親日国タイの反応

日本のアニメ『もののけ姫』1年7か月もかけて描かれた冒頭シーンが改めて見ると凄い!【タイ人の反応】

 

スタジオジブリのアニメ映画『もののけ姫』の冒頭に出てくるタタリ神のシーンの作画が凄いとタイでも紹介されていました。制作期間は1年7か月、動画枚数は5300枚のシーンを見たタイ人の反応をまとめました。

  人気記事(タイ)
  昨日の人気記事

『もののけ姫』1カットに約2年の時間を費やす!!

スタジオジブリの最高傑作の1つともいえる『もののけ姫』は、ストーリー、作画、音楽など、どれをとっても見る人を魅了する要素を備えています。また、この映画は、宮崎駿監督が手掛けるジブリ作品の中で、初めてCG技術を導入した作品でもあります。

『もののけ姫』

もののけ姫 [DVD]

より興味深い話として、ある一場面をご紹介しましょう。

物語の冒頭、タタリ神に襲われている村を救おうとしたアシタカが、腕にアザのようなものができてしまう場面があります。

このタタリ神、その体は赤黒い粘土のようなもので覆われていて、無数の触手がうごめいています。

前述のように、もののけ姫にはCG技術が導入されているものの、この場面は、1カットずつ手書きで仕上げたそうなのです。

ツイッター民「タイプ・あ~る (@hitasuraeiga) 」さんのツイート

その後に追加された情報によると、CG技術を使い始めたばかりの『もののけ姫』のこの場面は、全て手書きというわけではなかったようです。

タタリ神のシーンでは、動きを出すために「アシタカの腕に絡みつくヘビ」等がCGで作画されましたが、ほんの一部だけだったようです。

絵と共に、CGが使われた箇所を説明しています。

ほんの少しでもCG技術を使うことで、より自然な動きを表現できているのですね。また、手書きでここまで表現できるのは、まさに制作スタッフの努力の結晶ですね。

大ヒットした『もののけ姫』は、こうした努力によって生まれたのですね。

タイ人の反応

  • 4年かけたものよりも、2年かけて作られたものの方が素晴らしいんだね。
    (訳注:たぶんタイの政治に対する皮肉です)
  • 大好き。
  • 凄すぎる!
  • 本当におもしろいアニメだよね。
  • 美しい作画。
  • 本当に心から敬意を払える仕事だね
  • 2年かけたものが、見るとたったの10秒…
  • このアニメは日本のレジェンド級アニメだよね。
    『火垂るの墓』『AKIRA』『攻殻機動隊』に匹敵する。
  • あれだけ美しい作画なんだから、まったく不思議な事じゃない。
  • ジブリのアニメは本当に全部好き。
  • 実際、ほとんどの作業は最初の3ヶ月で終わってるけど、修正を何度も何度も何度も何度も繰り返す。それが日本の文化。
  • ジブリ大好き。
  • 本当に素晴らしい努力の賜物だよね。
  • 繊細だね。
  • 子供の頃、このシーンは怖くて目を背けちゃったよ :onionhead031:
    でも、頑張って見て良かった。
  • 見ることができただけで幸せ
  • この映画は面白いし、分かりやすい。まだ字幕がついていなかった頃でも、だいたい内容が理解できたもんね。
日本人が完全再現した「ジブリ飯」のクオリティが高すぎるwww【タイ人の反応】
ジブリ映画や他のアニメに登場する食事を再現したジブリ飯やアニメ飯の写真がタイで紹介されていました。再現度の高…
ชาวเน็ตเผย ฉากเปิด Princess Mononoke แค่ “ฉากเดียว” ใช้เวลาวาดเกือบ 2 ปี!!
「いいね」をクリックで最新記事をお届けします。
  人気記事(台湾)

  今週の人気記事

日本人の反応(34コメント)

  1. 結構、作品ごとにハッタリが効いたシーンありますよね(ハッタリというか実際すごいんだけど)
    ポニョにもあったし、ハウルも戦闘シーンとか
    あれ?今までのジブリと何か違うかも?と思わせるんだけど、他のシーンは見慣れたジブリアニメのまんまだったりする

  2. もののけが一番好きだわ

  3. 昔の方がCGが自然に見えるな

  4. ブタまでかな。もののけ、千と千尋は老害化して、説教臭いのが鼻につく!
    カリシロに始まり、ブタまでのぶっ飛んだ感じがなくなり、説教されてる感じ。
    最近で言うと、「この世界の片隅に」ですね。臭い臭い。
    「カッコイイとは、こういうことさ。」「飛ばねぇ豚はただの豚だ」・・ふーカッコイイ!
    これが、もののけでは、「生きろ」(若者へのメッセージ)とジジイイ化してる。ウゼエ!

