親日国タイの反応

日本刀の正宗や妖刀村正の伝説を見たタイ人の反応

 

日本刀

タイの掲示板で日本刀の正宗や妖刀村正伝説のことが紹介されていました。日本の漫画を思い出すタイ人の反応をまとめました。

  2015年08月16日の人気記事TOP6

日本刀と妖刀伝説

日本刀(にほんとう)は、日本固有の鍛冶製法によって作られた刀類の総称である。

刀剣類は、日本では古墳時代以前から製作されていたが、一般に日本刀と呼ばれるものは、平安時代末期に出現してそれ以降主流となった反りがあり片刃の刀剣のことを指す。

寸法により刀(太刀・打刀)、脇差(脇指)、短刀に分類される。広義には、長巻、薙刀、剣、槍なども含まれる。

日本刀の種類

大太刀 三尺以上

太刀 二尺から三尺

小太刀 二尺

脇差 一尺から一.七尺

脇差は有名な切腹(ハラキリ)に使われる刀です。

(一尺は0.303メートル)

短刀 名物日向正宗 無銘(国宝)。三井記念美術館

短刀 無銘正宗(重要美術品)。東京国立博物館

正宗(まさむね、生没年不詳)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期に相模国鎌倉で活動した刀工。五郎入道正宗、岡崎正宗、岡崎五郎入道とも称され、日本刀剣史上もっとも著名な刀工の一人。「相州伝」と称される作風を確立し、多くの弟子を育成した。正宗の人物およびその作った刀についてはさまざまな逸話や伝説が残され、講談などでも取り上げられている。「正宗」の名は日本刀の代名詞ともなっており、その作風は後世の刀工に多大な影響を与えた。

村正作の刀。銘は「勢州桑名住村正」。東京国立博物館所蔵。

村正(むらまさ)は、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で活躍した刀工の名。または、その作になる日本刀の名。同銘で数代あるとみられる。別称は「千子村正」(せんじむらまさ、せんごむらまさ)。

村正は、濃州赤坂左兵衛兼村の子で、赤坂千手院鍛冶の出と伝えられている。しかしながら活動拠点は伊勢であり、定かではない。他国の刀工と同様に、室町末期に流行した美濃伝を取り入れ本国美濃の刀工の作と見える刃を焼いた作もあり、技術的な交流(坂倉関の正吉・正利・正善など・「正」の字が村正に酷似する)をうかがわせる。しかし美濃だけではなく、隣国の大和伝と美濃伝、相州伝を組み合わせた、実用本位の数打ちの「脇物」刀工集団と見られている。その行動範囲は伊勢から東海道に及ぶ。

「村正」の銘は、桑名の地で代々受け継がれ、江戸時代初期まで続いた。同銘で少なくとも3代まで存在するというのが定説である。村正以外にも、藤村、村重等、「村」を名乗る刀工、正真、正重等、「正」を名乗る刀工が千子村正派に存在する。江戸時代においては「千子正重」がその問跡を幕末まで残している。

妖刀村正伝説

徳川家康の祖父清康と父広忠は、共に家臣の謀反によって殺害されており、どちらの事件でも凶器は村正の作刀であった。また、家康の嫡男信康が謀反の疑いで死罪となった際、介錯に使われた刀も村正の作であったという。さらに関ヶ原の戦いの折、東軍の武将織田長孝が戸田勝成を討ち取るという功を挙げた。その槍を家康が見ている時に、家臣が槍を取り落とし、家康は指を切った。聞くとこの槍も村正で、家康は怒って立ち去り、長孝は槍を叩き折ったという。これらの因縁から徳川家は村正を嫌悪するようになり、徳川家の村正は全て廃棄され、公にも忌避されるようになった。民間に残った村正は隠され、時には銘をすりつぶして隠滅した。

http://ja.wikipedia.org/

タイ人の反応

  • 1ゲット :onionhead045:
  • こういうの好き。歴史と伝承の入り混じった話。不可思議で面白い。
  • こういう感じの漫画ってある? 読んでみたいな~。 :onionhead082:
    • 『SAMURAI DEEPER KYO』は?
  • 『SAMURAI DEEPER KYO』を思い出した~。

