親日国タイの反応

日本の「世界最大級の最先端すぎる室内型植物工場」にタイ人感嘆

 

植物工場

露地栽培の100倍の生産能力があるという日本の室内型植物工場のことがタイで紹介されていました。最新鋭の植物工場の様子を見たタイ人の反応をまとめました。

  2014年11月01日の人気記事TOP6

最先端すぎる!! 露地栽培の100倍もの生産能力を持つ日本の室内型植物工場

843675-topic-1421209761-0p

わたしたち人間は古来より、種を植え、作物を育て、収穫してきました。しかし、農作物は天候の影響を受けやすく、台風や洪水、あるいは干ばつで不作になってしまう年もあります。しかし、最新の技術を利用すれば、天候の影響を受けない室内で作物を育てることも出来るのです。

日本の東北地方宮城県の植物生理学専門家の嶋村茂治(しまむらしげはる)氏はソニーのエレクトロニクス工場を世界最大規模の植物工場に転用しました。

843675-img-1421209562-1

この工場では植物の生育に最適な波長を出す特殊なLEDを利用しています。

843675-topic-1421209762-1p

一般的なサッカー競技場(25000平方フィート)の約半分にも及ぶ大きさのこの工場は、昨年7月にオープンしました。毎日1万株のレタスを天候に左右されることなく収穫することができます。

843675-topic-1421209762-2p

この工場の要は使用されているLEDライトにあります。人工の光で昼夜のサイクルを擬似的に早めることで、作物の成長を促進することができます。

843675-topic-1421209762-3p

植物にとって最良な光合成と呼吸、休息のおかげで、生育スピードは露地栽培の2.5倍以上。同種レタスの収穫時廃棄率が約50%であるのに対しここでは10%と、品質も確保されます。しかも、この工場は露地栽培のなんと100倍もの生産能力を誇ります。

843675-topic-1421209763-4

さらに、常に最適な環境に管理されているおかげで、栽培のための水使用量は露地栽培の100分の1です。

A new industry born from the disaster — LED indoor farm(3:22)

この技術には様々なメリットがあります。作物を環境に左右されず、早く安全に作れるだけでなく、世界中のどんな場所にでもこの工場システムを建設すれば、同様の効果を得ることができます。この技術は将来の食糧難に対するひとつの解となるのではないでしょうか。

843675-topic-1421209773-0843675-topic-1421209773-0843675-topic-1421209773-0

タイ人の反応

  • 日本は本当に学ぶことの多い国だね。彼らの豊富なアイデアや発想力はとても参考になるよ。 :onionhead042:
  • 不思議だね。こういう有意義な話題はあまり人が見に来ない。セクシーなネットアイドルとか、タレントの痴話喧嘩みたいなドロドロした話題にはたくさん人が見に来るのにね。 :onionhead031:   :onionhead028:
  • 日本の野菜と果物は高いよ〜 :onionhead036:
  • 会社の工場を農業に使うなんて凄いアイデアだね。ただ、たくさん投資をするから回収に時間が掛かる。こういうのはタイじゃ難しいよ。タイの農家は短期的なスパンでしか予算を立てられないから。こうして大きな予算をとれるのは、彼らが農家であり、経営者でもあるからだろうね。 :onionhead042:
  • COOL
  • 日本は本当に凄すぎる〜。 :onionhead034:
  • タイの農家は…なにをやってるのかしら〜?
  • 同じ面積で100倍収穫できても、そのコストが100倍かかったりするんじゃない? :onionhead039:
  • 素晴らしい〜。
  • こういうアイデアの話題はさすが日本だね。 :onionhead035:
  • :onionhead033:
  • 素晴らしいと思うけど、このアイデア(水耕栽培)は西洋で始まったものだよね。たくさんの種類の作物を育ててる動画があるよ。食べられる作物のスイカやキュウリ、それから大麻までね。

