果があることを発見。動物実験を重ねて、麻酔薬の完成までこぎつけたが、人体実験を目前にして行き詰まる。

実母の於継と妻の加恵が実験台になることを申し出て、数回にわたる人体実験の末、於継の死・加恵の失明という大きな犠牲の上に、全身麻酔薬「通仙散」(別名、麻沸散-まふつさん)を完成させる。

文化元年10月13日(1804年11月14日)、大和国宇智郡五條村の藍屋勘という60歳の女性に対し、通仙散による全身麻酔下で乳癌摘出手術に成功した。

ja.wikipedia.org

タイ人の反応

  • 凄いね。それに、いい内容を投稿してくれてありがとう。
  • :onionhead045:
  • 本当に卓越した才能だね。
  • 凄く興味深い内容だね。もっと、詳しい内容も読んでみたいな〜。
  • 本当はこの人が『世紀を越えた医者 – 仁』なんでしょ〜。
  • 中国で三国時代に麻酔薬を使い始めたのが医者の華佗、薬の名前はマーフェイ(麻沸散)
  • 実は華岡青洲が仁なんじゃ? ハハハ。
  • 南方仁。
  • 僕はこの漫画をずっと昔から読んでるけど、まだ全巻揃ってないんだよ。やっと20巻までなんだ :onionhead034:
  • 南方先生 :onionhead025:
  • この漫画、タイ語に翻訳したものはあるの?
    江戸時代にさかのぼって坂本龍馬も出てくるんでしょ? 凄く読みたいんだけど、ドラマと話は同じかな?

    • 翻訳版の漫画があるよ〜。日本や韓国のドラマ版『仁』に負けないぐらい面白いよ。
  • ドラマ見たけど面白かった〜。ドラマに出てた華岡青洲さんの顔も、ちょうどこの絵と似たような感じだったよ〜。
  • 前に読んだけど、日本は戦国時代が終わって、そんなに時間が経たないうちに、自分たちの手で微積分を発見するんだよ。その時代に社会は学問や教育を大きく進歩させたんだ。昔の書物を覚えてばかりだった中国とはぜんぜん違うよね。
นายแพทย์ผู้คิดค้นยาสลบในการผ่าตัดคนแรกของญี่ปุ่น
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(38コメント)

  1. >韓国のドラマ版『仁』
    こんなのあったのか?内容的に放送できるのか?
    仁が韓国人設定とか?

    • 韓国版仁は政治的な展開部分(坂本や西郷らの話の部分カ?)で偏狭なナショナリズムに暴走して原作者を怒らせて日本では放送上映販売とか一切禁止なんじゃないかな。
      ドラマしか見てないけど華岡清洲出てたの?仁の仲間の医者に華岡流の外科医がいたけど。
      華岡清洲なら、華岡清洲の妻だろう。10年単位くらいで何度もドラマ化されてる。竹下景子、小泉今日子、和久井映見など

    • 韓国版のリメイクだよ。ちゃんとライセンスとってる。
      東方神起の人が出てたような。

  2. 知らんかったな
    全身麻酔もすごいけど
    乳癌を治療した技術のほうがすごい気がする
    その時代に癌を見抜いて取り除いたってすごいね
    その辺の知識皆無だからこれがどれだけのことかいまいち分かってないけど

    • 自分も思った
      癌状態を理解し、それを見つけて外科手術をするってのが凄いよね
      西洋医学と東洋医学の違いで よく「手術=西洋」って言われるけど
      日本は良いもの何でも吸収するから理解も発見も早かったのかなぁ

      乳がんは触って判る癌だから手術出来たのだろうけど
      胃がんとか他の部位はどうだったんだろうね

    • 当時は乳房を切除すると女は死ぬと言われてた
      手術できたことじたいが幸運だったのかもしれんね

  3. >日本や韓国のドラマ版『仁』に負けないぐらい面白いよ。

    んん?韓国は仁までリメイクしてるの?好きだねー日本のドラマ(嘲笑)
    タイの方にはオリジナルの日本版を見て欲しい。

  4. 実験台になって亡くなった実母と失明した妻が可哀想だけど、人体実験がなかったら医学は発達してないからなあ。

    • 内助の功だねえ
      この人たちの貢献・功績は凄い

  5. こういった話は学校で一切教えないよね

    • だって日教組のブサヨ教育は何がなんでも「日本は悪いニダ!」
      「日本人は何一つ世界には貢献していないニダ!」
      ですからww

      • 人に教えられなくても常識だと思うンだけど・・・

        • さすがにそれは無い

          お前は日常的に歴史の話をしてるのか??

