親日国タイの反応

日本の歴史の重要人物、偉人の写真がタイのドラマに登場!【タイ人の反応】

 

幕末

日本が舞台のタイのドラマ「The Rising Sun รอยฝันตะวันเดือด」内で「日本の歴史上の重要人物」の写真が飾られていることがタイで紹介されていました。ドラマやアニメの影響で日本の歴史上の人物の名前を知っている人もいる様子のタイ人の反応をまとめました。

  2016年11月28日の人気記事TOP6

日本の歴史上の重要な人物

The Rising Sun รอยฝันตะวันเดือด」を見ていて、主人公の鬼塚ファミリーの家に飾られている写真がいったい誰なのか、気になった人もいるのではないでしょうか? 今日はドラマの中で写真が使用された「日本の歴史上の重要人物」を紹介したいと思います。

日本が舞台のドラマ『The Rising Sun』がいまタイで一番人気! 主題歌はなんと日本語!
日本が舞台のタイのドラマ「The Rising Sun」についての詳しい情報はこちら

木戸孝允

木戸 孝允(きど たかよし、天保4年6月26日(1833年8月11日) – 明治10年(1877年)5月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等は贈従一位勲一等。明治維新の元勲であり、西郷隆盛、大久保利通と並んで「維新の三傑」と称される。また維新の十傑の1人でもある。

高杉晋作

高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日))は、江戸時代後期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。

松平慶永

松平 春嶽(まつだいら しゅんがく)は、幕末から明治時代初期にかけての大名、政治家。第16代越前福井藩主。春嶽は号で、諱は慶永(よしなが)である。他に礫川、鴎渚などの号を用いたが、生涯通して春嶽の号を最も愛用した。田安徳川家第3代当主・徳川斉匡の八男。松平斉善の養子。将軍・徳川家慶の従弟。英邁な藩主で、幕末四賢侯の一人と謳われている。

福澤諭吉

福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、伝染病研究所の創設にも尽力した。他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。そうした業績を元に明治六大教育家として列される。昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。

大隈重信

大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日) – 大正11年(1922年)1月10日)は、日本の武士(佐賀藩士)、政治家、教育者。位階勲等爵位は従一位大勲位侯爵。政治家としては参議兼大蔵卿、外務大臣(第3・4・11・14・29代)、農商務大臣(第13代)、内閣総理大臣(第8・17代)、内務大臣(第30・32代)、貴族院議員などを歴任した。早稲田大学の創設者であり、初代総長である。

西郷隆盛

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) – 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。薩摩藩の盟友、大久保利通や長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。維新の十傑の1人でもある。

http://ja.wikipedia.org/

タイ人の反応

  • 「日本の歴史の重要人物」なのに龍馬はいないの~?
  • 鬼塚英吉は? :onionhead032:
    • いま授業中だから、ちょっと待って~。
  • どうして坂本龍馬がないの?
    • ほんとほんと~。
  • 一人目と二人目は銀魂に出てくるこんな感じでしょ。
  • 「十三人の刺客」の島田新左衛門は実在の人物? それともフィクション?
  •  
    「山嵐」…伝説の投げ技だね。 :onionhead051:

  • 彼は??
  • 龍馬が入ってないの??
  • :onionhead044: :onionhead044:
  • 高杉晋作は「るろうに剣心」で知ってる。
  • ドラえもんとタケシは? 
    (タイのドラマの主人公がタケシという名前です)
  • 木戸孝允=天皇中心の新しい国をつくるため、倒幕運動を進めました。また、身分制度を廃止し、政治制度も改革しました。
    凄すぎる~。 :onionhead045: :onionhead039:
บุคคลสำคัญในประวัติศาสตร์ญี่ปุ่น
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(89コメント)

  1. 嬉しいね!

    タイ最高!

  2. すげぇ!サンジみたいなキャラがいる!

  3. 明治維新って凄いの?
    ある海外のゲームでは明治維新がチート扱いになっていると聞いたけど…

    • 極東の小さな島国が世界制覇する寸前の欧米に待ったをかけた程度のものだよ

      • それって、もの凄い事なんじゃ・・・・ないの?

    • 海外の歴史家の間では非常に評価は高い
      いわゆる議会制民主主義に独力でたどり着いたわけだから
      あの時代に外圧でなく、自主的にこれを成し遂げた国家は世界に数カ国しかない

      • 日本とどこ?