    LED vs HID Hydroponic medical cannabis grow – Day 8 of Flower

    Hydroponic Cucumbers – Grown indoors with a LED grow light

    Hydroponic Watermelon grown indoors

  • 水耕栽培はコストがかかるよ。回収に時間もかかる。
ล้ำโคตร!! ญี่ปุ่นทำฟาร์มผักกาดในร่ม ให้ผลผลิตมากกว่าปลูกกลางแจ้ง 100 เท่า
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(78コメント)

  1. レタスいま高いよな、一玉298円とか
    こういうのが定着したら安く食えるかね

    • 廃棄するのが50%で、このシステムだとそれが10%になるらしいから、安定供給できて価格も安定するでしょうね。
      ただ、それが安値安定か高値安定かは別問題だけど。

      • こういう工場を都市部郊外に集中的に設置すれば、輸送費も削減出来るのでそれも利点。

    • 水耕栽培で玉になるレタスの栽培ってできたっけ? リーフレタスの商用栽培は知ってるけど。

    • もしこの技術が一般化すれば、どこかのレタス農家が中国人を低賃金でこき使ったりする事態が無くなって来るかもね。

  2. 確か安倍総理の外遊についていった企業にも、LED栽培のベンチャーがいたよな。
    同じ会社かね。

    いつか必ず必要になる技術ではあるから、なんとか低コスト量産化させて流通させてほしいな。

  3. 素人が扱えるレベルの自宅栽培キット売ったらヒットしそう

    • もう販売されている

  4. うちもやってる家庭菜園の大きい奴だろ?

    • 水耕栽培の大きいやつだな。
      肥料を溶かした水と、水槽で使うブクブクを利用して野菜栽培してるなら、それの大きいやつだ。

  5. この設備が進歩・普及すれば大都会でも充分に食料生産が可能
    もう田舎も農協も必要ない

    • 田舎も農協も必要ないじゃなくて、田舎に工場を建てて町ぐるみで栽培したらいいんだよ。都会で
      農業用の建物作っても流通渋滞が増えるだけでメリットがないよ。

    • 逆に田舎にとっても都会が必要なくなりそうだけどな。

    • 箱作るのに土地の値段やら何やら考えると、なんだかんだと田舎は捨てられないし、野菜が安定して収穫できるメリットが有るなら、むしろ農協みたいな組織が積極的に関わるんじゃないか?
      まぁ、良く分からんけど・・・

    • 大きな工場だとやはり都会に作るのは厳しいから田舎に作ることになるだろう
      小規模なものなら都会でやれるだろうし、既に東京のどっかのレストランで店舗内でこのシステムで野菜作って料理してる店があったような?

  6. あまり安くはない筈
    路地物は天候に左右されて不作になったりで一定の価格で安定供給が難しいけど、
    工場生産なら年中一定の価格で供給できるからそれが強み

    • 同種が乱立すると、価格競争は必ず起こるけどね。
      まぁ初期費用やら経費やら考えたら、それでも限界があるだろうけど。

  7. 害が本当になければいいな
    家庭菜園で作ってるレタスは虫が着いてるけど、
    美味い

    • レタスに栄養価を求めてる人がいるかは分からないけど、
      成長速度上げたりして作る野菜に栄養も味も同じ物が出来るとは思わんね。
      実際今の野菜の栄養価は昔に比べて大幅に減ってるしね。
      見た目重視の野菜が売れる日本だからな、日光に当てて育てた
      家庭菜園で採れた野菜の方がうれしさもあっていいよね。

      • 当てる光や当てる時間によって栄養素もある程度コントロールできるみたいだよ。
        病気の人が特定の栄養素は取ってはいけないので食べられない野菜も
        生育の段階でそれを作らせないようにして食べられるようになったりするらしい。

    • クリーンルームのように虫一匹入ってこれないような場で作れば農薬使う必要もないし、害になりそうなものを徹底的に排除出来るんじゃないかな

      • 病気場合は必要だろうね。
        こういう集中しての栽培法だと一気に広がりそう。

        種に病気がある場合もあるから完全に菌を取り除くことも難しいだろうな。

  8. 生産性や品質にばかり目が行きがちだけど、「天候に左右されず一定品質かつ一定生産量を安定供給」というのが素晴らしい。これはマネジメントや流通に携わる人間にとっちゃ天啓に等しい。農作物の供給が工業製品のように完全に管理できるとか夢のようだわ。農作物ってのは長年先物取引のネタになるぐらいギャンブル要素の多い水物の投資商品だったわけで、それが根底から変わるわけだ。

