親日国タイの反応

日本人の底力や感動を描いた「実話を元にしたドラマ」【タイ人の反応】

 

黒部の太陽

実話を元にして制作された日本のドラマのことがタイで紹介されていました。あらすじを見ただけで興味を惹かれるタイ人の反応をまとめました。

  2014年07月02日の人気記事TOP6

実話を元にした日本の有名ドラマ

日本のドラマの中には原作を元に作られているものもあります。たとえば、小説や漫画、そして時には実話を元に作られているものもあるのです。実話を元にした日本のドラマは多く、視聴者の心を打つ作品も少なくありません。今日はそんな実話を元にした日本のドラマの中から特におすすめの作品を紹介したいと思います。

1. 1リットルの涙

tumblr_inline_modenfqS3r1qz4rgp

110万人が涙した、ひとりの少女の生きた軌跡をつづった感動のベストセラー『1リットルの涙』を初ドラマ化。

ごく普通の明るくにぎやかな家族に起こったひとつの出来事…。

1lot001

難病を発病し、障害を背負いながらも壮絶に生き抜いた長女のストーリーを軸として、彼女を支えながらともに泣き、ともに笑いながら過ごした、家族や恋人、友人たちの愛にあふれた日々を明るく描く感動のヒューマンドラマ。

『1リットルの涙』(幻冬舎文庫刊)は、15歳で原因不明の難病・脊髄小脳変性症を発病し、昭和63年に25歳の若さで亡くなった木藤亜也さんの自らの決心、自分への励まし、反省、感謝の言葉など、手が動かなくなるまで書き続けた日記をまとめたものである。みずみずしい感性あふれる亜也さんの文章や詩は、全国で大反響を呼び、110万部以上を売り上げる大ベストセラーとなっており、出版から19年を経た今もなお、多くの人たちに生きる勇気を与え続けている。

1lot002

この亜也さんの日記『1リットルの涙』をもとに、悩み、苦しみながらも互いを愛し、生きることをまっとうしようとする親子の関係、家族や友人たちとの絆を描く。

亜也さんの「生きたい」という叫び、短くもひたむきに生き抜いた彼女の姿と、その彼女を支え続けた家族や周囲の愛を丁寧に描いていくことで、「生きることは、それだけで愛おしくすばらしい」という、シンプルだが力強いメッセージを伝えていく。

2. 南極大陸

tumblr_m9xydmWPgR1qazpis

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、日本は失いかけた自信を取り戻すべく、人々はがむしゃらに働き、経済を立て直していた。しかし、世界からは 「 マネをする国 」 「 敗戦国 」 とレッテルが貼られていた。

その頃、世界各国で地球観測の動きが活発になっていた。アメリカ、ソ連など戦勝国を中心に 「 国際地球観測年特別委員会 」 が設置され、未知の大陸 「 南極 」 観測が計画される。アジア諸国で唯一参加を表明した日本は、「 敗戦国の日本 」 に何ができるんだと世界から罵倒された。そして、日本に割り当てられた観測場所は、“インアクセシブル・接近不可能” な場所だった。そこは氷点下50度、風速100メートルのブリザードが吹き荒れる最悪の場所で、日本は全く期待されていなかったのだ。

「 今こそ日本人の底力を見せてやろうじゃないか。日本が外国に頼らず、自分の足で立って生きていく姿を世界に示すんだ。」

 この実話はハリウッド映画「南極物語(Eight Below)」にもなっています

tumblr_n9ajzsUDwk1tyv233o1_1280

3. 電車男

densha_otoko-1

発売されるや、瞬く間に60万部を超えるベストセラーとなった「電車男」。

今や社会現象とも言うべき、このインターネット発のリアルラブストーリーの魅力を、余すところなく、さらにグレードアップした形でドラマ化します!

