親日国タイの反応

タイ人「日本人はどうして食後に「ごちそうさまでした」って言うの?」

 

ごちそうさまでした

日本人が食後に「ごちそうさまでした」って言うのはどうしてか? どんな時に言うのか気になるタイ人が掲示板で質問していました。タイ人の反応をまとめました。

  2015年07月24日の人気記事TOP6

日本人はどうして食事の時に「ごちそうさまでした」って言うの?

バカな質問かもしれないし、そんなのその国の文化だって思うかもしれないけど、理由があるなら知りたいんだ。

それと「ごちそうさま」ってどんな時でも言うのかな?

たとえば、仕事でお客さんと一緒に昼食を食べた時とかにも言うの?

あと、もし一人で食事してる時でも言うのかな?

タイ人の反応

  • 実際のところ「ごちそうさま」は、感謝の気持を表す言葉なんだよ。もし、家族の間で言うなら、ご飯を作ってくれた人、つまり大抵は母親に対して、ご飯を作ってくれてありがとう、という気持ちが込められている。もちろん、言うのは食事を終わった後だね。
    「ごちそうさまでした」 これには「料理を作ってくれてありがとう」という意味がある。
    だから、僕が通っていた学校の教授は、料理人の顔が見える店、たとえば寿司屋なんかで食べ終わってお会計をする時に、板前さんに向かって「ごちそうさま」って言ってから、お金を支払っていた。
    ただ、いまでは「奢ってくれてありがとう」という意味もある。
    あと、ビジネスシーンでの食事の場合、これはむしろ言うべき場面だね。もし、ごはんを奢ってもらった場合なら尚更だよ。食べる前に「いただきます」、食べたあとは奢ってもらったお礼とともに「ごちそうさまでした」 でも、ただ一緒にごはんを食べるだけで、奢ってもらうわけじゃない場合は、言う人もいるし、言わない人もいる。人それぞれだね。

    • ありがとう。機会があったら試してみるよ。
  • 僕も言ってるよ。家でみんなで食事をするときも、お店で食べるときも、食べ終わったら手を合わせて「ありがとう」って言ってる。
    • タイでの話? それとも、日本? あと、誰に手を合わせてるの?
  • 両親や家族が子供の頃から教えている言葉だよ。父親は汗水たらして働いて、家族が食べるためのお金を稼いできてくれている。だから、ごはんを食べる時に父親に感謝の気持ちを込めて「いただきます」 お腹いっぱいになったら「ごちそうさま」 これは両親に「ご飯を食べさせてくれてありがとう」って意味があるの。
    この言葉はいつでもどこでも言って大丈夫だよ。むしろ、とても行儀のいい行動になるから誰も怒ったりしないわ。
    「いただきます」と「ごちそうさま」をちゃんと言えれば、日本人はその人のことをマナーがあって、良い両親に育てられたと考える。そういう人のことを日本語で「れいぎただしい」って言うのよ。
  • とても素敵な文化だよね。
    • 僕もそう思うよ。特に子供が言ってるのはカワイイよね。
  • ドラマの中では子供でも家に帰ると「ただいま」って言っている。
    わたしは挨拶と同じぐらい良い習慣だと思う。
    タイの子供は家に帰ってきてもまるで魂を外に残してきたみたい。
    ごはんを食べても、美味しいか美味しくないかも分からないし、日本人みたいに「おいしい~」って言葉も無い。
  • ご飯に対して感謝の気持ちを表す意味もあるんだよ。
  • 日本人に聞いてみたことがあるよ。その日本人はご飯を食べる時に「いただきます」って言わなかったから。そしたら、日本人もいまはあまり言わなくなってるって。
    • えぇ~、そうなんだ~。
  • とても良い文化だよね。
  • 日本文化を勉強したことがあると。
    彼らはたとえ夫婦喧嘩をしていたとしても、体に染み付いたこの習慣は忘れないんだって。
    ごはんを食べる時、家を出る時、帰ってきた時、必ず言ってしまうんだって。
  • 僕の家ではこう言ってるよ。「食べ終わりました」
  • しんちゃんが家に帰ってきた時は「おかえり~」って言ってるね~。
คนญี่ปุ่นตอนกินข้าว ทำไมต้องบอก กินแล้วนะคร๊าบบบบบ
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(194コメント)

  1. 「御」敬意の相手方を対象とする行為を表す語について、謙譲語を形成する。
    「馳走」走りまわること。用意のために走り回ることから「もてなし」、また食材を集めることから食事、さらにそれをを振舞う意味になった。のちに丁寧を表す接頭語がついて「ごちそう」が定着した。馳走する人や、する相手をうやまっていう。
    「いただきます」より意味は明快だな。

  2. 作ってくれるおかん、その生活のために働いてくれてるおとん、ほかそれをふるまってくれた「人」
    のほかに食材などの自分の糧となってくれた生き物(野菜や肉や魚など)そのもの、
    ご飯を食べられるその日というかあらゆる環境など含む今生きてる人生に対しても
    感謝する意味もあった気がする

    • 自分も親にそう習った。
      食べ物を作るのに関わった全ての人に、そして肝心なのが食材となった命へ対して
      “いただきます”をするって。
      元々の意味は料理作った人への感謝だけ!とか言う人がいるけど、
      そうならば”いただきます”の意味付け加えるべきじゃないか?
      だって、あたりまえだと思わない?食材に感謝するのは。古いことが正しいのだからずっとそれを通すっておかしいと思うよ。

      • オイオイ、嘘を教えるなよ。
        「いただきます」のいただくは「戴く」だから。
        「戴く」とは神々に敬意を表して頭上高くささげる行為ね。
        「いただく」が貰うの意味も併せ持つようになったのは中世からだから。
        中世以前も食事の際に「戴きます」と言っていた事から君の説が明らかに間違っていると判る。

        ちなみに命を貰う説は近年に坊主が言い出した妄言だから。
        日本人なら「いただきます」の語源由来くらいは勉強しろよ。

        • 嫌な奴だな

        • 「語源」
          と、
          どういうふうに広まって、どういった趣旨で使われるようになったのか?
          は全く別物だからね?

          食べた生き物の命そのもの、それを育んでくれた数々の神様
          お米や野菜を作ってくれた農家の人、味噌を作ってくれた人達、
          そして、美味しく作ってくれた人、
          それら全てへの思いを込めて「いただきます」「ごちそうさま」だから。

          言葉の語源だけドヤ顔で語っても意味ない事よ?