  9. 記事と直接関係ないけど、ドラッグ特集のアメリカの番組で
    「オランダの廃ビルを再利用して、LEDと水循環システムにより
     効率的なケシ栽培をする○○さん」みたいなの出て来て
    ああ、国が違えばこうなるのか、となんともいえない気持ちになりましたまる

    • 昔のフィクションで、暗い場所に煌々と白熱球のランプつけっぱにして大麻栽培してるとか
      観た覚えあるけど、今だとLEDでそんなカンジで捗ってんのかww

      • ワンルームマンションの一室を借りて外光が入らないように壁中に銀紙張って、バラストレスの水銀灯を何個も使って24時間照らし続けて、ハイドログロウで大麻育成してる奴が年に2~3人捕まってるよ? そういう所は月の電気代が3万円以上とかアホな金額なんですぐばれる。

    • 一応オランダフォローしとくけど世界一の農業成功国だぞ。
      コンピューターによる徹底した管理でコスト削減して、人手が要るのは収穫時くらい。あとは温室の状態表示するモニター眺めてるだけ。
      国内の自給自足率を無視して高額で輸出できる品種のみに絞った栽培(安いものは作らない)。そのために世界中の動向を常に探り何を栽培するか合理的に判断してる。

  10. いずれは無人工場も可能だろう

  11. 野菜農家が高齢化と工場安定供給の煽りで死ぬなこりゃ

    • 腕のある農家は「ここで働く」ことが出来るから単純にはそうならないと思う。

      だって野菜の出来とか素人じゃなかなか分からないよ。
      ちょっと調子が悪くなってきたとかやっぱり野菜を見て判断して調節しなきゃならないわけだから、それが出来る人はすごく重宝されるはず。

    • 車だってレクサスも軽もあるわけだし、野菜農家も特徴出していくしかないでしょ
      工場野菜が安価なら低価格が売りの外食が使うだろうし、手間隙掛かる農家は品質重視の高級路線でいくしかないんじゃないの?

    • 放っときゃ高齢化で絶滅するのは分かってる
      だったら安定して若者が働ける植物工場の方がマシ
      本当なら農協が率先して動くべきなのに、農家の子供が農協に入って農家に寄生してる構図
      部外の企業参入は大歓迎ですわ

  12. 小松菜とか春菊とか作ってくれ
    レタスじゃ物足りない

    • 路地物、有機栽培ばかりだった昔と比べて近年の春菊、レタス、三つ葉、セリ、キノコ類がどれだけ無味無臭になったことか・・・
      もうすでにスーパーでは形だけで種の違いを名乗れているだけのような野菜がほとんど。

      • 消費者ニーズだから仕方ない
        これだと病害虫関係ないし美味い野菜が増えるかもよ

  13. 鏡を使えばLEDの数を減らせたりしないかな?

    • 鏡を磨くコストの方がかかる。鏡を地面に沢山並べた太陽熱発電のコストが高いのと同じ。

  14. まだ始まったばかりの分野だからそりゃコストはかかるわ
    だからといって研究やめたら安くもできん
    がんばれ がんばれ

  15. 全然関係ないけど関連記事の
    「マ〇コの中にWiiリモコンぶっ込んでみた結果wwww」っていうヤツの
    マ〇コをマツコと読んだオレorz

  16. 消費者としては大量廃棄して高値で安定させるよりは
    薄利多売で安値で安定させてくれるとありがたい。

    天候に左右されないから安値で安定させることはできると思うけど
    LED栽培してない農家を守るために結局大量廃棄して高値で調整しそう。

    • これ早い話工場だから「生産性を見て稼働させるかどうか」を判断出来るわけ。
      だから安値になってきたと思ったら稼働させないとか他のを作るとかの調整が出来るから薄利にすることはまず無い。
      消費者側からすれば、乱高下の高い山が少し下げられる位の恩恵はあると思う。どれくらい下がるかはこの工場の生産量がどれくらいの割合になるかによるだろうけど。

