親日国タイの反応

日本で伝説の妖刀「村正」を集めた展覧会が開催!【タイ人の反応】

 

三重県の桑名市博物館で開催された妖刀として有名な村正を集めた展覧会の写真と内容がタイでも紹介されていました。ゲームや漫画で名前を知っている人もいる様子のタイ人の反応をまとめました。

  2014年04月17日の人気記事TOP6

伝説の妖刀「村正」を20振以上集めた展覧会が日本で開催!!

1-530

世界中のどの国にも、ミステリーや悪魔に関する伝説があるものです。今日はサムライの国「日本」の刀にまつわる伝説の世界へ皆様をお連れいたしましょう。この日本刀は「完全に人を殺すためだけ」に打たれた刀なのです。

日本刀は美しいだけでなく、日本の奥深い文化や風習を背景に持っています。刀工集団の名刀は、主に武家のために作られていました。

日本で伝説の刀のひとつとされる千子村正作の「村正」は、一度刀を抜くと、人を斬って血を見ない限りは精神が落ち着かなくなる「妖刀」だと言われています。

現在、三重県の桑名市博物館で、この呪いの刀の展覧会が開催されています。

2-458

一般的に、刀工は刀の美しさ、切れ味、そして強靭さを重視します。

3-444

しかし、この刀工集団を率いる村正は、刀が確実に狙った獲物の息の根を止めることを祈りながら打ち続けたのです。

4-396

彼の刀の秀逸さは、当時の将軍徳川家康の目にも留まりました。

5-364

そして、村正の刀は、将軍のために実に多くの人の命を奪っていきました。家康の父親、そして祖父も、この刀によって殺害されているのです。

6-305

そして、将軍の長男は敵との戦に負け、捕らえられると、この刀で切腹を強いられました。

7-273

さらに、家康自身も、この刀によって負傷したことがあります。

8-245

家康は、自身とその家族に起こった度重なる不幸から、遂にはこの刀工が作る刀を持ち歩くことを禁止しました。

9-226

このことにより、もともと希少だった村正は、更に手に入れ難いものとなりました。

10-209

この刀は、持ち主を狂わせ、刀を鞘から抜くと、血を見たくてたまらなくなると言われています。

11-194

中には血で濡れているように見える刀もあります…が、実際は刀を保護する薬品によるものです。

12-159

今回の展覧会のために、日本中から20振以上の村正が集められました。

13-153

14-137

この展覧会は桑名市美術館にて10月16日まで展示されています。入場料は500円(約170バーツ)で、小中生以下は無料です。開催時間は09:30~17:00まで、休業日は月曜日です。興味のある方は訪れてみてはいかがでしょう?