    • バガボンドもね。
    • この作品、最高だよね。
    • 絶対、漫画のほうよね。アニメはちょっと~。
    • まったく別物だからね~。比較できないよ。
    • そうそう。アニメはいまいち面白くないよね。やっぱり漫画が最高。ご飯も食べずに、そのお金で漫画を買って、まだ部屋に置いてあるんだ~。
    • わたしも~。
  • こういうの大好き~。もっと紹介して~。僕は伝説とか言い伝えとか大好きなんだ。ありがとう~。 :onionhead044:
  • ゾロが使ってる刀はなに~?
  • 日本の戦国時代が好き。面白いよね。
    • 壬生京四郎だ~。
  • 最高傑作の村正。KYOで読んだよ~。 :onionhead081: :onionhead081:
  • もし、お金が余ってたら日本刀を欲しいんだけどなぁ。でも、家に飾る本物はいくらぐらいするんだろう?
    • 日本刀は3000バーツ(1万円)から数万バーツまであるよ~。 :onionhead056:
    • 本物はそれこそヴィオス(東南アジアで販売されてるトヨタのコンパクトカー)からベンツランクまであるよ。
  • 草薙剣の話はないの?
  • 読んだら一振り欲しくなるね~。 :onionhead056:
อาถรรพ์และตำนานดาบซามูไร…ในยุคมืดของญี่ปุ่น!!!
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(88コメント)

  1. おばはんみたいな顔のアイコンがwwww

  2. Wizardryにもでてくるアレか!

    • コンピューターRPG『ウィザードリィ』に「Murasama Blade」が武器アイテムとして登場。この名称は村雨(Murasame)と村正(Muramasa)の混同ではないかとも言われている。日本語版では「村正」に直されている。

  3. 太刀は、馬上から、降り下ろすから、表裏が日本刀とは逆。銘を打った面がことなる。単に、長さだけでない。上の理由から、鞘のこしらえも違うよ。

    • 振り下ろすからとか関係ないよ

    • シッタカターシッタカターシッタカタッタッタ

    • 太刀は基本的に鞘とこしらえをヒモで吊るす方式で携帯する武器だから、馬に乗る際には重宝するんだよ。源平の時代とかではよく聞くでしょ。
      腰帯に差す方式は打ち刀と呼ばれる武器。これは馬に乗らない足軽などが携帯していたけど、後世の江戸時代の武士の常履きの刀として採用されて、現在に至っている。ヒモで吊るす太刀は甲冑とセットの組み合わせだったからね。
      用途がそもそも違うので、製造方法も扱い方も違うんだな。太刀は馬の手綱を操らないといけないから片手で扱うけど、打ち刀は両手持ちでもできる仕様。当然破壊力は打ち刀の方が高かった。