        • 近代化出来たのは西ヨーロッパとアメリカとロシアと日本だけ。
          現在世界中に二百位の主権国家があるが近代に軍事力でまともに防衛して白人の植民地にならず独立を保ったのは日本だけで当時主権国家は世界中で10個あまりしかない時代。
          タイは英仏植民地の干渉地帯。
          シナは権力者が保身の為に半分位の国土と人民を白人に切り売りして凌いだw
          日本は南下してきたロシアに待ったをかける為に満州と朝鮮半島を近代化させようとした。
          先に仕掛けてきたのはロシアで日本は自衛のための対応。

          • おっと、トルコさんを忘れちゃアカン
            偉大なムスタァ・ケマルさんの功績は忘れてはならない

    • 武士という権力者らが多くの命を散らしながら成し遂げた、自ら権力を放棄するという革命。これだけでも凄すぎる。例えば『マスゴミが自発的に命がけで自分らの権力を放棄するために戦い、健全な報道姿勢を追及していく大改革』を想像すれば、そのありえなさ加減が分かる。しかし、明治維新はそれよりまだはるかに凄まじい。国ごとそれをやったのだから。

      天皇のもとの平等(一視同仁)の社会が実現され、学ぶべき海外のあらゆる知識が日本語で体系化され、国民の学力は爆発的に向上し、闘争階級である武士以外も戦闘訓練を受けるようになった。この間わずか15年。1999年から現在までと同じ程度の期間。人材と社会の基礎性能がチートだったとしか言いようがない。

      江戸・明治・大正と、昭和中期以降の日本人の日記を読み比べれば、GHQがサヨクを放流し、日本人の愛国心を徹底的に破壊したのは、日本にとって本当に恐ろしい一手だったと分かる。

      • マスゴミとかチートとか教養無さそうな単語使って、ドヤ顔で解説する姿が
        滑稽でしょうが無いんですけど。

        しかも間違ってる事多いし。

        • ドヤ顔という言葉自体、もう賞味期限切れてんじゃないの?
          多少の間違いがあっても、聞いたことのない意見をたくさん聞きたい。
          大きく間違ってたら、そこだけ誰かが修正してくれればいいし。

    • 白人の近代化は近くにあった未開発のアフリカ大陸と南北アメリカ大陸という無尽蔵の土地資源と奴隷資源を搾取し尽くして近代化したが
      日本はそれらが一切なしで近代化を果たした。
      まあ江戸時代の時点で世界中でダントツの識字率と単位面積あたりの農業収穫量を誇る豊かな国だったからね。

    •  歴史的に見ればまさに化物じみていてチート扱い以外やり様が無いってくらい凄い。
      支配階級同士の争いであり、大抵の革命ってのは下剋上でやり終えた後ってのは単純にボロボロに混乱するのが普通なのに幕府側が準備していた政策を効率的に運用したりもして、非常識って言っていいレベルで維新直後から安定した状態を築き上げた。
      ・・・アフガンを筆頭にアメリカが横槍入れた場所が軒並み無茶苦茶になったのと同じような状況が生まれるのが通常なのに、一気に国力増大へ走り出す状態へ移行したってのは異常も異常、チートと言う以外に無い状態。

      徳川慶喜が為政者としてマジでぶっ飛んだチートキャラだったりするし・・・ありゃ、化けモンよ

    • 完全に国体が入れ替わった、完全なる革命だな
      反乱を起こしたのが武士階級だからクーデターと言えなくもないけど
      海外では革命扱いされてる

      250年続いた旧体制をぶっ壊し、現代先進国の母体を築いた革命事件とすれば、それなりに凄いだろ

    • そこから出て来た元・武士の子弟達が学者になり、工作員になり、大英帝国を机上で引っ掻き回し、清王朝や帝政ロシアを内部から崩壊させて、後にソ連諜報部のお手本になる位で大した事無い

  4. 外人が明治維新からだけ見ると意味不明に見えるのかな?
    江戸期から見れば納得できるかも。

  5. 山嵐?・・・
    それ西郷四郎だから!