最も現代的な背景の中で繰り広げられる、

最も古典的、あるいはピュアな恋の物語。

そこには、住む世界がまるで違うお嬢様と、アキバ系の冴えない男(=電車男)の、いちずな想いがあり、昔忘れてしまった恋するトキメキがあります。

そして、その恋を応援する、名前も顔も知らないインターネットの住人たちの、友情にも似た優しさがあります。

彼らもまた、電車男の恋に一喜一憂し、そして勇気付けられていきます。

この、出会いから告白までという、各駅停車のような恋の物語を、リアルタイムの進行具合に合わせ、まさに映画では出来ない、連続ドラマならではの、特性を使って描いていきます。

そして、ネット上で100万人が見守った恋の行方ように、今度はテレビの前の住人たちが、応援し、感動する物語、まさに“一歩踏み出す勇気”をくれる“純愛ロマンティックコメディー”を目指します!

4. LEADERS リーダーズ

568004271

ものづくりの魂を貫き倒産の危機から日本が世界に誇る自動車会社を作った男たちの涙と勇気と感動の物語!

第二次世界大戦前、欧米先進諸国における自動車産業が持つ圧倒的技術力、産業力を目の当たりにしたある青年は、帰国と共に自らの手で国産自動車産業を育て上げたいという夢を燃やしていた。

青年の名は 愛知佐一郎 (佐藤浩市)。当時、父である愛知佐助が発明した自動織機 (自動的に糸を補充しながら繊維商品を織り上げる機械) は欧米企業から特許権を高額で買い求められるほどになっており、彼はその製造を手掛ける愛知自動織機の常務を務めていた。

自動織機会社の重役でありながら、自分の目で見たアメリカ自動車産業の隆盛を忘れられない佐一郎は、「 これからは日本にも車の時代が来る。」 と確信し、当時としては無謀とも言われた国産自動車の開発に乗り出すことを決意する。

佐一郎は早速、必要な技術者を自動織機の工員の中から選び出し、更には大学の同窓を頼って各技術の指導を仰ぐなど、開発を推し進めた。

leader001

しかし愛知自動織機の社長を務める 石山又造 (橋爪功) はこれに猛反対。資金を一度は捻出するが、その後は自分の責任で資金集めもするよう通告する。

「 日本人の為の車を、日本人の手によってゼロから全て創り上げる。それが俺の理想の国産車だ。」 ― 集めた工員たちの前で高らかにそう宣言した佐一郎だが、車の心臓とも言えるエンジンの鋳造工程で早くも大きな壁が立ちはだかることになった―。

5. 黒部の太陽

knot001

昭和31年、深刻なエネルギー不足に悩まされていた日本を救うため、関西電力は日本最大規模の黒部川第四発電所の建設を決断。その工事は7年の歳月を要し、昭和38年に完成に至った。

knot002

真実の物語が今50年の歳月を経て甦る、度重なる困難にも決して男たちはあ きらめなかった、黒部の太陽を見るまでは・・・

撮影日数約4ヶ月、最高のスタッフ・キャストで贈る感動の人間ドラマ!

6. サマーレスキュー〜天空の診療所〜

tumblr_m9qaxaxNRs1qj00j8o3_1280

速水圭吾(向井理)は、大学病院で将来を嘱望されているクールな若き心臓外科医だが、上司からの命令で、夏の間、とある山の診療所で患者を診ることになる。標高2000m超えという厳しい環境では、検査機器や薬はごく僅か。最新鋭機器を使いこなし、先端医療で活躍する速水は、存在意義のわからない山の診療所でカルチャーショックと挫折を経験する。

tumblr_m9dxctCTjJ1r21b9io6_400

ここでは、医師たちは進歩した現代医療から切り離され、患者に手で触れて、目で見て、会話をし、そこからすべての診断をつけてゆく。そこには「医療の原点」があった。そして山で、ある女性と出会うことによって…。

(「Summer Rescue คลินิกที่ปลายฟ้า」はタイのThai PBSで土曜と日曜の11時05分から11時58分に放送中です)