          • 嘘を広めないでください。
            今も昔も「いただきます」に食材や調理人に対する感謝とかは一切ありませんよ。
            「いただきます」は糧を与えてくれた神様への感謝の念です。
            キリスト教の食前の祈りと同じ概念です。
            あなたが何を思うかは勝手ですが嘘説を広めないでください。

        • それは様々な説の一つにすぎないから。
          しかも中世とか海外で使ってる時代区分を使う時点で日本の歴史には知ったかなのがバレバレ。

    • 私が言いたかったこと、全部言われちゃった~。(笑)
      そうそう、そんな風に親や先生から教わったんだよね。
      大切な命を頂きます、美味しく頂きましたって。
      命の大切さや、感謝の気持ちを教わったんだよね~。

    • 同意
      食材そのものの命にも感謝するってことなんだよね
      やっぱり日本人でよかったなと思う

    • この一連の流れが日本人っぽくて好き

  3. >>日本人もいまはあまり言わなくなってるって。

    いやいや、それは底辺階層の人間では・・・あるいは偽日本人でしょうか。
    まともな日本人なら、言うべき所ではごく自然に口から出る言葉です。

    • 偽日本人ってより下手すると、
      純日本人でもバカ親に育てられた子供たちは決まってバカに育ち、
      バカとつるみ、バカと結ばれて、バカをまた育てる。
      こうやってバカはバカを大量生産するからまともな方が少数になっていく。
      Twitterとかでバカなことをする学生の周辺の環境はほとんどバカに囲まれている。
      染まらない方がおかしいレベル。
      正しい文化など伝わろうはずもないのよ…

      • 言わなくなった理由は
        ・大家族→核家族化→さらに共働き、で、鍵っ子は言う相手が居ない
        ・外食で「対価を払ってるんだからねぎらう必要がない」という発想
        ってのがよく挙げられるね。
        底辺とか文化が伝わらない、というより、
        コミュニケーションそのものの消失って気がする。
        偏見まみれに言えば…
        自由と独立を身勝手な解釈で主張し実行した団塊世代が悪いw

        • 特定の世代が悪いわけでもありませんね。それぞれに、です。
          なぜ、こんな風に誰かや何かのせいにする人が多いのでしょう。

          言わなくなった理由として挙げられているというものも、
          これが本当だとしたら呆れます。意味すらもわかっていない。
          大人は正しく教えましょう。教わらなかった者はいちいち
          人のせいにしないで耳にした時から学び始めましょう。

          • いや、ところがその『大人』が本当に意味を知らなかったりするんだなこれが。
            意味を知らないから大したことじゃない、として教えない。
            教えないからそこから下の世代は『知らない』に変わる。
            そもそも知る機会さえなかった世代をもって『それぞれ』で悪くしちゃうのは気の毒だろう。
            文化っていうのは、存外『隔世』で伝わることが多い。子供のころに昔話をしてくれるのは、両親よりも祖父母だろう? つまり核家族になって数代もすると、結構色々な文化が衰弱するんだ。
            その意味では、確かに悪かったのは特定の世代というよりも巡り合わせではあったかも知れない。
            でも同時に、子供の躾けや教育は親の義務だからね。
            それに、団塊の世代が自由と独立をずいぶん身勝手に解釈したのはまぁ、事実だ。
            これは戦後教育がアメリカ主導の『個人主義』になったことに由来するのだが……
            ま、悪者捜しをするとどこまでもグルグル巡っていくけど、『偏見まみれ』と分かっているなら、上記の解釈は大間違いでもないと思うな。

        • >自由と独立を身勝手な解釈で主張し実行した団塊世代が悪いw

          これってGHQが家督制廃止して日本の家族制度を崩壊させただけ

    • いまはあまり言わなくなってるなんて、勝手に広めないで欲しい。
      自分は子どもを持ってるけど、いつも言うように躾けているし自分自身も言う。
      外では言う人も言わない人もいるけど、言う人の方に好感を持つな。

      • 挨拶は大事だよね
        小さいころからの習慣がつけば自然にいうようになるよ
        周りの大人がやってるのを見せるのが一番いいよね

        我が家はとくにごちそうさまは箸をきちんと揃えて手を合わせてするように言ってる
        しない人が増えてるってのはあるかも…親や周りが教えてないんだよね

      • 上でもタイの人が言ってくれているよね
        「ちゃんと言えれば、日本人はその人のことをマナーがあって、良い両親に育てられたと考える」

        言えないのはきちんと躾をされなかったか、自ら拒否している人だと思うよ

      • 以前、どこかのまとめ見たら外食では言わないというより言う必要がないとか言ってる奴多かったけどな
        言うにしても食べ終わったらその場で言うのであってレジ等の店員に言う必要ないって
        気持ち的にはどちらも必要だとは思うが

        話は全く変わるが、引っ掛けた女を喰った後、目の保養をした時も口には出さないがこの表現が当てはまるよな
        不純な意味で

        • 自分は買い物でお金のやり取りをするときには決まってありがとうと言うので、
          外食時には、よりその場に合うごちそうさまを言っている。
          毎回深い意味を考えて言うんじゃないけど、条件反射で口から出るんだよ。
          親に躾けられた覚えは全くないんだけどね(笑)

    • まともな日本人なら、偽日本人や底辺階層の人間などという下種な物言いはしませんよ。

      • よくぞ言って下さいました。(笑)
        まったくですね、どうしてそこまで攻撃的な発言をするのかと思います。
        何がしかの不満をぶつけているのかも知れませんが、ネット特有の暴力ですね。

        • ネットのきつい物の言い方なんて面と向かって話すのとは違うんだから当たり前
          こんなでも諸外国の掲示板に比べれば日本人はやわらかい物言いですよ?
          暴力でも何でもないし、あなたらのは只の言葉狩りでしかない
          認めたくないのでしょうが底辺は底辺でしかない

    • 「他人と食べる時」とかは自然と口に出る人が殆どだろうが、
      今や殆どの人間が社会や大学に出ると同時に一人暮らし。
      そういう時期に一人で食事を取ることが増えると、誰に言うでもない「頂きます」「ごちそうさま」を一人の部屋でぼそっとつぶやく事に対して抵抗を持つ人間は多いだろう。
      それはどんな金持ちだろうとどんな育ちの良い人間だろうと底辺だろうと関係無いと思うが。

      • ほんとそうだと思うなぁ
        一人暮らしのとき家で一人で食べる時はあまり言わなかった。
        今まで言えば返ってくる声があったのに一人だと何もないからやっぱ寂しく感じたね。

        • 私は一人でも言ってるよ

    • 完全に同意。
      「日本人」とか「いまは」とか一般化しようとするあたりが頭わるそう

    • 外での話じゃねえの。
      何を熱くなってるんだか。

    • 底辺かどうかは知らんけど、単純に「育ちが悪いなあー」とか「親の躾がなってなかったんだなあー」とは思うよ。

    • いただきますって 家とかではいう時あるけど外であんま言わねえだろ
      外で言ってるやつ見た事ねえわ

    • 一人暮らしだと言わなくなるね。
      「ごちそうさま」は飯屋でもいう機会があるから自然とでるけど、「いただきます」は一人だと言わない。

  4. 最近「金払ってる客なんだから御馳走様を言う必要無い!」と、子供に言う親が居ることが怖い
    それでは自分ひとり金の力で生きている様に勘違いしかねないから、社会性も協調性も育たない
    他の命や力で、日々生かされてる自覚さえあれば、感謝の気持ちは自然と湧き出るものなのにね