タイ人の反応

  • 本当に美しい。心が惑わされるのも分かるわね。
  • 信長についての漫画を読んでる時にこの刀を知った。
  • ゲームの中だけの話かと思ってた。本当に伝説があったんだ!
  • 第2次世界大戦の時も使われたのじゃなかったかしら?
  • アメリカによる武器禁止令で、たくさんの刀がなくなった。その価値もわからず、普通の刀だと思った人たちのせいで、良い刀も全部どこかへ行ってしまった。
  • ちょっと疑問なんだけど「将軍の長男は敵との戦に負け、捕らえられると、この刀で切腹を強いられました」ってどういうこと?
    普通、切腹って短刀を使うもので、刀は使わないんじゃない? それとも、首を切る役目の人の刀ってこと? でもたぶん違うよね…。
  • 正宗が見たい!
  • この刀のことは『ファイナルファンタジー4』で知った。手に入れ難くて、正宗もあるんだよ。
  • 鬼眼の狂!!
  • 村正は、千子村正作の非常に有名な伝説の刀だよ。彼が怒りや嫉妬、憎しみを込めて打った刀は妖刀と呼ばれ、狂気と血しぶきの象徴となり、皆から恐れられるようになった。将軍徳川家康に至っては、家臣と家中に村正作の刀や武器を持つことを禁止した。なぜなら、村正の呪いを本気で信じていたから。家康は多くの親族や妻子を村正によって失っていて、だからこの妖刀を非常に恐れていたんだ。
  • 見に行くなら呪いに注意しなきゃ。
  • 実際のところ、ただ美しくて、重要人物が使っていただけの名刀なのにね。変な伝説を作られた刀工がかわいそうだよ。本当に綺麗な刀。
  • 刀を保管してた人には何もなかったの…?
  • 恐れ多いほど美しいね。何年前の物か分からないけど、いまでも美しい。
  • 欲しい。男をみんな斬ってやるわ。ウフフ。
  • どの刀も実に美しい。
  • 直接触らないようにね。取り憑かれちゃう。
  • ロロノア・ゾロの刀はある?
  • 全部呪われてるの? 1本だけだと思ってた。 :onionhead021:
日本のレイヤーが教える「日本刀の作り方」が完成度高すぎるwww【タイ人の反応】
日本のコスプレイヤーがTwitterで公開していた「お手軽な日本刀の作り方」がタイでも紹介されていまいた。値段からは…
ญี่ปุ่นจัดแสดง ดาบต้องคำสาปในตำนาน ‘มุรามาสะ’ รวบรวมมากว่า 20 เล่มจากทั่วประเทศ!!
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。

  関連する記事

日本人の反応(57コメント)

  1. >欲しい。男をみんな斬ってやるわ。ウフフ。

    何者なんだ?

    • どの部位をデスか!? と思わず考えた。

  2. 刀も道具だし使ってみたくなるんだろうなあ

  3. 俺はムラサマ派だから

    • MURASAMA BLADEだったのはAPPLE II版だけなんだよな

  4. 時系列メチャクチャだな

  5. 『将軍の長男は敵との戦に負け、捕らえられると、この刀で切腹・・・』
    長男ってことは信康のことかな?
    敗戦してってのは違うし、ほかの忠吉も秀康 武田信吉も病没、忠輝蟄居老衰・・・・・・。土井利勝や永井某のような御落胤かな…?俗説の域を出ないし…。誰のこと?っていうか、いい加減な思い込みで文章書くのはちょっとね…。

    • 信康の謀反の疑い、だと思うけどね。
      ゲーム等の信長の苛烈さの思い込みか、誤訳でも読んだんじゃないか?

  6. 単純に地元三河の刀工が村正系だっただけやでw
    有名な蜻蛉切とかも村正系だし

    • あるいは三河からも近い伊勢の刀工だね。
      家康も村正持っていたし。

  7. 長剣で切腹???

    • 多分脇差し
      まぁ短刀の村正も沢山あるしね
      正宗なんかは短刀以外は銘を打って無いのがほとんどらしいね。

  8. 逆に徳川に思うところのあった人々にとっては、縁起物だったとのこと。

    • そっ、そう。
      村正伝説は多分に幕末に誇張されたもので、討幕派が徳川に仇成す妖刀として(彼らにとっての)縁起物めいた扱いで求めたのが、尾ひれ付いて広まったってのがおそらく実態。

      当の家康自身も「縁起悪いから好んで使うの避けようか?」程度の印象、恩賞品として人にあげたりしてるし。

      とはいえ、Wizardry(win98、スーファミで5ぐらいまでしかしらんけど)ではお世話になりました。いやグレーターデーモン相手に、100以上の打撃、複数回安定してたたき出して便利だったw(むらまさ違い?)

