親日国タイの反応

日本の子供がもらう「お年玉の金額」が多くてタイ人ビックリ!?

 

お年玉

日本のお年玉の由来と相場がタイで紹介されていました。日本の子供が受け取る金額に驚いたり、タイの「お年玉(テイヤ)」が日本ほどメジャーじゃないことの伺えるタイ人の反応をまとめました。

  2016年01月24日の人気記事TOP6

日本のお年玉(テ・イヤ)はいくらあげるのでしょう?

c1ea81cda4cf712a3463546c383ce1f4_487

新年になると日本では様々な行事が行われます。「初詣」や「書き初め」…でも、子供たちにとって一番待ち遠しいのは「お年玉」でしょう。子供たちが大人からもらえる「グン・テイヤ(お年玉)」。タイの旧正月と同じですね。(タイの旧正月では中国の紅包(タイ語では中国語をそのまま借用しアンパオ。言葉の由来は少し違いますが上記「テイヤ」もほぼ同じ意味)をあげる習慣が一部にあるようです)

しかし、日本人は昔からこのように金銭をあげていたわけではありません。そもそもお正月は歳神さまを迎えて祝うお祭りで、その際に家長や年長者は餅を供える風習がありました。この餅のことは「鏡餅」と呼ばれます。その後、「鏡餅」は家族で分配して食されるのですが、この「鏡餅」には歳神さまの魂が宿ることから「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれました。しかし、この「御歳魂」が現代では目上の人から子供や孫に金銭をあげる「お年玉」という意味に変わったのです。

403

ところで、気になるのは日本人がいったいいくら「お年玉」をあげているか、ですよね。これは日本の大人たちも頭を悩ませる問題です。なぜなら、たくさんあげすぎることも子供のためにはならないからです。ということで、一般的な「お年玉」の相場を見てみることにしましょう。

幼稚園未満:500-1000円(150-300バーツ)

幼稚園:1,000-2,000円(300-600バーツ)

小学校低学年:1,000-3,000円(300-900バーツ)

小学校高学年:3,000-5,000円(900-1,500バーツ)

中学生:3,000-5,000円又は5,000-10,000円

高校生:5,000-10,000円(1,500-3000バーツ)又はそれ以上

大学生:10,000円以上

基本的に「お年玉」は生まれてから働くまでもらえます。(大学卒業まで)

また、家庭によっては以下のように簡単な計算式で「お年玉」の金額を決めることもあるようです。

(年齢の半分)×1,000円(300バーツ)

e7cddd4e34fa93a232f8aafa5a0a771b

これを見たらずっと子供のままでいたいと思ったのではないですか?

なぜなら、大人になれば「もらう側」ではなく「あげる側」になってしまいますから。

タイ人の反応

  • 僕は生まれてこの方、お年玉をもらったことないよ〜。なんて可哀想なんだ。
    • 僕もだよ、ハハハ。
      でも、もらったこともないのに、大人になったら「あげる側」になっちゃった。
  • うん…幼稚園より小さな子供でもわたしよりたくさんもらってるのね! 悲しすぎる〜。 :onionhead022:
  • イラストが可愛らしいね〜。
  • 高校の時が一番多くて5,000バーツぐらいもらったよ。でも、二十歳になってからは…きっと、もう二度ともらえないんだろうね…
  • 一度ももらったことがないわ。ママは「同じ家に住んでて、必要な物はなんでも買ってあげてるのに、どうしてお年玉がいるの? もし欲しいなら必要な物は全部自分で買うのよ?」って。は〜。
  • 読んだら大人になりたくなくなった〜。ハハハ。
  • 子供になりたい人がたくさんだね。ハハハ。
  • わたしも新年の集まりの時に、来ていた子供たちにお年玉をあげたことがあるわ。みんな同じ金額だったけどね。子供たちはみんな凄く嬉しそうだった。でも、日本の子供はタイの子供みたいに無駄遣いしないよね。お年玉をもらったら父親や母親にこう言われるの。「まだ使わないで銀行に預けておきましょう。そして大人になってから使いましょうね」
  • ありがとう。凄く興味深い情報だったよ〜。
  • 僕も一度ももらったことがないよ…。
  • わたしはいつも1万円もらってるよ。どれだけ成長しても同じ金額。ただ、いまは円安だからちょっと残念に思ってたの。だって、タイで両替したらいつもの金額より凄く少なくなっちゃうし。でも、袋を開けてみたら今年は2万円! ちょっと申し訳ない気もするけど、でも嬉しい〜。 *\(^o^)/*
日本のおかしなお年玉を見た台湾人の反応はこちら
日本のおもしろ「お年玉」を見た台湾人の反応
เงินแต๊ะเอียญี่ปุ่นให้กันเท่าไหร่?
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(24コメント)

  1. 高校から貰わなかったなぁ、バイト出来る歳だし。
    親の口癖「上を見たらキリがないから」

  2. 最後のタイ人は日本住みなのか?