      • なるほどー言われてみれば太刀は細長く反りも大きいし用途違いなのか
        博物館かお城に実物見に行きたくなった

      • ヒモで吊るす、馬上で扱えるように作られてるってところが
        ライフルにおけるカービンの成り立ちと似てて面白い

    • 「日本刀」ってのは打刀のことを言いたいんだろうけど、全然違うよ……

  4. 写真みただけでもゾクっとするものがあるね。

  5. タイ人はホモ臭い作品を好むね…

    • そもそも向こうで広く知られてるのだってまずこっちで成功してるメジャー作品なんだからさあ・・・┌(┌ ^o^)┐

  6. 短刀正宗きれそうだな・・・
    手入れしてるとはいえ鎌倉時代末期でこれかよ・・・

    •  美術館等で見比べできるなら実物を見て欲しいけど
      魂が吸い込まれそうな、如何にも切れ味ヤバそうなのは古刀の方なのよ。

       現代の刀も綺麗は綺麗なんだけどね

    • 現代正宗なら購入できるよ
      嫁入り道具で短刀作ってる

  7. どうせ千鳥雷切やろとおもたら違った

  8. こういう逸話は中二心を刺激するよね

    • なんて物を知らないんだろう。

  9. 名刀とかだと1億円ぐらいするだろ

    • 平安時代の伝説の名工・三条小鍛冶宗近の打った刀だと、最低でも6000万らしいから、モノによってはそれくらいはするだろうね。

      って、天下五剣のうちの宗近の代表作「三日月宗近」が幾らくらいかググってみたけど、Yahoo知恵袋で50億前後と推測してる人がいた。

    • 何年か前に読んだ刀剣について書かれてる本によると天下五剣の名刀で6億ぐらいが妥当な線って書いてあったな
      ただ名刀とかだとほとんどが美術館とかに展示されてて入手困難だけどな

    • 国宝、国宝級のものに値段なんてつけようがないよ

  10. ちなみに上記の妖刀説からか、打倒徳川を目指す者達は逆に村正の刀を愛用したそうな。
    村正の刀を持つことが打倒徳川の象徴になったらしい。真田幸村、西郷隆盛とかね。

    • そのメンツを挙げて
      なぜ由井(由比)正雪を挙げないのか

    • そういった偉人達が壮絶な死に方をしたと思うと、案外呪いの類も間違いじゃないのかもしれない

  11. 村正と聞くと、使う者の魂を吸い取って切れ味を増すみたいなイメージw

  12. こんなおっそろしいもので腹切ったり、切りあったり、ご先祖さんすごすぎ。
    そんな時代があったとか信じられない…

    • 食料自給率100%wwみんな塩分摂り過ぎの高血圧持ちじゃったのだと思う。

    • 実際に深々と差し込んで横にグリグリと腹切った人は少ない
      筋肉とか締まるし人間の体は意外に硬い
      身の潔白を証明するために腸を取り出した人もいれば
      十文字に斬り裂いた人もいる
      時代劇の切腹の場面は白装束に脇差をズブっと刺す場面があるけど、
      その横には介錯人っていうプロの処刑人がいるはずなのになぜか省略されてる
      介錯人は切腹人が苦しまぬように腹に刺した瞬間に首を切る
      そのときみっともなく首がポロっと落ちてゴロゴロ転がらないように
      首の皮一枚残して切る一流の技を持ってズズ…と手前に落ちるようにしている
      カッターで腹ちょっと傷つけるだけのエセ切腹する連中とはまるで違うのです

  13. 刀の絵が酷い・・
    なんだその刀身は・・

  14. 豆知識
    実は家康自身村正を差しており
    特に嫌いではなかったというw
    村正が徳川家にたたるなどいうのは
    俗説の域をでない
    が、時代が下るにつれなぜか村正は
    忌避されるようになった

    • 徳川四天王の一人、本田忠勝の名槍「蜻蛉切」も村正一派の作なんだっけか。鍛冶職人達の拠点が三河に近いこともあっておかしくないよなぁ。

    • 村正の呪いは忠臣蔵と同じで創作からきたネタだからな 歌舞伎や寄席でそれが広まっただけ
      吉良上野介と同様に創作物で良くないイメージが付いちゃった気の毒な例の一つだよ

  15. 実際、切る事に特化して比類無いからな。
    以前鍛造の包丁を買おうと思ったが、手入れできないなら止めて置けと諌められた。至極真っ当な忠告だったと今なら解る。手入れ出来ないなら造った職人さんに失礼だわ。

  16. 小太刀と脇差が逆になってない?

  17. 合戦の後の屍から奪い取った数多の刀を一度溶かし怨みを込めながら打ち込んだ恐ろしき妖刀。その妖刀は鋼鉄をも切り裂き、まるで血を求めるが如く扱うものを狂気に陥らせてしまうという….とか言われると中2心くすぐられるよな

  18. 刀とかってほしいなら
    あとは話し合いだろ

  19. 漫画やゲームの時代モノでピアスだらけのキャラ見るとイラッとする
    どうせ腐向けなのだろうけど、女体化と同じくらいに気持ち悪い

  20. >小太刀 二尺
    >
    >脇差 一尺から一.七尺

    自分の知識と違うなぁ。
    確か小太刀も脇差も、一尺以上~二尺未満だった筈。
    (ただし、現存する小太刀は、脇差の内の「大脇差」サイズのものが殆ど。また、古い時代の小太刀は、単に大小二振りの太刀のうちの短い方を指すので、二尺以上の刀でも、もう一方の刀が更に長ければ、短い方は小太刀と呼ばれる)