    もう終ってしまったけれど「ごちそうさん」は食育ドラマだったと思うw

    • いるいる、我が家に…
      お金を払っていようが、サービスに対して、
      感謝するのは当たり前だと育てられた自分には、
      こういう価値観の人もいることに衝撃だったわ
      全てのことに対して、お金を払ったのだから、
      「お礼を言う必要はない」なんて考えだよ
      「売ってくれてありがとう」という感謝もない
      「買ってあげている」という上から目線なんだと思うわ

      • 取引は対等、ってのを忘れてる人間は多いからね。
        『お客様は神様』って売る側のサービス精神を見て、勝手に神様になった気分の人間だ。
        確かに客はお金を払う、だが、店は同時に商品を差し出す。
        双方は等価だから取引が成立するのであって、片方に偏ってれば取引はされない。
        『買ってあげている』なんてのは、値札見て『二倍出してやろう』って人間しか通せない筋だね。

    • 「お客様は神様だ」というけどこれは商売する方の見解であって客がこの思想を振りかざして客なんだからなんだって許される!お金払ってるから好き勝手にしていいだろう!など勘違いしている人間がたまにいるからね
      教養って大事だわ
      自分ひとりじゃ生きられないということを肝に回りに感謝することを忘れずに生きたい

      • まぁそもそもお客様は神様ってそういう意味で使った言葉じゃないしね
        恥さらしどもが自分の素養のなさを自己正当化するために、言い訳がましく意味を改変して使ってるから始末が悪い

      • お客は神様かもしれないけど、私はお前の奴隷ではない!!って思ってる。

  5. 飲食店では言うけど、いつの間にか家では言わなくなったわ
    ウチだけなのか?みんな毎日言ってるのか?

    • 家で言わなくなる方がおかしいだろ。お店で言わなくなったの間違いだろ?

      • ごめん、自分も家で言わないけど外で言う
        自分でご飯作ってるからなんか言いにくい

        • 自分も外食では言うけど、家では言わない時があったわ
          実家時代→言う
          一人暮らしの時→言わない(一人で言うのも空しいから)
          子無し時代→言わない(自分で作っているのでなんとなくいいづらい)
          子供生まれてからは教育の為に言ってる

        • 自分で作ってるけど、命を頂くことに感謝して言うよ。

    • 同じく
      外面だけいいのかな(笑)
      外食したら自然と出るわ

  6. 一人で飯食うから言わないけど誰かと一緒に食う時は言うかな

  7. メシオゴって貰った時はオゴってくれた人にも「ごちそうさん」って言うね
    もちろん「ありがとう」って意味だけどね

  8. 俺は一人でもいただきますは言うなあ

    • 「いただきます」は、「私の糧として【あなたの命を】いただきます」ってことだからね。
      俺も言うわ。

      • そんなの俗説、なんの根拠もないだろ

        • 切って捨てるのは簡単だ
          しかし動植物への感謝の気持ちを込める事まで反対はしないよな?
          一人暮らしで自炊してるオレはむしろこっちがメインでいただきますする

        • 感謝の気持ちが大事なんであって
          この場合根拠なんてどうでもいいだろw

          ごくせんでも全ての命に感謝していただきます
          って宇津井さんが言ってたな。あーあ宇津井さん(´;ω;`)

          うむ。一人暮らしでも「いただきます」「ごちそうさま」は言うわ

        • 根拠も何も・・・俗説じゃありませんので。
          これが本来の由来ですから。親御さんや調理人等への感謝は
          そもそもに当たり前のことでしたので、こっちの方が
          後付けですよ。なので、一人でも言うものです。

          • だよなぁ
            最近もともと梵語からきているって理解の足りないアホが、知ったかぶってないことないこと広めて悦に入ってる様をよく見るわ
            同じ日本人として恥ずかしいから、発言しない努力を怠らないでほしい
            無恥無学晒すのは個人の勝手だけど、見る人間からしたら不愉快であるばかりでなく、社会的に見れば信じる人間もいて大きな損失なる

        • そう突っ込みを受けているが、元を辿れば神道の神事に行きつく文化だ。
          神道ではすべての存在には神が宿っており、料理にも神が宿るとされた。
          食事とは『神と一体になる』という神事であり、作法の『一拝一拍』は神社で行われる『二拝二拍手一拝』と同種の物だ。
          『いただきます』というのは食前に神様に捧げる和歌が省略され、挨拶だけになったもの。
          ちなみに食前食後、両方に和歌がある。こんなのだね。

          食前

          静座一杯一拍手

          たなつもの百の木草(もののきぐさ)も天照す

          日の大神の恵みえてこそ(いただきます)

          食後

          端座 端座一杯一拍手

          朝宵に物くふごとに豊受の

          神の恵みを思へ世の人(ごちそうさま)

          まぁ、これは文化の源流で、その後『いただきます』という挨拶が主流になったのは、神と一体になる、他者と一体になる、というのが、相手の命をいただく、ということに繋がったからと思われる。
          一神教では『日々の糧を与えてくれる神』に感謝する祈りを口にする。
          一方、万物に神を見た日本では『食事と食材その物への感謝の祈り』を口にする。
          結構面白い文化的考察が出来るテーマだと思うよ。

          •  書こうと思っていた内容を書かれてしまっていたので追記。
             日本での「食事」とは、「共食」と言って「神様と共に食事をする」という意味。つまりその場に神様がいる・・・ということ。現代でも神社で厄払い等を行うと最後に食事が振る舞われる。忙しいからと食事をせずに帰ってしまう人がいるけれど、この食事をするという行為までが神事に含まれているので注意が必要。
             本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)と言って、元々神道の世界に仏教を導入したのであるが、その時に坊さんが勝手な解釈を付け加えてしまった。もっともらしい解釈を。「いただきます」も「ごちそうさま」も、『神様』へ対する祝いの言葉だということを理解する必要があると思う。このような精神を今の日本人は失って・・・教育によって/俗説によってねじ曲げられて・・・しまっている。

             このことの理解は非常に重要なのですよ。だってさ・・・その神様が・・・太陽の化身が・・・現実に日本社会に生きていらっしゃるわけですから。「越前/越後」「肥前/肥後」「近江」など、地名にさえ現れる 前や後/近い遠いの基準は、太陽の化身様がいらっしゃるところから近いか遠いかで決められたのですから。「地名の命名権」は神様が持っている特権。←それを日本で始めてくつがえしたのが織田信長。岐阜を地名に名づけた。