  9. 村正っていったら桑名より三河って言われるからなぁ
    地元民としては寂しい
    まぁ三重の物は愛知の物だからね、仕方ないね

  10. >欲しい。男をみんな斬ってやるわ。ウフフ。
    タイで浮気した男のあそこを切り落とした奥さんがいた事件があったな・・

  11. 刀身がめっちゃくちゃ綺麗だな
    持ち主が大事にしてるんやな
    うちは武家だったのに、ひー婆さんの代で錆びつかせてボロボロだったぞw

  12. うち(農家)の倉にも一振り刀があったけど、錆びてボロボロだった。
    時代劇にも出てくる場面だけど、きちんと手入れしないと本当に駄目だよ。

  13. 真実の妖刀村正は徳川家に仇をなすべく、自らの意志を持った刀だった。
    刀は主を求め、九度山に蟄居する真田幸村を見出した。
    村正は、幸村の力を借り、あと一歩のところまで家康を追い詰めたが、わずかに力が及ばなかった。
    僧天海と金地院崇伝の張った結界により阻まれたという。
    後に、村正は幸村の手を離れ、巡り巡って、天草四郎時貞の手に辿り着いた。
    ところが島原落城の前日、またしても村正は忽然と姿を消したという。
    二百有余年の後、村正は再び姿を現した。
    大村益次郎の佩刀がそれだったと伝えられる。

  14. 家は代々刀にあんまり執着しなかったから鎌倉後期に打ったのをずっと使ってたんだよな
    まあこの時代のが一番出来が良かったわけだが

  15. 信康の介錯に使われたんじゃないか?
    不吉な物を使う必要ないから業物だっただけだろう

  16. 刀身に油が塗ってあるけど、それを拭き取るとみるみる錆びるのが解るよ
    そのぐらい錆びやすい

  17. 侍ディーパー狂はぶっ飛んでたな
    刀(村正)と会話とか作られた一族とか

    • 中学の時ハマってたわw懐かしい
      アニメはどうしてああなった

  18. 徳川家康の祖父清康と父広忠が謀反で殺されたときの凶器が村正
    息子信康が切腹させられたときの脇差も「千子村正」
    夫人である築山殿が殺害されたときの得物も村正
    織田有楽斎が家康に槍を見せたが取り落として指を切り銘を確認したら村正だった
    そのことから真田幸村が家康を殺すために村正を手に入れたという伝説が生まれた

    • 歴史的風評被害

    • 村正って数打ちをメインに作ってた一族なんだから世に沢山出回ってるんなら村正の刀による被害云々は確率的に言って当たり前に思えるんだけどな。

      • 比較的数多く出回ってる割に品質も良かったので、戦国時代で、少しお金を持ってるあの辺の地方の侍ならだいたい一振りは村正を持ってたらしい。

        自動車に例えるならトヨタのプリウスみたいな感じ。

  19. まあ、実際に村正の妖刀伝説が語られだしたのは江戸時代に入ってからなんですけどね。
    家康自身、恩賞として村正を与えたりしたくらいで。
    江戸時代に入り徳川の支配が盤石になるにつれ、他藩特に外様大名達が遠慮して
    使わなくなったのが妖刀伝説の始まりですね。

  20. 江戸時代は文化的にも栄えた結果、創作物もかなり流行ったからね
    立ったまましんだ弁慶であるとか真田幸村であるとかその手の話はたいてい江戸時代

  21. ここまで褐色鬼蜘蛛村正なし
    お前らには失望した

    • 鬼に逢うては鬼を斬り 仏に逢うては仏を斬る。劔の理ここにあり。
      合ってる?

  22. ただ、家康が暗殺で切りつけられた事に、噂に尾ひれがついて、値段が高くなった、普通の刀。

  23. 台が陳腐過ぎない?

  24. >この展覧会は桑名市美術館にて10月16日まで展示されています。入場料は500円(約170バーツ)で、小中生以下は無料です。開催時間は09:30~17:00まで、休業日は月曜日です。興味のある方は訪れてみてはいかがでしょう?