タイ人の反応

  • 「1リットルの涙」は見たことある。凄く感動した。
  • ひつとめは本当に感動する。最後で大泣きしたよ。bunny.crying
    それにヒロインの子も可愛い。 :onionhead078:
  • 「リーダーズ」に凄く興味がある。
    ちょうど学校でTOYOTAに関するテストがあるんだ。
  • 「1リットルの涙」は残酷すぎる。泣きすぎて目が腫れちゃったよ。 :onionhead088:
    「電車男」は楽しいストーリーだけど、小説のほうが面白いね。 :onionhead071:
    他は見たことがないから、今度見てみるよ! :onionhead060:
  • 「リーダーズ」は凄く面白そう。
    「1リットルの涙」は買ってあるんだけど、何年も見ずに置いたままだよ。だって、あまりにも悲しすぎるって解ってるから見る勇気がないんだ。
    「電車男」は事実にしてはちょっと絵空事のようだね。ヒロインは主人公を助けすぎだし、主人公も自分に自信がなさすぎて見てられないよ。
    たしか、この話は映画もあって、それぞれ俳優が違ったよね。ちょっとしたサプライズもあった気がする。

    • 「1リットルの涙」は確かに悲しい話だけど、見たら生きる力をもらえるストーリーだよ。
      病気と戦い、懸命に生きようとするヒロインの姿にね。
      健康でいられることに感謝して、頑張ろうって思えるんだ。 :onionhead088:
  • 去年の初めに名古屋旅行をしたんだけど、そのときにトヨタの博物館も見てきたんだ。紡織機械から自動車の製造、そして世界中で自動車を販売するまで、凄く知識が深まったよ。
    ほんとうに素晴らしかったよ。
  • 日本のドラマはどの話のストーリーも凄く魅力的だね。
    それに比べてタイのドラマは… :onionhead055:
[J Series] สุดยอดซีรีส์ญี่ปุ่นชื่อดังที่สร้างมาจากเรื่องจริง
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(54コメント)

  1. 将来有望なタイ人にはぜひ黒部ダムに行ってみて欲しいな。

    国のインフラを自分達で汗して造ることのダイナミズムを感じられるはず。鉄道事業だって、線路引くくらい自分達でやろう!って思って欲しいものだ。

  2. リーダーズで初めてトヨタと某銀行の話を知った
    他銀と合併するまで決して許さなかったトヨタにスカッとした

    • 「機屋に金は貸しても、鍛冶屋には貸さない」
      から、
      「鍛冶屋のうちでは、ご不満でしょうから」
      だっけ?
      映画見てないもんで、科白いい加減(^-^;

  3. 南極物語は高倉健が犬たちをモフモフしまくってる映画なんだが
    タイ人的には南極へ置き去りにされた犬たちが力尽きていく様子が残酷に映るかもしれないのでちょっと心配

    • 南極物語がもしK国だったら、決して犬たちを置き去りにしなかっただろう。
      もちろん、連れて帰ったりもしなかっただろう。
      これ以上考えると恐ろしいのでやめておきます。

  4. 見えません

  5. 黒部ダムはガチ

    • 映画だけど「海峡」もいいよな。

    • プロジェクトXあんな形で終わらなかったらな。良い番組だと思うんだが。

  6. サマーレスキュー実話だったのか。
    あと、黒部の太陽に香取使うなよ。

  7. 韓国の場合

    日本様の援助と技術で組み立てる。

    うまくいかないと泣き叫んで土下座、金と技術を乞う。

    つまり、実話はドラマ化できない。

    • 文献に数行の記述しかないチャングムを史実と称して長編ドラマでっち上げる国だよ?
      どんなしょぼい実話もファンタジーで粉飾して感動的な(笑)メロドラマを作り上げるだろうよ。