             ・・・というように、ほんのちょっとしたことでも日本文化とは深く、様々につながっているわけです。GHQは日本人とその神様のつながりがあまりに強く深いために祝日の名前を変えて、祝日の本来の意味/理由を日本人が忘れてしまうように仕向けた。

        • 俗説ってw
          一番一般的な考え方でしょうに。

          • バカは喋るなって

      • 嘘を広めないで
        戴くの語源を調べてください

  9. 普通は習慣化してるから、意識しなくても出るものだと思うんだけどなあ
    まあ意識したほうがいいんだろうけどw

    • 俺もだ。
      殆どの日本人がこれだと思う。

      元々の理由はしっかりとあると思うが日常で思い返す事は殆ど無い。

  10. その一膳を食べるまでに関わった全ての人・全ての食材に
    感謝の心を込めて「ごちそうさま」

    うん、いい習慣だね

    • 馳走は奔走すること
      ごちそうさまは私をもてなすために奔走してくれてありがとうという感謝の言葉
      食料生産に携わった人々や食材の命にまで感謝なんて大袈裟すぎ

      • いただきますとごちそうさまは
        食事に関わってくれた方への感謝と食材への感謝だよって
        教えられたんだけど、別に大げさとは思わないよ。

        そこに感謝するかしないかなら
        自分はしたいと思う。

      • どれだけ走り回ろうが探そうが何をしようが、その食材を得られないって時代を知らない裕福な生活が当たり前な世代の言葉だねぇ

  11. むしろ仏教徒のタイ人には理解しやすいんじゃないかと思ったけどなー。

    • うんw
      タイでは言わないらしい?ことを知ってびっくりしたよ、今

    • 小乗だからねえ。考え方が違うから理解できないのも仕方がないよ

  12. いただきますの方だったっけ、作物を育てた農家さんとか、
    魚をとってきた漁師さんもそうなのかな、に対する感謝、も含まれると昔聞いたような
    確かにそういう精神が失われてきているかも
    「対価(金)払ってるんだから、感謝は不要」的な…

  13. 自分の体、命がとても素晴らしいものでできてると感じることができるから
    いただきます、ごちそう様は必ず言いましょうと教えてくれたのは
    小学校の先生だったかな

  14. 確かに外食なんかで見てると、いただきますもご馳走様も言わない人が多い気がする
    1人で食べてる奴は特に言わない傾向にあるな

    • 若い時は、家では言うのに外食で一人の時はなんとなく恥ずかしくて小さな声でさっと言ってたな
      一人の時にいうと、かわいこアピールに見えるって言う人もいるから・・・
      今は平気だけど

  15. 外でも、一人でも、言う相手がいなくても、
    「いただきます」と「ごちそうさま」は絶対に手を合わせてする
    自分でも何でかよくわからないけど
    やっぱり食べ物に感謝してるのかな

    おごってもらった時なんかに挨拶として言う「ごちそうさま」とはまた意味が違うなぁ

  16. なるほど・・・ 違和感の謎が解けた。
    良く目にする「コンビニでありがとうって言うやつ何なのwwww」とか、見てて違和感があった。
    無意識に出てしまうから何の違和感もないし、思い返せば感謝の気持ちをぽろっと口に出していただけだった。
    まぁ躾で物心付く前からそう育ってきたから疑問にすら感じなかった。
    教育や躾は大事って事かな?

    要求ばかりで常に自分は特別だと勘違いしている国の人には理解出来ない事なのかもね。
    してもらうのが当たり前の国なら特にそうだし、反日教育を受けると生来魂に刻み込まれて記憶が伝染する政策って心底糞ですね。

    極全うな事を躾けたり教育するなら兎も角、恨みを魂に刻むって腐り切ってますね。

  17. 口には出さんけど心の中で言ってるわ
    命で命を繋いでるからいただきますとごちそうさま言ってるなぁ
    一番長く続いてる習慣かもしれん

  18. 1人の時は、声には出さないかなw
    でも手は合わせるし、心の中でいただきます、ごちそうさまでした、を言う。
    最低限のしつけだ。

  19. 自分の食事のために犠牲になった動植物に対しての感謝も入ってるよ
    だからたとえ一人でも いただきます ごちそうさまでした の感謝の挨拶は欠かさない

  20. 日本人ならDNAで備わってる事柄だと思うんだけど、食材に対する感謝って
    そういうのがないので日本人のフリしてるのが在日テョンなんじゃないかな

    • むしろあなたの理解が間違えていますよ
      「いただきます」に食材(笑)に対する感謝とかは一切ありません
      戴くの語源を調べてください
      日本人なら直ぐ自分の誤りに気付く筈です

  21. 作ってくれる人にもそうだけど
    生き物の命を奪ってるから
    そういう意味で自然に対して言ってるんじゃないかな

  22. 会計前の「ごちそうさま」は、
    支払いしませんと宣言してるみたいで言わない方が良い時もある。

    タイ人に微妙な空気がわかるかな?

  23. 俺ずっと思ってるんだけど奢ってもらったらありがとうじゃないの?
    それと、いただきます、ごちそうさまを言わない奴はどうしてそこにその食べ物があるのか考えたこともない生物として欠陥がある生き物ですらない何かだろ

    • たしかにw
      奢ってくれた人にありがとう、で料理人やウェイターなどにはご馳走様、って挨拶するかな
      挨拶っていうとおかしいけど

    • 両方じゃない?
      俺はありがとうございますもごちそうさまでしたも両方言ってたわ、くどいかもしれないけど

  24. 料理人への感謝もあるけどそれだけじゃないよ
    その食材を育ててくれた人、さらにはそれに関わる神様に「美味しいものをありがとうございます」という意味で言う
    また、命を頂いて活かしてもらっている食材自体に対する感謝の意味でもある
    外人にはなかなか理解できん考え

    • 外国人は神様には感謝してるんじゃない?

    • そんな意味は一切ありません
      「いただきます」も同じく神への感謝の念です
      戴くの語源を調べてください

  25. 店でメシ食った後「ごちそうさま」とかいうやつwww
    …みたいなスレを立てたりして嘲笑する風潮をつくるようなバカがいるから
    特に若い子達はそれが恥ずかしいと思い込んだりするんだろうな
    あと、上でも言われているような馬鹿な親の存在とかね

  26. 売り手「お買い上げありがとうございました」
    買い手「ありがとう」
    これが等価

    売り手が商品を売る
    買い手が商品を買う
    これが等価

    • その通りだと思う。
      そこに店が無ければ商品を買えない。
      商品が売れなければ店は成り立たない。
      お互いに相手を必要としている。
      お互いに感謝しあうのは自然だと思う。

    • 同感。
      どちらが偉いってことはないと思う。

      店員に偉そうにしてるのを見ると、
      自分はつい、その人への評価が下げてしまう。

  27. 食後に「ごちそうさま」に該当する言葉を言う文化がどのぐらいあるか調べると
    面白いかも
    西欧には食前の祈りはあるけど食後の祈りって聞かないような?
    アジア圏はそもそも「いただきます」を言うのか?
    日本ではいつからそういう習慣が出来たのか?江戸あたりかな?