  3. 大学生はあげる側だろ…

  4. (; ̄ェ ̄)大学生わもらったらアカンやろ

  5. 実際は貰ったお年玉はほぼ母親に預けて
    母親はそれを他の子供へのお年玉などにあててしまうことも多い
    特に親戚に子供が多いような場合はそうしないと回らない
    大人になったら一円も無かった
    少子化になって事情も変わったと思うけれど

    • 多少余ると、文房具に化けたりもするね(´・ω・`)

    • うちもそうだった。基本はお金が親戚の間をぐるぐる回るだけ。
      子供の数が多い家はもらう額のほうが多くなるんだろうが、そういう家はエンジェル係数が高いから、相互扶助的な側面はあったんだろう。ためておいて中学に上がったら通学用の自転車とか制服とかを買ったりする。お年玉を小遣いとして自分で使うってことはなかったな。

  6. 大学生ならうちの親戚内だと貰う側だぞ

    • 大学生は貰ってたな、おばあちゃんだけになったけど

  7. 若者文化育ってるのもお年玉で金持ってるからだよなぁ

  8. 中学くらいまでは親が管理してた。
    大学生の時はもらってないな。だって働いてお金稼いでるしさ。
    でもばあちゃんとかはくれたりするよね。

  9. とっくに成人してるのに貰ったわ

  10. 本家分家がまだある古い家系の本家筋三男なんだが、正月の挨拶に親類や親の仕事関係の人が7-80人くるんで、子供のときはお年玉だけで多いときは合計30-40万円ほどもらってた(結婚したとき、結婚資金でお年玉貯金返してもらったら300万以上あったわ)
    もらってたときはよかったが、逆の立場になると10万近く毎年飛んでく(お年玉目当てでガキ連れてくるんだよな)
    マジ正月は実家に帰りたくないw

  11. 俺は親戚が多かったから小学生から高校生まで毎年20万近くもらってた

  12. なるほどウチの母方はお盆には実家に集まるのに正月には帰ってこないのはお年玉が原因だったのか
    母方は7人兄弟だったからから子供の数が半端なかったからな

  13. 親戚は母の実家としか付合いなかったけど、大人の多い大家族だったから、お年玉は7万円(小学校)~10万円超(高校以降)になった。
    付録つきの漫画一冊買って残りは母ちゃんに預けてたけど、あれは巻き上げられてたんだと後年に気づいたよ。
    結局1円も返ってこなかったし。

    • 高校生一匹食わせて学校へ行かせるのにいくらかかると思ってんだ。謹んで差し出して当然。巻き上げられたとか何言ってんだよ。

      • その言い方もどうかと思うよ
        便宜上とはいえ「親以外の人」が「子供に差し上げた」ものなのだから親が巻き上げて当然だなんて、金銭的に確かに必要だったとしてもひどい考えだと思う。
        お金がないなら子供に説明して大人になるまで貸してねって言えばいいんだよ。
        自分がもらったものなのに横取りされたのでは親だったとしても不満に感じるだろうが。
        そこのケアすらせずになにが親だよ。

        • 貴方が正しい。。。

        • 同意。

      • 親がちゃんと説明して親に渡すよう教育するならいいんだが、めんどくさがって説明なしのまま教育資金とかにするのは間違ってると思うね。
        俺も最近渡す側になったが、自立しないとお年玉の負担の大きさは理解出来ないだろうね・・・
        正直これならお年玉なんていらなかった。

  14. 父方のジジババと親戚には全然もらった記憶が無いというよき思い出がある
    親族によって人間性が大きく変わることを学んだのがお年玉

  15. 子供がもらった分は親が返してるからな

  16. 誰にも言えないからここで白状します。
    27歳で仕事もしている………が、
    今年も10万円お年玉をもらいました。
    すいません。

コメントする

反応 日本