    • 写真は西郷四郎なので、タイ人が正しく、日本語の西郷隆盛のキャプションが間違いですよ。

  6. 確かに江戸時代に下地はあったけど、それでも難しいよ明治維新は

  7. 残念ながら緋村剣心のモデルになった河上彦斎は偉人でもなんでもないな
    幕末で人斬りと恐れられたような人物は中村半次郎みたいな傑物は例外として、
    ほとんどは何の思想性もないただの殺人狂みたいな人物でないか

  8. 西郷隆盛のところ、柔道家の西郷四郎ですよね(笑)

  9. 西郷さんはシャイで写真が嫌いだったそうだから、顔が分かるほど鮮明な写真は今のところない。あの銅像でさえ「似てない」とのこと。

    • つか、あの銅像って本人じゃなくて弟だか甥だかだって話だぞ。

      • 写真がないので、似ていると言われた弟(西郷従道)と従兄弟(大山巌)の顔を参考に描いた肖像画がベース
        らしい

        • 下半分は完全に大山巌の写真を左右反転したものだね。
          上半分は従道を元にしているらしい。

          上野の銅像に関しては、除幕式で奥さんが「こげん人じゃなか」と人目もはばからず繰り返し言ったらしい。鹿児島の銅像はそれなりに似ているとか。

    • あの写真は、講道館四天王の一人で伝説の山嵐で有名な
      西郷四郎ですね。

  10. それにしても、詳しすぎじゃないのか?
    タイ人めやりよるぜ

  11. 前から思ってたが高杉晋作と本田って似てね?

    • 似てるねw

      口のところ、歯が出てるのかは解らないけど、ああいう口してる人多いよねw

      本郷奏多って俳優がいるんだけど、この人も、同じ口してるよw

    • 確かにwそう言われて見れば似てるよねwww

    • 同じこと思ってた人がいたかw

      目の切れ上がり方や、口許と言うかアゴのしっかりした感じ、顔全体の輪郭も似てるよね。

  12. 福沢諭吉の姿勢がすごく綺麗
    さすが幕末最強の呼び声高い剣客

    • でもこの中で 一番 隙だらけなんだよね。 立身流居合術の免許もってるのに。
      あれじゃぁ突っかかられたら まず初動ができない座り方。
      重心が後過ぎ。
      福沢諭吉の写真はたくさん残ってて、色々みたけど、どれも隙だらけなんだよ。
      アメリカ娘と映っているのなんか、何考えてんだか。
      尊敬してるのにー。

  13. この手の写真で、殆ど沖田総司って出てこないよな(´・ω・`)
    大量に写真が残ってるはずなのに・・・

    • 残ってないよ
      よく沖田のものとして挙げられてるのは甥の写真。

      • そうなのか?知らんかった・・・

    • 中心人物が暗殺されて国をまとめるのに失敗、未だに別れたまんまのアイルランド見てると
      日本はよくやったと思うよ

  14. 若い諭吉さんイケメンじゃないかw

  15. るろ剣と銀魂か、マイナーなら他にも一杯あるけど。何かあったっけ?

  16. 坂本龍馬は、今は評価高過ぎなので、見直される時期が来ると思う。
    三流と貶めるつもりはないけど、明治維新では中心人物と言う訳でもないので。

    • 君は「「松平春嶽から千両を借入れ」出来るか?
      君は1億円を無担保で借りることが出来るのか?

    • 中心人物というより黒子か何かじゃないけ?

      • 暗躍と言うに相応しい活躍をしたのだけは確かだなw

    • 創作エピソードを抜いても竜馬は化け物。
      昔の侍が下す人物評って無茶苦茶シビアで現実的だけど、そんな当時にあって、竜馬はチートキャラたちからチート扱いされてた。

      西郷隆盛「天下に有志あり、余多く之と交わる。然れども度量の大、龍馬に如くもの、未だかつて之を見ず。龍馬の度量や到底測るべからず」

      板垣退助「豪放磊落、到底吏人たるべからず、龍馬もし不惑の寿を得たらんには、恐らく薩摩の五代才助、土佐の岩崎弥太郎たるべけん」

      陸奥宗光「坂本は近世史上の一大傑物にして、其融通変化の才に富める、其識見議論の高き、其他人を誘説感得するの能に富める、同時の人、能く彼の右に出るものあらざりき」

      伊藤博文「坂本龍馬は勝安房(海舟)の門人で、壮年有志の一個の傑出物であって、彼方へ説き、こなたへ説きして何処へ行っても容れられる方の人間であった」

      武市瑞山「肝謄元雄大、奇機自ら湧出、飛潜誰か識る有らん、偏に龍名に恥じず」

      大久保一翁「(土佐に非凡の人なきやの問いに)アル、アル、大アリである。坂本龍馬という男がある」

      勝海舟「(龍馬の西郷評について)余、深く此言に感じ実に知言となせり。およそ人を見るの標準は自家の識慮に在り。氏が西郷を評するの語をもって氏が人物を知るに足らむ。龍馬氏が一世の事業の如きは既に世の伝承する所、今敢えて賞せず。」