    • 言ったり言わなかったり地域や家庭でバラバラだったのが
      食料がより大事なものになった戦時中に学校教育で・・・って
      どこかで読んだ事あって
      意外に最近なんだなぁって思ってびっくりした記憶がある。

  28. あのさぁ・・・
    習慣の有無や形式の違いがあるだけであって、食物が口に入るまでの課程を考えない人なんて居ないと思うよ。
    外人には理解出来んだろうね、みたいな言い方は流石にバカにし過ぎじゃないかね。
    言葉や行動に出さない=考えすらない、だったら建前だらけの日本はどうなのよ。

  29. 料理というのは本来ハレの日に出される特別な物で、日常の食事とは別物だった。
    「いただきます」や「ごちそうさま」もそういったハレの場での料理のもてなしに対する主への感謝の挨拶が、明治以降の学校教育で食事の際のマナーとして取り入れられていったものであり、食材への感謝というのは的外れ。

    • 「いただきます」や「ごちそうさま」がハレの場での挨拶だったかどうかは私は全く知らないので肯定も否定もしないけれど、明治以降の学校教育で食事の際のマナーとして取り入れたのなら、大変良かったと思う。
      本来の日本人の生き方は神道、アニミズムでみんなに神様がいるから、親や、作ってくれた人他、食材にも感謝だと思う。仏教も似た感じだし。
      相手が嫌だと言えばどんなにお金を出しても物は買えないのだから、売ってくれてありがとうねの気持ちも日本人だからだと思う。おかげさまも、周りに感謝感謝の日本人の心だと思う。素晴らしい生き方だと思う。

    • 明治のマナー教育がこうだから、だからそれは間違ってる!と現代のあいさつに盛り込まれている教育的意味合いを否定する必要はないと思う
      少なくとも現代ではふるまった主人への感謝だけでなく、食べ物を粗末にしない気持ちを盛り込んで教育されているものだと思うけど

  30. 感謝の言葉を述べるという謙虚さを語っているはずなのに※欄の鼻につく傲慢さがたまらない

  31. 自分で飯を作る様になれば “いただきます。ご馳走様でした。” って意味が本当にわかるように思う。
    基本的には子供の頃からちゃんと躾されてたかどうかだけど。

  32. >家に帰ると「ただいま」
    「ただ今無事に帰りました」の略だよね。一人暮らししてた時も言ってた
    昭和50年代に「まんがはじめて物語」を観てた世代的には「ただ~いまっと♪」

    • はは、そう言えばモグタンだっけ?
      言ってたよねw
      あのシリーズを見ていた頃が懐かしいわ。

      ちなみに、「ご馳走様」の由来は、
      食材を集めに行ってくれた人と食事を用意してくれた人に対する感謝の言葉だよ。
      漢字を見ればよく分かる。「馳」は馬を走らせるって意味。
      だから、馳走は走り回るって食材を集める意味になる。

      ただ何の意味も無く言っている言葉じゃないんだよ。
      今と違って、自分で獲物を捕らえ、物を遠くまで買いに行く時代は、
      食事をするのも簡単じゃないから、それを集めてくれた人や作ってくれる人を労う言葉です!

    • いってらっしゃい は、行ったら帰ってきなさいの意味ですね
      いってきます も、同じ意味です

      アムロいきますっ は、帰らぬ覚悟を持って行くと、私は捉えています

  33. 店で一人で食うときは「いただきます」は言わねぇな
    セルフで食器返す時なんかは店員に「ごちそうさま」は言うようにしてる

  34. そもそも、おはよう、こんにちは、こんばんは、いただきます、ごちそさま、という概念そのものが無い民族がけっこういる(・ω・)。
    タイ族、クメール族とか、それ。

    サワデーカッ、は最近できた言葉で、タイの民族的なくだけた挨拶は、ごはんたべた?、だ。

    余談。
    タイの小中高学校にチャイムはない。

  35. 誰々が悪いとか底辺論ってとても嫌だな
    そういうことを言う人が本当に感謝の心を伝えられているのか疑問だ

  36. やっぱり料理を作った人に対して言う言葉というのは違和感がある
    その理屈だと料理した人は「ごちそうさま」と言わないことになる
    だから食べ物に対して言う言葉が一番近い答えなんじゃないか

  37. 「いただきます」「ご馳走様」「ありがとう」とか対価を払ってるのだからいらないと言う方々は
    言われたことがない人が多いのかもね。

    少し脱線するけど、この論争はあれに似ている「個人の権利ばかり主張するが、個人の義務はしない」に似てる幹事を受ける

  38. 馳走という言葉がないの?タイには
    なんで誰も馳走のこと言わないんだ
    確かに感謝の意味も込められているけど
    肝心の文字の意味を誰も説明しないのに違和感

    • つ>57012
      最初に言ってますよ

  39. 「いただきます」とか「ごちそうさま」は感謝の気持ちもそうだけどそれ以上に、神道的な区切りのイメージなんだよな。神社のしめ縄みたいに領域を区切るなにか。

    食事を前に手をあわせて「いただきます」をすることで「食事モード」というか、よしこれから気合い入れて味わうぞって感じになる。
    食い終わったら「ごちそうさま」で「食事モード」終了。
    なんというかちょっとした儀式をやってる気がして結構好きなんだよね。
    なので自分一人だけでも必ずやるよ。まあこれは俺だけかもしれないw

  40. 一人暮らしが長いせいか食材への感謝としての「いただきます」「ごちそうさま」しかしてなかったわ
    人にも感謝しなきゃいかんわな
    ちょっと反省

  41. 食べる為に、生きている鶏を絞めて、血を抜き、羽を取り、包丁を入れる。
    自分の手でやらなくても、一度でもこれを見た事のある者は、
    自然に自分の両手を合わせて「いただきます」をする。

  42. タイや海外って食べる前の挨拶ないのか
    今初めて知ったわ

    勉強になった、ちょっと意外でビックリした

  43. これからの子供たちには教養を是非身につけて貰いたいものだ。無教養の自分が恥ずかしい。

  44. いただきます
    召し上がれ

    ごちそうさまでした
    よろしくどうぞ

    ウチこれなんだよな
    よく考えたらおかしいんかな?w
    風呂でも「上がりました」「ハイよろしく」ってやるわ

    • よろしくどうぞ、はい宜しく は少なくとも一般的ではないと思うぞww

    • 自分「いただきます」
      作った人「召し上がれ」

      自分「ごちそうさまでした」
      作った人「お粗末さまでした」

      我が家ははコレなんだけど

  45. 犠牲となった食材に対する感謝、って一段深い考えはやっぱ外国人には
    浮かばないのかな
    金稼いだ親とか調理した料理人とか、浅いコメントばっかり