      • 北も南もそんな感じだな

  8. 黒部ダム建設での多数の事故と死傷者、難工事のために膨れ上がる建設費、追加工事に伴う自然環境の変化・・・
    それを批判し続けたのが当時のマスコミと環境保護団体で、発電ダム建設の代替案として当時のマスコミや環境保護団体が推奨したのが原子力発電所だった。
    そして当時のマスコミや環境保護団体が原爆による被爆者たちからの抗議を沈静化させて建設されたのが福島原発などの初期の原子力発電所。

    こんな風に時系列で変遷を辿ると面白い。

    • 黒部ダムや福島原発が作られた時期はテレビや冷蔵庫や洗濯機や電子レンジやクーラーが普及し始めた時期で、数年間で一般家庭の年間電力消費量が4倍近くにまで増えた。
      しかも普及し始めた家電品や自動車などを量産するために大量の商用電力も必要となり、電力の消費量を減らすことで発電所の数も減らすなどの選択肢は不可能だった。

      • だからなにを言いたいんだ。

        • 「放射脳乙」

  9. リーダーズは面白かったけど緋田康人の演技が死ぬほど鬱陶しかった
    ああ言うのは半沢だけにしとけ

  10. 電車男、何気にネットで見たら、何か良かったぞ。

    • 実は電車男のドラマを当時夢中になって見てました。

    • 俺、ほとんどROMだったけどスレに常駐してたんだよねぇw
      はい、そうです。私がおっさんです。
      面白ければ釣りでも良いって精神はあの頃から生きていたよw

      • だから、実話を元に~ってラインナップに入って良いものかと思うわw

        • そういうスレがあったのは「実話」だよw
          さえない男のサクセスストーリーは余禄みたいなもんだと思ってるよ。
          話の内容ではなく、スレの進行で完成した話で
          本来の話の本筋は2ch住民とのやり取りの面白さだし。
          後発のドラマとかはそっちが完全に余禄になっちゃってるけど。

    • 電車男はある意味で、ちゃんと”現在の日本”を描いたドラマだったからね。
      ネット上でのコミュニケーション、秋葉原のオタク文化、それらを瑞々しく描いている。
      ドラマでいくつか設定を付け加えられてるけど、それらもちゃんと”現在の日本”を描く以上で意味のあるものになってるし。

      最近のドラマを見るに医療や刑事ドラマがほとんど。それ以外でも奇を衒って特殊な業界や状況を描いたものばかり。ドラマは作りやすいんだろうけど、一般人の”生活”からは遊離したものばかり。もちろんネットの描写もなし。

      ちなみにドラマ中のサブカル描写も、スタッフに”分かっている”人間がいたのかかなり細かくて正確で当時の2chでも評判が良かった。
      自分が知っている分野のものが僅かなシーン出てきたが、その短さでも思わず唸ってしまうくらい深く正確なもので驚いたし。

    • ネットの中だけで実話ではないでしょ
      面白かったけどね

  11. はあ?南極物語のアメリカ版があるの?
    なぜ、日本がその氷に閉ざされる不利な場所に基地を建てたか知ってる?
    欧米が、日本の南極での活動を失敗させる為にわざわざそこしか許可しなかったからだよ。
    だから、アメリカがパクったなら、これ以上に不愉快なことは無いよ。
    日本を侮辱しているって事だからね。
    ちなみに、欧米人って戦後を知らないよね?
    日本は国際的に活動を制限され、いつも失敗させるように卑怯な行為をやってた。
    もし、日本の南極基地がもっと海岸に近い場所にあれば、
    全部の犬を助けられたんだよ。アメリカの何が、感動作だと思うね。
    アメリカが史実通り作りたいのなら、日本の邪魔する部分を映画化した方がいいと思うけど?
    WW2の戦勝国なんだから、その方がきっと大ウケだと思うけど。

    • それは商売にならないから、制作されないよ。

      アメリカ人(白人マジョリティ)は、自分達の戦争が正義の戦争で、自分達が勝者で、踏みにじった交戦相手に受け入れられる、という幻想を補強する娯楽作品にしか、金を払わないから。
      だから、政府が悪辣であっても、必ず「良心的で勇敢な市民」が、悪を正す。
      これが、アメリカ映画の構造。
      「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」も、この構造に忠実だ。
      加えて、歴史に寛大で無視できないマーケットである「普通の日本人」の自尊心を擽る配慮も忘れていない。