  21. へし切長谷部やにっかり青江の話は出てこないか……

  22. 俺の股間にそびえ立つ名刀を女の子に捧げたいものだ

    • その小刀しまえよ

    • 観光地のお土産屋で売ってる刀形の耳かきかと思ってた

  23. まさかタイ人がSAMURAI DEEPER KYO知ってるとは思わんかったw
    あの作品大好きなんだけど語れる人が居なすぎてなんか寂しい・・

  24. マンガの方がイイか~^^そか~^^なるほど~^^@
    タイの将来は明るいぞ!!間違ってない!!スバラシイ!!

  25. 随分前に国立博物館で日本刀展やってて見に行ったんだが、自分の周りに何百本も展示されてる名品を見てこのうちのどれだけが人の血を吸ってるんだろうかとか考えたら頭がクラクラしたよ。

  26. 勿論、刀の起源は韓国ニダ

    • 呼ばれた気がした

      韓国の刀剣技術が遅れていた最大の原因は秀吉の刀狩にあった、

      それまで日本ではマトモな刃物が作れず、韓国を侵略した秀吉は韓国刀の
      切れ味に苦しんだ末、刀狩でそれを奪い始めた、

      中には先祖伝来の刀を奪われまいと必死に抵抗する韓国人もいたが、
      彼らは日本刀で韓国刀ごと真っ二つに切り殺されたという、、、

      • ど、どういうことだってばよ…!!?

        • 韓国の矛盾点を突っ込んで笑う為の有名なコピペだから気にするなw

          • おっけー把握した。

  27. 鬼眼の狂とかいうクソ漫画はやめてくれ

    • あれヒロインがなぁ………………………………

      • チンクシャだしなぁ
        なんかもうインフレしまくってたから読むのやめたけど
        炎を超えるマグマ!で失笑買うのを鼻で笑うくらいの
        地獄の炎を超える魔王炎!だの信長がしつこいくら生き返ったり
        あれ結局最後どうなったんだ

        • 先代紅の王が諸悪の根源で、でもそれは人の幸福を思うあまりの暴走でしたってオチ。
          結局誰もかれも他人のことを想い過ぎた結果なので悪くありませんよって感じだった。

  28. さすがに数万バーツじゃ模造刀だね。

  29. 草彅の剣って・・・・

    • まぁ無理もない
      彼らからしたら等しく日本の刀だもの

    • むしろタイ人がよく知ってるなぁ、って思った。
      日本でも若い人なんかは知らないんじゃないか?
      日本神話の基本くらいは知っておきたいものだ。

  30. コロコロコミックに連載されていた、アクション刑事ザ・ゴリラに
    村正をテーマにした話があったな。

  31. 旭日旗だって同じような、武士道精神の流れの中で世界中からクールなデザインとされていたんだ。風林火山や花菱のような魂を震わせるアイコンなんだ。それをあの馬鹿共…

  32. たしか、村正が妖刀のイメージ付いたのは江戸時代の歌舞伎の籠釣瓶からだっけか。

    自分は装甲悪鬼村正がすぐ浮かんだな。アレ刀の銘を関した劔冑っていうロボットのようなやつだけど。

  33. 俺もお金が余ってたら大抵のものは欲しいよ。

  34. なんだよこの少女漫画みたいなのは。仕掛人藤枝梅安でも読めや

  35. 母方の実家が水戸藩士の家だったので聞いた話。
    亡き祖父がまだ小さい頃に、祖父の父、私からすると曽祖父の部屋に入ろうとしたら
    ちょうど刀の手入れをしていたらしく、曽祖父から「刀が血を欲しがるから部屋に
    入るな」って言われたことがあったとか。
    小さいころからそんな話を聞かされてたから、生半可な気持ちで刀欲しいとか思わないわ。