  46. 何か自分が1つ上の日本人で他を下げてみるコメントしてる人多いけど自分のコメントを客観的に見直したほうがいいよ 日本人として恥ずかしい

    • ほんとこれ
      語源だの由来だの知ったかぶってて、見てるこっちが恥ずかしくなる。見え張りたいのかもしれないが自重しろ。

  47. しんのすけのは「お前が言うんかい」ってギャグだからな
    そうか、そりゃ外国人から見たら間違った知識になるわな

  48. ごちそうさまとか、感謝の言葉は目の前の人に対して使う
    生物をシメてくれた人、運んでくれた人、食材の感謝も直接本人に伝わらなきゃ無意味な自己満足の偽善
    だから料理人が奥にいる時や一人暮らしの時とかは使わないなあ

    • 自分は一人暮らしの時にも言ってたかなぁ・・・

      実家が農家だったせいか、人に対する感謝というより食材や大地そのものに対して感謝している感覚がある。

  49. マナーとは違う話ですが。
    日本には言霊の精神があって、「ごちそうさま」ということで満腹感を得られ、食べたものも体内で十分な働きをしてくれるそうです。
    一人で食べた際にも口にしたほうがいいですよ。

  50. 目の前の食べ物=命に対する感謝の気持ちだろ。
    料理を作った人への感謝じゃねーよ。

    余談だが、
    以前「給食費を払っているのだから、ウチの子に”いただきます”を言わせるなニダ!」
    と寄生朝賎人のオムニが発狂するという出来事があった。

    そして「いただきますは食べ物に捧げる感謝の言葉ですよ」と説明されたのだが、
    「恥をかかされたニダ! これは差別ニダ!」と自分の間違いを棚に上げて怒り狂った。

    それからである。
    給食費の支払いを拒否する寄生朝賎人の親が続出したのは。
    そしてそれは未だに続いている。

  51. 「ご馳走様でした」は馳走の意味の通り、その食材を調達してくれた方々や、食事を作ってくれた方への感謝の言葉だよね。

    「いただきます」は、その食材の命に対する感謝の言葉という説がよく知られているが、正確に証明する資料がないので俗説の域を出ない。

    仏教では食前の合掌とお祈り、そして合掌と共にこれらを言うのが正確な作法で、食事を恵む御仏に対する敬意の表れなのは確か。
    この作法が一般人に広まったんじゃないかな?違うなら「合掌」は広まらなかっただろうし。
    食材の命~説は後世の神道か浄土真宗が創作して、アニミズム的な日本古来からの神道の価値観とうまい事くっついたんだと思う。

    ただ私が言ってるのはあくまでも「いただきます」という言葉の起源であって、上に書いた「アニミズム的な日本古来からの神道の価値観」に、この「いただきます」の言葉と仏教の作法がくっついたと考えている。

    よく価値観もひっくるめて俗説だと言う人がいるけど、価値観はあったよ。
    なにせ八百万の神々の国だからね。鯨神社なんてのもあるんだ。

    こういう価値観を受け継いできたハズの日本人でも、食うに全く困らない時代になると、残念ながらこの価値観は廃れてくるんだろうね。

  52. 人に感謝もそうだけど、食べ物自体に感謝の意味もあるよね。動物や植物を犠牲にしているわけだし、それを作ってくれたお百姓さんたちに感謝もあるし、調理してくれた人に感謝もある。
    ただ言うだけじゃなくてこういった意味をちゃんと説明できる大人になりたいな

  53. 作ってくれた人に対する感謝だけだと思ってるのか……
    殺した生き物への感謝の意味もあるのに、全く語られてない

    • ほんとに・・・
      どちらかというと動植物の命へのお礼がメインだとずっと思ってた

    • そうなんだよ、日本人ですらその感覚なんだよ。だから「俺はカネ払ってんだから
      感謝する必要ない」とかおバカな勘違いを晒してる無教養のバカがいるんだよ。
      ぶっちゃけ、「作ってくれた人への感謝」なんてのはむしろ1番端っこ部分。
      肝心な部分は「食材になってくれた生き物への感謝」、そして神様やお百姓さん
      って順番。こんな事は、「普通の日本人の感覚」なら言うまでもない当たり前の
      感覚なのになぁ。

      ま、そんな「日本人の感覚」が分からない連中がマスコミやら教育の現場で
      我が物顔で間違った知識を広めたお陰で、オバカな日本人が出来ちゃったんだ
      けどね・・・。そのマスコミ・日教組のデタラメを信じておバカになって、
      しかもその間違った知識を次の世代にまで伝えた段階世代の罪は大きいと思う。

      そもそも、いくらマスコミや学校でデタラメな知識を教わっても、それを
      「間違ってるよ」と教えてくれる祖父母がいれば大丈夫なんだけどね。そう
      いう事を出来ない無教養の一族で育った人間はダメだね。カネの有る無し
      じゃなく、そういう事を出来て無いヤツの多い事多い事。育ちはカネで
      買えないからね。育ちが悪いと、それは一生治らないし次代にまで悪影響
      を及ぼすからね。

  54. ばーちゃんから、ちゃんと言わないとダメだと言われ、
    それからずーっと、「いただきます」「ごちそうさまでした」を言っております。
    なんか、言ったほうが、気分的に良くなるから・・・・・
    キリスト教の友達の家は、もっとすごかった。
    家族でお祈りするんだけど、長かったなあ・・・・・ふえーー
    ありゃ大変なので、おれんち「いただきます」で良かったなあと思った!!

  55. 昔新聞の投書欄で旅行先のタイで「いただきます」を言わずに食べ始めたら、「お前は本当に日本人なのか。日本人は食事の前にいただきますを言うと聞いていた」と言われて赤面した話があったな

  56. 例えば料理を作ってくれた人、食材になってくれた動植物、おごってくれた人、に感謝を示す言葉だよ。

    料理を作ってくれた人やおごってくれた人だけでは不十分な感じがする。
    昔そうやって教えられたから。

  57. 「いただきます」は正式には
    たなつもの 百の木草も 天照す 日の大神の 恵えてこそ
     と唱えた後で「いただきます」と続きます。つまり、ここに「いただきます」の
    中身があります。

    「ごちそうさまでした」は正式には
    朝宵に もの食うごとに 豊受けの 神の恵みを 思え世の人
     と唱えた後で「ごちそうさまでした」と続きます。本居宣長で要検索。知っておいた方が良い知識です。

  58. ああ・・私も家に帰って来てから「おかえり~」って言ってるw
    そして家にいる家族も「おかえり~」と言うw

  59. 日本では人は大自然によって生かされてるという考え方から、動植物全ての命に感謝をする
    ここらへんは神道を理解していないと分からないだろうな

  60. 仕事仲間でクリスチャンのタイ人と食事したことあるけど
    いつもタイ語で食事前に感謝のお祈りしてたな。つられてこっちもつきあったよ
    いただきますのロングバージョンと考えればいいかなぁ、と