      三吉慎蔵 「過激なることは毫も無し。かつ声高に事を論ずる様のこともなく、至極おとなしき人なり。容貌を一見すれば豪気に見受けらるるも、万事温和に事を処する人なり。但し胆力が極めて大なり」

    • 坂本龍馬のやったことは、京都を追われた長州と、追い落とした薩摩を仲直りさせる、という手品をやってる。
      現代日本で言ったら、いきなり韓国と中国と日本を仲直りさせて、アメリカに戦争仕掛けて勝つ位の奇跡。
      黒子といえば黒子だけどね。それが無ければ維新は成功しなかったよ。

  17. 逃げの小五郎 www

  18. 高杉晋作って るろうに剣心出てたの??

    • コミック版ならちょっと出ました。
      過去の回想で剣心が労咳にかかった晋作と会話してた記憶があります。

  19. 一将功成りて万骨枯る…とは言うけれど明治維新とその志士の過大評価と
    その敗軍側である幕府の貶めっぷりにはお腹いっぱいだわ。
    どんだけ明治維新には民力・国力の下地が必要だったと思ってるんだっての。

    勝者の歴史と言えば簡単だが 明治後の内部のゴタゴタと
    その後の権力闘争をあまり日本人は知らないんだろうな…とは思うが。

    まぁその権力闘争の末裔が今の政治家の直の祖先だったりするんで色々と難しいんだろうがね。

    • 司馬遼太郎を筆頭に学会やマスコミが薩長側の路線で今に至るからね。
      他コメにもあったように見直しされると思うし、されるべきと思う。

      • 司馬は薩長のことあまり好きじゃないだろ
        読んだら文句ばっかだったぞ
        大村と児玉に注目したのは凄いが
        マスコミもどうみても新撰組派

        • 大村益次郎は大阪の適塾にいたから書く気になったのでしょう。
          司馬先生は関西贔屓の人なので。(当たり前だけど)

  20. 西郷は本物?

    • 西郷は西郷でも 講道館 山嵐の 西郷四郎。

  21. やっぱり写真とあの銅像とは違うんやな。

    • 本人の写真は残ってないんじゃないの?
      これは弟じゃないの?

    • 山嵐の 西郷四郎なので 全く違っていて良いわけです。

  22. >>111804
    出てたよ。剣心が子供の頃の話に出てた。

  23. 正直現代の坂本龍馬推し苦手です…どうしてこうなった

    • そりゃあ、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」のおかげでしょw
      まあ、戦前からすごく人気があったんだけど、現代の坂本龍馬のイメージは完全にこれ

      ちなみに、新撰組の現代のカッコいいイメージも、司馬遼太郎の「燃えよ剣」からだな
      じいちゃんの話だと、昔は新撰組なんて、鞍馬天狗に斬られるために出てくるザコ集団てイメージだったらしいねw
      後に映画やドラマで新撰組がカッコよく描かれていると、違和感があったそうなw

      • 逃げの小五郎も司馬の創作

      • その新撰組も薄桜鬼では完全に乙女ゲーム、BLゲーゲフンゲフン。のような
        美形になっています。
        土方なんて最後はバンザイアタックですからね。近藤勇はゴリラのような写真ですし、

      • やっぱり司馬遼太郎の「竜馬がゆく」のせいですよねー
        龍馬好きの人は読んだことあるって皆言いますし
        昔はどうもなかったんですけど大河ドラマの時から龍馬推しが苦手になってしまって…
        中岡慎太郎とか中濱萬次郎はまだ普通に好きです

        現代の新撰組イメージも苦手ですが女性が萌えるために推してるんだと思ったら最近慣れてきました

  24. 西郷隆盛の隆盛でさえ本人の名前じゃないし

  25. これスゲェ貴重な写真じゃん
    西郷さん肖像画と全然ちげぇw

    • 講道館の山嵐の西郷四郎なので全く違いますね。

  26. 日本がもっとも劇的に変革した時代。
    倒幕派、佐幕派、尊皇攘夷・・・個人的にもっとも心躍る歴史的転換期。

  27. 西郷隆盛になってるのは柔道家の西郷四郎
    姿三四郎のモデルで大河ドラマ八重の桜にも出てきた会津藩家老西郷頼母の養子
    落城した時に一族の女衆が全員自刃したことで有名