      が、時には、日本では封切られる見込みなさそうな内容で、監督としては無能なひとの映画も、たまには制作される。
      けど、たぶん13億人程度のマーケットが当てにでき、制作費が補償されての上でのことだろうと、憶測してる。

      マジレス、失礼。

  12. 南極物語は太郎と次郎だけでなく、ぜひとも宗谷という奇跡の船についても知ってもらいたい
    戦時下の危険な海と接岸不可能といわれる南極の過酷な海を渡りきり、日本人を守り続けた40年にも及ぶ航海の歴史を多くの人に知ってもらいたい

    • きっと戦争で亡くなられた海軍の英霊達が守ってくれたのだろうね
      ちなみに宗谷は今でも船籍のある唯一の帝国海軍に所属していた艦船です

    • コメントは素晴らしいのに…今後の為にも注意しとくね。
      正確にはタロとジロだから。

  13. アメリカが南極物語って。。。アメリカンジョークかよ
    アメリカ人ってアメリカが日本の経済が良くなることを望んでいて、俺達が日本に経済に没頭させてあげたから俺たちのおかげで日本経済が強くなったって本気で思ってるからね。

  14. 「インアクセサブル接岸不可能」の字を見ると鳥肌が立つ。

    日本って制限されたり無理難題突きつけられたりするとやる気出すよね。

    資金が潤沢にあって何してもいいよと言われると、便利だけど無くても困らんもの作り始めるけどね。

    • 日本人はルールに合わせ、欧米人はルールを変えるって言うけど、
      日本人はその方がいいんじゃないかと思う。
      中国がレアアースの輸出を制限したら、レアアース無しのモーターを作ったり、
      財務省がビールの税金上げたら直ぐに発泡酒を作りだし、それにも税金掛けたら
      第3のビールを作るし。
      産油国の大臣が「あまり原油の価格を上げると日本人はガソリン無しで走る車を
      作ってしまう」と言ったとか言わなかったとか。実際ハイブリッドとか水素車も
      開発したしね。日本は潰れない程度に負荷をかけられた方が実力を発揮するよ。
      だからTPP参加も結構面白い事になりそうな気がするんだけどな。。

      • うん、そうおもう。日本人は逆境に強いというか、
        逆境にあってこそ発揮できる力を持ってる。

  15. 黒部ダムは黒四ダムが映画で有名だけど、第三ダムも難工事の連続だったらしい
    日本人にこそ読んで欲しい

  16. 黒部ダムに観光で行ったら、必ず工事事故で亡くなった人達の慰霊碑にお参りする。

  17. 黒部の太陽だけ観たことないなぁ

  18. 黒部の太陽は石原裕次郎の方を観て欲しい

    • 役者の迫力が桁違いだよな

    • レンタルして見ました。
      めちゃ迫力があってよかったです。
      三船敏郎と石原裕次郎なんてすごい取り合わせですよね。

      • 書こうと思ったら既に書いてあったw

  19. 南極大陸はヴァンゲリスの曲聞くためだけの過大評価映画
    学研の雑誌で数ページで終わる内容

  20. ビデオ屋で黒部の太陽借りたつもりが
    黒い太陽731だったでござる

  21. 昔の邦画は見れるのが多かったが
    今はホント九ソしかない

  22. 石原・三船の映画版と香取のフジドラマ版、雲泥の差だよ。
    見間違えたら大損する。

  23. 韓国なら、反日映画や反日ドラマは全て実話です。
    歴史は後から作られる。

  24. 実話を元にしたドラマなら坂の上の雲も押したいな。なぜか原作に無い朝鮮半島での搾取みたいなクソエピソードが差し込まれているけど。

  25. ドラマじゃないけどタイの保険会社のCMは泣ける

  26. でも残念な事に、タイ人がこういう日本の映画やドラマに触れる方法って、コピーDVD位しかないんだよね。それか、弱小局(Thai PBS)かケーブルテレビ。

    だって大手はテレビ局から新聞社まで全部華橋系の支配下(タイのテレビ局はThai PBSを除いては基本的には全部公営だけど、運営を華橋系タイ人の企業に委託しちゃってるから中韓アゲ日本サゲの捏造報道ばっかり)だから、日本の良い話なんて絶対に放送しない。