    この言葉いらんやろw

  25. >そして、村正の刀は、将軍のために実に多くの人の命を奪っていきました。家康の父親、そして祖父も、この刀によって殺害されているのです。

    幕末期には討幕派の薩摩や長州志士が、
    「徳川に仇成す刀」として
    こぞって村正を求めたなんて話もあるね

  26. 家康の形見分けで村正を貰ったっていう話もあるけど

  27. 村正なんてWizardryで強いだけ 日本最高峰の刀は七つ胴落とし兼房だよね

  28. その話で面白いことが発見された、村正っ彫りを消されて消した跡の横に再度村正って彫られた刀がみつかってる、徳川配下の武士が没収を避けるために銘を消してほとぼりが醒めたころ再度銘を彫ったらしい。
    あと村正は幕末に倒幕軍が伝説にあやかり村正を買い漁っため結構偽物がでまわたそうな

  29. 家康お膝元の名匠だったから、村正を求めた人間が多かったのは当たり前。
    持っている数が多かったので、徳川家の人間に怪我をさせた刀に村正が
    多かったのも確率的には至極当たり前。

    太平の時代になって、話に尾ひれがついて妖刀扱いされちゃった可哀想な刀だよね。
    ここまで名前が残ればある意味本望かもしれんけど。

  30. じいちゃんがこれは村正だって言って毎日手入れしてるが
    どうなんやろか

    • まずは目釘を抜いて柄を外して銘をみてみれば?
      もちろん打倒徳川派につけこんだ贋作も多いけど。

  31. 三河で一番の刀工集団だから三河にいる徳川の武将に多く当たるのはただの必然で別に妖刀めいた話でもないよなあ

  32. 脇差しで切腹はなんかで見たことはあるけど、太刀で切腹は見たことないかなー

    • 介錯だろ?

  33. 代々木に刀剣博物館があるんだけど、そこで見た村正がいまんとこ最初で最後だな
    よく柄のあたりに梵字が彫ってある日本刀を見るけど、あれも一種禍々しい雰囲気に溢れてて好きだなあ

  34. 「君の銘(な)は」で結構話題になってたので見てきたけど、小さな博物館とは思えない展示品の質と量で驚いた。いろんな博物館や神社・個人からの協力があったみたいで、見に行ってよかった。
    ところで、入り口の一振り以外撮影禁止だったはずだけど、ちゃんと許可とったんだろうか?

  35. > そして、将軍の長男は敵との戦に負け、捕らえられると、この刀で切腹を強いられました。

    「・・・どちらさんのことなのん・・・??」

  36. 妖刀の起源は八犬伝に出てくる村雨だろう

  37. 家康の長子は「築山殿事件」で連座切腹したと思ったが。

  38. やはりツッコミ入ってたか・・w

    説明がすげーテキトーな事言ってるなw
    家康の息子が敵に捕まってっ切腹て誰の事だ?
    長男の信康は家康自身に切腹命じられただけだし・・

  39. 幕末にも村正を欲しがる人は多かったんだよね、倒幕のために対徳川属性の武器を求めて
    しかしもう戦国時代の時点で時代遅れ武器だった刀は幕末にはもっと役立たずになっていて、
    村正なんかに大枚をはたいてしまうような見通しの悪い人は大体志半ばで散った
    そしてそのせいで村正には持ち主を短命にさせるというさらなる風評被害が…

  40. ここ、入口の一振り以外は館内撮影禁止だったはずだけどオフィシャルな写真なのかな?

  41. 同時期に協賛でやっていた
    村正にも触れることができる刀剣鑑賞会に参加して
    聞いた話では、初日に台湾からの参加者がいたそうな。
    まあ日本国内でも希望者は北海道から九州までいたらしい。
    キャンセル待ちに引っかかった私は幸運だった。

  42. >第2次世界大戦の時も使われたのじゃなかったかしら?
    空爆に立ち向かう侍想像して吹いたw

  43. タイには妖刀伝説や呪われた武器の伝説はないのかな?

  44. 「村正」という一本の刀があるんじゃなく、
    「村正」というブランドなんだと最近わかった

コメントする

反応 日本