    • 人切って血油付けて保存しないといけないらしいからね

    • 純粋に危ないから脅したんじゃねえかな、体当たりみたいに抱きつかれて刀を落としでもしたら……と思うとぞっとするしな

  36. 「抜けば玉散る氷の刃」
    村雨のほうが面白いぞ、実在するかどうか知らんが。

    • ばかやろう
      村雨は南総里見八犬伝の中の創作の刀だw
      刀身が常に結露して霊気を放つとか
      「それって普通に錆びるだろ」というツッコミをせざるを得ない

      • ただ濡れてるだけなら錆びないが・・・
        きっと鞘に閉まってる間は鞘から微弱な電流が流れてるんだよ
        そして濡れてることによって切った時の油で切れ味が落ちるのを防いでるんだ

    • なにその謳い文句かっこいい……!

  37. 日本刀は手入れが大変だから外国の人が買うのはやめた方がいい
    すぐに錆びてぼろぼろになる
    毎年定期的に日本に送って手入れをできるような裕福な人は買っていいと思う

    どうしてもほしいけど本物にこだわらないのであれば
    見てくれは悪いけど中国製の安い模造刀、真剣がある
    韓国でもパチもんの朝鮮刀(日本刀のパクリ)があるし

    • カタナ用のワックスが売っているよ
      3、4ヶ月に一回塗ればOKなのがある

  38. 妖刀村正がうちの田舎圏製だとは知らんかった(^_^;)
    はまぐり以外たいした名物無いし有名人もいないから・・・
    駅前には「鋳物の町桑名」としか無いし、鋳物って何(笑)
    もっとコレ売りにした方がいいんじゃね?
    無理やりでも継承している刀鍛冶仕立てあげてさ(?)

    • 徳川家最強の猛将、本田平八郎忠勝が桑名の初代藩主で町割りなんかやっているんだが・・。
      変な刀工の偽物仕立て上げるより、「本田忠勝」で大河ドラマを目指せ!!
      ・・あと継承している職人はいると思うよ・・。

      • 目指せっていうか去年実際に活動してたはずだよ
        ネットでも取り上げられてたし
        今年も引き続き活動してるのかはしらないけど

        っていうか地元なのに72473は何一つ知らないんだな

        • 大河ドラマを誘致するまでが活動だし、それを含めて「大河ドラマを目指せ」
          だと思うよ

  39. 正宗は流れてくる葉っぱを避け村正は一刀両断にしたとかなんとか・・・
    切れ味より争いを避ける正宗に軍配があったとか

    • 昔は撒き藁でなく実際に罪人をぶった斬って
      切れ味を調べていた
      名刀の批評に袈裟切りでどう切れたとか普通にある
      神社とかに未使用で奉納でもされてない限り日本刀は大なり小なり
      血を吸っているのです

  40. 冴え冴えと冷たく光る刃は、「抜けば玉散る氷の刃」「三尺の秋水」などとも形容されたほどで、玲瓏な輝きを放つ。
    その冷たい美しさは、日本刀の際立った特徴である。

  41. アイコンがきめえww

  42. カタナって「鉄の芸術品だなぁ」ってたびたび思う
    光を反射した時の光沢がやっぱり美しいわ
    こういう美術館では光の当て方とか工夫してるからよりいっそう美しく見える…

  43. 小数点以下の確率で盗めそう

  44. タイでも1ゲットさんがいるんだ。
    そこに驚いて話が飛んでしまった。。

    んー刀は、村正がメジャーだっただけじゃね?

  45. 浅間山荘事件で指揮を執った「佐々さん」が「なんでも鑑定団」に持って来た
    銘刀「小鉄」は3000万の鑑定だった、すげぇなぁ
    死刑囚の死体3体を重ねて一振りで真っ二つにする業物ですから

  46. ↑ 虎徹(乕徹)なんですけど…
      ぷろれすらーではありませんから…。

  47. 触ったら絶対指スパーン!しそうなんだけど…触りたい

コメントする

反応 日本