  5. そもそも脚本がつまらんから絵もつまらん。
    セル画は案外カリオストロの方が丁寧で美しかったりする。
    もののけ神話に騙され過ぎ。

  6. <<日本のレジェンド級アニメだよね。

    そうかなぁ?
    「もののけ姫」は物語的にもキャラクター性も弱いよ。結局、ナウシカの焼き直し感は否めないし。

    レジェンド級といえば、これ入れるくらいなら、あと「マクロス愛覚えてますか」「王立宇宙軍オネアミスの翼」入れとかないと。

  7. ナウシカ知ってるとどうしてももののけ姫は縮小再生産にしか感じなかった
    声優が酷くて映画に集中できなかったし

    「千と千尋」は往年のジブリ映画が復活したと感じた

  8. コメント欄専門家大量発生で草

  9. パンダコパンダで、へぇ~と思い
    未来少年コナンで、ほほぅと感じ
    ナウシカで、うぉ~って叫んで
    ラピュタで、すげーと語り合い
    紅ブタで、かっけー!となったんだけど、

    もののけで、えっ?と思い、
    千と千尋で、なんじゃこりゃと感じ、
    ハウルで、うわぁと語り合い
    ポニョで、ダメだと見なくなった。

  10. ジブリアニメで唯一複数回観る作品だわ。

  11. 英語訳初めて見たけど
    其方は美しいを現代語英訳しているのがちょっと残念に思った
    たしか英語にも古語があったはずなのでそちらを使うわけにはいかなかったんだろうか?

    • 自レスだが
      違う文化、風習(民族)を尊重を持って許容するという
      この映画の良いところが伝わりづらいように思う

    • YouをThouに代えるだけでも違ったかもね
      thouは文字通り「そなた」と訳すし

  12. でもこういう説教臭いアニメが最近少ないんだよね。
    それはそれで寂しい。

    今年は未来のミライ、ペンギンハイウェイなどを見たが
    まあ面白んだけど、個人的な内面を探索するだけで終わってる気がする。
    スケールが小さいというか、善悪の対立世界もない。

  13. なんかCGという言葉で誤解してる人がいそうだが
    もののけ姫に使われてるのは最近多い3Dモデルを合成するやつじゃなくて、デジタル彩色やらレイヤー合成的なやつのことだからな
    セル画オンリーではないよという話

  14. えらく古い話題だな。
    公開された当時に特集番組でこのシーン取り上げられてたわ。
    宮崎駿さんもデジタル技術を導入したのがこれが初めてだったはずで熱く語ってた気がする。

    • 上に貼ってある「もののけ姫はこうして生まれた」っていうDVDの話だよねえ
      ビデオだったけどこれだけで3時間くらいあった覚えがある。

      もはや一回回って知らない話になっちゃってるのかねえ。こんなごく普通の話。

  15. もののけ姫が一番すき
    アシタカが村を旅立つシーンはいつ見てもじんとくる

  16. 穴掘るのに重機じゃなくてショベル使って掘りました凄いでしょって言ってるようなもん
    突き詰めれば心底くだらない精神論

    • そういう単純な話じゃないよ
      重機だと綺麗に掘らなきゃならない穴を掘る事は出来ない
      普通なら重機で雑な穴を掘るところを最小限可能な範囲で使って仕上げは手で丁寧にやってるってこと

  17. この作品を説教臭いと取ってしまうのは見る側の問題じゃないかな
    そういったテーマは重要に見えて大して意味はないもっと面白いのは
    監督さえも無意識的に出てしまっている抑え難い暴力性なんだよね
    そのせいか海外では受けなかった米国ではR指定もついて限定された
    その後監督も傷ついてポニョとか撮ってしまうww
    でもジブリでは最初で最後の芸術作品だといえるよその不完全さ故に