    台湾人もよく気付いたな

    • ホント この写真 講道館よりもむしろ大東流合気柔術の本でよく使われる
      写真なんだげど 

  28. この明治維新(による近代化の成功)はタイの改革(王の教育係に日本人の派遣を要請等画期的な試みをタイ人自ら考えるにいたらせる)やトルコのアタチュルクの改革(イスラム法よりも憲法の方が上というトルコをトルコ近代化の基礎とも言ってもいい宗教の枷から解き放ったすごい概念)に強い影響を与えた。

    ちなみに・・・
    福澤諭吉さんの最大の功績は「支那や朝鮮の危険性」を後進の日本人たちのために書き残してくれたこと。
    その当時の亜細亜(今の亜細亜の地域概念とは違い当時の日本の概念の亜細亜は支那朝鮮が主)研究の第一人者だからこそ脱亜入欧を唱えた。
    だからと言って差別的ではなく、明治維新に見習おうとする一握りとはいえ支那人や朝鮮人にも手を差し伸べて自分の学校へ入れたり日本国内での費用の面倒を見たりした典型的なお人好し日本人だったことは知っていてほしいところ。

    村山元首相や現福岡市長高島(元テレ朝キャスター)など大分出身の売国奴テロリストが同じ出身地とは思えないことをやらかしてることを考えると複雑な感じがする・・・。

    • 中国(清国)も日清戦争で負けてから、ウチも近代化しないと駄目だわ~と
      思い至って、日本の明治維新を手本に改革に取り組んでる。
      約100日しか続かなかったので【百日維新】と呼ばれる結果になったけど。

    • そりゃ土地が人を育てるわけじゃないので
      仕方ないね

  29. 大久保利通と伊藤博文はもっと評価されるべき

  30. 私は火吹き達磨の大村益次郎が好きです。
    日本陸軍の創設者で天才的な戦術家にして
    戦略家です。銀河英雄伝説のヤン ウェンリーに似ていますけどね。
    この人も暗殺されますけどね。

  31. 司馬良太郎のせいでケチがついた感が否めないが、それでも多大な功績を残した児玉源太郎ももっと評価されて欲しいと思った(小並感)

  32. 西郷さんはフルベッキ写真に写ってるらしい。
    デカいし、咀嚼力ハンパなさそうだからw
    グラバーも「西郷はまるでヘラクレス」と言ったとか言わないとかww

    • でも この写真は 講道館の西郷四郎ですけどね。

  33. 今後は歴史上の人物のイメージも、アニメや漫画がもとになってしまうのだろうか。

  34. どうしても侍の活躍に目がいくけど、町衆も凄い人たちが多い時代だよね

  35. 格好いいな~実際会ったらどんな人達なんだろう
    コワイのかな?厳しいんだろうなとは思うけど…
    なんか色々めちゃ怒られそうだな

  36. よく西郷四郎を知っていたな。

    • ほんとほんと。
      合気系の本には良く使われている写真なんだけど

  37. 桂小五郎は銀魂ではただの変人だけど
    すごい人なんやで~。

  38. この時代を調べれば調べるほど驚嘆することになる。
    才覚ある人達が物凄い勢いで駆け上って、凄まじい勢いで使い潰されていくんだ。暗殺も多いよね。この人が生きていたら……と思うような知者が何人も。
    海の向こうからは西欧露の勢力がじわりと近付いている、一刻も早く国を一つに纏めねば。
    という思いは共通なのに、そこからの権力闘争が凄まじい。
    恐ろしいほどの混沌。
    凄いのは、駆け足過ぎて転んだり、足を引っ掛けられたり、力尽きそうになったりと困難続出、問題山積みであるにも関わらず、大局的にみると物事がきちんと成り立っている事。
    もうね、どれだけ必死だったのかと思うよ。

  39. 日本とタイの関係について、最近面白い人物を知ったよ
    名を山田長政 江戸時代の侍でタイと深く関わってタイ国王から官位を授けられたらしい
    タイでも戦争?に参加したみたい タイでは映画化されてもいるみたい
    いつかこの反応を見てみたいもんです
    興味ある人ググってみて 昔から親交あったと思うと何だか嬉しいよ

  40. 山田長政はタイの政治に関わった人ですねになった人ですね。子供の頃歴史の漫画本で見たから覚えてる。
    西郷さんの実物の写真はないはずですよ。発見されたら、見てみたいなあ。子孫の方もってないのかなあ。


  41. 訂正 山田長政はタイの政治に関わった人ですね

  42. やべぇ、小五郎なのか小太郎なのか解らなくなってる

コメントする

反応 日本