  61. テレビ番組で物を食べる時に「いただきます。」「ごちそうさまでした。」を言わない芸能人が不快でならない。

  62. 米という字は、米を作るには八十八の手がいる、大変な苦労をして農家の人が作って、流通して、料理されて口に届く

    米だけでもそれだけの意味がある

    ご馳走様は作ってくれた人だけではなく、全てに感謝する言葉

    ただいま おかえり いただきます ごちそうさま おはよう おやすみ 
    こういう言葉だけじゃなくて、出来ればバス降りた時とかに運転手さんにありがとうとか
    ありがとうが恥ずかしいならせめて会釈なりどうもとかからでもいいので
    日頃から周りと良い関係を築きたいですね

  63. 「いただきます」は恵みの神様とお百姓さんに
    「ごちそうさま」は料理を作ってくれた人に

    と 親から教わったが

    • 確かクリスチャンの食事前のお祈りは天におられる私達の父よ
      皆が聖とされますように
      みくにが来ますように
      御心が天に行われる通り、地にも行われますように。
      私達の日ごとの糧を今日もお与え下さい。
      私達の罪をお許し下さい私達も人を許します。
      私達を誘惑に陥らせ得ず悪からお救い下さい。
      アーメン
      だから食事は、食材に感謝をするより神様に感謝をする感じだから無理もない

      • 農業者にも感謝しろよと横やりを入れたい感じだね
        でも外国人にはお金に感謝が付随しているから
        改めて感謝する必要が無いって考える人も多いんだよな
        文化の違いだね

      • ユダヤ教から伝統だろ
        例えば誰かに助けてもらっても、神よ感謝いたします!と言うんだぜ
        日本に住んでる脱ユダヤ教の著名なユダヤ系が
        それ俺のお陰だろ!神にでなく俺に感謝しろ!と怒ってたw

      • 日本の「いただきます」も全く同じ意味ですよ
        「いただきます」に食材(笑)に感謝とかそんな意味は一切ありません
        「いただきます」は糧を与えてくれた神への感謝の念です
        戴くの語源を調べてください

      • それ主の祈りだよな?俺は礼拝の中で祈るだけで、食事前は祈らない。食事前に主の祈りするのか、知らなかった。

        俺の教会はこう、言い方は違うが意味は同じだと思う。
        天にまします我らの父よ
        願わくは御名をあがめさせたまえ
        御国をきたらせたまえ
        御心の天になるごとく 地にもなさせたまえ
        我らの日用の糧を今日も与えたまえ
        我らに罪を犯すものを 我らが許すごとく 我らの罪をも許したまえ
        我らを試みにあわせず 悪より救い出したまえ
        国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり
        アーメン

  64. 子供のとき学校で教師に「手を合わせていただきますというのは
    政教分離に反する」と言われて合掌が禁止になったw

    今思えば日教組は本当に腐ってるな

    • それモンペじゃなかったか?
      給食費を払ってるのに、いただきますと言わせるなんて許せない!! みたいな話
      2chの記事で見たぞ

  65. いただきますとごちそうさま
    用意ドンとゴールみたいなもんじゃね
    と考えた俺は異端

  66. 俺も食事の時は必ず言うよ。料理を作る人が喜んで、こちらも気持良くなるからね。いただきますっていうと、残さずに食べようという気になる。

  67. 社員食堂では心の中で言う。家では声を出す。普通だよね?

  68. 信州では、「いただきます」「いただきました」と言う。共通語の「ごちそうさま」よりも気に入っている。

  69. もう既にさんざん突っ込まれてるけど「ごちそうさま」と「いただきます」は、神道の言葉で、
    アマテラス大御神とウカノミタマへの祝詞だよ
    想像で書いてる人がいるが、普段からそう適当な知識をペラペラ海外の人にしているのかともうとちょっと怖い…
    父や母やお百姓さんに感謝してもいいけど、その前に神様だろ
    ・たなつもの百の木草も天照す日の大神の恵えてこそ→いただきます!で合唱(アマテラス様へ)
    ・朝宵にもの食うごとに豊受けの神の恵みを思え世の人→ごちそうさま!で合唱(ウカ様へ)

    • 投稿した瞬間気付いたがウカノミタマじゃなかったわ
      トヨウケ姫の方だわ。失礼しました

  70. 外食や1人飯の時は心のなかで言ってるよ
    作ってくれた人や奢ってくれた人に「いただきます」「ごちそうさまでした」を言うならともかく
    血肉になってくれる食べ物に対しての感謝を表す意味だったら、別に言葉に発する事もない

  71. 一人で食べるとき、特に外食するときはなんとなく気恥ずかしい気がするけど
    物心つく前からの習慣だから、やっぱりついやってしまう。
    定食屋で周囲を見ていても、黙って手を合わせている人は結構いるよ。

    あるとき定食屋で近くに座っていたおじさんが、食べ終わったあと
    おなかをさすりながら、ふーっ、うまかったぁ、あーうまかった、ごちそうさん、
    と一人で言ってるのを聞いて、なんとなく顔がほころんでしまったわ。

  72. 米一粒にも88人の神様が…(人数には諸説あるみたいだけどうちは88人)って話は出てないのね~
    ちょっと残念。
    子供心にあんな小さい所にどうやって…それに神様食べてるってこと!?と不思議に思ったものだったわ~

    • ウチは7人だよ。

  73. 仏教徒なら共通の認識かと思ってた>食べ物には感謝の心
    なんか意外

  74. めんどくせぇな
    感謝の表し方も、そこに込められた意味も人それぞれでいいじゃん
    「私はこういう風に考えて行っている」というのは立派だと思うだけど
    それを一々否定している奴って何なの?

  75. 家でいただきますは言うけどごちそうさまはあまり言わなくなってしまった
    外では逆にいただきますは言わないけどごちそうさまは店の人に言うかな

  76. 最近は家でもあまり言わなくなったなぁ 忙しいと忘れる。。
    その代わりと言っちゃなんだが外でも家でも手をあわせて感謝するのは忘れない
    そとで言うのはなんか恥ずかしいなって人はこうするといいかもしれない
    大切なのはいう言わないではなく感謝することと気持ちだろうしね^^

  77. 一人の時も、いただきますとごちそうさまは言うよ。
    感謝はもちろんのこと、区切りをつける意味でも言った方が自分としてはメリハリがつく気がして。

  78. なんで「ごちそうさまでした」でこんなに荒れるんですかね・・・?