    • パヤオの思想が偏ってるのがなあ

  18. 片塰満則(かたあま みつのり)
    1990年 3DCG制作会社リンクスに入社。
    1994年 CGディレクターとして制作参加した「マクロスプラス」のセルルック3DCGのデモテープを持参し、スタジオジブリの鈴木プロデューサーに合うと宮崎駿を紹介される。これをきっかけにリンクスがジブリから3DCGを受注。
    1995年 ジブリが自社内にCG制作室を立ち上げる噂を聞き、アポ無し訪問で移籍。CG制作の主力スタッフとして、もののけ姫以降のジブリ作品に参加。
    2007年 ジブリCG室長だったが、デジタルコンテンツ制作会社のカシオエンターテイメントに移籍。
    2010年 カシオエンターテイメント解散に伴い、ポリゴンピクチュアズ移籍。
    2012年 ディズニーから受注した「トロンライジング」で造形監督。
    2014年4月 ポリゴンピクチュアズが本格的に国内のアニメ市場に参加した「シドニアの騎士」で造形監督。
    2014年7月 ジブリが「思い出のマーニー」を最後に制作部門休止で全スタッフ解雇。
    2014年 ジブリがNHKとドワンゴから宮崎吾郎監督の「山賊の娘ローニャ」受注するが、自社内に制作体制が無いため、片塰満則や「猫の恩返し」の森田宏幸監督が移籍していたポリゴンピクチュアズが制作。
     
    ジブリその後
    2015年 劇場用アニメ作品から引退を発表していた宮崎駿監督が、短編アニメ「毛虫のボロ」を制作中であると発表。自社内に制作体制が無いため、CG制作会社のスティーブンスティーブン(現在はクラフターに社名変更)に制作委託。
    2016年 宮崎駿監督が長編劇場作品の企画を鈴木プロデューサーに提出。
    2017年 宮崎駿監督が劇場アニメ作品からの引退を撤回し、「君たちはどう生きるか」の制作を発表。宮崎吾郎監督が新作長編作品をCGで制作中と発表。
    2018年3月 宮崎駿監督の短編アニメ「毛玉のボロ」をジブリ美術館限定で公開開始。
    2018年4月 高畑勲監督死去。

  19. もののけ姫・・・嫌、豚とか辺りから達成感的なものが無くなった
    「え?これで終わり」ってのばかりになった
    千尋は良いけどね

    • もののけは一応達成感あるだろ
      緑が再生するシーンで終わってるし

  20. もののけ姫が嫌って言う人よくナウシカ楽しめたな。見た人の心に迫るものがある。これは名作だよ。

  21. 冒頭のヤックルが下るシーンで初見から違和感があったけどそれ以外は好きです

  22. なんでこの作品だけグロいんだよ

  23. やっぱ、もののけが一番好きって人は多いな。
    海外ではその傾向はより強くなる。千尋もかなり人気あるけどね。

  24. ジブリも「完璧に陰影をつけた1セント硬貨」問題にハマっちゃってたのか
    これは制作の現場では誇れることじゃなくて恥の部類なんだよね

  25. どれも凄く好きだけど、最高傑作は「風立ちぬ」!!!!!!

  26. ああやっぱ、もののけをオトす人ってアニメファンの立場から見てる人なんだな
    っていうのがよく分かるな。キャラクター性とかが評価軸で大きな位置を占めていたり。

    映画という枠でとらえたときに、偉大な作品と言われても何の違和感も無いし
    構造主義的な映画話法・構成を通して見る人なら、説教とかメッセージ性はそんな
    前面に出てこないしな。

    もののけって、アニメ的なナラティブな話法で作られてないもの。
    設計思想がそもそも違うので、アニメファンからするとガワだけ同じだけど
    中身が思ってたのと違う期待してたのと違う、ってなるんだろうな、と。

  27. ナウシカ所か、ストーリーラインはシュナの旅なんだよなぁ。

  28. タタラ場と森と両方への介入者であるアシタカという中盤の構造が
    あっさり戦が始まって戦の描写が省略されて
    ジコ坊のシシ神狩りとその巻き添えという終盤の構造に突然シフトして
    敵味方の関係性がシシ神にはタタラ場も森も関係なく誰も勝てんに収束するので
    中盤に期待するほど肩透かし感がひどい

コメントする

アニメ・コミック 反応 日本

ads