  6. 自ら志願したというのが凄い
    昔の日本人の精神力と勇気は凄いね。戦後の日本人は・・・うん

  7. 中学の頃「華岡青洲の妻」をガクブルになりながら読んだのを思い出す
    全身麻酔のくだりより、嫁姑の確執が恐ろしかったからだけど

    • もしかして有吉佐和子の原作読んだのですか?
      あれは本当に結構どろどろで怖いねww

  8. ドラマ版に負けないくらいって…
    漫画がオリジナルなのになあ。

    華岡の嫁姑は仲悪くてお互い張り合って実験台になってたらしいね。
    いいんだか悪いんだか…。

  9. 韓国の名前が出てしまった時点で台無しですな

  10. 木こりかなんかが二次関数の問題を神社に奉納しててビックリした覚えが
    和算すげええええええええとしか言い様がない

  11. 理工学系は、本人のやる気と進捗度を無視できれば、自己努力で出来る教科だからな。
    特許庁の役人が時空間の概念を変える大発見したり、トンネルや炭鉱工事の専門家が世紀の難問を
    生み出したりできる。

  12. ※37379
    その特許庁の役人はひとりでノーベル賞10個くらいとれそうな例外中の例外だwww

  13. たまたま神社で見つけた江戸時代の小学生ぐらいが奉納した算額がさっぱり分からなかった思い出がw
    学問に対する知的好奇心の持ち方と今の詰め込み教育
    現代はなにか根本的なものを失ってるんだろうな・・・

  14. アドレスの左端、日章旗が上でタイ国旗が下にきてるけどいいのかな?
    国旗をこういうように配置するのは上の国が下の国を占拠してると言う意味だと聞いた記憶があるけど。勘違いしてたらごめん。

  15. 花岡青洲の里だかなんだかに行ったことがあるけど、
    なかなか興味深くて面白かった

  16. これどこで見たのか忘れたけど
    嫁さんと母が自分こそが自分こそがって競い合ってたんだっけ?

  17. 和算に関数の概念がないのに微積分はない。
    だが、西洋の数学より先に発見された定理はけっこうある。

    • 江戸初期の数学者関孝和の功績のひとつが、「微積分の独自発見」じゃなかったか?
      もっとも専門家の間でも議論があるようだが。

  18. 韓国人ならチャングムが最初とか言うんじゃないかwww

  19. “麻酔”を思いつく事が凄い。脳神経の概念を持ってないと思いつかないと思う。
    麻酔効果のあるものを自生植物から見つけ出したってのも凄い。
    思いつくのは出来たとしても実現するのは更に難しいから。

    • いやこれは“麻酔”の話ではなく、“全身麻酔”の話だからな
      ただの“麻酔”であれば、もっと昔から使われてる
      つまり“麻酔”の概念自体はとっくにあったわけだ

  20. 母「私で試しなさい」
    嫁「いいえ私が」
    バチバチバチ

    • 怖い((((;゜Д゜)))

  21. 実母とお嫁さんすごい~って思ったら、仲が悪かったのかw
    それでも命と目と引き換えに実験台になってくれたのだから、
    素晴らしいけどね。

  22. あの時代にやってたのが凄いな。

  23. ついつい派手な戦国時代とかに目が行きがちだけど、
    天下泰平の世にも様々な分野の偉人が生まれてるんだよな。
    あんまり学校じゃ教えてもらえないのが残念だけどさ。

  24. 華岡青洲とかガチの偉人過ぎる

  25. 当時は、人体を切る=死ぬって考えだから、治療のために切るってのが
    中々理解されなかっただろうなぁ

  26. バンコクにいたときアニメの竜馬が行くをやっていたな。
    日本の江戸時代とか幕末に興味のあるタイ人も多いのだろうか。

コメントする

反応 日本