    • ゆとり教育か日教組の賜物じゃね

      ガイドラインにそってラッパー並に親や友達に感謝するだけの薄っぺらい
      道徳の時間しかやってないし
      地域に寄っちゃ特定被差別への謝罪を強要するの道徳の時間もあるらしいし

  79. 僕は、箸の時、いただきます。ごちそうさまでした。というけど・・・
    スプーンとかの時は、あまり言わないなぁ~

  80. 御馳走様でしたって言った後、お粗末様でした
    って親から言われてたけど・・

    • そうそう、ご馳走様でしたのへんじは、お粗末様でしただよね。

  81. 日本人をよそおう為に、日本文化を知らない日本語を上手に使う外国籍がまねをするのでこういうのは内緒にしていてほしい。
    初対面の人と一緒に食事を行ったときに、相手の食事のマナーだけ見て切り棄てるか長い付き合いができるかは、俺たちだけが知っていること。

  82. 作った人に感謝して「いただきます」
    自分が頂く命に対して「いただきます」
    そして食べ終わっての「ごちそうさま」

    そんな優しさを心の根っこのところにいつも持ってて
    そして一人だろうが、家だろうが外だろうが口に出して言える
    男性でも女性でも、そんな人を心から素敵だなと思います
    そういう日本人がたくさんあふれる日本になるといいな

  83. 本当の力は多分。
    頂きます。ご馳走様でした。お疲れ様。こういうところの積み重ねなんだと思う。

  84. やはり、自分の命を繋ぐための食事であり魚にしろ肉にしろ「別の命を差し出す(変な言い回しになったが・・)古代神道が元だと思うよ・・日本人の感謝の心は・・

  85. いただきます、ごちそうさまでした。
    どっちも勿論大切な事だけど、言う言わないで人を貶しちゃダメw

  86. ジャンプの「トリコ」がもっと世界的にメジャーになったら
    広く理解してもらえるんじゃないかと期待してる。

    >57475

    口に出さないが感謝はしてるって奴はいいとして
    してない奴は貶していいと思うぞ。

  87. ちがうちがう。たしかに食事をつくってくれた人に感謝もしているけど、元来そういう意味ではない。いただきますというのは生き物(植物含む)の命をいただいて生きているという意味合いのうえで、すべての生きとし生けるものに感謝をしてますということ。ご馳走様でしたも同じ。ご馳走様はこの文字通りの意味でしょ。

    • 完全な間違いです。
      「戴きます」は糧を与えてくれた神様へ感謝の念です。
      生けるものに感謝とかは一切ありませんよ。
      戴くの語源を調べてみて下さい。
      直ぐに理解できる筈です。

  88. 元来ね〜

    お上がりなさいとかお粗末様でしたとかはどう解釈するの?

    仏教なんぞ胡散臭い後だし何て信用できん

    おっさんの意見だがね

  89. 自分自身に命を捧げてくれた動植物への感謝でもある
    某農業高校漫画読んで改めてそう思った

  90. 仏教否定って日本人かよ。
    飛鳥以前から出直さなきゃな。

  91. 幼稚園でも小学校でも
    一斉に挨拶してから食べ始めて挨拶で〆
    意味云々というよりは単なる習慣であり躾の一環
    いわないと罪悪感すらわくよう育てられてる

  92. タイは仏教国だが日本の仏教のように「命を頂きます」の発想がないのか?

    • その説自体が誤りだから
      「戴きます」に「命を頂きます」の意味は入っていませんよ。

  93. DQNな親に育てられた子供の特徴

    ・箸の持ち方がおかしい
    ・いただきます、ご馳走様でしたを言わない
    ・日常の挨拶が出来ない
    ・人の悪口を言う
    ・自分本位な考え方
    ・自分の非は一切認めず、全て他者の責任に転嫁する
    ・相手に対する配慮や思いやりが欠如している
    ・なぜか?自分の子供を茶髪にしたり、朝鮮カット(スポーツ刈りで後ろ髪だけ伸ばす)にする
    ・公共マナーを守らない

    これって、在日の特徴のように感じるが。。。

  94. お店では「お会計お願いします」の代わりに「ご馳走様でした」って言ったりする。
    あと、お店出る時も言うけど。

  95. 糧となった生命への感謝。
    キリスト教だって食事の前に祈るだろ。
    あれをもっと日常化したようなもんだよ。

    • 違う違う。
      両方共、糧を与えてくれた神様への感謝の念だから。
      大きな違いだよ。

  96. 自分があらゆるものに感謝して生きているはずなのに
    どうして他のものに怒りを覚え否定しているんだ?
    神道には詳しくないけど神の振る舞いは人間に予測できるものなのかい?

  97. いや、神=世界で人も含めて全部に感謝でいいじゃん。
    まあ、昔はこうどう変遷してって今はこんなっていうのを知ってるのは教養で大事なんだけどね。
    どうこう言って本質忘れたらいかんでしょ。

  98. ふつうのコトができなくなってる日本人増えてきたね
    コレは良くない

  99. 動物、または植物の命を食べているということだからね。
    食べるは敬語で「いただく」だから、食べるときは「いただきます。」

    食べ終わったあとは、その食べ物に対して、「ごちそうのようにおいしかったです。」という意味をこめて、
    「ごちそうさまでした。」

    って習いました

    • それ嘘説だから
      嘘を広めるのは止めてください

      • いただきますには
        浄土真宗の行儀作法から
        生命の尊厳に敬意を表し、その命を頂くことに感謝して「生命をいただきます」という挨拶を行っているのだという説がある

  100. 嘘を広めるというか、もうそういう風に思っている人がそれだけいるってことなんだからさ。

    命をいただいている。その命に生かされていると思っていただきます。も含めてよくないか。
    日本語って意味の移り変わりって割とあるし。悪い方向に解釈されたりしてるならまだしも、これは宗教的な考え方の低い日本時からしてみればこっちの方が分かりやすいし、神様がうんぬんとそんなに変わらないだろう。

    「いただきます」「ごちそうさま」はその副次効果として感謝の意をしっかりと示せるような人になれればいいわけだし。日本語って難しいわ。俺からすると嘘を広めるなの一点張りしてる人が頭おかしく見える。だって嘘を広めているわけではなく大半が私はこう教えてもらったなというだけなわけだし。

    日本語って難しすぎるわ。ネイティブな日本人なんて皇室の方々ぐらいしかいないんじゃないか・・・?

  101. 「いただきます」の文化は昭和の政府からのお達しで広まったもの
    江戸時代の農民は手を合わせるけど、いただきますとは言わない
    侍は手を合わけることもしない

  102. 「いただきます、ごちそうさま」に限らず日本語ってのは
    ひとつの単語に色んな意味を含んでニュアンスで使い分けることが多いんだから
    別にひとつの意味に固執しないでその日の気分で、
    個人個人の思い入れで意味が多少違ってても良いじゃあないの。
    それを全部ひっくるめて、毎日の「いただきます、ごちそううさま」が有るのよ。多分。

コメントする

反応 日本