      なんと言っても露地に比べコスト掛かるからこの工場は。

  17. 昔と違ってキノコ類は年間を通して
    安く安定して買える様になったよね
    同じような道をたどって貰いたいものです

  18. タイの人たち、日本の東北以北では冬季の野菜栽培が難しいんで、そこは把握してね
    安定供給と生産性向上と言うメリットはあっても、基本、北国向きの技術よね
    いままでもどちらにしろ冬季にはなにか施設つくらないと栽培はできなかったわけで、
    大量生産が第一の目的ではないんじゃないの
    年から年中野菜が栽培できる南の地方でこれやっても単に過剰供給になるだけと思うし
    逆に、タイとか沖縄のように亜熱帯地域ではいままで高値だった寒冷気候でないと栽培が
    難しい野菜や果物がこれ使って現地栽培するとお安くなると思われ

    •  砂漠の国にも向いてるよね。水少なくて済むし。
      確かドバイあたりで日本企業が野菜工場作ってるんじゃなかったかな。

    • 水資源を忘れてないか?

  19. わざわざ電力を消費してまでする価値があるとはおもえん
    電力自体が有限なんだからそれをどっから調達するんだよ
    だったら普通に栽培すればよかろうと思う
    こういう栽培が主力になったときに農耕地がつぶれたときのリスクのほうがでかいと思うけどね
    まぁ供給量が追い付かない日本だけの問題か

    • 病害虫や天候に左右されない計画生産が可能なのが利点。農作物って夏が寒かったり、春先にいつまでも雪が解けないで代掻きができないとか異常気象が発生したら、その年の農家の収入は終わってる。

      • 家庭菜園でさえ、ナメクジとアブラムシとの戦いだからなw

    • そこで原子力にプルサーマルですよ

      核融合開発も待ったなし
      つか、政府はもちっと核融合に投資しろ
      ISISも北方領土も片付くぞ

    • 普通の農業だって電力を全く使わないわけじゃないんだし、本当に100倍の生産性を持つなら野菜一つ作るのにかかった電力で考えると、もしかしたら工場のほうがマシになるのかもしれないよ

  20. 南洋の島国では必須の技術だな。
    これに海水を飲料水に浄水するシステムとソーラーパネルを併せて売り込めば、小口ながら多くの島や砂漠国沿岸地域での需要が見込めるな。

    • 海水淡水化プラントは膨大なエネルギーが必要だぞ。ソーラーと組み合わせるとしてもどれだけのソーラーが必要か。
      だから淡水が足りなくて海が近くにあるところでも、稼働しているのは産油国くらい(エネルギーはいくらでも使える)だぞ。

      • 移動型浄水装置とかはだめ?

        • ソーラーって以外と希薄なエネルギーだから、エンジン出力の発電機とか動力機並みのエネルギーを得ようとすると相当広い土地が必要になるんだよ。
          天気にも寄る不安定なエネルギーだから、常時動作させるとなると他の設備(バッテリーとか、貯水システムとか)も必要になるし。

          本当に小口(1家族とか)ならソーラーでも何とかなりそうだけど、規模を大きくしようとするとなかなか大変なことになる。

          • なるほど、メガフロートなんかは本末転倒になってしまうしなあ。
            そうそう上手くはいかないものだね。

  21. 産業スパイには気をつけた方がいいな、
    特にお隣の国の人間は工場の敷地内に絶対入れてはいけない。

    • LEDを使った野菜工場は、結構、色々な国で実験されてるよ。
      お隣の国も含めて。

      どんな光を、何時間照射し、何時間休ませるかとか。水に含ませる肥料の分量を、どの程度の比率にするかとか。そう言うのが国によって違う程度じゃないのかな?