    そのクセ、日本のテレビ番組のパクりはちゃっかりしながら捏造報道ばっかりする反日親中親韓の筆頭チャンネル3。同じく汚鮮がヒドイが捏造報道まではしないし日本のテレビ番組(コピーでなく正規に日本から番組買った)も放送するチャンネル7。大手3局の中では比較的汚鮮の少ない5チャンネル(軍営)。

    チャンネル3なんてホントにヒドイ。ニュースでも日本に関するものは捏造報道ばかりで、中韓に関するものは無理矢理でも良いニュースや美談として放送。そのクセ、日本のテレビ番組はパクり放題。スポンサーはサムスン・ヒュンダイ・日本企業成り済ましのその他韓国企業、反日国オランダのユニリーバ(ここも日本をディスりながら日本のものはちゃっかり使う。花王の提携先)、日本車のシェアを奪いたいシボレー、日本企業から技術支援を受けながら裏で日本のものをパクりながら反日するタイ華橋の会社数社、それと反日日本企業(花王とか)

    なんせタイの政財官マスコミ教育界を支配してるのはみんなタイ華橋。だからタイでは、タイ華橋の奮闘により米英と共に日本軍と勇敢に戦ったと学校で教えてる。その他の嘘っぱち教育や、捏造報道のでっち上げの美談でもいつも「華橋」がタイ人を救うヒーローとして登場する。で、いつも悪辣な悪者として日本を登場させてる。だから、「中国本土の中国人以外は良い中国人」なんて言ってるバカはとんだマヌケなペテン師だ。

    世界中で行われてる日本ディスカウント運動の黒幕は中共と現地華橋系(帰化済みや中国系含む)で、実行役は韓国政府・韓国企業・韓国人(帰化済み等含む)と、反日日本人(日本大使館員含む)

  27. 一リットルみたいなのはどうも苦手だ

  28. 黒四ダムの映画をみたらタイの人達は治水がどれだけ大事なのか分かってくれるんだろうか……また工場水没とかやめてほしいよ。

  29. 自分も大概嫌韓だし諸外国に文句が無いわけでもないけど
    最近はバカが頑張って暗記勉強しすぎて頭がおかしくなったようなのが
    増えてて気持ち悪くなってきたな

  30. 南極越冬プロジェクトは、越冬隊の苦労もそうなんだけど、日本が一丸になった出航前の様子をもっと丁寧に描く作品が出てもいいと思う。
    資金も時間も無いけどどうしても南極に行きたいと訴える教授、日本中の子供たちによる募金活動、千を超える企業が当時最高の技術で作った物資を提供(中には後のホンダやソニーも)、一から船を作る予算が無く選ばれた幸運のボロ船宗谷、大和の老設計士による宗谷大改造計画、腕利きの修理屋のオッサン達による前代未聞の突貫工事、南極という夢に続々と集結する山男達etc…。日本が総力戦で挑んだ結果、接岸不可能と言われた場所にたどり着き越冬観測という偉業を達成したんだよね。
    やっぱり日本人は追い込まれれば追い込まれる程強くなるサイヤ人みたいな民族だよ。レアアースもそうだったし、サバからマグロ産ませる研究も進んでるし、水素自動車だって水素ステーション作ることが出来れば普及しそうだ。

  31. 悲しい結末は見る勇気ない(つД`)ノ
    映画の中だけはドラマの中だけはハッピーエンドでいたいの…

コメントする

テレビ 反応 日本