  22. ガイアの夜明けかなんかで砂漠地帯にこんな工場を作り、
    野菜を生産している姿を放送していたよ

  23. 光の波長を変えることである程度成長をコントロールできる
    花の咲く時期や実の成長にはある光の波長が関係しているらしい

  24. レタスしかまだ作れないのか?
    トマトを早く作るべきだと思う

    • 受粉の必要な野菜ってどうなんだろうね?
      温室みたいな所で水耕栽培まではされてるし、不可能ではないんだろうけど・・・

      https://www.youtube.com/watch?v=jB7RYIlS6LQ

    • トマトこそ水耕栽培の走りだろ  トマトの巨木でググレ

  25. ニンニクをどうにかしてくれ
    中国産は体内に入れたくないし国産は高すぎる

    しかしこれ以上技術が進んだらあまり公開しない方がいいな

    • 土に変わる良い感じの素材が見つかれば、一気に進展しそうでは有るんだけどね。
      にんにくだけに限らず根もの全般が。

    • 根ものは時間が掛かるし

      自分で作れ プランターで作れるぞ
      今年は鷹の爪も育てたぜ

  26. 水耕栽培を発明したのはドイツだけど、この工場が新しいのは人工光のみを使って野菜を育てたところにあるんだよ
    LEDによる白色光を可能にした日本ならではの技術といえる
    この技術によって、たとえ日光のない地下でも野菜類を育てることができるようになった
    地味だけど、これは世界の農業にとって大きな前進だと思うよ
    極端な話だけど、将来「Metro 2033」みたいに人類が地下に追いやられる自体になっても、
    こういった技術が用意されていれば助かるよねw

  27. 農業の高齢化と後継者不足を考えたら滅ぶべくして滅んでいきそうだしな
    若い人でもこっちなら知識さえ身につければ抵抗なさそう

  28. パソナの本社ビル内で水耕栽培してるよね。
    一度見に行った事ある。
    農家の人たちや海外からも見学者が結構いたな。
    パソナ 水耕栽培 で画像検索してみて。
    稲やスイカ、イチゴ、なす、葉っぱ系、いっぱいあったよ。
    社員はおやつに食べていいんだとか。その野菜達は社員食堂で使ってるって言ってた。
    ビル自体がはっぱに覆われてていいなって思った。

  29. 工場勤務としては、設備が老朽化してからが怖い
    複雑な方式であればあるほど、維持費が収益を上回る時がくるんじゃないかって気がする

    • 可動部少ないし高電圧部も無いし他の工場よりマシじゃね?

  30. ピンク色が綺麗~ピンク色の野菜になりそう~

  31. 中東の砂漠みたいにエネルギー(石油)はいくらでもあるけど水が無い地域で需要ありそう

    あと、タイの農家は何をやっているんだ?ってコメントは可哀想だろ
    こんなの研究者がいなけりゃ農家が10000年頑張ってても無理だよ

    ネットで遊べる都会のタイ人よりは、貧しい農家の方がずっと頑張ってると思うわ

    • 「作物を作る」といっても農家とは文字通り畑違いだしなw
      これだって研究者とソニーの事業であって日本の農家がやったわけじゃないし

  32. 火星移住計画が着々と進行中なのか・・・

  33. この設備のメリットは、作物の成長時間を操作できるんだよ。LED紫外線の量を調整することと、水の中の有機物の量を変えることで通常の3倍のゆっくりした成長から通常の半分の成長までできる。
    だからロスがでないっていう。

  34. とりあえず野菜に限らず、海産物の養殖効率化も頑張って欲しい。
    好適環境水を使えば海水を運搬する必要もないから
    内陸地に巨大プールを作ってマグロの養殖なんてことが実現する日も近いかも。

    • ふぐだけどどっかの内陸の山の中で養殖やって出荷したってニュースは見たな。
      これとは別に海水魚を淡水で育てる方法も研究されてるらしい。

      • ふぐ養殖は栃木県かな? :onionhead035:
        海から遠い所での海水魚養殖は、水に何か(忘れた)を入れて海水の代わりにして育ててたはず。

        海水魚を混ぜ物のない淡水で・・・ってのは、ナノバブルで実現出来ていたりする。養殖に適した環境になるのかは良く分からんけど・・・。

コメントする

ニュース 反応 日本